Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
フルメタTSR最終巻発送!
 …つーメールが、先ほどアマゾンから来ましたよ、と。

 いやー。色んな意味で長かったですなぁ。一ヶ月に2話の割で延々とリプレイし続けてきた意味でも、このバカ高いDVD初回版を半ば意地も手伝って延々と買い続けてきた意味でも。…ま、UMDもイラネし5.1chもイラネな人は、通常版で十分だしレンタルで十分なわけで、そういう意味では、まー、ちゃんと逃げ道は用意されているわけなんだけど。何となく、金を取れるところからは取れ!って声高に言われているみたいで、決して多くは無い資力をムリクリ振り向けている身としては、あんまりいい気持ちはしないですよ。あ、いやいや、そういう暗い情念をぶちまけたかったわけではなくて、ですね。TSR完結オメデトウ!と。そういうこと。

 ○フルメタル・パニック! TSR Scene12+13
 ・初回限定版
 ・通常版
 リンク先のパッケ絵を見ると、初回限定版はテッサ、通常版(と初回版に同梱されるUMD版)はかなめ&宗介のようですな。これ、1巻目と逆の構成なんですよね。意識してやってるんだろうなぁ。絵柄的には、テッサの可愛さも捨て難いですが、私としては通常版の、背を向け合った微妙な距離ながらも接近する二人の構図をイチ押ししたいと。背景にはラムダドライバを発動するアーバレストがいるし。色んな意味で燃えます。逝けます。死ねます。

~~~

 TSRのDVDシリーズとしてはもう一本、フルメタのOVA発売???という記事でご紹介した短編が5月に発売されるわけですが、放映分のリリースが終わるこのタイミングで、「DVDとしてのTSR」を振り返ってみたいと。

 基本的なコンテンツ構成としては、DVD1本に付き本編が二話収録。オーディオコメンタリーとしては毎回声優陣二名をフィーチャーしたフリートーク音声を。映像特典には、監督・武本氏とシリーズ構成&原作・賀東氏の放談エスコートによる香港ロケ映像を、という具合です。1本目か2本目には、ノンクレジットOP/EDも付いていたかな。

 で。

 高品質の映像であることを差し引いても、この構成でこの価格設定はやはり割高に感じる、というのが正直な気持ちです。アマゾン予約割引の22%オフ後で初回版が6,388円。通常版は4,750円ですから、私にとっての価格差は1,638円ということになります。我が家にはPSPはありませんし将来的にも買う予定はありませんから、UMDとか絶対イラネぇんですよ。だから、この価格差を甘んじて受け入れているのは、5.1ch音声部分についてのみ、ということになるわけですが……制作はもうとっくに終了しているわけですから、「5.1chで作ってもらっている、その手間ひまの部分に対して対価を支払っている」という気持ちになれないんですよ。2chでオーサリングして焼くのと5.1chのそれとで、かかる費用がそんなに違うとも思えませんし。パッケージは若干異なるものの、トールケース&UMDケースをボール紙で梱包しただけですから、AIRの時の様に「そこそこ手が込んでいる」という感じもしませんし。結局、絶対に使わないUMDの費用を無為に払っている、という印象しか残らないんです。これが空しい。実に空しい。

 加えて、初回版シリーズに付いてくる4巻収納BOXが、やや意図不明になっている点も不満大でした。DVDのケースをこのBOXに収めてしまうと、UMDパッケージが丸々余るんですよ。かといって、元々の通りにボール紙に収納していくと、今度は前半BOXの付いているScene00と後半BOX付きのScene06+07が、箱の中が「がらんどう」の悲しい状態で残ってしまいます。しかも、5月にはどちらのBOXにも収まらない特別編が出ますでしょ?これ、一体どうしろってぇの?

 映像の出来不出来とは全然無関係な部分で、こういう場当たり的な商品構成を見せられてしまったことが、結構大きなストレスになりました。今でも、映像作品としての魅力は文句なしに☆5つ!と思っているのですが、DVDシリーズという総合的な商品として見た時には、一個ぐらい☆を減らしたくなる気持ちが間違いなくあるんですよね。

 本放送がある種のPRに過ぎず、投下資金を回収するフェーズがDVD販売に課せられるという、かなり特殊な収支構造のアニメ作品では、価格的な問題は仕方の無いことなのかもしれません。そして、そのDVDを購入する人数が限られるとあっては、単価が高くなるのも致し方ないところです。しかし、「だからしょうがないんだよ」と言っていては、売り手も買い手も、いつまでもこの構造から抜け出ることが出来ないではないですか。少なくとも、「これ、商品としてどうなのよ?」って買い手が思っちゃったら、その先のパイはますます小さくなっていくばかりです。売り手が為すべきことは「あらゆる面で魅力ある商品を作り上げるよう、そしてそれを適正な価格でリリースできるように頑張ること」。買い手は「良いと思ったものには自分が納得できる範囲でちゃんと対価を支払うこと」。これがともに徹底されていくことでしか、閉塞しがちな現在の状況は打破できないと思うのです。

 フルメタの次のシリーズも(まだあるかどうかわかんないけど)、角川さんの元で、同じ布陣で作られることになるのだと思います。その時に、「またこんな要らない特典で水増しして価格を吊り上げて~」という、おんなじ文句を言われないように、是非頑張っていただきたいなと。こちらはこちらで、良いものには惜しみなく代金を払うつもりで、一日千秋の思いで次回作を待ち焦がれておりますんで。

~~~

 あ、そうそう。一般的には評判が多分あまりよくないと思われる、映像特典の武本×賀東さんの放談ね、ウチでは大絶賛です(笑)。あのヘタレた力の抜け具合にぞっこんって言うか。基本的に「愛すべきおバカ」って大好きなんですよ。自分にも同じナニカが流れているのかもしれません(笑)。たまに、ごくたまに、本当にごくたまに(しつこい)、制作者の意図が聞けて「へぇ~」と唸ることもありましたし。最近では、本放映中には私がその意図を掴みかねていたScene11「彼の問題」についてのコメントが興味深かったですな。出来上がった映像を全肯定できるようになった、とまではいかないですが、どういう意図で作られたのかがわかって、かなりストンと胸に落ちましたです。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 「ナユキスト」ってナンだ? (2007/03/15)
 日常の第3話 (2011/04/17)
 オーズ 第24話「思い出と恋と海のコンボ」 (2011/03/05)
 第8回MMD杯がwktkすぐる件 (2012/01/23)
 「失った私の歌」とは? (2006/06/25)
 魔法戦隊マジレンジャー Stage.13 「お母さんなら」 (2005/05/08)
 Clannad After Story 第1回「夏の終わりのサヨナラ」 (2008/10/24)
コメント
この記事へのコメント
フルコンプおつかれさまです。
自分は、ブルーレイやHD移行するのを待つ道を選択しようと思います。

最近は、番組終了シーズンなのですが。
蟲師やノエインなどのアニメがよかったのでレンタルになったらもう、一度みてみたいですね。
てりぃさんのお勧めはフルメタですか?
ああ、そういえば、ハルヒも京アニでしたね。
レビューとかなされるのでせうか?
2006/03/23(木) 23:28:02 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
ほほー
ブルーレイorHDっすか。おっかねっもち~。我が家は今のところ、そうした最先端の機器を導入する予定も予算もないデスが(T_T)、ただ、ここんところ異常に読み込みが遅くなってるPS2のリプレースの際に、PS3が選択肢の一つに急浮上する可能性はありますなー。って、互換性無いんだっけ?

>ハルヒも京アニでしたね。
>レビューとかなされるのでせうか?

えっ、もう放映っすか?!え、北海道は来週月曜日の深夜っ?!全然準備してねぇ?!
2006/03/28(火) 12:19:20 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/853-7928d211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック