FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
リーディングスキルとか、色々。
 案外みんな、リーディングスキル(つまりは、「読み取る力」ってことでしょう)が低いらしい、なんてことが話題に上っていますね。まあ、「リーディングスキルが低い人がある程度以上いる」ってこと自体は、最近急に出てきた話でもなくて、ずっと前からそうなんでしょうけども。ただ、その割合が増えてきているのだとしたら…私にとっても、それは決して他人事ではありません。何故かって、当ブログの最大の売りは、かなりの長文の、それなりにリーディングスキルを必要とするような記事だからです。私が意図したとおりに読んでもらえないことが増えたり、そもそも読んでくださる方が減り続けるのだとしたら、そりゃあ悲しいです。

 文章は、長ければ良くて短いとダメ、というものではありませんし、逆に短い方が良くて長いのはダメ、というわけでもありません。長かろうと短かろうと、良い文章となるための要素というものは色々とあって、それらのいくつかが結実し、調和しあって読む人の心に何かを残す、そういう文章が良い文章なのだと私は思います。私の駄文がそうした要件を満たすのかは自分ではわかりませんが、でもそういう境地を目指したい、と思いつつ、それなりに頑張ってはいるわけです。しかし、リーディングスキルが低い人が文章を読むと、(1)文章の趣旨が正確に受け取られない、(2)良い文章の要素や調和した構成などについても何ら共感を得られない、みたいなことが普通に起きてしまいます。そんなことがあちこちで続くと、結果として「文章の良さが世界に残らない」なんてことにもなるわけです。

 読み物に限りませんが…善き物を善き物として受け止めるには、そのための教養が必要なんですよ。下世話なところで言えば、秀逸なパロディを理解するためには、その元ネタに対する深い造詣が必要になります。また、正気と狂気の境目に思いを馳せるような経験が無い人は、ナンセンスを理解するのが難しかったりもするでしょう。多方面での、知識やら経験やら興味やらの蓄積が、様々な局面で絶妙の接続や邂逅を果たして、それが人間の中で「教養」という名の網を為すんです。

 こうした教養を身に着けることは、決して苦行の果ての話ではありません。色んな事を知っていくのは、本来は楽しいことなんですよ。わからなかったことが、わかるようになる。今まで興味を惹かれなかったものが、とても興味深く見える。それは、世界が広がっていくことと等価です。もちろん、広がる世界の中には、目を背けたくなるようなものも含まれてはしまいますが…見えていなかったものが次々と見えるようになることの喜びに比べれば、何ということも無いはずです。私は、出来る限り、死ぬまで、色んな事を知っていきたいです。まだまだ世界は私の知らないことで溢れていますし、死ぬまでに全てを見終えることも無いでしょうからね。そして、同じように歩み続ける「友」たちのために、出来れば死ぬまで、記事を書き続けていきたいのです。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 「ごっこ遊び」について (2007/09/18)
 何やら荒れてますな。 (2017/09/25)
 似た漢字の組でも「暗部」と「陰部」は全然違うよねという話 (2010/05/19)
 権利と責任 (2007/04/28)
 携帯の18歳未満フィルタリング強化に思う (2009/01/21)
 恥ずかしい、ということ。 (2017/02/17)
 Kanonでトロイの木馬?! (2007/02/26)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/6882-3f14175f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック