FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ジオウ完結とゼロワン放映開始に寄せて
 ライダー関連では全然記事を書いていなかったことを思い出し、この機会にちょっとだけ書いてみようと思います。

 まず、先日最終回を迎えたジオウ。作品全体としては、「普通に面白かった」という感想になりますでしょうか。この評価は、私が電王やWやオーズに寄せるほど突き抜けた高評価では無いものの、次いで高く評価している、というくらいだと思っています。自分が全話見たライダーだと、フォーゼ、ビルドくらいかな(ちなみに、振り幅の大きすぎる響鬼はある種の別格なので比較の対象外、クウガは実はまだ全話見てないんです…)。お祭りの要素も持つアニバーサリー作品であることを踏まえると、もう一段上の何かが欲しいような気もしますが、でも十分に楽しみました。最終回がキレイに終わったのも、個人的に高く評価してます。

 続いて、先日より始まりましたゼロワン。自分はキカイダーのリアルタイム世代なのでゼロワンと言えば普通はあっちなのですが、そんなモヤモヤを吹き飛ばすくらい、初回は面白かったですねー。ジオウには「20→2+0→ジ+オー」という言葉遊びが入っていることにシリーズ半ばでようやく気づいたのですが、今作のゼロワンにも「01→0+1→α+I→AI」という遊びが隠れている気がしますね。0をエーに割り当てるところがかなり苦しいですが。零(レイ)+壱(ワン)で「令和」にかけてる、というのも言われていますが、仮に令和でなかったとしても、新たな元号での第1号ライダーということでゼロワンでも全く問題なかった気もします。
 
 さて。

 仮面ライダーと言えば、「敵と同じテクノロジー乃至何らかの要素により変身し、人外の力を手にして戦う者」というお決まりのフォーマットがあります(例外アリ)。

 ジオウにおいては、それが「仮面ライダーの力」だったわけで、仮面ライダーそのものと戦う宿命を帯びていたディケイドとはまた異なるメタを内包した作品だったわけですが、それは脇に置いておいて。

 ゼロワンにおいては、それが「AIを搭載したヒューマギア」になるんでしょうねぇ。となると、主人公は…まあ、そういうことなんだろうなと。他ライダーでは555とかがそんな展開だったでしょうか。そう言えば、キカイダー01も主人公は…。

 しかし初回放映ではそんな含みなどほとんど見せず、楽しいところは楽しく、それなりに考えさせられる展開も見せつつ、アクションもとても痛快に、全体として大変バランスよく仕上がっていたと思います。いい意味で享楽的と言うのか…エンターテインメントのど真ん中を突っ走る様な心地よさがありましたね。

 個人的には、自分がぶつけたギャグの中身を説明されて悶絶する主人公、という絵面が、大変好きでした。ちょっとダメっぽいところのあるヒーロー像ってのが、やはり自分の中にはあるんだなぁと再認識。

 とりあえず、嬉しく継続視聴決定です。近年のニチアサには割とムラのある付き合い方しかしてない私ですが、今作は最後までしっかりついて行けそう。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 らき☆すた 第11話「いろんな聖夜の過ごし方」 (2007/06/19)
 フルメタのOVA発売??? (2006/02/16)
 ノエイン~もうひとりの君へ~ 第4巻まで (2007/01/08)
 笹の葉ラプソディDVD予約はじまた (2009/07/10)
 ハートキャッチどれみ (2010/01/31)
 爆笑あにめ さむらいちゃんぶるー (2018/11/29)
 ヒビキさん効果もスゴかった。 (2009/05/25)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/7619-e0283b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック