Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
「急募・資料作れる人」みたいな
 引き続き闘病中の管理人・てりぃです。本日はとりあえず出勤し、午前の一つ・午後一の一つの計二つの仕事をこなしてから早退してきました。病院にも行って薬も飲んでますが、一向に良くなった気がしない、しんどい私です。

 さて。

 病状の報告だけしてると本気で病んできますので、普通の記事でも。

 今年は、何かと、資料ばっかり作ってきた気がします。しかし、これって別に「作りたいから作ってる」というわけではなくて、「他に作ってくれる人がいないから仕方なく」というものも結構あります。しょうがないんですよ、キーマンたるべき人が全然役に立たなかったりとかで。あ、すいません、しんどいせいか、本日は何かと攻撃的です(苦笑)。

 上への説明のために資料を作る、みたいなのは仕事を増やしているだけであって、単位時間当たりの生産性が落ちるからイクナイ、という意見もありますが、それはそれで首肯し得る一方、私はちょっとだけ違う意見を持ってます。一言二言で済む案件ならともかく、一定量の説明が必要な案件や、誤解されやすい文脈に流れかねない微妙なニュアンスを含む案件では、適切な資料の活用は不可欠だと思っております。私がイクナイと思うのは、ただの紙爆弾。量だけあって中身なし、な資料は、はっきりと害悪です。逆に、私が至高と思う資料は、最低限の分量ですっきりと要点をまとめてあるものです。これを、サササッと短時間で作り上げてパパパッと説明する。生産性なんか落ちたりしませんよ、これなら。

 問題は、こういう「最低限の分量ですっきりと要点をまとめ」た資料の作り手が、なかなかいないことです。ましてや、サササッと短時間で作り上げる人となるともう…。
 
 20世紀末近くまで、金融機関に勤めていた時に叩き込まれたセオリーの一つで、今の自分にも大変大きく影響していることが一つあります。それは、「どんな資料であっても、その要旨は必ず一枚にまとめ切る」というものです。

 私が金融機関にいた頃は、まだB4サイズが主流でしたが、このB4横一枚=B5見開き2枚のサイズに要旨をまとめ切るのが、非常に重要なスキルの一つとされていました。いやね、細かく調べれば調べるほど、資料の分量って無制限に肥大化していくんですよ、それはよく知っています。しかし、それらに重要度を与え、更には全体の流れを俯瞰して適切な説明になるように並べ替え、枝葉末節を取り払って、結論への筋道一本のみが通るように吟味することで、必ず一枚のペーパーに収めることが可能です。ウソやん!って思います?いやいや、できるんだなぁ、これが。もちろん、そういう経験を積まずにいきなりやろうと思っても無理でしょうが、普段からそういうことをし慣れていると、別段難しいことではありません。

 その後、B系の用紙サイズは使わない、A4を中心としたサイズへと日本の紙資料文化もシフトしてきましたが、基本は変わりません。今なら、「A4サイズの表裏一枚のみで、要旨は完全にまとめ切る」というのを日々励行しております。別紙として付属する参考資料は、何枚あってもいい、ということにしています。ただし、どれもサブルーチンになっていて、必ず要旨の一枚ものに戻ってくるようにはしているかな。時間がない場合や端折りたい場合は、要旨だけで説明しても意味が通るように。時間をかけてもいい場合、実務上細かく説明しておきたい場合などは、途中から別紙に飛んで詳細な解説も加えながら、というのが、標準的なスタイルですかね。

 そんなことをいくつもやりながら過ごしてきているのですが、まーまーまー、今の仕事環境ではこういうことができる人が他になかなかいなくて、ちょっと大変です。「オレってすげぇ!」とでも思えればまだしもなのでしょうが、こんなの、前にいた環境ではみんなやってたしなぁ…。

 こういう積み上げって、一連の教育の成果であり、文化の一種であり、一朝一夕には仕上がらないバックボーンの典型なので、自分の部下に教え込もうとしてもなかなか上手くいきません。それこそ、資料を作ること自体が仕事なわけではありませんから、どうしたって勉強のためだけにその繰り返し作業・積み上げ作業をやらせることになる。畢竟、意味付けも動機付けも、はなはだ困難なんですよ。本人が「このスキルは絶対に必要になる!」と強く自覚してやるならいいんでしょうが、その認識も自覚も無い人にそれを教えると言っても、半ば負けが見えているようにしか思えません。

 結局、私自身に「そのスキルそのものは備わっていても、そのスキルを万人に教え伝えるスキルは備わっていない」ということに尽きるのだと思います。そっちはそっちで、別途の積み上げを私自身がしないことには、このスキルは一世代限りのものとして消えていくことになっちゃうんだろうなぁ、と。

 まあ、風邪でうんうんうなっている時に考えることじゃあないですね。(^^: オチも何もありませんが、本日はこの辺で。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 あ゛~ぢ~ (2007/09/21)
 初雪かき (2005/12/17)
 流れよわが涙、と、てりぃは言った。 (2014/08/28)
 何となく終わる休日 (2017/01/14)
 風邪で休みが許されるのは小学生までだよねー。 (2014/10/14)
 真夜中の目覚め (2015/12/19)
 もう、二十年も前のことを、夢に見て。 (2015/02/16)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/6131-66fa3315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック