Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
石狩当別なう
皆さ~~ん!!こーんばーんわーーー!!

私はぁ、母校のぉ、合唱部の夏合宿にぃ、来ていまーーーす!!

一日のカリキュラムは大体終わってぇ、この後は温泉で一っ風呂浴びてからぁ、ちょっとだけ飲み物をたしなんでぇ、適当に寝る予定でぇす!!

明日、明後日と、この別世界にいまーーーす!!よろしくーーー!!




…これ、マヂで社会復帰できんヤツや…どうしよう…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
CurioSoundのハイレゾ化機能がバカにならない件
 ハイレゾ化 ああハイレゾ化 ハイレゾ化

 ……「ハイレゾ」そのものについても、私は手放しで喜んでいるわけではなくて、実のところ、かなり否定的に捉えている部分もあります。かみ砕いて言うと、「アレはあくまでフォーマット、規格だから。言ってみれば、入れ物のキャパシティを規定しているだけであって、そのキャパシティに見合うだけの元が無いと全然ダメダメだから。」という感じ。実際、「うおおおおおお!!!これはすげぇ!!!うおおおおおおおおおおお!!!!」とかなるハイレゾ音源がある一方で、「……え?ハイレゾ?これで?えぇぇぇ???」とかなっちゃうハイレゾ音源もあるわけで、結局、そのフォーマットのポテンシャルを生かした音源となるかどうかは、その調整に関わる人間の能力・大元の音源のクオリティに完全に左右されちゃうわけであります。

 また、アナログマスターが生き残っててそこからハイレゾマスターを起こし直しましたー的なヤツは結構期待できるのですが、元々CD用の44kHz&16bitマスターしか残ってないのでこれをハイレゾ用にリマスターしましたー的なヤツは、実際のところ当たりと思えるのは私の経験上は半分にも満たない感じでして。「ハイレゾ化すれば全部音が良くなるわけじゃねぇから。単純にフォーマットだけ変換したって、音は変わんねぇから。元々欠けちゃったところを補完するったって、やっぱり限度があると言うか、無理なもんは無理だから。」というのが正直な感想だったんです。けいおん!のハイレゾ音源がしばらく前に出ましたが、あれは当たりの方。ただし、44kHz&16bitマスターだったものを、デジタルマルチの各トラックごとにハイレゾ化し、エフェクトツールを当時使用したものに限りなく近く聞こえるようなものに再選定して、慎重にミックスダウンも全部やり直すという、言ってしまえば「そこまでするか」級の労力をかけてありまして、その甲斐あってか分解能が格段に上がっていることを実感できる稀有な例です。なかなかああいう例に巡り合うことは少なくて、「CDマスターをハイレゾ化しました」という注釈のある音源には、なるべく近づかないようにしている、というのが、私なりの線引きなのです。

 そういうスタンスからすると、ソフトウェアが自動でハイレゾ化してくれます、なんていうのは、もう、眉に唾付けすぎてびしょびしょになるくらいの危険案件としか思えないのですが…今回、デジオンから出てるCurioSoundというソフトウェアがキャンペーンで3千円ちょっとで買える、という話を読んで、ちょっと興味を惹かれちゃいまして。多分、何かに疲れてて、心に隙があったのでしょう(笑)。ただ、いくつか評判をピックアップしてみると、万事に効く!というわけではないことが分かった一方で、「効果が実感できるものも確かにある」的な評価が、それなりにあるんですよ。えー。いやいや、お金もらって書いてんじゃないの?という気持ちもありましたが、どう見てもお金もらっているようには思えない、個人のサイトでもいくつかそういう評判が読める。少なくとも、「全然ダメだった、金返せ」という評価が出てこないわけです。うーん。これは、「ダメ元」で試してみてもいいんじゃないだろうか、と。何度も言いますが、きっと私は何かに疲れていて、心に隙があったんだと思います(高笑)。まあ、3千円程度なら、授業料として払ってみてもいいかも、という気分になりまして。で、ええいままよ!とか思いながらポチっちゃいました。
[CurioSoundのハイレゾ化機能がバカにならない件]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
ギャラガとか遊んでみたり
 ACアダプターの調子が悪くて、微妙に気持ちが離れていた我が家のPSPなんですが、先日、ようやく新品のアダプターに買い替えたことで復活。まあ、復活したと言っても、それほどゲーム体力があるわけではない悲しさで、やっぱりあんまり遊んではいなかったのですが、そう言えばと思い出し、元々PS3用に購入してあったナムコミュージアムVol.1をPSPの方にもダウンロードして(このコンテンツはPS3/PSP/Vitaの全てで遊べるスグレものなのです)、ちょっとだけギャラガを起動してプレイしてみました。

 画面小さいな!とか、ジョイスティックじゃないと感じ出ない!とか、もう何年、いや十何年もプレイしていないからすぐゲームオーバーになるんじゃないか?とか、やる前は色々と考えましたが、やってみたら、割と以前の記憶どおり、それなりに進めましたね。まあ、昔だってへぼシューターでしたから(苦笑)大して上手いわけではないんですが、一発で17面くらいまで行けたのは、正直意外でした。逆に予想通りだったのが、チャレンジングステージで一つも満点を取れなかったこと(高笑)。いやぁ、元から2回目の位しか取れない腕前なことに加えて、縦長のゲーム画面を横長のディスプレイで遊んでいるんで、横橋の黒塗り部分(ゲーム画面の外)がどこからどこまでなのか皆目わからず、どの辺からギャラガが出てくるか全然わかんないんですもの。

 若い頃は、調子の良かった時に一回くらい、ミドリの出てくるチャレンジングステージを拝んだような記憶がありますので、恐らく自己ベストはステージ24到達くらい。あとたった7ステージなんですが、この壁が結構熱いのよね。死ぬ前に、一回くらいはエンタープライズ(ステージ31)を拝んでみたいものですが、無理だろうなぁ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
だめえぇぇえじぃいぃおぉぅうぅ~
 やー。どうもすいません、放置状態で。

 ドラクエのやり過ぎ?いやいやいやいや、決してそのような。いや、ドラクエもやってますけど。

 自分でも認めたくなかったきらいがあるんですが…どうやら私、手ひどいダメージを負ってるみたいなんです。

 あーあー、それかぁ!!なるほどー!!…とか言ってられんのですよ。いい年をしてこんな、しかも、オレは門外漢なんですよね。一体何のつもりだと。何様のつもりだと。

 何とか平常状態に持ち込むべく、普段しないようなことをしてます。自分が一番幸せな気持ちでいられた頃の音を聞いて、でも、それは既に「今の自分が期待するベストな音」ではなくなっているんですよ。今聞き返してもやっぱりそうなんですが、それでも、その「幸せだった時の記憶」にすがらざるを得ない自分を繰り返し反芻する羽目に陥り、ああ、「こんなにもオレは弱かったのか…」と。

 何事も、その状態のまま止まったりはしてくれないんだよなぁ。良きにつけ、悪しきにつけ…。

 …あと一日出勤したら、夏休みです。やるべきことをやって、憂いなく休暇に入らなければ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
ドラクエ三昧の一日
やー。

くたびれました。ドラクエ疲れ。

ちょっと大きめの街で、ぐりんぐりん視点を振り回されるようにして歩き回ると、てき面に酔いますね。慣れるしかないんでしょうが。

先週末にプレイして以来、全然余裕が作れなくてほったらかしだったのを、昨晩からちょっと気合い入れて進めてみました。総プレイ時間は11時間あまり。メンツはやっと四人組になって、その後はまだ最初のミッションに入る手前くらい。四人になったことで目に見えて戦闘がラクになり、しばらくは砂漠で経験値稼ぎに勤しんでましたんで、時間かけてる割にあまり進んでいない感じです。通常フィールドなら、フルオートにしといても全滅の危険がほぼ無いようなんで、楽チンです。メタルスライムに二回くらい遭遇して、どっちも逃げられちゃったんですが、アレは「めいれいさせろ」にした方がいいのかねぇ。

サマディーの城下町の教会でセーブして一旦抜けてきたんですが…今日は、このくらいでやめとこうかなぁ。…そうそう、案の定、あそこは滅ぼされてましたけど…どっかで助かって無いですか、あの子だけでも。あんなに可愛かったのに。あんまりだ、あんまりだよぅ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。