Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
VVVウィルスが流行しているそうな。
タチの悪いランサムウェアが流行しているそうです。

ランサムウェアというのは、俗に「身代金要求ウィルス」のように言われているもの。感染すると、パソコンの中のファイルを暗号化して読めなくした上で、「解除して欲しければ金を払え」と脅すわけですな。

今話題になっているVVVウィルスもその一種なのですが、何がこれまでのものと異なるかと言えば、「ウェブ広告を表示しただけで感染する」という感染力の強さが一つ、「現状ではパターン一致で検知してくれるウィルス対策ソフトが非常に少ない」のが一つ、そして、これが厄介なのですが、「人質に取る=暗号化する範囲がとても広い上に、進行がメチャメチャ早い」らしいのです。通常、ランサムウェアが手を出すのはCドライブ等のローカルフォルダがほとんどという印象がありますが、このウィルスはNASなどのネットワークドライブにも被害をもたらし、頼みの綱である復元の履歴まで消去する念の入りよう。せっかく、NASにバックアップしてあっても、そちらまで暗号化されてはどうにもなりません。

では、どうしたらいいのか。

確実な対策としては、「しばらくはWindows PCを使わない」というのが一番いいような気がします。

今どきはスマフォでもWindows以外のタブレットでも、ウェブを見るだけで良いのなら、他の手段をお持ちの方も多いことでしょう。このVVVウィルスについては今は流行期で、対策が本格化するまではもう少しかかりそうですから、それまで何とか凌ぐのです。

Windows PC以外にウェブアクセスできるものが無い場合も、本当に必要な、極々最低限のウェブのみに絞って閲覧することを心がけるだけでも、だいぶ違うと思います。日本国内に限って言えば今のところは、大手企業サイトも含めてどこもかしこも危ない、という状況までは至っていないようです。海外向けの広告が感染源の主体のように見えますから、そういう広告を表示するところに出入りしてないならば、リスクは極端に高くは無いでしょう(もちろん、日本人向けのサイトに海外サーバーの広告が載っているケースもたくさんありますから、過信は禁物ですが)。有名なニュースまとめサイトの多くは感染を疑われていますので、この辺は選別が難しいですがね。個人的には、掲示板系、まとめサイト系へは、しばらくアクセスを控えるつもりです。

PC周りの構成によっては、確実なバックアップを取ったNASを、ネットワークドライブから切り離しておくと、不幸にして感染してしまっても何とか復旧が可能になります。うちは構成上、いきなりスポッと切り離すわけにもいかず、非常に悩ましいのですが…リスク分断の方法をもう少し考えてみます。

あと、この手のリスクへの対応の基礎中の基礎として、PC内の全てのプログラムには、とにかく最新のセキュリティアップデートをかけておくこと。これも100%ではありませんが、リスクの低減には間違いなく有効です。

とりあえず、自衛できるところは自衛しないと、ですね。くわばらくわばら。

※追記
 翌日の続報、VVVウィルスが流行して「いない」そうな。も合わせてお読みください。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 中坊じゃあるまいし (2013/03/09)
 ダイレクトeメールの類に思う… (2008/04/29)
 XPのサポート終了まで一年を切ったのに (2013/04/13)
 一体何に物語性を求めているのか。 (2014/03/02)
 声の届かぬ遠くへ、何故あなたは (2017/02/13)
 こだわり続けることと、こだわりを捨てることとの狭間で (2005/11/21)
 不一致 do you like better… (2012/03/24)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/5721-edeab6cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック