Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
お客様=神様・考
 お客様は、神様ではない。断じて違う。

 「お客様は神様です」という言葉は、三波春夫さんの言葉として有名だが、その真意とは異なる用途に今は使われていると思う。そのことに対する、三波春夫さんの言葉は、三波春夫さんの公式サイトで公開されているので、読んだことのない方は一読してほしい。

 さて。

 昨今では、「お客様」ご自身から、サービス提供者側に対して「お客様は神様だろ!」という、自身のクレームを補強する決め台詞として言われることが多いようである。だが、そんなことを自ら言う者の、どこが神様か。確かに、多くの宗教観において、神様というものは人智では計り知れないものであるし、多くの場合は大変気まぐれである。我々人間のことなど考えてくれていないように思えることもしばしばだ。だが、それでもなお、崇めるだけの何かを持っているのが、神様ではないのか。我が儘を通さんがために自らを神と崇めるように要求する者に対して、崇めたいと思う気持ちになる人を、私は知らない。もしそんな人がいるなら、そっちの方が神様なんじゃないかとさえ思う。

 サービス提供者は、支払った対価に対して見合うだけの適切なサービスを提供する。それで、契約が成立しているのだ。金さえ払えば下僕の如く扱ってもよい、などという道理はない。

 それでもなお、「神様だ、オレは神様なんだ、丁重に扱わないとバチが当たるぞ」とゴネる人に、問いたい。そこまで言うからには、あなた自身は、自分から見て神様だと思う存在に対して、常に底なしの従順さで向き合っているのでしょうね、と。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 雨は夜更け過ぎてもやっぱり雨のまま (2007/12/24)
 「異化して安心」には賛同できない。 (2015/02/07)
 王様の耳 (2015/05/03)
 「書けてない!」 (2007/08/24)
 「おサムイ日本」的な。 (2017/03/11)
 ぼろぼろなうなぎ (2017/07/25)
 クリスマス・イブなわけだが。 (2010/12/24)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/5734-98259a0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック