Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
中二病でも恋がしたい!戀 Epi.V「幻想の…昼寝迷宮」
 前回、トムジェリに似てる、と書いたんですが、実はもう一つ、思ったことがあります。

 こち亀っぽいんですよね、両さんの。

 どこが、と言われるかもしれません。もちろん、作風などはあまり似ていませんね。似ているのは、「今話を切り離しても、全く他のエピソードに影響が出ないようなハンドリング」の部分です。

 昔のこち亀にはそうでないのもありましたし、最近はそもそもジャンプ自体を読んでいないので、全然違っていたら申し訳ないのですが…私が割と読んでいた頃、21世紀に入ってすぐの頃のこち亀は、毎回毎回が「特殊なイベント」に特化した作りになっていました。両さんがフィギュアに手を出してひと財産儲け、欲をかき過ぎて逆に全滅するところまで、を一話で描き切るような。賞金に目がくらんで体力勝負のイベントに参加し、にっちもさっちも行かなくなるところまでをやる、とか。DDRのバチモンを作る話もありましたねぇ。

 で、これらの構成の大きな特徴は、そのエピソードで生じるモチーフが全てその場のみで消化され切って、次回以降には全く出てこない、という点にあります。一話のみのボルテージで全部使い切る。そういう方法論ですね。

 そういった方向性に、よく似たものを先週の話に感じたんです。生徒会長選挙の件、一切引きずらないんだろうなと。そして、今回。これもまた、今回のみのモチーフっぽいですねぇ。何となく中二病のみんなと一緒になってうやむやになっていた「昼寝」の部分のピックアップ、という意味では、日常の隙間を埋める回、という評価でも正しいのですが…やはりこれも、今回きりなんだろうな、という印象が強いです。それが良いとか悪いとかではないんですけれど…正直、好みではないんですよ、申し訳ないけれど。
 
 電脳コイル、というアニメがあります。全26話の2クールものでしたが、このシリーズの構成は、序盤が世界観の提示、その後、中ほどまでは単発のエピソードが続いた後、後半は次第にスピードを上げて怒涛の勢いでメインのエピソードになだれ込んでいく、という構成が取られています。

 そういう意味では、一期の中二病の構成に似ている、とも言えます。長さは違うけれど、ね。この二期の中二病も、似た構成を試みているんだろうな、というのが私の感触なのですが…。

 ただ、ですね…電脳コイルにおける中盤の単発エピソードは、実はメインの部分に刺さり込むようなパーツを撒く回だったりもするんですよね。それが最も顕著に表れているのが、第13話「最後の首長竜」。これ、単体で味わってもなかなかの良エピソードなのですが、シリーズ後半になって大きな意味を持ってくるテーマが、不可分な状態で練り込まれているんです。第13話単体で見て泣いた後、終盤になってこの回を思い出して更に唸る、と言うね。

 こち亀は、単体エピソードのみを数珠つなぎにすることで、終わらない作品としての位置を手にしています。サザエさんやドラえもん、クレヨンしんちゃんなんかもそうですよね。いずれも、終焉に向けて何かを収束させていく、そういう作品ではないからこそ、単体エピソードを数珠つなぎにするわけです。

 そうではない、ストーリーを描く作品なのであれば…私は、単体エピソードにも、何かの意味を探してしまうんです。単体エピソードが悪い、とは思いませんけれど、シリーズ構成上、何かの意味を持っていないと、何かね、ただの「隙間埋め」みたいで勿体ないじゃないですか。どうせ一話使ってやらかすなら、「ダイチ、発毛ス」ぐらいはっちゃけてくれればいいんですけれど。

 相変わらず、京アニさんの描くキャラクターは実に魅力的に描かれています。一挙一動が、どうにも可愛くて仕方がない。それは間違いないと思います。単体エピソードとしても、なかなか面白かったと思いますし、実によく笑いながら見れたのも事実です。

 ただ、私が求めているのは、そこではないのですよ。残念ながら、ここ数作品には、シリーズ構成上の穴と言いますか、少なからず弱点を抱えておられるような気がして、どうしても本気でのめり込めません。

 こんな感想で申し訳ありませんが…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 グレンラガン 第13話あぁッ!! (2007/06/24)
 こういう場に並んでるとさ (2010/02/06)
 タオル装備。 (2010/02/06)
 3度目のけいおん! (2011/12/18)
 リトバスエクスタシー、アニメ化らしい…。 (2013/09/16)
 たまこラブストーリー、傑作でございました。 (2014/04/26)
 真マジンガー 第5話鑑賞後に (2009/05/04)

テーマ:中二病でも恋がしたい! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/5115-f6e200c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック