Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
中二病でも恋がしたい!戀 Epi.II「海豚の…恋人契約」
 「れん」と読ますんですよねぇ。

 「恋」の旧字体である「戀」をタイトルに据えてきた意味、というのをずっと考えていたんですが…「こい」と読まずに「れん」と読ませていることに意味があるのでしょう。恐らく「同音異字」の「れん」の意味を含めて、「戀(れん)」を配置しているんではないでしょうか。

 思いつくところでは、「連(れん)」、とか。

 「連」には、「つながり続く」「引き続いて」などの意味があります。「二期」に結びつく意味が、そこにあるんですよね。シーズン2(ツー)を表すのに「通」の文字を当てたマケン姫っ!とか(ゲームのぷよぷよでもいいですが)、「痛」の文字を当てたアキバレンジャーなどの例もありますが、それらよりももうちょっとひねりが効いている感じです。

 もしこれが正鵠を得ているとすれば、私が先週感じた「一期からシームレスに地続きになっている」ような印象は、やはり狙って作られたもの、ということになります。まあ、それはさすがに我田引水に過ぎるだろ、とも思いますが…まあ、そうだったらいいのにな、というところで。
 
 どうせ我流の解釈なので、もう少しこの「れん」から意味を引き出す可能性も邪推してみたり。

 「連」には「つれ」「仲間」なんていう意味もあってですね。この辺りが前期以上にOPでピックアップされている他の少女たちを指しているのかな、てなことも思っているわけですよ。

 この二期目が原作の2冊目から主なモチーフを引っ張ってきている、という前提での話になりますが…恐らく、六花が抱える問題に対して他の少女たちが果たす役割は、かなり大きなものになるんじゃないかしら、と。その辺を「戀」転じて「連」の文字が表していて、更にそれがOPにも反映されているのだとすれば、色々と繋がるものが見えてきます。Episode.Iでの、十花さんに対抗する布陣が全員総出だった辺りも、なるほどなぁ、と思うところですし。

 今話においても、「なかなか進展のない勇太と六花」に対して動く森夏・くみん・凸森の三人は、セットで行動するシーンが印象に残る形で描かれています。これもまた、「仲間たち」という関係性を編み上げていこうとする狙いがあるんじゃないのかしら。とか何とか。



 水族館で勇太の傍に寄っていき、たしたし!と手つなぎを催促する六花には、しびれますねぇ。なんか、忘れていたものを思い出させるような、そんなシーンです。

 「戀(こい)」の切なさ、やるせなさは、微妙なバランスの上に生ずるものなんですよね。それは、例えば「ABC」という表現に代表されるようなお決まりの、言って見れば定型の進捗からは、決して生じないのだと、私は思っています。

 微妙なバランスを取りながら、戀は少しずつ前に進みます。その二人にしか為しえない、彼らだけのスピードで。

 今はそれでいいのだよね。もっとも、この結論自体は、一期番外編のクリスマスでも出ていたはずの結論なのだけど…。



 その「彼らだけの進捗」を許してくれない何かが、彼らの下に訪れます。


 「一期第一話」と同様の、「夜のベランダに階上から降りて来る少女」というモチーフを「二期第二話」で見せてくるのが、なかなか意味ありげでいい感じです。この辺にも「連(れん)」という連なりの意味合いが込められていそうで、ちょっとワクワクします。


 これからいよいよ、変わり始める何かが描かれるのか、それとも…先の展開を楽しみに、次回を待ちたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 東映チャンネルの細川さんインタビューについて (2006/08/15)
 「積みBlu-rayタワー」を少しだけ消化 (2013/04/22)
 ショックの多寡の理由を考えてみた (2005/10/03)
 夜ノヤッターマンがひたすらにアツい件。 (2015/02/01)
 オーズ 第41話「兄妹と救出と映司去る」 (2011/07/16)
 リトバス 番外編「世界の斉藤は俺が守る!」 (2013/11/24)
 ウルトラマンメビウス 7話「ファントンの落し物」 (2006/09/30)

テーマ:中二病でも恋がしたい! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/5057-efb2a984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
『中二病でも恋がしたい!戀』第2話感想♪ まさに「戀」!な、中二病的イチャラブ回でした(^^)
2014/01/25(土) 13:55:09 | たらさいと