Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
続・ゆきひど
 予定通り、本日も雪がひどいです。交通網は乱れに乱れ、新千歳空港の発着はおろか、札幌近郊のJR運行さえもシッチャカメッチャカでございます。私の妻は、本日は札幌市内で会食の約束があったのですが、待ち合わせ時間の2時間前に駅に行ったにもかかわらず、その後1時間半も駅に停車している列車の中で待たされ、泣く泣く断念して家に帰ってくるという可哀そうなことになりました。ただ、実際のところ、私は妻を駅まで車で送り迎えしてあげたのですが、この時点で既に「夜に走ったら車が埋まりかねないな、これは…」という実感がありましたので、断念したのは正解でしょう。楽しく飲み会を終えても家に帰るルートが断絶し、その辺のホテルの空きを探して辛い一夜を明かす、何てことにもなりかねませんので。

 朝から降りっぱなしの雪は家の前にもこんもりと積もっており、2時過ぎから1時間ほどかけて家族全員で雪かきをしました。いったんはキレイになったのですが、その後も雪はやむことなく容赦なく降り続け、既に10cm以上積もっております。今夜はもう誰も外出しませんし訪ねても来ませんので放置しますが、明日の朝のことを考えると今から気が重いです。これが雪国の過酷さですし、承知の上でここに住んでいるはずなのですが…「何もここまでしなくったっていいじゃん!!」ってね、思いたくなりますね、やっぱり。起こっても不思議じゃないことですが、ここまでのはやはり稀なのです。

 北陸では大規模な火災に見舞われた方々が、今も大変な思いをされていると聞きます。原因も異なれば、生じた不都合も到底比べられず、そこに向かう人の気持ちも様々ではありますが…私たちが普段意にも介せず、当然続くものという風に、何の根拠もなく信じてしまっている「日常という名の幻想」の、何と脆弱なことか…。いつもは分厚い日常の上に僕たちは生きていますが、ふっと足元が消え失せるように、あまりにも簡単にそれは崩れてしまうものなのですね。

 しかし、だからこそ。僕らは出来得る限り、「強く過ごしたい」と思います。分厚い日常の上でも、心許ない非日常の上にあっても、変わることのない意志とともに。生きていく、ということは、きっとそういうものなのでしょう。I'll be there.
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 地獄変。 (2010/02/25)
 仕事で本州まで (2016/11/30)
 自滅願望 (2005/09/14)
 まずは砂遊び、らしい… (2008/08/08)
 闇を、飼う。 (2008/10/16)
 ちょっとだけ早めの家で (2009/04/22)
 どうすればぁいいのさ?うんどぉ~おぉ~かい~♪ (2008/05/31)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/6188-921f24a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック