FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
仮面ライダー響鬼 三十六之巻「飢える朱鬼」
 あー。どーすりゃいいんだ…。そう思って、見終わった後のショックのあまり、二度寝しちゃいましたよ。なんでかって、

 ある程度の不整合さえ覚悟すれば、そこそこフツーに見られるクオリティに戻ってるじゃねぇか!!

 前回この番組を「映す価値無し」に格下げ(微妙に違ッ!)したオレ、立場無し?ね?これってそういうワナ?つーかよ、

 出来るなら毎回やらんかい!

 (憤怒)

 あーもー。振り上げた拳の行き場がないじゃんよー。前回の反動も相当あるとは思うんだけどさー、このぐらいなら「見る価値すら無し」とまでは言わないんだよー。毎週毎週、気まぐれみたいな変わりっぷりでこんなにヤキモキさせられる方の身にもなってくれよ!良く振れる時も、悪く振れる時も、


 「やべぇ…ひょっとしてオレ、熱でもあるんじゃねーのか?」


 …って額に手を当てながら見てるんだぞ?!
今見終わってさえ、「来週は大丈夫なのか?」って信じ切れずに見てるんだぞ?カンベンしてくれよ、ホントによー。

 …いや、全体としては楽しんだのに文句言うのは気が引けるんですけどね。でも、手放しで絶賛というほどでもないし。ホント、こうなると書くのに困るわ…。


【京介の扱いのムゴさ】
 ケアマネージャーあばれ旅の管理人・めぐぞうさんが、復活運動のBBSの方に、「響鬼」キャストに声援を!!というご提案をされています。これは、激しい路線変更によりダッチロール状態が予想される現場において、ブレのないキャラ作りに奮闘されている俳優さん達に激励の言葉を、という主旨のものです。本来ならば、「頑張るので最後まで見続けて欲しい」という主旨のコメントを流されているヒビキ役の細川さん、「ヒーローもののカギはヒールにある」という信念を貫こうとされている童子役の村田さんなどが真っ先に応援対象として頭に浮かぶところでしょう。

 しかし、私の脳裏に浮かんだのは、役柄上もう圧倒的に評判の悪い桐矢京介役・中村優一くんのことでした。いや、褒め殺しとかそういうややこしいのじゃなくって(汗)、だって彼、すんごく割食ってませんか?

 卓越した演技力で安心して見ていられるキャストがごろごろいる中、中村くんは明らかに演技はイマイチです。それが場数のせいなのか下地のせいなのかはわかりませんが、他の俳優さんに比べて力量が劣後するのは間違いないところでしょう。つまり、非常に完成した世界の中に途中から参加するだけでも非難される可能性が高い、そういうキャスティングなわけです。

 にも拘わらず、この幅の狭い、とんがり切ったキャラ立てはどうですか。出てくればイヤな言葉しか吐かない、しかもちょい役に近い時間しか出て来ない。登場時こそいくつかのエピソードが語られはしましたが、今や単なるストーカー扱いです。若年の、成長途上の俳優さんにあてる役柄か?龍騎で浅倉(王蛇)役を演じた萩野崇さんは、あのキャリアを以て、しかもあれだけのキャラが描かれてこそ単なる悪を越えた、ある意味魅力的な「ヒール」として人気を集めたのではなかったか。それを思うと、今作における京介少年の扱いは、誰がどう見ても「切れたチンピラ」以上の印象を持てない、そういう環境しか用意されていないではないですか。

 多くの方が指摘されているように、京介というキャラクターが「物語を動かすための起爆剤」として使われているのは疑いのないところです。でも、それだけなのですか?便利な道具としてのみキャラクターを位置づけるのは、やっぱり合点がいきません。勘ぐれば、路線変更の不満を片寄せさせる「スケープゴート」の役割を京介に負わせている、とすら見えるじゃないですか。

 悪役が物語に要らない、なんてことは口が裂けても言いませんよ。でも、京介というキャラクターに割り振られたそれは、あまりにも単純で底が浅すぎます。それを、若くて経験も深くはない、これからという役者さんにやらせているという理不尽さが、私にはガマンならないのです。使い捨てる気でやらせているような、そんな扱いのむごさが許せないのです。

 細川さんが中村くんのことを気にかけていて、「俺の側にいろよ」みたいな優しい声をかけていると、それが中村くんにはすごく嬉しかったらしいという話を、どちらかのブログさんで目にしました(そちらをご紹介したくて、一生懸命探したんですけど、それがどこだったのかわかんなくなっちゃいました…ブックマークしとくべきだった…スミマセン)。その時に感じたのです。中村くんも劇中の明日夢少年と同じく、細川さんの背中を見ながら前へ進んでいる、成長する少年の一人なのだということを。そう思ったら、「キャラとしての桐矢京介」とは別にしても、「役者としての中村優一」には是非頑張って欲しいと、心底そう思ったのです。頑張れ、中村優一。辛い現実は目の前にあるけど、オレは君の成長を最後まで応援していくぞ。制作陣も、是非キャラクター「桐谷京介」の立ち位置をもう少し考えてやって下さいまし。応援したくともキャラへの憎悪が先に立ってしまうような、今の役作りはちょっとアレすぎます。


【…いつもの…イブキさんだ…(泣)】
 ザンキさんへ丸投げしてしまうことの是非はさておいて、弟子・あきらちゃんへの思いに溢れるイブキさんの描写にはちょっとキました。てゆーか、こういう場面のあまりの少なさに飢えていたのでしょう。サブタイも「飢える~」だし。飢えてたのは実は視聴者の方でしたーあっはっはーってか?そーゆーブラックな冗談は笑えませんから!(漢泣)

 この2回ぐらいでちょい出していた「このための前振り」は、今振り返ってみてもやっぱり大して有効に機能してないなーとは思いましたが、今回のこの部分は単品として十分に出来が良かったと思います。イブキさんにしてもあきらちゃんにしても、こんなに長尺で表情の演技が堪能できたこと自体が久しぶりだし。

 憎しみを持って鬼になることの問題を、弟子への愛情深き憂悶に満ちた顔であきらに語るイブキさんの表情作りは、これだけでも「今週は合格!」と先走ってしまいたくなるぐらい味わい深いものでしたよ。更に、あきらの表情がまた…今回だけで、京介に向ける侮蔑を含んだ厳しい表情(以前は明日夢に向けられていたことが懐かしく思い出されます…)、明日夢との対話で見せる年ごろの女の子としての明るい表情、そしてイブキさんの前などで見せる悩み深き憂いの表情の、大きく分けて3種の表情を見事に演じ分けており、しかもそれがそれぞれもう美味しすぎて美味しすぎて…ああああああ「おかわり!おかわりッスよ!もふもふ」とトドロキばりに叫びたくなるほどでございました。

 この部分が胸に刺さることで、恐らくは憎しみを強く抱いてしまったが為に鬼を辞めさせられたのであろう朱鬼の物語が、ストーリーの一連の流れとしてとキレーに繋がるんですよね。朱鬼の方に関する描写はかなり今回は不足気味の感が強かったですが、次回しっかりと語ってくれるのであればナンの文句もありません。まあ、それがイマイチ不安なのも事実なわけですが…(汗)。頼みますよ?お願いだから。

 あ、そうそう、明日夢少年があきらの横で見せた、京介に対する「おまい、ナンボナンでもその物言いはないだろう」と言いたげな顔も絶品でございました。あのシーン自体はいらっと来る部分でしたが、役者さんの演技でかなり救われた、どころか逆にグッと来る何かを感じ取ることができたのだろうと思います。


【ザンキ師匠復活!】
 いや、鬼としての復活の話じゃなくて、文字通り「ザンキさん」自体の復活という意味で。てゆーか、結局先週のアレはなんだったのでしょうなぁ…。今週、この憂いや渋さを見せる「ザンキさん」を見ると、前回のが如何に別人であったかよくわかるというか。何度も言うようで申し訳ないんですが(年をとると繰り言が増えてノォ~)、番外編的にキャラを壊してみるのはありだと思うんです。でも前回は、「あまりにもキャラの下地を理解してないように見えた」んですよ。ザンキさん自身も含めて、その周りの人間模様がもうあり得ないことになってましたから。

 今回のザンキさんはどこをどう見ても紛う方無きザンキさんその人でしたよ。響鬼ワールドにすっくと立ち、前を見据えるその勇姿!これだけでもうどれほど嬉しかったことか。松田さんの力量なのか、脚本家が一生懸命ストーリーを復習してキャラをようやく掴んだのか、その辺がイマイチ定かではないんですけども。

 あえて言うなら、自分でもう無理と感じて自ら前線を退いたザンキさんが、今この時になって「今一度鬼にならねば」と感じる、その気持ちの変化がどこにも語られていないのが不満ではありますが。こういうとこ、ホントはきちんと描けるはずなんですがね。その変化は自分の師匠である朱鬼さん絡みのもので、次回ちゃんと決着させてくる?いや~そうは思えないんだよなー。だって、今回猛士御用達の接骨院の先生が、ザンキの本心を感じて先手を打った、今回のカットがまるまる意味無しになるじゃないですか。朱鬼さんのことがあろうとなかろうと、現場復帰できないかという意志は既に持ってなきゃおかしいと思うんですよね。

 あとね、トドロキが「ザンキさんの師匠って、確か先代の…」と言わせたのはいいんですけど、その先は?このままごまかすつもりじゃないでしょうな。パターンとしては

(1)斬鬼さんの師匠が先代斬鬼という以前の振り自体がフェイク
(2)朱鬼が辞めさせられた後に先代斬鬼さんの弟子となった
(3)朱鬼は辞めさせられた後の名前で、現役時は「斬鬼」だった

 …というぐらいか?いやーどれも苦しいな。やっぱり本命は(4)制作陣がそうしたかっただけで以前の話との繋がりは全く考慮されていない、という辺りになりそうでコワイ…。以前のモチーフを知っている、というだけじゃなくて、ちゃんとキレイに繋いで下さいよ?お願いだから。


【で、このままでも良いのか】
 正直に言いますが、今回はかなり面白く見たと思います。じゃあ、もうこのままのクオリティさえ維持してくれるなら、旧スタッフ云々はもういいんじゃないか?そう思う方も少なからずいらっしゃることでしょう。

 もちろん、私は今の話に全く不満がないわけではありません。終盤の取って付けたような香須実さんの電話→響鬼急行の節操無さとか、「鬼の鎧」というモチーフのあちこちに救いようのない矛盾があってたまらないとか、そういう「無視しきれない不満」は厳然とあります。ただ、全体としてどうかと問われれば今回に関しては及第点だと思ったのも事実ではあります(それが脚本がよくなったせいか演技に支えられたのかはともかくとして、ですがね)。

 では、何故まだ旧スタッフにこだわるのか。それには今一度、何故自分が旧スタッフにこだわっているのかをきちんとご説明しておく必要があると思います。

 作るものであればナンでもいいのですが、一つのプロジェクトにおいていったん「作品を作れ、お前が責任者だ」と言われた以上は、最後までその作品を作り通す責任と権利がその人にはあるはずです。自分で降参して逃げ出すならばいざ知らず、横槍が入ってその責務と権利を取り上げられるなんてことは、本来は絶対にあってはならないことです(でなきゃー「責任者」でもナンでもないっしょ?)。引き継ぐ新たな責任者だって、たまったものではないでしょう。その人にはその人の味があり、真似るにしても限界があります。例えがやや不謹慎かつ不適切で申し訳ないのですが、同じ時代を駆け抜けたコミックバンドの一人として、いかりや長介さんの代わりに植木等さんをフィーチャーしてもう一度「8時だヨ!全員集合」をやろうったって土台無理な話でしょう?作品自体がメタメタになりかねない途中での責任者交代は、「よほどのことでもない限り起こりえない」ことなんです。

 その「起こりえないこと」が生じた理由として、視聴率の低迷や玩具の売れ行き不振を挙げる方が多いのはよく存じております。ですが、それが本当に真の理由でしょうか?響鬼は打ち切りを懸念されるほど悪い視聴率であったのですか?私にはそうは思えないのですよ。確かに直前のマジレンジャーや直後のプリキュアに劣後することが多く、ファンとしてはヤキモキしたことも多かったですが、逆に言えば「マジレンジャーやプリキュアともそもそも比較にすらならない、どうしようもないほど悪い視聴率」でもなかったはずなのです。一方で、本来の対象ではない大きなお友達ばかりとは言え(苦笑)ブロガー各氏が毎週絶賛の嵐を浴びせていたことはご承知の通り。多少は視聴率が低かったかもしれませんが、責任者を解任してまで何かをしなければいけない理由となるほど低かったのだとはとても思えません。

 一方の玩具の不振。これに至っては、バンダイが如何に偉かろうと、自分の外の会社に対して責任者の解任を迫るほど強力な権限を持っているとは思えないのですよ。東映がバンダイの子会社ならばいざ知らず、二者はタイアップしているに過ぎませんから。冷静に考えて、かの会社が言えるのは「せめてもうちょっと魅力的に武器を演出してもらえませんか」などのお願いベースぐらいでしょう。他社の人事に口出しして「アイツはとんでもない、解任しろ」とでも言おうものなら、そう言った人の方がキ印扱いされても仕方ないでしょう。ビジネスってそういうもんじゃないですか。最低限の礼節がなければ、契約もナニもあったもんじゃありません。また、仮にそのような非常識なことを実際言われたとしても、最終的に東映が解任の決断をしない限り、その人が解任されることはあり得ないはずなのです。

 今回の路線変更が生じて、一体どれだけの人が悲しい思いをしたか。今も苦しみながら追いかけざるを得ないでいる、或いは失意のあまり視聴を断念してしまったファン、そうした視聴者側はもちろんですが、解任されたスタッフも、新たに責を負わされたスタッフも、どちらも被害者には違いありません。そんな悲しい出来事が、視聴者側にも現場の制作者側にも属さないところで、しかも多くの人が納得できる理由無しに決まっているのだとしたら、そんなことが許されていいはずがないのです。

 何を言おうとも、今さら路線もスタッフも元には戻らないかもしれない。仮に元に戻ったところで以前の響鬼とは繋がらず、前のようないいものはもう見られないかもしれない。そんなことは百も承知です。作り手にも視聴者にも言いようのない苦渋を強いた今回の路線変更、今そこに異を唱えずしていつ唱えるというのですか。もし今回の騒ぎが許容されたものと受け取られれば、またいつか同じことが起こるでしょう。今この声だけは、何とかして世に残さねば。そして、何とかして真にこの声を聞かねばならない誰かのところに届けねば。私自身は、今はその一心で、毎週駄文を書き連ねつつ、歯を食いしばって前へ進もうとしております。

 そんなわけで、今週も張っておきます。色々な気持ちをお持ちの方がいらっしゃる中で誰にも強要はできませんが、私の文からもし何かを感じることができた方は、ご協力下されば幸いです。

****************************
響鬼の「完全新生」路線とそのスタッフを断固支持します!
□『仮面ライダー響鬼『完全新生』路線 復活運動』
http://just.as/hibiki
「旧路線とスタッフの復活」を願う方は、どうぞ積極的にコメントとTBをお寄せください。
旧路線・スタッフの復活を願う方の記事であれば内容は問いません。

現在具体的な運動としては、「たのみこむ」におけるネット署名活動を展開中です。
ぜひご賛同ください。
□たのみこむ「響鬼に理想の最終回を!」
http://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=52641
****************************
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 聲の形7回目&舞台挨拶!! (2016/10/22)
 TSR前夜祭 (2005/07/07)
 仮面ライダーカブト・14 (2006/05/04)
 フルメタル・パニック!TSR Scene05「うるわしきシチリア」 (2005/08/12)
 ウルトラマンメビウス 7話「ファントンの落し物」 (2006/09/30)
 デカレンジャー#46話「プロポーズ・パニック」 (2005/01/09)
 宇宙戦艦ヤマト2199 第四話を見た (2013/04/28)
コメント
この記事へのコメント
なんつーか・・・
てりぃさんの気持ちは、痛いほどわかりますよ。
俺、毎週日曜の朝が来るのが怖いんですよ、最近。もういが痛くなるような思いをしながらも、平静を装ってみているというか・・・。
しかも、今週まともだったから来週もそうだとは限らないという不安もあってですね、こういうのはやっぱよくねーよ・・・とつくづく思います。
ナベツネが原を解雇したときのような「ただの人事異動」でファンを路頭に迷わせたのであれば、東映自体が特撮ファンをないがしろにしてると思えなくもないですよね。
2005/10/16(日) 17:03:45 | URL | ルシファ #-[ 編集]
ワタクシの提案を取り上げていただき恐縮です。体制変更のどたばたが極秘裏に行われていたならなあと思うんです、キャストの皆さんをオンエアで見て、各々のHPでのコメント見たりすると。(ところで撮影中頭を怪我されたとさらっと書いていた村田さん、大丈夫だったのでしょうか?)中村優一くんのインタビューは「TVブロス」の「あらま美形」ですね。彼がオーディションで選ばれた経緯は別に問題ないと思うんですが、いかんせんキャストももう役をつかんじゃってるし、キャラ的には「俳優・中村優一」にはきつかろうな、って役ですもんね。このままじゃ、彼のキャラだけでなく、役者としての評価も下がっちゃうよな、と。で、暫定版にも書いたんですけど、「野ブタ。をプロデュース」のような、「お調子者で人気者という自分を演出しつつ、今を模索中」というキャラにしてあげればよかったのではないか、と。ばっさり言い切るモノ言いじゃなくて、「いや~、昨日のヒビキさんたち、カッコよかったっすよね~(笑)。つーかさ、何で安達くんってあんなすげぇ人と知り合いなの?実は安達くんも仲間だったりするのきゃ?」とかとおちゃらけキャラを全面に出しつつ、実は自分は父親を男として越えたい、とか「それって無理だろ?アタマやわらかくしていかね?」みたいなことをチャラけていいつつ、これまでのメインキャラたちにずしっとくる一言を、みたいにしてあげればいいのに、と(^^; ワタクシとしては桐谷のキャラはともかく、「俳優・中村優一くん」も応援する立ち位置ですので。今後ともよろしくお願いいたします。
2005/10/16(日) 17:08:45 | URL | めぐぞう #-[ 編集]
中村優一さんコメントの出典
てりぃさん、はじめまして。
こちらとはかなり見解を異にする者なのでコメントやTBは控えていたのですが、もし参考になれば…。
桐谷役中村優一さんのコメントは今出ているTV Brosの「あらま美形」インタビューが出所です。正確には「困ったことがあったら俺の近くにいろよ」でした。中村さんに対するてりぃさんの「大人としての温かい」コメントにちょっと感動したのでしゃしゃりでました、すみません。
あと…ザンキさんが復帰を考えるようになったのは裁鬼さんがやられる姿を目の当たりにしたからではないかと思いました。十五之巻でも負傷した自分の代わりに無理をしている裁鬼さんを心配する台詞がありました。轟鬼が鬼になったとはいえまだ新人ですし、宿敵・ノツゴ出現によって「まだやれることはあるんじゃないか」と心が揺れるのは自然な展開ではないかと私は思いました。
2005/10/16(日) 18:10:33 | URL | a #-[ 編集]
平行線の距離
少し前、都内の私の馴染みの店で直接お話を伺えた東映の方(本作スタッフではないです)も、少子化で番組枠の維持も楽観を許さぬ状況で、ゆえに方針もより保守的にならざるを得ないと仰ってました。
確かに70年代頃と今とでは過半数支持の数字も意味も大きく異なってくる以上、昨今の作品は作家性以上に支持層需要寄りにピンポイント特化させる必要性が強まっていると思われます。

そうした点を踏まえ、直接視聴者の目につかない立場の去就を推察すると、やはり収支的理由(好収部門を自ら放棄する背任的裁定はトップも許さないでしょう)と、それに連動した制作費捻出での関係悪化(=最悪で番組枠撤退)を恐れた東映側の政治的判断の可能性が最も高いと思います。
有料視聴制でない以上、視聴率より営業実績で相互の立場関係が変動するのも致し方ありません。
業種は違えど私も貧乏事業者の立場上、自腹を切り切れないローリスクゆえの弱みはよく思い知らされますので…。
このような需要のねじれを避けるためにも、プロジェクトの起点からまず練り直す必要を痛感させられます。いかに険しい道であろうとも…。

中村さんはまだ役者キャリアは殆んど無いながらも、演じるのが難しい悪役に挑むガッツには感心しています。現時点で桐矢を戦闘に直接関わらせてない立ち位置に、あくまで彼に明日夢と向き合った存在としての決着を与えるだけの良心を期待したいと思います。井上脚本だと海堂直也や琢磨逸郎のような戦う姿勢が半端なキャラは必ずしも過酷な結末を辿りませんし。
まぁそうした目的の不明瞭さが桐矢の嫌悪感を増しているのも事実ですが、そこは井上氏も『シャンゼリオン』でやたらウンチク等を弄して優位を誇示する黒岩省吾の姿勢を自分に自信が持てない弱さの裏返しと語ってましたし、そうした下地を作りながら終盤頃に劇的な反転を予定しているのかな、とも思ったり。

周囲の動向もこれまであきらの自主性を尊重した方針のイブキが、今回は踏み込んだ指導の必要性を感じたからこそ斬鬼に託したと意図を理解すれば、一命を賭してそれを行うであろう斬鬼の復活もおそらく一度限り、そう度を過ぎた換骨奪胎もせずに済むかなと思います(外れたらどうしよ…)。
長々すみません。では失礼します。
2005/10/16(日) 23:31:00 | URL | 漂太朗 #puWVlTZE[ 編集]
中村くんには恨みはないです
ほんとに中村くんには罪はないし(演技が未熟なだけで)恨みもないし、今後がんばっていってほしいと思うんですけど、すでに顔みるだけで怒りがこみ上げてくるほど桐谷京介がきらいになっちゃって・・(..;)

そのぶん、中村くんに申し訳ない気持ちもあったりします。

今回の騒動で得をしたのはいったい誰でしょう。

視聴者ではもちろんないし、スタッフ、キャストの誰でもないですよね。
記念すべき名作になるはずだった作品に、特撮史のなかで汚点をつけたみたいで、やりきれませんね。
2005/10/16(日) 23:55:58 | URL | さくらん #-[ 編集]
たしかにフツーに見られましたが
フツーに見られるし楽しめました
しかしクオリティは最低でしょう
すべてが唐突すぎますし設定も相変わらずメチャクチャ
朱鬼にいたっては変身後ベルトが変化いつのまにかディスクアニモー!までぶら下げて・・・
パーツパーツは確かにらしくなってくましたが
行き当たりばったりのいい加減さは相変わらずでしょう
2005/10/17(月) 10:21:27 | URL | mana #-[ 編集]
今回は結構よかったかと
私も感じました。
あきらちゃんの心理を追いたい気持ちにもなれましたし。

あまりあざとくしなければこういう話ができるのかな、って感じでした。

でも、うそごとのリアリティに浸れるかというと、多少ひっかかるところを補完しながら、って感じはどうしても残り、もっともっとと望みたくはなりますね。

新体制もがんばってるって思えたのはよかったと素直に思います。

てりぃさんがそれでも旧体制を、と望む気持ちの内側がよく伝わってきました。

私も、あの響鬼の続きが見たかった気持ちは勿論あるのでそれはこれからも表明したいと思ってます。
2005/10/18(火) 00:11:48 | URL | guwaguwa #V19xxO8I[ 編集]
九月以降では・・
一番まともだと私も思いました。
ただ、「まとも」なんであって「面白い」ではないなぁ・・・と寂しかったです。
俳優陣がしっかりしているから、雰囲気は保たれていましたが・・・29話までの人達が言動にブレがなく、脳内補完じゃなくて伏線はこうなのかな?という先に対しての想像が楽しかったので、毎週毎週ここは見なかった事にしておこうとか、ここはまぁ置いといてとか思って見なきゃいけないのがつらいです。
先週よりは良かったので、なんとなく30話放映後に抗議が山のように行った後に作ったのかなぁと思ったりしたんですが・・そんなに甘くはないでしょうね(^^;)

てりぃさんの仰る通り、ここで声を上げなければ、いつまた同じ事をされるかわかりません。安心して番組を見られないという気持ちがずっと消えないと思うので、これからも声に出していきたいと思います。
あちらで認定して頂き、ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
2005/10/18(火) 02:18:50 | URL | piyo #-[ 編集]
てりぃさん、今回もHOTです
熱意がモニター越しにも伝わってきそうな文面に胸を打たれました。私なんて結構ひるんできてるので、こんなに強い意志を見せ付けられると胸苦しささえおぼえます。

やはりクウガの時を思い出しました。
クウガ終了後、映画化の話がネットで盛り上がって署名運動とか色々行われたのですが結局かなわず。
ところがどっこい翌年のアギトからは毎年映画化されるようになって「なんで?なんでクウガはダメだったの?なぜに~ッ」という思いで一杯になった事を思い出しました。
ですが、思い起こせば映画化運動を積極的に行ったからこそのアギト以降の毎年映画化がかなったのかなぁとも思えて。
今、このような響鬼を巡る運動も今年度はダメでも、次年度からは我々の意見が取り入れられるのではないか?という淡い期待を抱いております。
高寺Pの作品のあとは、毎回新風巻き起こってるので、まさに「新生仮面ライダー」と呟くほかないと苦笑しながら思わざるおえません。
次年度へ向けて、良いステップを踏み出せるよう応援していかないといけないなと改めて感じました。
2005/10/18(火) 02:47:50 | URL | 不二乃 #1wIl0x2Y[ 編集]
放置状態ですみません…
どうもすみません、てりぃでございます。皆さん、数多くの熱いコメントをありがとうございます。今から個別にお返事する手も無くは無かったのですが、ちょっとタイミングを外していることもあり、皆さんのコメントから色々と補足したい点も出てまいりましたので、別記事として一つ起こさせていただきました。必ずしも皆さんのコメントにピンポイントでお返事している文章ではないですが、つながりを読み解くように楽しんでいただければ幸いでございます。
2005/10/18(火) 12:50:20 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/591-a4f8efef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
桐矢キモイと思った人、この指と~まれ~♪ 序盤で柱に「すすっ」と隠れるときに、思わず「キモッ!!」って言ってしまった
2005/10/16(日) 15:08:26 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
なんだかなあ……気持ち悪い、というか……正直言って、それなりに面白かったですよ今回は。けど、あくまで「それなり」の域を出られない。この題材なら、もっともっといいエピソードにできたはずなのに、あからさまに「路線変更」の呪縛が足を引っ張っている、と
2005/10/16(日) 15:15:49 | まさか勝てるとでも?(私が)
**ご賛同頂き、どうもありがとうございます。TBをお返し致します。**毎回、多数のTBありがとうございます!当ページの主張である「旧路線とスタッフの復活」を願う方は、今回もどうぞ積極的にTBをお寄せ下さいませ。三十六之巻に触れた、旧路線・スタッフの復活を願
2005/10/16(日) 15:20:39 | 『仮面ライダー響鬼『完全新生』路線 復活運動』
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダー響鬼』三十六之巻、「飢える朱鬼」の感想です!今回は初のレビュー記事とイラスト同時UP(てか、イラストやっつけ。笑)!
2005/10/16(日) 15:45:03 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
こんにちわ、super_xです。 新しく始まった、オープニングからの本編突入。 皆さん、慣れましたか? もうどうにでもして下さいよと思う今日この頃ですが、今週はちょっと期待する脚本… 先週の、繰り返しから、スタートです。 ディスク・アニマル's軍団を、大量に要する
2005/10/16(日) 15:49:03 | super_x.com
↑って今日 斬鬼さんだったか云いませんでした?「ああ、戻ってきた」という気がしました。いよいよ両足を棺桶に突っ込みかけてきたゾルダさんがよく発していた言葉のような気がするんですが(笑)。冬枯れの悟り。枯れてきた先生は、かなり素敵でした。「鬼であること....
2005/10/16(日) 16:12:50 | 今日あったこととか。
用事が詰まってますんで、ピンポイントで。ようやく通常モードですか?まあまあ見られたかな、とか思うんですが、大風呂敷広げすぎの予感もこれまた。・「勝負しないか?」「・・・バカみたい」相変わらず勝負しどころが違う桐谷と、あっさり一蹴のあきら。しかし「学生生活
2005/10/16(日) 17:14:09 | ケアマネジャーあばれ旅
・・・・御大。ザンキさんを殺さないで御大。(いきなり何)来週辺りすっかり旅立ってしまいそうなザンキさんですが(日本語は正しく使いなさい)、きっとノツゴに倒れた朱鬼さんが、最後の力を使って師匠にパワーをおくり師匠完全復活。そういうス
2005/10/16(日) 17:49:12 | 響く鬼ってどんなオニ?
京介…アナタ普通に捕まると思います。っていうかこの人意味分からない勝負が好きですね…馬鹿みたい。こういうやつを見ていると明日夢クンの優しさがよりいっそう際立ちます^^なのに…あいつはまた嫌味ですか??挙句の果てにあきらちゃんにまで鬼に向いてないなんて言う
2005/10/16(日) 20:57:06 | ☆I like actors very very much☆
{/arrow_t/} あっしの友人は、(元)師匠にザンキさんが食われる話?とか言ました。まあ、そんな冗談はさておき。今回は思っていた以上に普通の話でした。前半を無理矢理引き継がされたスタッフがここ数話は、もらった設定でなんとなくお茶を濁して作っていたけどやっと前
2005/10/16(日) 21:27:37 | きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)
三十六之巻「飢える朱鬼」えー。誰か桐矢を刺してくれ。以上(何
2005/10/16(日) 22:27:24 | dendenの特撮日記
仮面ライダー響鬼、第三十六話は「飢える朱鬼」あきらにつきまとう影、それは京介だった。京介はあきらが鬼であることに疑問をもっており、鬼の弟子である理由を否定する。そんなか、吉野にある神社から何者かに鬼の鎧が盗まれた。河原で魔化魍ノツゴと戦う裁鬼のもとへ、..
2005/10/16(日) 22:49:09 | Y's WebSite : Blog ~日々是好日~
最近、ヒカリモノって言ってもお寿司が食べたかった全国のとりあえず放送を見ている響鬼ファンの皆様、さっそく感想シチューでも作りますか・・・。
2005/10/16(日) 23:30:33 | CODY スピリッツ!
いやいや。泣きました。ドラマ見てこんなに泣いたのはひさしぶり。見せてくれるなぁ、
2005/10/16(日) 23:51:59 | 好きなもの
個人的に心待ちにしていた女性の“鬼”が遂に登場。 でもスゴイデザインだよなぁ・・
2005/10/17(月) 00:57:20 | あとは毒気でおぎなえッ!!
告・本ブログについてはネタバレがありますので、まだ見られてない方はご注意下さい。・紅白歌合戦スキウタに、みんなで『少年よ』を投票しましょう♪レントンとエウレカの愛の力でウルザードがその真の姿を現しました・・・って、それは違う番組(しかも、微妙...
2005/10/17(月) 04:49:10 | 銀チャリに乗って幸せ探し♪
鬼に変わって人助けをするヒビキさんに出会ってから僕、安達明日夢の中で思うに何かが変わってきました。今日学校でちょっと桐矢君にムッときたんです。どうやら鬼に近い僕とあきらさんに嫉妬しているようです。あきらさんに闘いを挑んで「馬鹿みたい」と一蹴されてもめげま
2005/10/17(月) 11:29:23 | ota-broadcast
出だしからキリヤ少年だと、なんとなく身構えてしまいますね。 いきなり夜中に近づいてきて「君に興味があるんだ」などとほざく奴に対して「バカみたい」と言い切ったあきらは正しいです。オロC一気飲みは確かにバカだ。あいつは、勝負の持って行き方を間違っている気がしま
2005/10/17(月) 11:45:54 | cross clover
 響鬼の三十六之巻 の感想です。 今日は、基本的にシリアス路線だから、まだ許せたかも。 きらめく稲妻 とどろく雷鳴 吹けよ嵐 呼べよ嵐 ~(中略)~ 変身忍者 嵐 見参 だったし。(笑) 鬼の鎧は、鬼不足のときに代役として作ったとのこと。鬼になれない....
2005/10/17(月) 13:09:02 | ほのぼのたまご (天使の羽 別館)
鬼の鎧が盗まれました。
2005/10/17(月) 16:34:11 | 前田慶次郎店長のブログ
仮面ライダー響鬼 飢える朱鬼真面目な話でしたね。笑いどころは、裁鬼がやられたところですか(違)ココはキャラ変えなしですか(笑)ザンキさん頻繁に登場の回病院に行って傷を見てもらうザンキさんと出てきた直後にやってくるヒビキさん。なんという良いタ
2005/10/17(月) 21:33:44 | §相棒馬鹿
先週のショックから一転、ザンキさんをはじめイブキさんやトドロキまでキャラの雰囲気が以前に近いところに修正されていて、驚くやら嬉しいやら。出来るんなら最初からやってくださいよ!時間や空間を無視したワープ移動や微妙な演出、鬼の鎧の取って付けた様な設定、未だに
2005/10/17(月) 21:41:26 | のらゴコロ
『変身忍者嵐』『仮面ライダー響鬼』三十六之巻 「飢える朱鬼」。冒頭のあきらたんと桐矢の絡みには、さすがのウチの小二も呆れてノーコメントだそうです(特にオロナミンCは致命的)。さて、吉野から盗まれた変身忍者嵐“鬼の鎧”。その鎧をまとった人物が、魔化魍ノ...
2005/10/17(月) 23:21:01 | 厄年ぶろぐ
真面目なハード路線突入っぽい今回。ザンキさんファンには先週はなんだったのやっぱりザンキさんはザンキさんのままねっと安心させる目的の今回(ホントかよ)。でも私の目は相変わらずトドロキくんに釘付けな今回。あっでも今回はあきらちゃんがいっぱい出てるうきうき。そ
2005/10/18(火) 00:12:24 | あひるはぐわぐわひよこはピヨ!
手を出すなザンキ。死ぬぞ!怖 ((;゚Д゚)ガクガクブルブル女戦鬼「朱鬼」登場・・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)今回は前2話のようなお笑い劇場ではありませんでした。ザンキさんも元に戻ったし(´▽`*)アハハ
2005/10/18(火) 01:12:31 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
シュキさんとやらが盗んだヨロイって、どう見ても変身忍者嵐ではないか?あきらちゃんが色々お悩みモード。やはり両親が魔化魍に殺されたようだ。そこへ桐矢のバカがからむからむ。こいつは嫌なやつオブザイヤーだな。ある意味、敵の童子や姫よりいやだ。いや、こ...
2005/10/18(火) 01:48:49 | くらろぐ-アニメとゲームと小説と-
眼鏡を変えれば世界も変わる。松田フィルターをかければ、世界は幾らでも美しく見える。って訳で、昨日の松田さん熱でご機嫌なまま、本日の放送を。松田フィルターは冗談ですが、個人的贔屓を抜いても、今回は落ちついた話に戻っていて一寸安堵しました。そりゃ、毎々回、..
2005/10/18(火) 02:11:51 | 困ったモンだ
仮面ライダーヒビキ 三十六之巻 「飢える朱鬼」感想やってきました、スーパーヒーロータイム。えぇ?!ブレイジェルッ?!いや、分かっていたけどこんなに早く五色の魔法使いの前で正体をさらすとは思ってなかったので。うむ、来週が気になるぞ。ヒカル先生は今回も...
2005/10/18(火) 02:31:58 | ■不二乃耳袋■
世の中には、実際に脚本を書く能力、あるいはディレクションをする能力があるかないかに関わらず「俺ならもっと上手にガンダムを創れる」などと思っている人は結構いるのではないだろうか?政治然り、大相撲然り、プロ野球の采配然り。これは、実は過信でも何でもなくて、そ
2005/10/18(火) 08:08:18 | 某茶房拾遺伝
「飢える朱鬼」 あきら(秋山奈々)に接近した京介(中村優一)は、なぜイブキ(渋江譲二)の弟子になったのか、鬼になろうと思ったのか、と例によってズケズケと質問を。 あきらは失礼な京介の物言いに怒りを込めた目で見返すと、何も答えずに去っていく。 吉野の神社か
2005/10/18(火) 10:11:09 | 東風 明日は明日の風が吹く
特に前置きもせず感想いくのであります。■「ばかみたい」と言われた腹いせですか。>だいたい、オロナミンCの早飲みって…(ーー;)京ちゃんが鋭いセリフをはいて、あきらちゃんが悩むという流れはありだと思うんだけど、滑舌よくないセリフ回しが気になってしまい、ちょっ
2005/10/18(火) 12:12:48 | 日曜8時の男に逢いたくて ~細川茂樹 観賞日記~
今日もタイトルの意味わかんないですorz来週わかるのかなぁ。でもそれなら来週のタイトルにしてほしいかも。そして朱鬼がヒラヒラのスカートを履いてるーーーー(驚)戦隊じゃないんだからさぁ。。まあふんどしでもびっくりしますけどね(笑)せめてホットパンツとか(違)...
2005/10/18(火) 19:40:59 | シフク☆note
やったね! ビシッと言ってやったよあきら!
2005/10/18(火) 20:51:03 | ●HERMIT●
興奮しました、今回の響鬼!前回までのは何だったんでしょうか。ぐっとシリアスになって、わくわくしながら見られましたよ。今回から真の第二部ということでしょうか(笑)。ま、あきらちゃんとザンキさん大フィーチャーのお話で俺が喜ばないわけないんですけどね(笑...
2005/10/18(火) 22:12:05 | Chewing Bomb!
SIDE A 今回は、楽しみました。久しぶりに繰り返して見られる感じ。 バカじゃん。 へえ~悩むんだ。 禅問答みたい。 と言ったとたん、ほんとにそういうセリフが出てきて、なんか嬉しかったですねえ。 朱鬼の片岡礼子さん、雰囲気のある方で、斬鬼さんの師匠でOKと
2005/10/18(火) 22:25:59 | さるがぶつぶつ、たこもぶつぶつ
トラックバックさせて頂きます。響鬼(どっちかと言えば)前半支持者による響鬼三十六話感想です~ザンキさんに愛!ようやくちゃんと見られる路線が戻ってきた、の、かも……ですよ!
2005/10/18(火) 23:53:09 | 88thMonochromeGarden
戻りサーチを繰り返し、自販機のシーンを3回も確認したが、どうみても京介は、オロCを1本だけしか買っていない。なのに、あきらに1本渡し、自分も1本一気飲みはおかしい。そんなどうでもいいアラを見つけながら、ふと思ったのは、あっちこっちで叩かれている
2005/10/19(水) 11:12:58 | かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
おお、ちゃんと本筋が展開しております!能天気に恋バナで悩んでる場合ではないでしょ実際(笑)ここまで駆け上ってきた鬼への道に悩みを持ち始めたあきら。自分の迷いに囚われて、イブキ君やザンキさんの言葉も耳に入らない様子。う~~ん、なかなかリアルです。
2005/10/19(水) 14:51:09 | 見たもの聞いたもの<庭の小径Annex>
さて、今回の555響鬼。朱鬼登場だったり、悩むアキラだったり、変身忍者嵐だったりザンキさんあぁザンキさんザンキさんだったりとそれなりに見所たくさん、突っ込みどころもたくさんと素敵な内容でした。変身忍者嵐。この鎧、その昔に鬼のオルタナティブ....
2005/10/20(木) 00:36:16 | 無理なもんは無理Ver0.2
ようやく見ました〓。 けっこう面白かったです(^^) そんなにすっごい語りたい!という出来でもないですけどね。 でも、29話までの中にあってもそんなに違和感ないかなって感じでしたね。 キャラクターの描き方に取りあえずほっと一安心とか、 京介が、余りにも道具として
2005/10/20(木) 17:38:20 | 特撮ヒーロー作戦!
遅くなりました!!レビュー、完成いたしましたのでTBさせていただきます!!宜しくお願いします!!
2005/10/21(金) 19:33:42 | nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
こっちも一週ぶり。
2005/10/21(金) 20:16:24 | サムライ シンドローム
ここ1週間は、堤幸彦監督の『サイレン』、『トリック・新作スペシャル』、『トリック・劇場版2』の公開日決定記事や、三谷幸喜作・演出の舞台『12人の優しい日本人』の記事を立て続けにアップしたので、アクセス数もかなり増え、今日はいつもの【仮面ライダー響鬼】記..
2005/10/21(金) 22:19:17 | これってどうかな?
今週は感想書こうと思っていたのに、もう次が明日じゃん!( ̄□ ̄;)今のうちにこっそり更新。以下、最近の響鬼が面白いという人は読まないで下さい。
2005/10/22(土) 22:30:24 | My favorite things