Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
仮面ライダーカブト・12
 …えーっと。どんな話だったっけか。花咲き乱れる化粧の技で女たちを魅了しまくりゾロゾロと連れてきた風間が、意地で当たりくじを引こうとしてバカ食いしていただけの天道に、ナンともあっさり負けちゃった話、でいいのか?

 ……………あー。

 印象に残ったシーンすくNEEEEEE!!
 レビュアー泣かせ、だよなぁ。派手な印象の割に、掘り下げられそうなところがあんまし見つかんないのはどういうことなのよ。orz 笑うには笑ったけどさ、そんでもって加賀美君の演技とかは燃えたけどさ。もうちょっとこーよー、なんかこーよー。

 何よりもがっかりしたのは、初キャストオフを果たしたドレイクが、何ら「キャストオフ後ならでは」という戦いぶりを見せなかったことでしょうか。クロックアップしないの?何のためにキャストオフしたのよ?強くなったの?あっそ。そうは見えないぞ、と。

 女性を大切にするあまり、その姿と二重写しになるワームに攻撃できないドレイク=大介。そこを出したかった、描写したかったというのはよくわかりますよ。葛藤と懊悩。ドラマの基本中の基本ですもんね。でも、そちらを優先するあまりに、折角のお目見えを果たしたドレイクが、キャストオフによって強くなった、という部分は一切語らなくていいのかしら。「ドレイク」という新ライダーが魅力的に映らないんじゃない?おもちゃの売り上げにもダイレクトに響くんじゃない?え、視聴者の気にすることじゃないって?いやまーそーかもしんないけどさー。

 視聴者が贅沢なのかもしれませんけれど、もっといっぱいの「何か」を見たかった、と、心の中が叫ぶんです。言葉を尽くしても書ききれないぐらいの、途方もないエネルギーを秘めた「良きもの」を目の前にして、うんうん唸りたいと。掘り出せそうなものの少なさに困るのではなく、どうまとめていいかわからないほどの奔流に飲まれて絶望したいの。そうした、苦しみとも喜びともつかぬ思いの果てを目指して、それだからこそオイラは死ぬほど忙しい今もレビューを続けてるんよ。頼むよ。

~~~

 これじゃ愚痴ばかりであんまりなので、三点ばかし内容に触れましょう。

(1)加賀美が忘れていたもの
 決して仲良しこよしの関係ではなかった、ということですね。戦いを通じ、同じ願いを抱いて、共に歩いていける間柄、ということかなと。そう思いながら聞けた天道の一言「今度うちに遊びに来い。とびきり旨いものを食わしてやる」というセリフのアツさは悪くなかったなぁ。

 欲を言えばあそこまでアツくなれる加賀美には、「俺とお前は友達じゃない…。戦友だ!」ぐらい言わせても良かったんじゃないかと思ったり。いや、まあ、やりようによってはベタベタで台無しにもなっちゃいますから、諸刃の剣には違いないですが。

 あと、岬さんにヒント、つーか答えを言わせちゃったのは芸がないっす。ヒントはヒントらしく、天道の振る舞いとか仕草とか、視聴者にはそのように見える何かとか、そういうもので匂わして欲しかったなぁ。あ、結局愚痴になってたり。


(2)「味覚を感じない」ことの意味?
 岬と三島のシーンで、三島は「味覚を感じないのでサプリメントを常用」という主旨のことを語っています。とにかく「食べる」ことにこだわりまくっているカブトの中で、あえてこんなことを語らせるからには、これは何か意味のあることなんでしょうね。

 09での天道語録「食べるという字は人が良くなると書く」から類推すると、「食べなければ良くはなれない」という解釈が成り立ちます。これだけで断じてしまうのは勇み足かも知れませんが、味を感じ取れないために「他の大事な何かも得ることが出来ないでいる」ということを象徴している気がします。この辺、この先の話でフォローされると嬉しいかな。


(3)桜の花びらを止めて見せたクロックアップシーン
 04の「静止した雨粒の中のバトル」を思い出しましたよ。でも、今回の花びらは静止しておらず、緩やかにではありますが散り続けています。

 このことは、この2週で繰り返し言われてきた「花=女性」という表現と無関係ではないでしょう。クロックアップで散り方を目立たなくすることはできても、被害にあった花=由香里が散っていくことに変わりはない…そういう描写だったのではないでしょうか。そこにドレイクが絡まなかったためか、もう一声、というところではありましたが、今回の中で数少ない、「いい意味で映像が印象に残ったシーン」でした。

~~~

 さて、次週はまさかの矢車くんの再登場!ま、ザビーがこれで使い捨てだとあまりにも勿体ないですから(それこそおもちゃが売れなくなっちゃうよなぁ)、また出てくるような気はしてましたけども。あのスッキリとした退場のあと、彼が如何にして物語に再び絡んでくるのか、要注目であります。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 カブト特集~カブト記事リンク集 (2006/03/13)
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破 (2009/07/02)
 リトバス EX 第1話「諜報員 朱鷺戸沙耶」 (2014/02/02)
 仮面ライダー響鬼 二十二之巻「化ける繭」 (2005/07/04)
 家で養生しながら、溜まってたBlu-ray見てた。 (2014/06/26)
 ディケイド 27話 「BLACK x BLACK RX」 (2009/08/12)
 中二病でも恋がしたい!戀 Epi.VI「躊躇いの…筑紫島周遊」 (2014/02/22)

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
ドレイクはキャストオフ後の方が銃撃の威力が増してましたよ。
まあ新ライダー新アイテムの活躍があっさりなのも白倉Pと井上脚本らしさですかね。装甲響鬼の最初の戦闘シーンが台本で3行だけ、アームドディスクも黄金狼も1回づつ使っただけですから(笑)
2006/04/19(水) 23:28:42 | URL | K-beat #dHmwmFLg[ 編集]
よく考えたら井上脚本とかは無関係でした。
今回は入園入学シーズンとGWの谷間だから13話14話をザビー復活と3人ライダーで盛り上げるために緩急を付けているんですよ。
昨年も11話12話が、みどりさん初登場で明日夢パートの多い地味な話で、13話14話が乱れ童子出現のアクション編でしたよね。あっちは緩急が足りませんでしたが(笑)
2006/04/20(木) 21:44:54 | URL | K-beat #dHmwmFLg[ 編集]
K-beatさん、遅くなりました。

う~ん、ドレイク、強くなってるように見えました?仰ることもわからないではないですが、そうなると「見解の相違」としか言いようがないですよ。銃撃の威力が増しているのだろう、ということは私にもわかりますけど(それ以外にキャストオフで強化されたらしき部分がありませんので)、映像としてはっきりそう見える描写になっていない、と私には思えたのでそう書いたわけで。もちろんK-beatさんのように、いや、あれはちゃんと強くなってるじゃない、という方がいらしてもいいとは思うんですが、K-beatさんも私も素の感想である以上はお互いに平行線だと思います。

白倉さんと井上さんのコンビが武器の描写が淡白気味、という点は、ロクに平成ライダーシリーズを見ていない私ではあまり語る資格がなさそうです。確かに響鬼ではそういうきらいがありましたが、聞くところによればクウガでは高寺さんもアルティメットフォームをほんの少ししか出さなかったとか言いますし、ケースバイケースのような気もしますし。

あと、GWの谷間説にはなるほどなーと感心しましたが、響鬼の13~14話はワタシ的には非常に盛り上がった回だと最大限評価してますので、「緩急が足りない」には個人的には同意できません(笑)。これも、きっとそれぞれに素の感想でしょうから、平行線だと思いますので、まあお互いに感じる部分は違うよね、と言うことで収めて下されば幸いです。
2006/04/23(日) 12:18:40 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
ちょっと言葉足らずでした。緩急が足りなかったのは「響鬼」全編の流れの事です。そんな中では13話14話は盛り上がりましたね。
もっとも乱れ童子編は夏の魔化魍編とともにアンチ響鬼派から設定の杜撰さを叩かれた回でもあるんですが。

クウガ・アルティメットは玩具がクリスマス商戦向けに10月に発売されたのにTVに登場したのが年が明けた終了間際の1回だけだったために在庫の山になって投げ売りで大赤字という曰く付きなんですよ。もともとはTVにも10月頃に出す予定だったのが直前にストーリーを変えて登場させるタイミングを失ってしまったらしいのです。
その件を知ってる人達は響鬼の玩具が売れてないとか明日夢は序盤で弟子入りするはずだったという話に「高寺さん、またやっちゃったのか」という反応でした。
2006/04/24(月) 23:16:19 | URL | K-beat #dHmwmFLg[ 編集]
脱線は嫌いじゃないですけども
信者が何を言っても聞かないのと同様に、アンチは何を言ってもアンチなことが多いので、アンチがどう言ってもあまり聞く気になりません。どれがどういう理由で叩かれたとかいう話は「情報」として大まかに知ってはいますが、あまり真剣に取り合う気になれませんのですよ。乱れ童子編にしたってもう放映から1年も経つ話ですし、そこにこだわっていてもしゃーないし。

結局、好きな人は好き、嫌いな人は嫌い、でえーやないですか。どの道、個々人の評価それぞれは動くことはあまり無いし、それらの「総体」でしか世の中の評価は固まらないんだから。「これはホントはこういう話なんだ!」って対立する意見の人に個別に説いて回っても詮無いことだと思いますぜ?あたしゃどっちかと言えば今でも信者寄りなんで、「その話は叩かれてますよ」とか言われて嫌な気持ちになることはあっても、自分の気持ちに修正を施すことはありませんよぅ。だからアタシも、アンチ派の方のとこに出かけていってどうこう言うような真似は努めて避けてますしね。

申し訳ないですが、本件についてはこれ以上は議論しません。一応、ここはウチの庭先なんで、そのように仕切らせてもらいますのでよろしくお願いします。
2006/04/30(日) 10:15:29 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/891-55e918de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
なんか、ドレイク編からではないんですが、仮面ライダーカブトの世界ではおもろいライダーばかり勢ぞろいしているような感じがするんですが・・・ウキャキャヾ(>▽<)ゞヾ(▽^ )ゞヾ( >▽)ゞウキャドレイクが初めではないんですが、天道君も今回、張り切ってスクラ
2006/04/18(火) 05:18:46 | レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞNプロジェクト(o`・ω・)ゞ
先週は筍づくしで、今週は桜吹雪。春を感じさせる。舞う花びらが止まるクロックアップ戦闘に、大感動!天道と加賀美は友達じゃ無いけど本当に良いコンビだ。10話までも、文句無
2006/04/18(火) 09:03:46 | かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
◇TBさせていただきます◇『仮面ライダーカブト』、「第12話」の感想です。ゲストで登場した英玲奈ちゃんの美しさが今回一番の見所だったりする・・。あとは博太郎さんの台詞ぐらいかな(笑)。
2006/04/18(火) 09:20:18 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
ドレイク登場編の後半。井上脚本ということもあり、とにかく「変な奴」の大集合と言った物語でした。ということで、BGMは「へんなおじさん」(志村けん)が頭に浮かんだが、こういうものは持っていないので、「レレレのおじさん」(From「天才バカボン」、このおじさんも十
2006/04/18(火) 12:56:14 | MEICHIKU なんでもぶろぐ
変則アップ、続いてはカブトの記事っす。まぁ、井上編ドレイク編後編もよく言えばツッコミどころ満載。悪く言えば(ry…しかしまあ、先週の疑問が少し取り払われた部分もあって。あ、だから先週そんな感じだったのかぁ… てな具合も有ります。相変わらず、加賀美のキャラ
2006/04/18(火) 13:58:13 | 『真・南海大決戦』
仮面ライダーカブト 第12話。正しいことはわかるが気に入らない。うん,世の中そんなことだらけだ(苦笑)以下ネタバレあり。
2006/04/18(火) 23:32:42 | きゃんずぶろぐ
◎桜の散る中クロックアップで戦うカブトの美しさ。。。 自分が日本人なんだなぁと感じた一瞬でした。☆ひよりちゃ~ん、お客さんが入ってきたら“いらっしゃいませ”ぐらい言おうよ。 天道くんはいいにしてもさ(ナニ!? 風間くんは初見だよねぇ。それとも同じニオイがし
2006/04/18(火) 23:51:23 | だってミ~ハ~なんだもん
ドレイク・ゼクターは別に放浪のメイクアップ・アーティスト&合コンキャッチャーの大
2006/04/19(水) 01:22:49 | えのらんin遊歩堂
第12話 前回登場した第3のライダー・ドレイク=風間大介。今回、キャストオフしてライダーフォームになってくれました。でも・・・まだバイクに乗っているのを見せてくれていません。乗れるのかなぁ??(笑)
2006/04/19(水) 06:15:02 | はんちゃんのページ
ようやく今日見たカブトの感想。えっとね、「天道、ようやく分かった。俺とお前は友達じゃない」「そうだ、友達じゃない。今度うちに遊びに来い、とびきりうまい物を食わしてやる。」このセリフの掛け合いなんかイイ{/ee_1/}このふたりの関係らしくてすごく好き{/hand_goo/}
2006/04/19(水) 15:07:06 | だいすけでした(^^)v
仮面ライダーカブト11話と12話は第3のライダー「ドレイク」登場編、と思わせながら話の軸は天道と加賀美の立ち位置の再確認でした。
2006/04/19(水) 23:29:00 | Keep the beat!
「天道!ようやくわかったよ。俺とお前は友達じゃない!!」「そうだ。友達じゃない。今度うちに遊びに来い。飛び切り旨い物を食わせてやる。」あんたらにわかっても、あたいはわからん?(゜_。)?同志ってことか・・・?
2006/04/19(水) 23:58:48 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
天道総司という男。 やっぱいいヤツじゃん!! ということを再認識した第12話。 ネットでは、多分11話と同じく不評のような気がしますが、天道の加賀美に対する、彼なりの友情というものがきちんと描かれていて、、1本筋が通ったお話だと思いました。 井上脚本、意外と
2006/04/22(土) 21:26:32 | 特撮ヒーロー作戦!
脚本・井上敏樹/監督・田崎竜太/アクション監督・宮崎剛【おさらい&ガイド】加賀美が主催し天道、そして風間が乱入した屋形船での合コンだったが、参加者の女性の一人はワームの擬態した姿であった。ミュスカワームは正体をあらわすと窓を突き破り飛び立った。船を陸に..
2006/04/23(日) 06:31:06 | アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック
 仮面ライダードレイクって超人ビビューンみたいなデザインだ。
2006/05/14(日) 23:33:05 | UNS digital