Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
中二病でも恋がしたい!戀 Epi.IV「無垢の…生徒会長選挙」
 こちらも周回遅れ間際、つーか、もう最速組はとっくに第5話を視聴済みなので、簡潔に参ります。

 森夏と凸森の関係性が、トムとジェリーだなぁと。

 遺産が転がり込んでトムは大金持ちになりかけるんだけど、ジェリーの執拗ないたずらに我慢できなくなったトムが遺言の約束を破って、元の関係に戻る、というヤツですよ、これは。特に前半にその色彩が濃いです。

 後半はどちらかと言えば、トムとジェリーの中に稀に出てくる「すごくハートフルな短編」に近い方向にいったん舵が切られるんですが…オチの導き方は現代的ですかね。どちらも善意で行動しているのに、決して上手くいかないところが、実に皮肉交じりです。個人的には痛痒感の方が先に立っちゃって、完全に爆笑側にはのめり込めなかったのが残念と言えば残念だったかしら。森夏が生徒会長、というモチーフがあまりに突飛すぎたのも、自分にはマイナスに働いた気がします。それでもあちこちで大笑いして見てたんですけどね。純粋なギャグ回と思って楽しむのが吉なのかもしれません。
 
 一方、シリーズ構成全体で見た時に、何かあるのかどうか、という点については…まだ何とも言えないけれど、七宮が森夏とも旧知の間柄、というのが分かった以外は、大きなモチーフは出てきていないような気がします。先々の仕込み成分はあまり多くは無くて、今話はあくまで独立した小品の一つ、という位置付けなのかな、と。

 思えば一期も、第6話まではそういう方向だったかなぁと思い返しております。第7話辺りからですよね、勇太と六花の恋愛関係と、「不可視境界線」というキーワードに象徴される現実/非現実のテーマに肉薄し始めたのって。今シリーズは、間違いなく七宮が絡む展開が中心のはずなんですが、そこで描こうとしているモノをあまり見せてきてないのが、ジャスイストとしては辛いところです。基本路線は原作通りなのかしらねぇ、一期のハンドリングを考えると、とてもそうは思えないのだけれど。

 まあ、そんなところです。一期はね、やっぱりOPで最初っから示していた「現実/非現実の間を隔てる境界線」というモチーフが、ジャスイストには美味しすぎました。それにあたるものがこの二期では、少なくとも私にはまだ見えていないので、その辺のモヤモヤが視聴テンションにも如実に出てしまっている感じ。恐らくはシリーズ後半で盛り上げていくモノが必ずあるはずなんで、その辺を待ち遠しく思いつつの視聴となりそうです。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 あと何回だ、らき☆すた (2007/09/03)
 リトバス 第12話「無限に続く青い空を」 (2012/12/24)
 AIR MEMORIESを久しぶりに見た。 (2011/06/11)
 リトバス Rf 第11話「世界の終わり」 (2013/12/15)
 オーズ 第23話「キレイと卵と眠る欲望」 (2011/02/27)
 ハルヒちゃんの憂鬱第四わっ (2009/02/23)
 Rewrite 第1話「世界か、自分か」 (2016/07/10)

テーマ:中二病でも恋がしたい! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/5099-a8d8762f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「モリサマー立志編」(?)な第4話の感想です(^^)
2014/02/09(日) 12:11:37 | たらさいと
中二病でも恋がしたい! 戀 (1) [Blu-ray](2014/03/19)福山潤、内田真礼 他商品詳細を見る アニメ 中二病でも恋がしたい! 第4話 無垢なる…生徒会長選挙 モリサマさんと凸ちゃんの桜Trick(笑
2014/02/16(日) 17:13:53 | 腐った蜜柑は二次元に沈む