Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
中二病でも恋がしたい!戀 Epi.XI「青き月の…最終決戦」
 BS11最終話放映直前で、こちらも滑り込みで簡易感想です。申し訳ない。

 で。遅れまくった上に、かなりマイナス方向の記事なので、読まれる方はそのおつもりでお願いします。

 「もうこれが最終話でいいんじゃね?」と思いながら見てました。七宮の思いが勇太に伝わってから、わずか一話。これで決着を付けてしまうのは、心底以外。本当に、今回のシリーズ構成は、自分にはことごとく合いませんね。どうしてこうなった。

 Aパート半ばの、森夏、くみん、勇太のシーンは白眉でしたなー。隠れてる=水面下の森夏たちの気持ちを、見事に看破していてズバッと言ってしまえるくみん先輩に萌え。いや、燃え。そう言えば、この人、一期でも終盤ではかなり重要な役回りをしていたよね。夢の世界と現実とを自由に行き来できるくみんならでは、というところでしょうか。

 ただ、後半戦は…六花が抱えていた「絶対の契約者として」の思いの方はさておいて、七宮が自分の恋心を封印できるに至った流れが、やっぱりよくわかりません。くみん先輩が言っていたように、忘れるまで触れずにおく、ってことにならんのかしらね。六花の名を繰り返し呼ぶ勇太を見る七宮とか、抱き合う二人を見る時の七宮の表情とか、まあ、彼女なりに何かを納得して、落とし込もうとしている素振りは描かれていましたから、それが忘れてく過程なんだと思えばいいのでしょうが…そうするとですね、最後の暗炎竜との戦いが、完全に蛇足に見えてしまうという罠が…。

 うーん。困ったね、これは。いい感じで盛り上がってきたところを、最後に水を差されたような気持ちになってしまいました。本当、どうしてこうなった。
 
 劇場版うる星やつら4「ラム・ザ・フォーエバー」という映画がありまして。名作「ビューティフルドリーマー」のような深さを狙ったのかもしれないけれど、意味不明な映画になってしまっているという、かなりの問題作です。一度見たら二度と見ようとは思わない、と言って差し支えないでしょう。全く脈絡のない、面堂の「トンちゃん!友引町のために死んでくれ!」というセリフは、夢に出てきてうなされるレベルです。脚本が致命的なんだよなぁ。いや、井上御大が関わってるんですけど(爆)。

 アレはホントにわけわからんかったけれど…そういうわけのわからない領域に足を踏み込みかねない危うさが、今シリーズにも潜んでいる気がします。何となく誤魔化されているような気はするんだけど、一連のものとして繋ぎ合わせようとすると、よくわかんなくなっちゃうのね。そういう意味では、一期はちゃんと一貫していたと思います。前半はキャラクターの定着と世界観の醸成、後半は六花の抱える問題に急速にフォーカスしていって、最後は何度も語られた「不可視境界線」が二人の目の前に現出する感動的なシーンで締め。美しい流れです。

 今回のはね、正直、よくわかりません。押し隠してきた七宮の恋心、記憶の底に沈んでしまった勇太の暗炎竜、そしてその間で揺れながら、自分自身の「絶対の契約者」としての証を立てようと人知れず頑張る六花…。こう書くと、メインはやはり「水面下の思い」というものの描写と、それらが絡み合って最後に昇華されるところがクライマックスっぽいんだけど…。微妙に流し損ねている感が強いです。同じテーマを描くにしても、京アニさんならもっともっと上手くできたはずじゃないのかしら…という思いが捨てきれません。

 ラストの「バイバイ」は、今まで別れの言葉を決して口にしなかった七宮が、とうとう勇太への気持ちに折り合いをつけ、自分の恋心にサヨナラを言えた、という意味で、グッとくるシーンです。そう、単発のカットやシーンは、かなりいいんですよ。それだけに、全体の流れが非常に残念です。

 これから最終話を見ますけれど…番外編なんですかね?それとも、本当の意味での最終話が、ちゃんと来るんでしょうか…。ま、全ては見てからですね。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 CLANNADレビューを書かないダンサーに、意味はあr (2008/03/20)
 仮眠王に、オレはなる。 (2008/06/20)
 KADOKAWA CHANNELに、未だ動きナシ。  (2009/02/13)
 デカレンジャー#47話「ワイルドハート・クールブレイン」 (2005/01/16)
 宇宙戦艦ヤマト2199 第十四話「魔女はささやく」 (2013/07/07)
 おるだん! #0501-2 螺巌! (2009/05/01)
 仮面ライダーカブト・18 (2006/06/18)

テーマ:中二病でも恋がしたい! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/5185-95ca20e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
『中二病でも恋がしたい!戀』もラスト2話! サブタイトルの全文ルビは7話、9話、10話に続いて4度目。重要な回というかストーリーが動く回はルビが全体にまたがる法則?(2期限定)
2014/04/02(水) 23:14:37 | たらさいと