FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ダリフラ 第16話「ぼくたちの日々」
 ダーリン・イン・ザ・フランキスの第16話を鑑賞しました。

 ……何か、番組が変わったような気さえする、新展開ですな。OP変わったし。つーか、ゼロツーが可愛いすぎて死にそうになります。こぉんな素直でこぉんな天真爛漫な笑顔を真正面からぶつけられたら、光となり粒子となって消えかねません。いや、ホントに。

 「リミットが設けられている中でも、精いっぱい自分たちの生を生きる」というのは、特定の何かが引用元というよりも、過去の偉大な名作たちにおいても度々描かれている良好なモチーフ、という感じでしょうか。個人的に想起したのは、アルジャーノンに花束を、でしたが、この辺は心に残っている作品別に、人によって異なるものを思い出しそう。ただ、本作が一筋縄ではいかないのは、「どうやらナナやハチは、ヒロたちと同じようなルートをたどって、命尽きることなく(ただし記憶はしっかり消去されて)今の立場にいるんじゃないか」的なことを同時に匂わせてきている辺りです。まあ、ブラフかもしれんしマクガフィンかもしれないんで、あまり比重をかけてその辺を考察したりはしないでおきますが。

 少なくとも、ビューティフルドリーマーのように「永遠に終わらない日々を繰り返し送っている」ということにはならなそうなので…近いうちに必ず「変化」があるに違いありません。その変化が、出来れば誰も不幸にすることが無いように願いたいところです。特にゼロツーの笑顔な。

 今話はこんなところで。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/6850-a7f481a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック