Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
CurioSoundのその後
 ハイレゾ化の機能がなかなかのスグレもの、と記事にしていたCurioSoundのその後について。

 音源によって、ハイレゾ化の恩恵が多大にある場合と、そうでない場合があることは、以前も書いた通りなんですが。その後も検証を続けておりまして、例えばYMOのアルバムで言えば、「BGMをハイレゾ化するとすんげぇ!!!ってなるけど、Technodelicをハイレゾ化してもあれっ……ってなる」くらい、ホントに効く時と効かん時の差がはっきりしてますね。まあ、恩恵があるように感じられる音源が複数あることは間違いないと思っていて、騙されたとは思ってないかな。

 ただ、何点か、不満っぽいものもあります。死にかけの私のPCだと重たくてしゃーないとか、ちょっと酷使しようとすると落ちてしまうとか、その辺はまあ次のPCを調達できるまでの我慢として。

 これはちょっとなぁ、と思っていたのが、「ハイレゾ化した音源を再生できる環境が限られる」ということだったんです。PC上でTune Browserを使っての再生は「問題なし」。つーか、今のところ音質的には、これが最強です。しかし、DLNAサーバーにぶち込んでも、再生できない機器が多いんです。目下一番使う機会の多い、iPhoneアプリのNePlayerがアウト。これを購入する前に使っていた、無償のmconnect Liteだと問題なく再生できますので、DLNAサーバーの問題っぽくはないんですが…。さてどうしたもんですかねと。
 
 問題を切り分けるために、NePlayer上に直接ファイルを持たせて、それで再生できるかを試してみたところ、案の定再生できません。これで、DLNAサーバーはシロだということと、要すればCurioSoundでハイレゾ化した音源+NePlayerの組み合わせだとダメなのだ、というところまでは分かりました。後は、どっちに非があるんだろ、ということなんですが。

 悩んでいるうちに、ある事に気が付きました。

 CurioSoundのハイレゾ化は、確か24bit 96kHzにコンバートする機能だったはず。ですが、Tune Browser上で見ると、32bit 96kHzと表示されます。あれ?一方、DLNAサーバーを介してmconnect Liteで見ると、24bit 96kHzと表示されます。

 んー?

 環境によって表示のされ方が違う?

 ……ひょっとして、CurioSoundが生成するメタ情報、整合性が取れてないんじゃね?

 あり得る話です。それじゃあってんで、CurioSoundが生成したハイレゾ化ALACファイルを、もう一回別なコンバータを通して、メタ情報を振り直してもらうことを考えました。フリーソフトで複数ファイルをまとめて手軽にコンバート、という条件に合うソフトはなかなか探すのが大変でしたが、MediaHuman Audio Converterというソフトをどうにか見つけまして、これを使いました。ALACファイルからALACファイルへの変換でも行けるのかも知れませんが、そのまま吐き出されたら意味が無いですし、ALACにこだわる理由も無かったんで、ALAC→FLACへの変換に挑戦。変換そのものは割と短時間で終わります。さあ、どうだ、行けるか……。

 OK!無事にNePlayerでも再生できます!これで一件落着……と言いたいところなのですが、ここで別な問題が発生。

 MediaHuman Audio Converterを通してALAC→FLACへ変換をかけますと、ジャケットイメージのデータが飛んでしまいます(涙)。幸い、Tune Browserを使えば、ジャケットイメージを再登録することもできるんですけど、これが何かやたらと時間がかかるのですよ。書き込み中のメッセージを見ると、「FLAC metadata Prototype 6 (Picture) not found.」とか表示されてますんで、これは「MediaHuman Audio Converterで生成したFLACファイルには、ピクチャー領域が設定されてない」ってことなんでしょうか。その領域を作るところからイチイチやってるんで時間がかかる、みたいな。いやいや勘弁してくださいよ。

 というわけで、現状ではこんなに手間をかけることになってしまってます(汗)。

  • iTunesでCDをリッピングし、ALACファイルを生成

  • そのALACファイルをCurioSoundでハイレゾ化

  • ハイレゾ化したALACファイルをMediaHuman Audio ConverterでFLACに変換

  • FLACファイルにTune Browserでジャケットイメージを付加し、完成


 ………メンドくせーよ!!

 何で4つもツール使わないと完結しないの!!ガっとやったらバーッとできて、後は聴くだけ!みたいなスマートなことにできんのかい!!…いやぁ、現状ではどーにもならんのよね、これ。CurioSoundがメタ情報を正確に書き出せるようになれば、後段の二つは要らないんじゃないかと思うんですが…つーか、そこが直るなら、最初のiTunesでリッピングする部分もCurioSoundに任せられるから、一つで完結することだってできるんだけど…。

 まあ、昔は貸しレコード屋さんからアルバム借りてきて、カセットテープにダビングするためにゲインの調整とかして、一通り再生しないといけませんでしたから、すごく時間かかってたんですよね。今回のこれも「そういうものだ」と思えば、苦にならないのかも知れませんが…いったん楽なことを覚えるとダメですね。つーか、CurioSoundのハイレゾ化だけで、我が家のPCでは実演奏時間以上の時間を取られますんでね…。orz

 結論。早く動くPCを買おう(爆)。


~~~

※追伸(10/11 PM9:24)
 この記事を上げた翌日、デジオン公式Twitterアカウント様が、大変有益な情報をお寄せくださいました。ありがとうございます。その情報を得て検証した内容を別記事に上げておりますので、よろしければそちらもどうぞ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 「勝手にミュージカル・バトン」のススメ (2005/06/21)
 南風&TSRサントラげっちゅ! (2005/08/18)
 GAME / Perfume (2008/06/06)
 ちっぽけな勇気/ファンキーモンキーベイビーズ (2008/10/19)
 THE FORCE OF LOVE / Lia sings for RF online (2006/09/11)
 久々にバッハのカンタータなどゲットしてみたり。 (2009/06/11)
 冨田勲さん、ご逝去 (2016/05/08)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/6523-dca1ec6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック