Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ハイレゾが売れる層って…
 数日前の、ハイレゾ新着配信一覧を見て、そのラインナップに軽く衝撃を覚えました。

 江利チエミさんの全集とか、フランク永井さんのベストとか、ペギー葉山さんの歌集とか…私よりも一回り~二回りは軽く上の世代の方々が好みそうな辺りの、ムード歌謡とかの全盛期の方々なんですもん。こういうのが好きな方はいて当然ですし、異を唱える気は全然ないのですが、これらのジャンルを聞く方々が、「少しでも良質な音で」という意欲に基づき、それなりにハードルの高いハイレゾ音源のオンライン配信に手を出しているらしい、というのが衝撃だったんです。

 ハイレゾはぶるじょわじーのもの(笑)、というのは冗談ですが、やっぱ趣味に相応のお金をぶっこもうとするような、そしてそれなりにハードルが高くても臆せず乗り越えていくような、歯に衣着せずに言えば「各ジャンルのオタク」にこそ訴求する商品だと思っていたんですよ。で、音楽に関してオタクが成立しそうなジャンルって、クラシックもしくはジャズあたりかなーと、思うんですよね。いわゆるムード歌謡のようなジャンルはそういうのじゃなくて、どちらかと言えば深夜の通販番組とかで「思い出の名曲百選が30枚入りCD BOXに!特別定価ウン万円で!」みたいな商品が幅を利かせる、言っちゃあ悪いけどそれってホントに適正価格なのかと思っちゃうような、騙されやすい層向け商品が大多数のジャンルなんだと思っておりました。(色んな意味で大概失礼だな!)

 でも、上記の商品がちゃんと売れる市場が形成されているのだとすると、認識を改めねばなりません。ハイレゾは既に私が思っているよりもずっとポピュラーなものになってきているか、もしくはハイレゾ自体が「騙されやすい層へこそ訴求する商品」にすぎず、私自身も「やっぱり騙されている」だけなのか、いずれかなんじゃないでしょうか。ちょっと自信なくなってきたぞ(笑)。

 まあ、いいや。いい音がすると思ってるのは本心だし、好きなものにお金をかけるのは楽しいからな!(←騙されやすい人の思考w)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 それはキャラソンなのか? (2009/06/22)
 戸川純を聞く。 (2007/12/30)
 A Time For Fear / The Art Of Noise (2013/07/29)
 GO!GO!MANIAC / Listen!!届いた。 (2010/04/29)
 懐メロでござる。 (2015/03/02)
 「天元突破グレンラガン BEST SOUND」が神過ぎる件 (2007/10/09)
 誤謬(ごびゅう)を含むノスタルジー (2009/04/21)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/5729-9628add2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック