Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ARIA第一話見てみた。
 北海道は遠いんだよぉ~。だって電波が届くのに一週間近くもかかr

 いやいや。orz まあ、一週遅れとは言え、放映されるだけでもよしとすべきなんでしょうナァ。関東・関西・中京ぐらいでしか放映されない作品もまだまだ多いのだから。それに、巷の評判を聞いた上で視聴に及ぶかどうかを判断できるというメリットもなくはないしね。

 つーわけで、ナンか評判がよさげな今期の期待アニメ「ARIA」を見てみましたとさ。原作は未読。前情報はほとんどなし。まっさら状態での視聴でしたが。う~ん。
 近頃、京都アニメーションのものばっかり見ていたせいか、あれを基準に見るくせがついてしまっていて、普通のアニメを見ると「動いていない」ことが真っ先に気にかかったりするのです。orz …いや、「動いていない」というのは正しくないかな。「『目的があってこの動きを見せよう』としている感触が希薄」とでも言えばいいのかしら。

 ただ、「作り手の方針の違いがそこに出ているに過ぎない」という可能性もあるわけで、それを単なる良し悪しと割り切って否定してしまえば「これだから信者は」という罵声を浴びかねないのですよね。まあ、信者どころかボクちん使徒だったりするわけですが(汗)。

 んでね。コレってナニかに似てるなーと、ずっと思ってたんですよ。そしたら横で嫁が「ぷちぷりユーシィ(GAINAX)に似てない?」ってゆーからなんでじゃー!と叫んだわけですが、どうやらアリシアさんがエルセル女王とかぶったらしいです(^^;;; あと、少女の成長劇だってところとかも共通点だって言ってましたが…う~ん。それにしちゃあ、作品全体を彩る雰囲気みたいなものがまるで違うじゃないのよ。

 そこではたと気付きました。ああ、これは「ココロ図書館(スタジオディーン)」を最初に見たときのあの感じだ、と。「環境アニメ?」とか言われた第一話に自分が感じたものと、よく似てるんですよ。早速、自分が当時別な場所で書いたログを漁ってみました。ココロ図書館第一話を見たときの感想が以下。

 第1話、見てみました。画像は隅々まで非常に美しく書き込まれており、作り手の愛情を感じました。音楽もなかなか良いデキだと思いますし、先に書いたようにメイド属性もしくはロリ属性またはその両方をお持ちの方なら、主人公とその姉妹を愛でながら至福の時間が過ごせるアニメではないかと思います。

 だ・が。

 てりぃはダメでした。前述の属性をどちらも持ち合わせていないので、退屈でしょうがありません。ストーリー自体は起伏に乏しく(3分後の展開は全て読めました)、出てくる人物も基本的に善人ばかり。いやそりゃあ自分の息子を有無も言わさず決戦兵器に乗せて「ふっ」とイミありげに笑う悪そうな親父とか、その親父と不倫関係にあって策謀の片棒を担がされる汚れてしまった女マッドサイエンティストとかを出せとか、登場人物が皆殺しあって主人公が精神崩壊、それでも何とか現世に戻ってきたと思ったら最後の台詞が「気持ち悪い」で終わるような展開を、とは言いませんが(笑)、明るさの裏側に何か隠し持っているものがありそうとか、この先どんな波乱が彼(彼女)を待ち受けているのだろうとか、そういうドラマスティックな部分や人物像がもう少し無いと、とても見ていられません。



 結論。シュミの方オンリーですので、パンピーは近寄らないように(笑)。


 ナンでよりによってEVAみたいな極端なものを引き合いに出しているのかよくわかりませんが(笑)、まあかなりボロカスに言ってますね。雰囲気を大事にしたかったんだろうナァとか、その辺の「やりたいこと」がわからなくはなかったんですが、見た目や記号であざとく惹きつけようとしているやり方に激しく反発したきらいがあります。ARIAについて見れば、そうした「わかりやすすぎる記号的な要素」はそんなに前面に出ていないと思われるので、その点はかなりマシであると言えます。

 一方、「物語上の起伏がかなり抑えられていて、キャラにも「裏」や「含み」がない感じ」というのは、ARIA第一話鑑賞時も共通して感じたことです。「裏」ったって、別にドロドロのダークなものでなくっていいんですよ。実は悲しみを背負っているらしいとか、実は心の中に葛藤を抱いているらしいとか、そういうことで構わないんです。そんなものをこの作品に求めるな、と言われれば多分その通りなのでしょう。どうしても私は「泣きたい人」なので、泣かせどころがなさそうに見えるとそれだけで意欲が減退してしまう困ったちゃんなのですな。

 さて、そのようにボロクソに評価していた「ココロ図書館」ですが、その後どうなったか。知人が途中で泣いた、とか言ってるのを聞いて、まあ乗りかかった舟ということもあり、渋々残りも見続けた挙句、

 ココロ図書館第8話「お母さんに会いたい」第9話「奇跡」を続けざまに鑑賞~。ダメですこういう話弱いんです。十年前に母を亡くしているのでなおサラです。9話後半でなすすべもなくダダ漏れ~。


 11~12話の展開には負けました。弱いんですこういう話。ただひたすらに涙を垂れ流して見てました。いったい誰だシュミの方オンリーの作品だとか抜かしたヤツぁ(オレです(^^;;;;;;))。

 一方、話題の13話。オマケですね。冥土属性や炉理属性のある人が涙を流して喜ぶ姿が目に浮かびます(笑)。これこそ真にシュミの方オンリーの作品かも。あ、つまらないということはないんですけどね。

 作品全体の総括。いやぁ、楽しませてもらいました。


 我ながら全く節操がないですな(笑)。とどのつまり、今評価を固めるのはあまりにも時期尚早である、と。もうちょっと先までフォローは続けてみることにします。毎週感想を書くかどうかは、この先次第。決して暇こいてるわけではないので、期待しないで下さいましな。ではー。ノシ
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 仮面ライダーW・放映開始に寄せて (2009/09/06)
 久々にCLANNAD Blu-ray見た~第9話まで。 (2010/05/25)
 電王第23話 (2007/07/08)
 CLANNAD 第21回「学園祭に向けて」 (2008/03/22)
 ワンアゲイン。破。 (2009/07/25)
 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 改めて (2009/10/04)
 バーディ02・5話「手遅れになる前に」 (2009/02/18)

テーマ:ARIA -アリア- The ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
ありゃま~
あまり楽しめませんでしたか~…。
ちょっとしたセリフ等にジ~ンとくるような原作、アニメですから、AIRやフルメタと比べると全然違う種類ではありますね~。
恐らくこれからも泣き展開や修羅場やバトロワやノコg(略)なんて展開はないと思いますが、視聴継続しても損は無いと思いますですじょ?
妙な例えですが、サザエさんを見るような感じで(^^;
2005/10/12(水) 20:40:22 | URL | はぐれ #US7Is6OM[ 編集]
う~ん
もしもね、サザエさんを見るような感じだとしたら、ここですっぱりと止めた方がいいんでしょうなぁ…。何たって私、次第に低迷していくジャンプの中で、亀有を真っ先に切ったクチなんで…。

ただ、「ヨコハマ買いだし紀行」とかね、キライじゃないんですよ。アレに通じる雰囲気も感じないではなかったので、まあやっぱり今のとこは「評価保留」という域を出ませんナァ…。

ちなみにじゃがバターについては、北海道人としてはアレでは不満です(笑)。いかん、ナンかミリタリー描写の不備を語るごすりんのようだ(汗)
2005/10/12(水) 20:44:37 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
んにょる~
あぁ~やはり例えが悪かったようなorz
ウダウダになっていくというより、ちょっとした出来事、ちょっとした良いセリフ、ちょっとしたぽわわ~んとした感動…が毎話続くというか。話に動きが無いと言えば無いんですが(多分これからも)、楽しみかたの違いというか…単に慣れとも言えますが(^^;
実は主人公が両親を殺されて復讐のために火星に来たとか、友達がその事件に関わっているとかそんなオチはありませんのであしからずorz

じゃがバター、本場の人には不満でしたか(汗
オイラはめちゃめちゃ食いたくなったクチなので…どうなんでしょうかねぇ?
2005/10/12(水) 21:01:39 | URL | はぐれ #US7Is6OM[ 編集]
るにゃれめろ~
>実は主人公が両親を殺されて(以下略)

いや、そういうのは私も求めてません(笑)。ギスギスしたのキライ。

その「ちょっとした」部分を、十分な描写と感じるか否かで、評価が180度変わるとは思ってます。慣れと言えば慣れなんでしょうけど…個人的には「もうひとふた押しないの?」って感じなんですな。いい素材を使っているとは思うんですけどね。

>じゃがバター、本場の人には不満でしたか(汗

ひょっとしたら、じゃがバターに関してはナニをやられてもこんな感想かもしれませんがね。それはどっちかというと、こだわりのありすぎるこちら側の責任なのでしょう。
2005/10/12(水) 21:06:15 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
あうんのこきゅう とかしたかったorz
さて、チャット化状態になってきましたよ?(笑

>「もうひとふた押しないの?」
これは原作読み始めたときの自分と全く同じ意見です(笑
まぁまだ1話なので評価を決めるには速いと思いますね~。その「ココロ図書館」とやらと同じように(^^;

じゃがバター…不満といえばバター少ねぇ~くらいでした…そんなに食べたことないっすorz
どこぞの居酒屋で食べたのはめちゃ美味かった…ってなんの話だorz
2005/10/12(水) 21:31:33 | URL | はぐれ #US7Is6OM[ 編集]
拘ってこその真価
「戦車はなぁ、陸戦兵器の華なんだよ!プラモじゃないんだよ!!」

っと、陸自上がりも言っておりましたw

加速時のリフトと減速時のノーズダイブはちゃんとやって欲しい。
2005/10/12(水) 23:15:11 | URL | ごす #ilk/GieM[ 編集]
縛ってこその臣下
タイトルはカッとなってやった。

>はぐはぐ
>>「もうひとふた押しないの?」
>これは原作読み始めたときの自分と全く同じ意見です(笑

なんだ、そうなんじゃん(笑)

ま、じゃあやっぱり様子見ということで、生暖かく次週も見て参りましょう。てゆーか、本州ではもう二話の放映が終わっているのか。orz

>じゃがバター…不満といえばバター少ねぇ~くらいでした…そんなに食べたことないっすorz

子どもの頃から主食と言っても良いほどに食ってきた俺ガイル。生半なことでは許しませんコトよ?

少なくとも、じゃがを切った中からほんわりと立ち上る熱い蒸気と、てろ~と溶け流れる旨そうなバターだけは絶対に譲れまい。

>ごすごす
>加速時のリフトと減速時のノーズダイブはちゃんとやって欲しい。

これは、昨夜ようやく見たDVD1巻で、何となく思いました。ああ~ごすりんが言ってたのはこの辺なんだろうなぁって。平行移動でしたもんね、ほとんどw
2005/10/13(木) 02:36:10 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
見まちがえたのですよ
この記事の題名『AIR第1話を見てみた』と私の脳は瞬間的に判断していました(汗
『ぁ、てりぃさん、またAirを見てるのかな?』とか思っちゃったのですよ、私は・・・orz
ちなみに私はARIAは見てないし知らないです、ごめんなさい<m(__)m>
2005/10/13(木) 22:05:56 | URL | 結城レイ #-[ 編集]
似てるかも
AIRとかARIAとかAQUAとか・・・

       ややこしいな
2005/10/13(木) 23:08:14 | URL | ごす #ilk/GieM[ 編集]
「A」で始まる数文字のアニメ
>結城レイさん

ああ、あるある(笑)。自分も「ARIA」を固有名詞として認識し終えるまで、しょっちゅう間違えてましたよ。

>ごすさん

ARIAは登場人物の名前が全て「A」の音で始まる、ってとこまでこだわっているっぽいですがはてさて。ところで、アイちゃんが刹那にしか見えない私は汚れ物ですかそうでつか。
2005/10/15(土) 09:15:13 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
んなぬ??
灯里・アリシア・アリア・藍華・暁・・・・
おい、ヒメ社長は拘りじゃないのか?(w

>アイちゃんが刹那にしか見えない

たこチュウですかそうですか。(´□`)え?ちがう??
2005/10/15(土) 21:45:31 | URL | ごす #vKzRvifc[ 編集]
ぬなん!
>おい、ヒメ社長は拘りじゃないのか?(w

Σ(゚Д゚;)

>たこチュウですかそうですか。

…そのネタ、知らないぽ(´・ω・`)だってまだプレイ終えてないんだモノ…。
2005/10/18(火) 12:58:20 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/586-6941ff16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
あぁ~…癒される~…癒し系アニメの名は伊達じゃなかった…爆笑したり、血肉湧き上がる(笑)展開はないけど、ちょっとだけ微笑ましくて、ちょっとだけ優しくて、ちょっとだけ感動できるお話。これは上手に原作の雰囲気を再現できてるアニメだと思います…はぁ~癒され
2005/10/12(水) 20:30:33 | 万聞は一見に足るやも
先に言います。視聴決定。  当たり前の何気ない一日をこの上なく美しく描く。それはとても難しく、高いスキルを要求される事ですが、同時にそれを描けた時、それを受け取った我々の心に一輪の美しい華が咲きます。 恥ずかしい台詞禁止ーっ! 自分ーっ!  ゆったりとした
2005/10/15(土) 06:28:09 | バラックあにめ日記