FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ダリフラ 第1話 「独りとヒトリ」
 遅ればせながら、「ダーリン・イン・ザ・フランキス」、通称ダリフラの第1話を録画で鑑賞しました。

 直接の動機は、「TV放映されるTRIGGERの最新作とあらば見ないわけにもいくまい」というもの。と言っても私、「縁が無いととことんきっかけに至らない病」がバッチリ発症してたらしく、TV作品に限っても「異能バトル」も「ルル子」も「キズナイーバー」も見ていないという体たらく。はい、元受け作品では「キルラキル」と「リトルウィッチアカデミア」しか見てません。GAINAX時代の「グレンラガン」を含めてもたった三作です。それでなぜ見ようと思ったのか。

 一方、今回共同制作のA-1 Picturesの方はですね…「鉄腕バーディー DECODE」「同2」「かんなぎ」「あの日見た花の名前を(略)」「サーバント×サービス」くらい。うち、バーディは原作が好きだったためですし、かんなぎはヤマカンが監督やるってのが動機だったので…スタジオとしてはほとんど見てない部類と言っていいでしょう。それでなぜ見ようと思ったのか。

 そうなんですよ。正直、私は「自分が何故この作品を見ようとしているのか」に疑問を抱きつつ、でも見ないわけにはいかないなぁという気持ちが確かにあって、それで鑑賞したんです。ついさっき。そしたらですね、ヤベぇ、むっちゃ引き込まれる!!なるほど、そういうことだったか…この作品、私にとっては間違いなく「縁のある作品」だったようです。
 
 本作は、多分わかっててやってるオマージュ方向の何かだと思うのですが、TRIGGERらしい特徴的な仕草や、その出自に遡るGAINAXっぽい絵作り、A-1 Picturesで何度か見たことのある絶妙な感情表現など、「共同制作ってすげぇ面白れぇ!」と思わずにいられないような要素が随所に溢れ出ています。前述のように、私が触れたことのあるわずかな経験でさえそうなのですから、もっといっぱいご覧になってる方だと、無茶苦茶面白いんじゃないでしょうか。これ、「何とかのパクリだ!」って言っちゃうのはつまんないし面白みを半減させるだけだと思うのだけど、そういう反応になっちゃうのかな?

 アニメの表現方法だけでなく、ストーリーのキーになりそうな部分やデザイン方面でも、過去作のオマージュがいっぱい。わかりやすいとこ(っつーかオレでも知ってるようなとこ)ではエヴァとかトップ2とかラーゼフォンとか。避けようと思えばいくらでも避けられそうなところを正面突破しているあたり、これはやはり「わかっててやってる」のだと思わざるを得ません。

 ですが、本作の一番の魅力は、今までに嗅いだことのないような、これこそまさにコラボレーションと言えそうな二人の「ボーイ・ミーツ・ガール」要素にあるのだと思います。

 ヒロとゼロツーって、とてもとても、同じ作品世界の住人に見えないんですよ。

 誤解を恐れずに言うと、別々の作品で主人公張ってる二人でコラボしました!的な匂いを強く感じるんです。それくらい、この二人を隔てる「何か」は強い。

 恐らくそれは「表現」というレベルで仕組まれていて…ヒロはA-1キャラっぽくて、ゼロツーはTRIGGERキャラっぽいんですよ。だから、見ていてすごいすれ違いが生じます。ヒロとナオミの対峙なんて、何の変哲もない「一作品の一コマ」と思って見れちゃうんだけど、ヒロとゼロツーが対峙して話してるだけで、ものすごい熱量の何かが、間にグルグルと渦巻くんですよ。もうね、呼吸をするのを忘れるくらい見入っちゃいました。

 この、「異質極まりない二人」が、「ボクと君は同じだ」という言葉のもとに、この先の道を歩んでいく物語。

 何が起こるかわかんなすぎて、すげぇワクワクしませんか!オレはする!キミもするか!ならばよし!!

 この作品、私は見るべくして見ることになったのだろうと思います。それを縁と呼ぶもよし、運命と呼ぶもよし。作中の彼らにもまた、縁なるものか運命なるものが寄り添っているのでしょう。その縁を、運命を、私は見極めていきたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 たまこまーけっと記事リンク集 (2013/01/26)
 らき☆すた 第12話「お祭りへいこう」 (2007/06/26)
 壊れてナンボ、なのかしらね? (2010/09/02)
 かんなぎ 第十一幕「でも、あやふや」 (2009/01/19)
 重い重いと嘆くよりも… (2008/07/07)
 仮眠王・りたーんず (2008/07/16)
 自分にできないこと。 (2011/03/15)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/6652-57dcc9d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック