Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
風夢/斉藤由貴
 1987年発売の、4枚目のオリジナルアルバム。当時の私は、大学二年生でした。私の大学在学中はこの後にPANT、TO YOU、âgeの3枚のフルアルバムが出てるのですが、何故だか私の記憶の中では、これが最後って感じになってます。何があったんですかね?風夢とPANTの間に発売された企画ミニアルバムのrippleはちゃんと聞いてるんだけどなぁ。「もういいや」って思っちゃったんですかね。

 風夢は社会に出てから、確か中古でCDを買って、それを今も持っているのですが、これ、すごく不満がありましてね。私が在学中に聞いたのは、レンタルレコード屋で借りてテープにダビングした、アナログ盤なんですよ。ところが、CD盤は一部を除いて、曲順がごっそりと入れ替わってまして…違和感バリバリなんです。Side B最初の「親知らずが痛んだ日」から、「体育館は踊る」「街角のスナップ」って落とし込まれる構成が大好きだったので、それが無いだけでもう叩き割りたくなるくらい(大げさすぎ)イヤだったんです。それが、2016年に発売されたリマスター版では、基本はアナログ盤の曲順に戻され、CDのみに収録された曲は最後にまとめて収録される扱いになりました。これは!!と思いつつ、でも先立つものが無くて(苦笑)、ようやく本日、オンラインレンタルでゲットできました。

 「今どきはデジタルデータに変換して聴いてるんだから、曲順くらい自分でいじれば?」って言われりゃ確かにそうなんですが、でもそれだと負けた感じしません?(笑)しないかー、そうかー。

 まあ、曲順のことはさておいても、リマスターで音圧が調整された音源は、メリハリが聞いていて心地よいです。大学二年の、不確定なこともまだたくさんあって足掻いていたり、当時の彼女と別れることになったり、それでも楽しく刺激に満ちた日々だったり…てなことを、色々と思い出します。まあ、青春の一枚ってことなんでしょうかね。そうそう、彼女の別れた後はこの「街角のスナップ」とか、中森明菜の「難破船」とか、平常心じゃとてもとても聞けない曲になって閉口しましたわ(高笑)。青かったのぅ。ううん、いいの、今はもう幸せだから。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 the VOCAJAZZ vol.1ゲット。 (2011/09/06)
 ちょ、おま、涙腺おかしんじゃね? (2009/07/11)
 明菜の歌姫4を聞いたり (2015/08/15)
 ワースト・アルバムねぇ… (2006/03/30)
 2002 PATLABOR 2 THE MOVIE SOUND RENEWAL (2013/08/05)
 スコラの録画分を順番に見たり。 (2011/12/12)
 CurioSoundのその後 (2017/10/10)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/6835-e0103c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック