FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
「月の影 影の海」を一気に再読
 かねてより「近々再読したいなぁ」と思っていた、小野不由美氏の十二国記シリーズ初期の名作「月の影 影の海」を、本日一気に再読しました。

 再読してみて、今まであんまり気付いてなかったことにもいくつか気付いたり。このタイトルって、多分陽子自身の~ひいては人間の心の中にある「陽と陰と」を暗示してるんですよね、きっと。しょっぱなの、自分の血流の音が潮騒に似て聞こえるって描写からして、人の中にはある種の海があるってことを匂わせてるし、「影の海」って言い回しもなかなか思わせぶりですし。また、。虚海を渡る時の二つの月の影なんててのもゾクゾクしますし、それが相互に合わせ鏡のような構造に思えるのも実に考えさせられますし。鞘たる猿(それと対になる剣の方も「水」を象徴している!)が、主の心の裏を読んで煽る辺りも、その辺としっかり連関している気がします。

 あとですね、視力がこの一年くらいで急速に衰えたせいで、ちょっと暗い照明の下だともう文庫本の文字を読むのが辛い、なんていう悲しい老化の現実に向き合わざるを得なかったり(涙)。メガネ変えなきゃなぁ、ああ、めんどくせえ。

 他のもいくつか、また読みたいと思ってるのがあるんですが、いつ読みますかねぇ…延王・延麒の「東の海神 西の滄海」も好きだし、陽子の初勅にまつわる「風の万里 黎明の空」も好きだし、珠晶が黄海に昇山する「図南の翼」も好きだし…。まあ、脳内の待ち行列に並べておくにとどめますか…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/7367-5ad52ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック