Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
プレミアムやったわー。まぢプレミアムやったわー。
 むっちゃくそプレミアムなフライデーでしたわー。

 何が「プレミアム」かって、仕事中の電話の量がいつもの2割増し(爆)。こんなプレミアム、誰も求めてねぇっちゅーの。

 さんざん脳内をかき回されてあっちこっちに要件が飛びまくって、その挙句にたどり着いた境地が凄かったですなー。別な部署の人から電話来て、「あれ?さっき電話でそれ聞いたよね?おいおい、電話したことを忘れるくらい疲れてるんじゃー、もう帰った方がいいよーw」ってひとしきりいじった後、電話を切ってよぉく落ち着いて冷静に考えたら、その人から電話なんか着ていなかった、と。その人から届いたメールを読んでいたのを、「電話を受けて用件を聞いた」かのように誤解していたのは実は私の方で、もう帰った方がいいくらい疲れていたのは、実は自分の方だった、というのが本日のハイライト。

 まあ、定時まできっちり働きましたけど。

 そして、だいぶ前から予定されていた飲み会にも行って、無事に帰ってきましたけど。

 明日は休日出勤かー…まぢプレミアム(割増)やわー…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
なああああああにが「プレミアム」なんだか。
 明けて本日は、音頭の取り方が根本的に間違っている気がしてならない、経産省肝入りの景気浮揚策?「プレミアムフライデー」だそうですが。

 まー、正直なところ、こんなもんで消費喚起が実際にできるなら誰も苦労しないってんですよ。そもそも遊ぶ金も時間の余裕も無いんじゃあという下々の血の叫びが、本当に聞こえてないんだとしか思いませんもん。

 バブル時代がいい時代だったとは必ずしも思いませんが、お金の回りが良くなればああやって、誰が言いださなくてもみんな勝手に消費に走るわけですよ。そりゃあ、お金を使うって行為には一定の快楽が伴いますから、財布のひもを緩めても大丈夫と思える分だけ、誰だって消費したいわけです。貯める行為が三度の飯より好きで、それを使うなんてとんでもない!という変態さんも中にはいますけれど、私が見聞きする範囲ではそちらの方が少数派で、圧倒的大多数は、使えるなら使いたい派なんじゃないですかね。そんなに消費できる余裕があるならどんなにいいか、という恨み節が、あちこちから聞こえてきそうなんですが、その辺は天下の経産省様はいかがお考えなのでしょうかしら?

 あとな。「プレミアム」って、何の意味で使ってるんですかね。辞書引いても、「品質が良くて高価な、高級な」とか、「割り増し付きの」とかいう意味しか出てこんのだけど。高級アイスで「プレミアムバニラ」ってのは、正しいわけですよ。品質が良くて高価なバニラなんだから。それが、「プレミアムフライデー」???品質が良くて高価な金曜日???わけがわかりません。これ、ちゃんと調べてから決めたのか、経産省さんよぉ。

 いっそ形容詞をあきらめて、名詞だったら「奨励金」「割増金」なんてのもあるな。だったら、この金で遊べ!って奨励金とか出してくれるんだったら、サル皆伏して喜びますよ、経産省さん?
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
この悲しさはえびの悲しさなのか否か
 先日のガウジュ演奏会で歌った「あさきよめ」は本当に良い曲で、もうしばらくは触れる機会が無いことがとても寂しかったりするのだけれど、それはまた別の機会に書けたら書くことにして。

 2曲目に「老いたるえびのうた」というのがあります。組曲全てが室生犀星の詩になるものなので、このえびのうたも当然そう。「けふはえびのように悲しい」から始まる一連の言葉は、自らを老いた似非えびに見立てた上で、自分の体の一体どこにその悲しさの理由があるのかを問うていき、最後には体中が悲しいことに思い至る、という内容が連ねられているのですが…。

 何が取り立てて悲しいわけでもないのに、体中が悲しい、という感覚。

 それは、自分にはわかるようでわからない、でもわからないようでいて何か感じるものはある、そういう風なものなのだろうと私には思えていたのですが…その私が、今日は何だか、妙に悲しいのですよ。何が悲しいのか、自分のあちこちに問うてみても、どこも悲しいわけではないのに。これが、あの詩で言われている老いたえびの悲しさなんですかね?

 単なるガウジュロスなのかも知れませんがね。まあ、いずれにしても、考えるだけムダなんだよなぁ。風呂入って寝てしまおうか。ねぇ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
前の見えない時
 車に乗っていて、とんでもない吹雪で一切前が見えなくなるような時が、ごく稀にあります。

 そんなときはどうするのがベストか。まあ、多分ですけど…慌てず騒がず、徐々にスピードを落としていき、緩やかな減速とともにできる限り端の方で止まれるよう試みる、というくらいになるんじゃないかと思っています。後続の車がぶつかってくる可能性もあるので悩ましいのですが…かと言って、自分が真っすぐに進んでいるかどうかもわからず、すぐ先に何があるのか確かめるすべも無いままに進み続けるのは自殺行為でしょう。

 人生というものを生きていると、とんでもない吹雪に出くわしたように、まるっきり先行きが見えなくなるような時が、ごく稀にあります。

 そんな時も、これまた多分、ですが…同じように、遮二無二前へ進もうとせず、緩やかに減速して一旦停止を試みるのがいいんじゃないですかね。締め切りがーとか他の人に迷惑がーとか、そんなもんとりあえず脇に置いておきなさい、事故って死んだら何にもならないんだから。

 自らを助けられる時には、きちんとそういう行動をとっておいた方がいいのだと思うのですよ。自分を助けることができなければ、誰かに助けを求めましょう。大事なのは、そういう選択肢をいつでも取れるように、何度もシミュレーションしておくことです。助けてー。な、言ってみようよ。オレなんか毎日言ってるよ。「もう帰りたいー」って。(←)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
何か調子悪いのぅ。
 今日は、午後にさしたる用事が入っていなかったので、思い切って早退してきました。半休ぶらぼー。半休ぶれーぶす。

 昨夜は何か妙な吐き気がありましたし、今朝起きた時も、すんごく辛かったですからねぇ。蓄積した疲労に、体が悲鳴を上げてる感じがあります。帰ってきた後も、ソファで爆睡して起きたら夕方でしたし、今も普通に眠れそうな辺り、疲れはまだ癒えきっていないように思います。吐き気は無いけど、胸やけっぽい感じあるしなぁ。

 2月末から3月頭くらいまでは、ちょこちょこと大きな行事がいくつか控えてるんで、あまり気が抜けません。でっかい仕事が6月まで詰まってる、という事情もあるし。倒れるような事態はなるべく避けたいので、無理は禁物。倒れるくらいならその前に休みましょう。「いのちだいじに」ですね。

 今日も早めに寝ます。そうそう毎日半休とか取れないしね。休んでも仕事が無くなるわけじゃないので、休息は取りつつも、順次進めていかなければ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。