Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
「涼宮ハルヒの憂鬱」の憂鬱?
 …え~と、だなァ。同時に買ったフルメタシリーズ2冊の感想記事によれば、この本を買ったのは昨年の10/21ということになっているぞ?そんでもって、フルメタシリーズ2冊を読み終えたのが、同11月半ばぐらいだろ?それなのに、このハルヒ1冊目を読み終えたのが、2月12日?!………3ヶ月もかかっているじゃねぇか?!しかもレビューを書こうとしているのが4月かよ…。orz

 まあ、理由ははっきりしてまして、途中までは読むのにすんごく時間がかかったんですよ。苦行と言っても差し支えなかったでしょう。1月某日ごろ、とある場所で吐露しましたように、そこまでの私の評価はかなり低いレベルでした。…ですが。
 読み始めて最初に感じたのは、地の文、日常的な描写がすごく読みづらいなと。セリフが多いところはテンポも良く、そこそこに読んでいけるんですが、情景描写とか状況説明になると途端に回りくどくなった気がして、真意を汲み取るのにえらく骨が折れました。拘泥せずにさくさく読んでいけばいいんでしょうけども、それができない性分でしてね。ちゃんと一旦は「頭に入った」と認識できるまで、何度も後戻りしてもう一度読み直しちゃうんですよ。何ページか苦労しながら進んだ後、同じ文を5回も読み直しているのに気付き、「ダメだ。これ、多分オレにはあわねぇ」と思った私を誰が責められましょうか。

 ややトリッキーな言い回しを用いながら、工夫して書いていることは判ります。でも、それを推敲して仕上げている感じに欠けました。「言葉を惜しんで味を出そうとした」風にも受け取れますが、それにしては微妙に舌足らずに感じる部分があったり、逆に冗長に感じてしまう部分があったり。それらに出会う度、いちいちストップしているのだから、まあ読み進むのに時間はかかります。

 「てにをは」の用い方が私の持ち合わせる脳内パターンと著しく異なるのも、読みにくさを助長した要因でしょう。また、明らかに言葉の用法が間違っているところもありました。私自身、常に言葉の意味を間違わずに書けている自信はありませんけど、売り物になる以上は直して欲しいよなぁ、とは思いますわね。つーか、書いた本人もさることながら、この出版社の編集者はこれでいいの?この状態で店で堂々と売られていても、良心の呵責とかまるで感じないわけ?

 こうして見ると、「文章を味わうつもりで読んじゃいけないのかな、コレ」って感じだったんですよ。ジェットコースターを楽しむつもりで乗れば違和感はないんでしょうけど、こっちはそこそこに道中の風景も楽しむつもりで乗っているので、ガクガク揺すられるたびに「ちょっと待って!今のとこ見逃した!」って後戻りしちゃうんですよ。だから、「合わないのかなぁ」と。

~~~

 そんな感じで、一向に読み進むことなく、中断したまま迎えた昨年暮れ。実家に里帰りした際、本州に住む弟達と久しぶりに酒を酌み交わしまして、その際にハルヒシリーズを知っているかと水を向けてみましたところ、一番読書量が多い次男が知っておりました。ところが、感想が正反対。私は「う~ん、文章力に問題を感じて全然読み進めないんだよ」と言うと、「ええ~、すごく個性的で真似できない文章を書く作家と思って評価してるんだけど」って感じで。ま、兄弟とは言っても好みがぴったり同じわけでもないので、正反対の感想を持っても別に不思議ではないのですけど、これは正直意外だったんですよね。一時は同人で物書きもしていたことがある弟ですから、かなり意外な答えでした。

 「つーかさ、言葉の用法とか結構間違ってるっしょ?いいの、それで?」てな風に聞くと、「うん、まあ、そういう荒さはあるんだけど…なんて言うんだろ、これ、オレには絶対に書けない、すげぇと思ったんだよ」という答え。うん、さっきの答えとかぶってるやん(笑)。まあでも、これはちょっと認識を改めて、先を読み進んでみなきゃいかんのかな、と、そう思い直したわけです。

~~~

 それでも、1月はバタバタしたり余裕がなかったりで、微妙に読めないまま月日が過ぎましたが、響鬼の放映が終わり、レビューも書いて一段落という時にふっとこのことを思い出しまして。手にとって、読み進んでみる、と。ちょうど、「ちょっとおかしな知人」だった人が、「相当おかしなこと」を言い出す辺りだったと思うのですが……あれよあれよ。メシとか子どもの相手とかでどうしても外せない用事を済ますのももどかしく、そっから先は一気読みでした。確か、読むのを再開してから2日とかかっていないはず。どうなっとるんだ、これ。前半でアレだけ苦労したのはナンだったの。

 読み終わって一つ感じたことは、この人、非日常の描写に入った途端に、別人のように生き生きと文章を綴るなぁと。正しい評価なのかはわかりませんが、私にはそう思えました。ある意味、得意な部分と不得意な部分のギャップがすごく激しいのかも知れません。ま、そういうことを色々考えてみても、読み手の好みに左右される部分までは客観的に分析しきれませんわね。正直に言いましょう。人気がある理由は何となく判った気がします。いやいや、もっと素直に言おう。最後まで読んだらちゃんと面白かったっす。前述のような前半の評価の低さから、人に手放しで薦めることは躊躇してしまいますが、「オレは後半で結構面白いじゃんと思った」という感想は、人に対して素直に言えるようになったと思います。

 もう一度最初から読み直したら、また別な感想を抱くかも知れません。ですが、そんな時間は私にはないですし、何よりも読み始めた動機が来週から始まるアニメ版の予習のためですから、今後はそちらに労力を割いていきたいと。あ、そうそう、前半でひぃこら言ってる時は、これ一冊読んだらあとは放置かなーと思っていたのですが、読み終えた直後、フルメタともども早速続刊を買ってきてます(爆)。あそこで止められたままじゃかなわんしー。後半のテンポで読めるなら、問題ないわーと。いつの日か、気が向いたら2冊目以降の感想も書くかも知れません、ということで。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 よつばと!13巻、無事にゲッチューしてます (2015/12/02)
 記録全集AIR memorialの第一印象 (2009/03/05)
 高橋葉介総特集のムック (2013/06/28)
 コミック版氷菓5巻 (2013/09/27)
 再読了。 (2009/08/12)
 「背すじをピン!と」がものすごく面白い (2016/12/03)
 氷菓 限定版 第9巻に、文庫未収録のあの話が! (2013/02/26)
コメント
この記事へのコメント
こちらでは火曜日放送・・・
主観で判断するのではなく、何故世間に人気が出てるのか読み取れって、姉さが('A`)

ということで。
個人的には、文章は読みやすいと思いました。
キョン吉の主観での考えがそのまま文章として描かれているので、文章の書き方など複雑な描き方をしていないからこそ、若い世代には読みやすいのかなぁ、と思ったり。
文章の面白さなどはありませんが、故に「ライトノベル」と呼ぶに相応しいのかなぁ、と思いました。

ライトノベルにはまった当時はスレイヤーズに熱中していたのですが、他の作品をいろいろ読んだ後に読み直すとナンジャコレ('・ω・`)という感じでして。
まさにてりぃさんが仰られているような問題ばかりが見えて、何でこんなものにはまっていたんだ…と。
しかし、この作品は説明するまでもなく、一般的にはかなりの人気作品にもなっていて、やはり「ライトノベル」には読みやすさも必要なのかな…と感じました。

まぁそれでも、何故にここまで人気が出ているのか分からないんですけどもね('・ω・`)
後半の展開は面白いし、4冊目の「~の消失」はかなりのモノだとは思いますが…そこまで騒ぐものか?と。
やはり今はまっている人たちとの感性が既に違ってきているのかなぁ、と年を感じた辺りでお暇をm(__)m
2006/04/02(日) 00:42:28 | URL | はぐれ #US7Is6OM[ 編集]
いよいよ明日ですね
あれよあれよという間に放映しちゃうんですね。ん~時間って湯水のように流れていくんだなぁって最近思います。
実は私もまだ一話を見てません!どんなのになっているのか楽しみです。
私もちょっとお仕事させていただいてますが、今までの作品と違って遊びが多くて面白かったです。
ぜひぜひ毎週みてくださいね!
2006/04/02(日) 10:53:48 | URL | 荒谷 #q1FuNLzA[ 編集]
こちらは、水曜日・・・
水曜日は、「いぬかみ」「ハルヒ」「うたわれ」のみっつなので・・・また、こんシーズンは、大変になりそうです。木曜には、アリア第二期ですし・・・
みなさんへこたれない程度に録画しましょう。
2006/04/02(日) 21:53:34 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
いよいよ
>はぐれん

人気というのは水ものですから、まあ大概は騒いでいる人「以外」には騒いでいる理由はとんとわからないものだと思います。それが騒がれる理由を騒いでいる本人が客観的に説明できない、それが「人気」というものだと思えば、まあ無理に理解しなくても良いのかなぁと。

相手を理解することで歩み寄れる関係が多いですが、「相手とは決して理解し得ない」ということを前提にしてこそ歩み寄れる関係もまた可だと思うのです。ま、歩み寄らないまでも、相手は相手、自分は自分と思うことで随分と気がラクになるものですよ。

>荒谷さん

片時も忘れたことはございません(ナニ。今でもこうして読んで下さっていることに衝撃を覚えつつ、ナンかとんでもなく失礼なことを書いていなかったかしらと冷や汗を垂らす辺り、一年前のあの日から全く進歩が無くて申し訳ない限りです。(^^;

ちょっとずつ漏れてくる「真実」の報せに、感激の日々でございます。今回もワクワクしながら待っておりました。どのようなものであっても、誠実に向き合うことを忘れずに、見続けたいと思っております。

お仕事の方、引き続き大変な毎日かと存じますが、どうぞお体に気をつけて頑張って下さい。いつも応援しております。

>セトラさん

いっぱいご覧になるのですね。(^^; てりぃはちょっと余裕に乏しい日々なので、多分それほど手を広げないと思います。わずかに生じるであろう余力の部分では、既に積み上がっている「見たい・プレイしたいと思っている過去作品・過去ゲー」の方に力を振り向けようかなと。

取捨選択は難しいところですけども、様子を見ながら自分のアンテナを確認しつつ、なるべくまたーりと私は行く事にしますよ。いっぱいご覧になる方のバイタリティの凄さにはいつも関心しております。セトラさんも頑張って下さいね。
2006/04/04(火) 00:15:13 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
キル!
録画してもきちんとみているというわけではないですよ。
録画してみてないとかありますし(アリア第一期の最終話とか)
ま、短期間でどこまでキレるかがポイントになりそうですけどね・・・

てりぃさんよりさきに「リリカルなのは」第一弾観終わりました~!
オープニングがいいかんじなのでFate同様CDが欲しいです・・・

そうそう、いつぞやのoneのドラマCDやっぱり買ってしまいました(テヘ
とは、いえハルヒは、水曜深夜なのでゆったり待ちます。
2006/04/04(火) 22:59:24 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
きらきりきるきれきろ
私は「あえてきる」よりは「最初から見ない」方でしょうか。きるなら一話で割とあっさり。タチが悪いのが、「最初は切るほどではなく、途中で大絶賛の回があるけど最後はグダグダ」のヤツ。こういうのは切れずに、大概最後まで見ちゃいます。最近はそういうタイプにはある種の予感が働いてしまい、ハナから近寄らないようになってしまいました。ま、時間の余裕もないんですが。

ONEのドラマCD、買っちゃいましたか。リリカルなのはも見ちゃいましたか。どちらも、今の私には相当遠い目標です。
2006/04/06(木) 01:32:36 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
目標は、あくまで過程なのですのよ?
目標の先に結果があると思っています。
自分は、結構頑固者なので他人の評価とか、気にならないといったら嘘ですが、実際見る見ないうを決めるのは自分しだいなのでキルときは迷いますがキッタ後は後悔も迷いもないですね。

ONEは、安かったのでついつい・・・
リリカルなのはは、みましたがトップをねらえ2は、まだ、みてないです。
みたいとは思っているのですが・・・
2006/04/08(土) 19:18:42 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
過程を楽しむクチでしてね
私も、切った後の後悔はあまりないですけども、切るまでがすごく長いんですよ。いったんスゴイ回に出会ってしまった番組は後半がグダグダになっても、この設定とあの前フリがあればすんごく面白い展開がありそうなのにっ!て未練がかなり残ってしまい、切れないままズルズルいっちゃいます。だから、途中で期待だけ持たされそうな番組は警戒するようになった、ということで。ま、そんなこと言ってたら何も見れないんですけどね。

時間は有限ですから、なかなか思い通りにはなりませんねー。しょうがないことではあります。
2006/04/09(日) 13:12:28 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
結果の先をみてみたいんですよ
観終わったあと、物語が自分の中で息を吹くのが好きなんです。

そういう、中途半端にキレナイものは、多分きっとみれてないと思う。時間の都合で観れなくってビデオに録画だけはしておくんだけど・・・見れてないとか多かった。

時間が無限にあったら楽だろうけど堕落するね、自分は。
かぎりある生をいきるほうが楽しいと思う!
2006/04/09(日) 19:30:09 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
結果自体も過程の一つかも
「てりぃレーダー」みたいなもんがありましてね。一話だけ見てダメそうなヤツはすっぱり切れます。一話だけ見て、こりゃ最後までいけると思ったヤツは大抵最後まで熱く見られます。問題なのは、「てりぃレーダー」にかかったのに、途中からダメになっちゃうヤツ。レーダーの精度の問題なのか、はたまた制作側の事情変更なのかわかりませんが、こういうのは本当に悩ましいです。

有限・無限の件は仰る通りで。時間ねぇ!と言っていながら、いざ時間が出来た時になんにも出来なくて、あとでまた忙しくなってから愕然とするんですよ(笑)。まー、えてしてそんなものかも。
2006/04/10(月) 01:19:08 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
過程が結果になり、結果が過程になる。
世の中ぐるぐると、回ってるんすね(笑)
曜日によってやってるアニメの本数が変わってくるんで、それも考慮にいれないといけないというのもある。

自分の時間は、自分の時間ですけど、ゆっくり休むときも必要ですよね。
2006/04/15(土) 20:04:24 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
回る回るよ頭は回る(ぇ
正直な話、放映中のアニメの本数を基準にして生活を組むと、真っ当な生活が遅れません(^^;。

趣味に生活自体が侵食されてしまえば、何のための生かわかんなくなっちゃう気がするので、それは避けたいなと。次第、見る本数は限られ、アンパイに走ることになるわけですな。いやはや。
2006/04/17(月) 12:57:18 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
恐怖!スパナで鼻を回す男
何に為にかだって、それはな「愛」だ。
人は、「愛」によって心を輝かせることができるんだ・・・BY某電子工のものまね

「愛」って不確かなものにこめられている「真実の声」いつかきけたらいいなのロンリーウルフなセトラですが。
今現状維持で仕事しながらまったり生きています。
てりぃさんも風邪には気をつけていきましょう(笑)
2006/04/21(金) 19:48:09 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
回さんでw
もう何が何やらわかりませんがw

私としては、限られた自分の愛情を、注げる対象を絞りに絞って、その分濃く深く注ぐ、という方法論で今後も頑張ります。風邪?引いてるヒマがありません(笑)。
2006/04/23(日) 12:20:21 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/875-39803a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
どうも管理人、ドクターレビューです。涼宮ハルヒの憂鬱のアニメがついちょっと前まで放送されてましたが、残念ながら、1話ぐらいしか見ていませんでした。それで、この度、涼宮ハルヒの憂鬱の小説を読んで見ました。...
2006/08/26(土) 11:47:12 | 妄想日記ブログ