FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
フルメタル・パニック!IV 第6話「腐敗のまどろみ」
 フルメタル・パニック! Invisible Victoryの第6話を鑑賞しました。

 今話は…作画的な不安がところどころに見られて、気が気でなかったのが残念でしたかね。目くじら立てるほどひどいわけでもないんですが、んっ、これ誰?…みたいのはあったかなぁ。ただ、比較対象が第2・第3シリーズの京アニ水準になっちゃうと、流石にそれは気の毒かしらと思うので、まあ、あまり気にしない方向で。

 個人的にはそれよりも、私の胸にダイレクトにグッと来るような演出や絵作りが、今話にはあまり見当たらなかった方が重要かなと。レビューを書く上でのビジュアル上の引っ掛かりが無いので、自然と難産になるのです。

 いつまでもダラダラと悩んでいても仕方が無いので、今回は簡易レビュー的な書き方で失礼させていただきます。
 
 私は、この「ナムサク編」もちょうど4話かけて(つまり8話までで)完結するだろう、という予測を立てておりますが、今話の展開も引き続きそれを裏付けるものだった、と言えるでしょう。平たく言えば、展開が実に早いです。

 4話までの「オン・マイ・オウン編」も、展開は実に早かったのですが、その省略された部分が絶妙のグルーヴ感を生んでおり、切迫した空気の醸成に一役買っていたのが逆に素晴らしかったと思います。しかし、「ナムサク編」は、そうした要素には乏しく、どうにも歯抜け(もしくはすっ飛ばし気味)な印象になってしまうところが、仕方ないとは言え、辛いところです。

 更にぶっちゃけて言えば、例えば「ナミが宗介に惚れる展開に説得力が持たせにくい」のよ。私もウブな視聴者ではありませんから(苦笑)、自分の脳内で行間部分を補完しながら見ているので、視聴する上での障害にまではなっていません。それでも、共感するだけの余裕が作中から引き出せないのは、これはもうどうしようもないのよね。

 原作でどのように描かれているのかは知らないのですが、宗介の中にはもっと重くもっと暗い懊悩が渦巻いているはず、と思ってしまうと、この描写は如何にも軽く見えちゃう、という側面も大きいですかね。もちろん、過去の経験から言って、自分の中で先々への妄想を逞しくし過ぎると決して良い結果にならないことはわかっていますので、なるべく深入りせずにフラットに見ていこうと思っておりますが。

 残り2話(ナミたちとの交流もあとたった2話なのか!!)で、「これは!」と思えるような何かを提示していただけるといいのですが…。スタッフの皆さんにエールを送りつつ、待たせていただくしかないですね。



 さて、その早めの進行の中で、物語上はそれなりに重要なパーツがいくつか。

 宗介の狙いは、最初からアマルガムへの接触にあった、てなこともその一つ。しかし彼、一人ぼっちなんですよね?ミスリルの誰かとどこかで繋がっているようには描かれていないから、多分一人だと思うんですが…接触した後のことも考えながら動いているんだとしたら、まだ宗介の狙いの奥底には、触れることができてないような気がします。展開スピードから言って、次回の終盤にはその辺まで明らかになりそうな気はしますが、はてさて。

 また、そちらとは裏腹の、「今の宗介の気持ち」に触れているところがなかなか。「居心地がいい」という表現で語られるとともに、「オレは何をやっているんだ」と独り言ちさせているのは、じわっと来ますねぇ。この辺、サブタイトルの「腐敗のまどろみ」に関わる部分なんだよね。緊迫感を持ち、かなめを助けんがために単身アマルガムに迫ろうとする宗介!!…みたいな理想像と、現実の宗介の、少なからずまったりとした在り様との差異が、微妙に宗介自身を困らせるわけです。それは、腐っていると言えば腐っているのでしょうが、そのまどろみはやっぱり心地よかったりもするわけで、人情やむなしなんだよなぁ。

 もちろん、この「腐敗のまどろみ」はそれだけでなく、八百長で支えられているASバトル⇒警察との癒着の方にも掛かっている言葉ですよね。ただ、その粘液質の空気の向こう側には、暗躍するクラマの姿も見え隠れしていて、この何重ものフィルター越しに対峙する両者が遠からず短絡する瞬間のことを思うと、これはこれでなかなかワクワクするんです。

 時間がかかった割にすごく短くて申し訳ないのですが、今回はこの辺にしておこうと思います。次回、打ち倒される巨人とは、いったい誰のことなんでしょうか…楽しみに待たせていただきます。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 らき☆すた 第14話「ひとつ屋根の下」 (2007/07/10)
 映画 けいおん! #4 (2012/07/18)
 売り切れるパンフレット (2016/11/20)
 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第8話 (2018/03/02)
 レビュー記事が壊れてた。 (2014/05/13)
 リトバス 第6話「みつけよう すてきなこと」 (2012/11/12)
 リトバス 第3話「可愛いものは好きだよ、私は」 (2012/10/21)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/6883-58e60109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック