FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
プリキュア#45話 「歌えさくら組!合唱は勇気を乗せて」
 「合唱の世界はそんな甘いモンじゃねぇぇぇぇ!」
 草薙&矢田のドラマ「僕の生きる道」の時も思いましたが、合唱をモチーフとして導入する際に、なんでこんな中途半端なことしか出来ないんでしょうか?ウィーン少年少女合唱団を呼んでこいとは言いませんよ。でもさ。せめて合唱としての体裁ぐらいは整えろ、と。

 「各パートの音取りをカンペキに」

 ってそれ斉唱(*)だろ!
    (*:斉唱~全員で同じパートを歌うこと)

 「このぐらい(意表をついたことを)しないと御高倶(おたかく)女子には勝てないと思うのよ!」

 ってポップソングの素人即席編曲で勝てる大会があったら教えて欲しいんですけど!

 大体、校内のコンクールで一位になったクラスが外の大会へ出場する、というのがそもそも気にくわないッス。何ヶ月も発声などの基礎練習から紙一重の限界点までを追求してきた専門クラブ活動に、付け焼き刃のクラス合唱が対等に渡り合えるなんてそんなバカな話があるかい!芸術の世界をなめるのもいいかげんにしろ、と。


 えー。


 アニメ本来の出来について、ですが(苦笑)、今回は作画はそれほどひどくなかったです。が、ジュナがけっ飛ばしたロッカーの動きが物理法則を超越していたりして、相変わらず動画的に厳しい部分を抱えていることは明白。CGの拡大・縮小処理で遠近の行き来をごまかしているのとかも、目を覆うばかり。そういう意味では、ホントに毎回気が抜けません(笑)。脚本は…まー今回は島編とでも思って諦めるしかないですなー。上記の合唱をなめている部分を差し引いても、特に見るべきところのない回でした…。orz
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 ヤマト2201第1章観終わった (2017/02/26)
 フルメタル・パニック!TSR Scene05「うるわしきシチリア」 (2005/08/12)
 たまこま―けっと 第9話「歌っちゃうんだ、恋の歌」 (2013/03/11)
 東京国際アニメフェア2006 (2006/01/14)
 ウルトラマンメビウス 最終三部作 II 「絶望の暗雲」 (2007/03/26)
 劇場版グレンラガン・紅蓮篇 (2008/09/10)
 消失の進捗・その4 (2010/02/11)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
この記事へのトラックバック