Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
エヴァ10巻
 店頭に並んでいるのを見たら即ゲッチュー確定!というものがいくつかございまして、いわゆる「貞本エヴァ」の単行本もその一つ。ほとんど「不定期連載」に近いような状態なので、あえて指折り数えることもせず、少年エースの掲載状況も一切確認せず。例によって全く発売情報を押さえていなかったので、見た時には大変嬉しかったですね。

 内容的には、アニメの「第弐拾参話 涙」に当たる話の後ろ2/3ぐらい。それだけでまるまる一冊分になってしまったこと、すなわち濃ゆく書いてもらったことが嬉しい一方で、このペースでいくと最終話まで何巻あるんだろう、全部描いてもらうにはあと何年かかるんだろうと暗い気持ちになったり。でも、とりあえず今回のホンも楽しく読ませて頂いたのでヨシとしましょう。
 貞本エヴァでは、アニメの内容の補完になる部分がいくつも加えられている一方で、絶妙なアナザー部分がまた楽しいわけで。今回明らかになった点としては、早々に投入されたタブリス=フィフスチルドレンたる渚カヲルの役割が実にいい感じ。

 前巻までにおいても、シンジと出会った当初、人間的でないふるまいがあちこちに表れていたカヲルは、「レイと同じ」ということがアニメよりもより良く描かれていました。今回の10巻では、その彼が人間に興味を持ち、人間の「好き」という気持ちに惹かれていく様が細かく描かれることで、ストーリーに強く説得力を持たせていると思うのです。また、未だ彼のことを好きにはなれないシンジが、この先追い込まれるようにしてカヲルに救いを求め、好意を抱いていく展開が待っているのだと思うと、その先に来る「歓喜の歌」への流れに向けて大きく期待が高まります。

 細かいところでは、リツコを落としたゲンドウの「ひざまずき」シーンのイキとか、レイがシンジに対して抱いていた感情の種明かしの仕方とか、往年のファンも大満足な部分が多々あって、これだから待たされ続けてもやめられねぇんですよね。エヴァ関連の商品には一切食指が動かなくなった今でも、貞本エヴァだけは熱く追いかけていく気満々でございます。

 で。次の巻マダー(チンチン)。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 あえて言おう!関西であると!! (2006/12/05)
 雪風を読み進めてみたり。 (2013/04/09)
 神奈とか神奈とか神奈とか (2005/07/04)
 国民クイズめっさ面白い (2014/04/05)
 カレカノ再読中 (2011/06/04)
 記録全集AIR memorialの第一印象 (2009/03/05)
 planetarian特典小説、一般発売へ (2008/10/01)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/867-00082101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック