Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ハイレゾ音源すげぇ。
 「もし聞き比べて全く違いが判らなかったらどうしよう…」という心理もあって、躊躇していたのですが…とうとう我慢できなくなって、ハイレゾ音源と圧縮音源の聞き比べをやってしまいました。

 で、結論。

 「聞き流すような聞き方だと、大きく違わない」

 これは間違いないと思います。聞いてるんだか聞いていないんだか、何かの作業のついでに「ながら」で流しているだけで、とりあえず何か音が鳴ってればOKという状況だと、どっちでもそう変わりません。

 ですが…しっかり聞こうと構えて、繊細な音の隅々まで漏らさず受け取ろうとするなら…結構違いますわ、これ。圧縮音源の方が、どうしたって平面的に聞こえます。対するハイレゾ音源の方は、一つ一つの音が、ちゃんと粒が立っているように聞こえるんですな。ギターの弦をつまびく際の、軋るような音が、劣化せずにちゃんと聞こえますし、色々な楽器がそれぞれの主張を重ねていても、ちゃんと聞き分けることが可能です。ボーカルなども、何枚かの膜で遮られていたものが、さっと取っ払われたような感じ。或いは、スピーカーを通して聞こえていたものが、すぐそこにアーティストがいてナマで歌っている状況に変わったようなものです。ここまで違うとは、正直びっくりしました。大して思い入れが無い曲でこうなんですから、好きな曲ならこれはもう恩恵絶大じゃないですかね。
 
 今回の比較は、以下の状況でやっています。

○再生環境
 Windows8.1が動作しているPCで再生。アプリケーションはKORGが無料で提供しているAudioGateを使用。FLACファイルをそのまま再生できますし、MP3も再生可能なので、これで両方を聞き比べるのが一番公平かなと。

 ハードウェアは、余計なノイズを拾わないように、USBヘッドフォンを使用。ものは、iBUFFALOのゲーミングヘッドセット「BSHSUH05BK」というヤツです。特別に高品位な音が聞けるということでも無いんですが、手ごろな価格でそこそこの音質がゲットできるという点で、敷居が低くて私は気に入っています。

 もちろん、ただ繋いだだけでは低レートでの再生しかできません。ちゃんと公式ページから最新のドライバ(Windows8対応)を落とし、インストールした上で、設定を24bit&96MHz再生に切り替えます。ちなみに、これを使用せずに、PC標準のオーディオチップ上で、アナログ接続のイヤホンで再生しようとしたところ、16bit&48MHzまでの再生しかできませんでした。こういうところは、事前にちゃんと調べておかないと、「せっかくハイレゾ音源なのに音がショボイ」という状況になるので、注意が必要ですね。

○音源
 比較に使用した音源は、moraから無料で提供されているものを使用しました。エレクトロユニット「macaroom」の「you (mora ver.)」が、こちらのページからゲットできます。なお、無料と言っても、ユーザー登録や支払い方法の設定が必要なので、そういう点では、ちょっと覚悟が必要。私も今回、初めてmoraの登録をやってしまったんで(今までiTUNES Store一本でやってきたからねぇ)、そういう意味ではとうとう「ルビコン川を渡った」という気持ちが強いですね…。その気になればいつでもポチれちゃうもんなぁ。

 で、早速ハイレゾ音源をダウンロードしたのですが、3分半ほどの楽曲が123MBもあって、びっくり。まあ、完全に無圧縮の生データだと、1分辺り100MB以上になるから、これでも間違いなく小さくなっているんですが…1分辺り1.5MBから2MBくらいの、圧縮音源に慣れた感覚からすると、やっぱし「デケえ!」って思いますわね。これ、調子に乗って増やしてったら、容量がいくらあってもすぐいっぱいになりそうだなぁ。

 さて、聞き比べのためには、圧縮音源も用意する必要があります。これは、今回は自分でMP3にエンコードしました。同じデータから作ったものでないと、別な要素で聞こえ方が違ってしまう可能性が出てきますからね。ただ、圧縮音源へのエンコードも、エンコーダーの選定やらパラメーターの設定やらで、出来上がりは結構変わっちゃうはずで、こだわればこだわっただけ、音質に差は出てきます。まあ、私の普段の使用だと、レンタルしたCDをPCにセットしてiTUNES起動して何も考えずにエンコード、ってやっちゃってますんで、今回のやり方で真っ当に比較できると思います。

 ただ、エンコードの設定は、普段の私だと192kbpsくらいにしとくんですが、今回は盛りました。256kbpsです。一応、一般には「圧縮音源としては申し分ない音質になる」と言われてます。出来上がったファイルのサイズは、7MBほど。ハイレゾ音源と比べて、17倍くらい差があります。こんなにちっちゃくてもそこそこ聞ける、というのは、確かにすごいんですがね。その「17倍の差」の中に何を求めるか、というところでしょう。



 これを書きながらも、繰り返してハイレゾ音源→圧縮音源→…と延々とループしてるんですが、面白いですな、ホント。圧縮音源でも全くダメというわけではなく、「まあ、これでもいいかもな」と思ってるのに、ハイレゾに戻ると臨場感がまるで違うのが面白くて。格付けチェックでやりませんかね、これ。あ、テレビだとお茶の間で音の違いがわかんないからダメか。(^^;;

 一つのデータでしか比較していなかったり、私個人の主観に過ぎないという点は、割り引いて捉えて下さるとありがたく。結局は各個人がどう思うかって領域なので、圧縮音源でも必要にして十分、という意見も、あって当然と思います。

 私自身も、全部これでなくてはダメとは思ってません。やっぱり「じっくり愛でたいもの」に限定した話かなぁと思いますね。そもそも、対象となる音楽自体に、繊細な部分を表現しうるだけの力が無ければ何の意味もありませんし。どれとは言わないけれど、CDの時点で音圧稼ぎに走り過ぎて波形が潰れまくってるようなモノじゃあ、ハイレゾにするだけの価値なんて到底見いだせないと思いますからね。



 …実はまだ、仮にハイレゾ音源を購入するとしても、既存のデータ管理とどのように平仄を取るのか、という悩ましい問題が控えているのですが、今日のところはこのくらいで。べっ!別にまだ、ハイレゾ音源を買うって決めたわけじゃないんだからねっ!
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 心細いな / ヘレン笹野 (2013/03/13)
 レオンハルトのイギリス組曲 (2016/07/06)
 WO QUI NON COIN / 多田葵 (2011/09/27)
 バーバラ・セクサロイド/戸川純 (2016/12/19)
 労働CALLING/怒髪天 (2010/01/07)
 紅白が流れているのぅ。 (2014/12/31)
 ガ王 勇者王誕生!10連発!! (2007/01/23)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/5464-dc5db979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック