Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
Web広告に結婚を促されるのはどうなんだ
 多分、私の気のせいではないと思うのですが、最近やたらと「婚活」を勧めるWeb広告を目にします。まぁ、人によって訪れるWebページは異なりますので、「私ぁ全然見たことない」という人もおられましょう。ですが、私は何度も目にしてるんですよね。差し当たり、このブログがお世話になってる大家さんであるところのFC2の管理画面ではしょっちゅう出てきますので、その辺が「やたらと目にする」印象になってるんでしょうが。

 で、ですよ。

 これって、どのくらい効果あるんですかね。

 「みんな結婚したらしい」とか、「結婚なんてしないと思ってたけど…」とか、そういう煽り文句で「結婚への同調圧力」を高めんとするのがすごく鼻につくんですが。どうなのこれ。
 
 結婚適齢期にあってなお結婚されていない方というのは、「その気はあるけど機会が無い」か、「その気がそもそも全く無い」辺りが代表的な例なんじゃないですか?そういう人たちが、同調圧力を押し付けてくる広告を見てですね、好意的な感情を抱くとはどうしても思えないんですよ。前者であれば「わかっとるわ!つーか、もう婚活始めて久しいわ!それでもどうにもならんのじゃ!ケンカ打っとんのか!」とかなりかねませんし、後者であれば「うっせーな!ンなこと周りから散々言われててウンザリなんだよ!おめーオレの親か!」とか反発されるのがオチではないかと。

 いや、私個人について言えばですね、元から「嫁さん欲しい!ラブラブな結婚生活したい!」ってのは割と若いころから思ってましたし、そういう意味ではさっさとその願いが叶ってしまって久しく経ちますし、おかげさまでこの歳にしては未だにかなりのラブラブ夫婦でもありますので、よそ様のことはまあどうでもいいっちゃーどうでもいいんですがね。でも、そういう私が見ても「超ウゼェ」としか思えないものが、本来のターゲットにきちんと届くんでしょうかねと。方法論、もうちょっと考えた方がいいんじゃないのかしら、これ。

 ちなみに、私の個人的な意見ですが。少子化問題の原因を「若者の結婚離れ」に結び付け、単純に縁結びを促進して解決を探ろうとするような方向性には、どうしても気持ち悪さを感じてしまいます。仮に、結婚するカップルを増やすことが必要なのだとしても、「結婚」という選択肢が何故魅力的に映らないのか、或いは、結婚したいと思ってる人が結婚できない理由は何なのかってことを掘り下げないと、何の解決にもならんですよ。

 目指すべきは、「結婚せざるを得ない社会」「子どもを作らざるを得ない社会」ではなく、「結婚できる・したくなる社会」「子どもを作り、育てたくなる社会」だと思うんですがね。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 無料で見せろとはムシが良いにも程がある。 (2014/09/09)
 リスクテイカーと腰抜けと (2005/09/14)
 何かを自分に許すことを想定しても。 (2010/09/10)
 JREとかReaderとか (2008/07/09)
 お前は一体何を言っているんだ (2009/03/04)
 何かを愛するということ (2005/08/02)
 気に入らないモノに対しては (2004/12/06)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/6521-f40d72aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック