Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
あといくつの
 オレは一体、あといくつの歌を歌えるのだろうか?

 誰にとってもそうなのかも知れませんが、私にとってこの問いはある種のタブーです。要するに、「死ぬまで」の、私に残された時間の間に、ということなんですが、タブーだとか言う前にそもそも、いつ死ぬのかわかっていないんですよね、自分は。だからそのことを考えても詮無いことですし、逆算しようにも一切有用なデータが無いんですから、ハナから如何ともし難いのです。でも、考えてしまう。困ったものです。

 私が関東に住んでいて、一般合唱団に所属していた時、北海道へのUターンが決まってしまいました。いや、確かに自分自身でその道を選んだのですが、納得づくで進んでいたのならいざ知らず、悩みながら進んでいたので、大変困りました。「今のままじゃ埒が開かない、かと言って今の環境を全て投げ出す覚悟も無い、とりあえず色々やってみて、結果が出たらその時に改めて考えよう」って具合だったのに、ホントに結果出ちゃうんだもの。さあ、どうする。愛してやまないこの合唱団にいられるのはあとほんのわずかだ。自分に何ができる、何をすべきか、いや、自分は一体、ここで何をどこまでやれるんだ…。焦りしかありませんでしたね。結局、多少の無理をしてしまい、それではやはり思うような結果は出ず。何かやり損ねたような心地を抱きつつ、涙ながらに彼の人々の居場所に別れを告げたのですが…。

 その経験から察するに、私自身が「残された時間」を意識するようになっても、恐らくプラスに寄与するようなことは一切無いのでしょう。だから、タブーなのです。「あと××年生きるとして、まともに歌えるのはその中の××年くらいだろう、一年に一回演奏会の機会があると仮定すれば、全部で×ステージあるだろうから…」なんて計算は、絶対にしちゃダメなのです。

 「後のことは、あとのこと。今は、目の前のこれに心血を注ごう」

 これで行きますよ、私ぁ。とりあえず、2月18日のちえりあホールでの演奏会です。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 歌ってきまひた。 (2011/03/27)
 演奏会本番一週間前 (2017/02/11)
 いやぁ、明日本番かぁ。 (2014/03/22)
 信長先生のサイン! (2009/03/22)
 帰還と出立 (2016/01/05)
 定期演奏会当日・晴れた。 (2010/03/22)
 演奏会終了! (2016/01/11)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/6242-f0e21d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック