Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
リトバス Rf 第11話「世界の終わり」
 今週のまとめ:



 とーっととー走ーぃーってー、ゆけー。



 …というOPの歌詞が、そして、真っ白な背景の中に一人残る恭介の姿が、ようやくここで全てお目見えしましたね。泣きながら駆けていく理樹、消えていく世界、そういったモチーフも、そのものズバリでは無いながらも、ようやく皆さんの胸に落ちる形で描かれたのではないでしょうか。さあ、ここからが「過酷な現実の始まり」です。理樹と鈴は、どんな困難に立ち向かい、如何にしてそれを乗り越えていくのか…。

 ……今回のレビューは、こんなところでどうですかね?え、ダメ?もっとこう、感情の高ぶるような何かは無かったのか、と?こんなに大変な状況になってるのに、てりぃは何も感じなかったのか、って?てりぃ的には今話は泣けなかったのか、ですって?


 …………あのな。
 




 そんなわけあるかあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!(一週間ぶり二度目)



 嗚咽!!嗚咽だ!!もう嗚咽しかない!!



 家族が横にいる?家長としての威厳?そんなこと言ってる場合じゃねぇだろうが!!鍵汁ダダ漏れですよ!大変だかあさんティッシュティッシュ状態ですよ!見てる最中に今さら取りにも行けないからただ流れるままにするしか無かったですよ!てゆーか、わかってたなら何でティッシュひと箱、手元に置いておかなんだオレは!!バカか!!バカなのか!!



 すごかったですよ…ええ…原作に無い部分を補完しつつ、クライマックスは直球の剛速球勝負で。もうね、今回はレビューを



 ご覧の有り様だよ!



 で済ましたくてしょうがないんですが…それじゃダメなんだろうな…毎週同じことばっかり言ってる気がしますが(苦笑)。

 頑張っていくつかのポイントを自分なりに掘り起こしましたので(そのために昨夜は、変な時間にいったん仮眠まで取りました(^^;)、何とか今週のレビューも、行かせていただこうと思います。



~~~



 まずは、「今話は誰主体の話なのか」という点から行こうと思います。


 ゲームというメディアにおいては、「誰のストーリーを描くか」という視点での「誰それルート」「誰それシナリオ」という表現はあるものの、「誰が主人公か」という一点に絞れば、これはもう「主人公としてのプレイヤー」、というのがほとんどだろうと思います。リトルバスターズ!も例外ではなく、各キャラクターの回想混じりで進むいくつかのシナリオ(アニメで第8話~第10話に当たる部分などがそうですね)を除けば、視点はほぼ理樹に固定。理樹が見た、理樹主体の物語になるわけですよ。

 しかし、アニメというメディア上では、必ずしもそうでなくて良いんです。視点を主人公に固定せず、他のキャラクター側に振っても良い。ゲームではかなりトリッキーな印象のあった第8話~第10話が、アニメでは見事に解かりやすく整理されていたのは、制作スタッフの皆様の力量はもちろんですが、アニメというメディアの特性が生かせた側面もあるわけです。

 そして、本来ならこの第11話に当たる部分は、オーソドックスな主人公視点に戻っているはずのパーツなんですが…アニメでは思い切り、最大限「恭介視点」に振った描き方をしてきましたね。だから、ゲームでもそれなりに描かれていたはずの恭介の心情の吐露が、アニメではもうエラいことになってるわけですよ。これはもう、先週の恭介シナリオに引き続いて描かれる、もう一つの恭介シナリオと言っていいんじゃないでしょうか。



 恭介視点ゆえに投入できた、神がかった今話のパーツの一つが、「グラウンドで垣間見える、既にこの世界から去った女性キャラクターたちの幻影」でした。

 恭介の歩みに合わせて、そこにいないはずの美魚を画面に出してきた時には「ああ?!畜生やられた!!!」って叫びそうになりましたよ!!全然無警戒だったもんだから、すごい破壊力でした…なんつーことするんだ!!しかも、続いてはるちんが、こまりんが、姉御が、クドが、この世界で輝いていた時そのままの言葉まで発するんだもの!!たまんないでしょ、そりゃ!!

 愛、だと思うんですよねぇ。

 恭介が、彼女らの存在を如何に大切に思っていたか、というのももちろんあるんですが…制作スタッフの皆様の「愛」なくしては考えられません。

 「棗恭介」という人物像の掘り起こしに加えて、「この場面で、恭介なら何を思うだろう」という検討なしには、絶対に出てこない描写だと思うんです。逆に、ただの「原作通り」なら、無くても一向に構わないパーツなんだもん。これはファン冥利に尽きますよ、ねぇ。美魚への、葉留佳への、小毬への、唯湖への、クドへの…そして、恭介への、リトルバスターズへの、愛、愛、愛が溢れているとしか思えません。

 続いて恭介が心の中でだけ語る、オリジナルメンバーたちへの「感謝と別れの言葉」がまた…来るべきクライマックスへの「絶大な仕込み」として機能するんですよね。謙吾への思い、真人への思い、鈴への、理樹への…ああもう、卑怯だね、卑怯としか言いようがないね…。ゲームのあのシーンで、恭介はこんなことを思っていたのか…って考えるだけで、原作プレイヤーはもうどうにもこうにもたまんないんですよ…。

 卑怯と言えば、いよいよ終わりが来ることを察して、恭介が思うこの言葉が空前絶後に卑怯すぎます…。

さぁ…最後までいつものオレのままでいよう。


 最後までご覧になった方、ゲームで先の展開を知っている方はお分かりの通り、もう「ズルいよ!ズルいよそんなこと言わせるなんて!」ってセリフです。まだ今回のクライマックスを知らない方も、「いつもの恭介じゃいられないかもしれない、そういう感情が彼の中には渦巻いている」ということが、このセリフからだけでも読み取れますよね。

 既に泣きそうな謙吾、今もいつも通りの真人、それぞれの顔を見やった後、高々と右腕を上げて、天を指さす恭介。凛々しい、いつも以上に凛々しく見える恭介の姿です。

(残り一球ずつだ…)


 カッコいいですよね、このシーン。ああ、カッコいいなぁ、恭介…。もうね、最後の最後に、恭介の魅力を最大限に描き切ってやろうと言う気迫を感じるわけですよ。

 このように今話には、「恭介視点での世界の最後」をとことんまで描くとともに、そこに臨む恭介の心情を、そして最後まで恭介らしくあろうとした彼の魅力の全てを、全力で描写せんとの制作スタッフの思いが渦巻いているわけです。


~~~


 今話が恭介視点で編まれたゆえの、細やかなハンドリングにも気づきました。

 それは、理樹の立ち位置の変化です。

 抽象的な意味ではなく、「画面上での理樹の立ち位置」が、前半と後半で反転してるんです。

 Aパートが始まってからずっと、理樹は誰かと対峙する時、必ず「画面の右側」に描かれます。例外なく、です。恭介の手を取って立ち上がらせる時も、これから消える真人と最後の会話をしている時も、消えた真人に驚愕して恭介のところに走っていった時も。全てのカットで、理樹が右側に、その相手が左側に描かれています。

 それが、Bパートに入って恭介から真実を伝えてもらい、「みんなの思いを無駄にしちゃいけないんだ」と力強く受け止めた後は、逆に必ず「画面の左側」に描かれるようになります。これもまた、例外なく、です。膝をついた謙吾のところに駆けていく時、謙吾と最後の握手を交わす時、恭介に「もう、どうしようもないの?!」とすがりつく時、終わる世界から外へと駆け出していく時…全て、理樹は左側に描かれるんですね。

 偶然そうなったとは思えません。では何故、そのような描き方をしたのか。

 答えはどこにも書かれていないんですが…私はこれが、「恭介から見た理樹の変化」ではないかと思うんです。

 恭介からまだ全てを伝え終わっていない理樹のうちは、右側に描かれているんじゃないでしょうか。

 そして、恭介が伝えるべきことを全て伝え終え、後は別れを告げて送り出すだけの理樹になってからが、左側に描かれているんじゃないでしょうか。


 もっとわかりやすく言えば。


 この表現、私には「後は任せたぞ、理樹」という恭介の心情描写に思えて仕方がないのです。


 ああ、くそぅ!!そうだとしたら、なんて細やかな!!積み上げ方がハンパなさすぎるよ!!着々と組まれていく、クライマックスに向けての仕込みがグッジョブすぎるよ!!





 去っていく彼らの心情描写にも、細やかな技の数々が息づいていました。



 例えば真人は、どこまでも「いつも通り」を貫くんですが。

 その中で見せる「微妙な違い」が、もうすんげぇ悶えどころで。

 「こいつを掴んじまったら、もう去らなくちゃいけねぇ」と言ってからの真人は…理樹の方を向かないんですよ。体を横に向けたまま、照れくさそうに理樹への感謝を語り、「理樹の方はどうだった」と気持ちを確かめ、「すっげぇ嬉しいぜ!」と底抜けの笑顔を見せて…。

 恭介視点メインで描かれる今話では、真人の「心の中」までは言葉で語られることがありません。でも、この「理樹の正面を向かない」という描写だけでも、真人の「別れに即しての気持ち」は、ひしひしと伝わってくるんですよ…いや、ひょっとしたら「向かない」のではなくて…「理樹の正面を向けない」が正解なのかも知れません。うわぁ…そいつぁ…。

 そして、消える直前!「ありがとな」を言うその前の、最後に見せる「どこまでも柔らかく友を見やる表情」の破壊力はどうですか!!ああ、もう、これまた「やられた!!」と思いましたよ!!そうだよね、OPでこれに近い表情のカットが描かれていたよね!!あれもこの日のための仕込みだったのか?!どんだけやらかす気満々だったんだ!!曲も卑怯、あちこちに散りばめられたカットも卑怯だと、最初に見た時から思っていたけど、よもやここまで仕込んであるとは!!



 続く謙吾は、普段の「強さ」とのギャップに溢れる「泣き」が心を揺さぶります。

 これまたOPの中で、「突っ伏した謙吾」が描かれていて、これも仕込みだったんだろうなと、胸が熱くなります。ただ、OPではリトバスジャンパーを着ているので、本当にこのシーンのための仕込みなのかどうか、ちょっと微妙な線も残るんですが…。

 ま、いずれにしろ、謙吾っちは第9話でいったんピークを経験してるからなぁ…。さすがに今回はだいじょうb

幸せじゃ、なかった……

なんて、言えるわけないだろう!!



 どぐはぁっ!!(憤死)


 全然だいじょぶじゃねぇよ!!何だこの破壊力っ!!つーか、「遥か彼方」とシンクロさせてこの「思いの吐露」は卑怯すぎだろっ!!なんつーこt

お前らみたいな友達に恵まれて!!
幸せだったさ!!

お前たちと出会えていなかった人生なんて、考えられない!!

それぐらいだ!!



 あああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!


(涙をぬぐい、立ち上がって)
友情の証を。



 あああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!

 細やかすぎる!!細やかすぎるよ!!謙吾の「強さと弱さ」の両方を、極上の挿入歌に乗せて、どちらも「最高の表情と演技」で描いてくるなんて!!耐えられるわけがないじゃないか!!


 しかも、ここで「遥か彼方」が終わらないんだよっ!!ああ、もうそういうことですかっ、このままクライマックスまで突っ走りマックスですかっ?!てゆーか、謙吾の言葉を受けての恭介の「そうか、良かったな」って言葉、どうしてここまでって思うくらい、必要以上に平静だったですよねぇ!!あれって「我慢してる」よね?!絶対に「我慢してる」よね?!「最後までいつもの自分で」ってことだよね?!でもその後が!!その後があああああああああああああああああああ!!!


あのな…


そんなの、オレの方が嫌に決まってんだろ!




 ぐがはあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!



 完璧すぎる!!完璧すぎるってば!!「遥か彼方」の転調のタイミングにピッタリ合わせて来る職人芸と言い!!「あのな」の後に振り返る後を、キラキラと光るものがこぼれ落ちる描写と言い!!ここまで溜めに溜めてきた恭介の本音が、こうして爆発する瞬間に、全て繋がって!!画面の中の恭介に、シンクロ率が振り切れまくりでしょーがっ!!


何でお前らを置いていかなきゃいけないんだよ!
オレだって、お前たちといてぇよ!
ずっとずっといたかったんだよ!
なんでこんな理不尽なんだよ、ちきしょう…

ずっとずっと傍にいたかった…
オレの方が!
ずっとずっとお前たちのことが好きなんだよ!
なのにお前たちを置いていくなんて…
そんなの…ねぇよ…なんでだよ…
わけわかんねぇよ、クソッ!



 こっちもわけわかんねぇくらいボロボロですよ、くそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!


 緑川さん、熱演すぎるじゃないですか!!さっきの謙吾の織田さんの演技も相当なもんだったけど、緑川さんのこれは、これはああああああああああああ!!

 それもそのはず。だって、緑川さんのブログによれば…。

 棗恭介(GREEN★PHARMACY)

ゲーム収録時は(中略)あのシーンの台詞、一発で渾身の芝居が出来たと思ってたんですけど、ノイズが入っちゃってたとかで、一回録りなおししてるんですよ。それが長年心残りではありました。


長年心残りだった幻の1テイク目をやってやる!的な攻めの心意気で現場には臨みました。



 ああああああああああああ、緑川さあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああんんん!!

 上にはやむなく一部のみ引用しましたけど、緑川さんのアツい思いを知るために、リンク先は是非全文読んでいただきたい!!いやホント、隅々までこうして愛を注がれながら作られてきた作品であることを読むにつけ、感動が更に膨らみますよっ!!



早く行け!もう迷うな!
とっとと行けええええええええ!!


 絶叫とともに理樹を送り出す恭介。終わる世界にだた一人、その身を置いて…。ああ、最後まで涙が溢れて止まりませんよ…。





 スタッフロールが流れ始めても、映像はまだ続いていました。そこには、世界の終わりの、本当にその最後まで、リトルバスターズの軌跡をなぞっていく恭介が。

 最後に自分の席に座って、ふと、「この世界ではもう動かないはずの風」が吹くと…恭介の目の前には、ともに理樹と鈴を支えてきた、リトルバスターズの皆が…。


 あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!


 終わったかと思って気を抜いた途端にこれか!!容赦ないな!!ホント、容赦ないグッジョブ加減だ!!!

 今話ではたくさんの恭介の表情が見られたんですが……この最後の「やり遂げた」という感じの柔らかな表情が、じわーーーっと心を揺さぶるんですよ…。ひとしきり仲間の姿を見た恭介は、満足げな顔で視線を校庭にやり、その目を閉じて…

 そうして、本当に世界が終わります。「恭介視点」で描かれてきたこの一話が、恭介が目を閉じるとともに締めくくられるという、カンペキな構成。…もう、最後まで本当に「素晴らしい」としか!!




 さて。

 「恭介視点」という観点で書いてきたこのレビューでは、私が意識的に書かなかった、今話の重要パーツが一つだけ残っています。

 それは、恭介視点ではなく、別なあるキャラクターの視点で描かれているシーンなのですが…初見の方はよく見直して、先に備えておくことをお勧めします。

 制作スタッフの皆様に、更なる感謝を捧げつつ…。残り二話、彼らが理樹と鈴に託したものの行く末を、心して受け止めたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 Sola DVD第一巻(第一話~第三話)を見て… (2007/10/15)
 「消失」の特典付き前売り券は、「ランダムしおり」らしい (2009/12/09)
 Kanon 第2話「日溜まりの街」 (2007/02/22)
 BafBaf!そんなにグレパラが…好きかい? (2008/07/29)
 電王第22話 (2007/07/08)
 ノエイン見終わった。 (2007/10/20)
 すんごい久々に、仮面ライダーW・38話のハナシ。 (2010/06/06)

テーマ:リトルバスターズ! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
毎週、渾身のレビューをありがとうございます!

本編を楽しんだ後にてりぃさんのレビューで二度美味しいです。ラストまで楽しみにしています。

ちょっと、てりぃさんのご意見が聞きたくて書き込みました。
いまさらになってしまうのですが、OPのBoys Be Smile、テレビ版だとラストが
「祭りの後のようで、寂しいだけ」
となってますが、CDフル版だと
「お祭りのようなもので、寂しいだけ」
となっているのは何か深い含みがあるのだと思うのですが、私にはうまい具合に邪推できませんでした…てりぃさんはどう解釈していますか?
2013/12/16(月) 15:16:23 | URL | こじま #mQop/nM.[ 編集]
はじめまして
いつも素晴らしいレビューをありがとうございます。
本当にてりぃさんの考察は面白くて、てりぃさんの感想を読んだ後にもう一度見返しては納得させていただいています。
時折出てくる奥様の感想も、プレイ済みの人間と違う感想なので楽しく拝見しています。

ところで、11話ラストで恭介が座った席ですが、自分の席ではなく理樹の席です。どうしても突っ込みたくなってしまい普段はROM専なんですが書き込みしてしまいました。

最終回まで引き続きてりぃさんの感想を楽しみに見させていただきます。
2013/12/19(木) 05:32:19 | URL | はち #Xnq8k9Uo[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/5015-60edf3bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
リトバスRefrain第11話、世界の終わり、別れの時を迎えました。 あまり長くは書けないので今回は最低限に絞りましたけど、他に書きたい事は最終話後の総評でまとめて書くようにしたいと思います。
2013/12/15(日) 20:29:52 | 無常の流れ 新館
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話「世界の終わり」感想 強く生きる。
2013/12/15(日) 20:54:43 | かて日記-あにめな生活-
永遠の1学期の、終わり… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312150000/ 【送料無料】リトルバスターズ!~Refrain~価格:1,680円(税込、送料込)
2013/12/15(日) 20:54:59 | 日々“是”精進! ver.F
恭介が仲間に加わり、これでリトルバスターズは5人になった。
2013/12/15(日) 21:03:19 | 本隆侍照久の館 別館
緑川さんの熱演が素晴らしかったですね! 流石は声優、声のプロ! 真人と謙吾との別れのシーンも素晴らしかったです。 恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、 喜びでいっぱいだった。 早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切っている。 周囲はなぜか奇妙に静かで、はしゃぐ理樹を恭介は切なく見つめていた。 野球をしながら、恭介は仲間たちとの思い出を振り返って...
2013/12/15(日) 21:04:07 | ひえんきゃく
第11話 世界の終わり 公式サイトから恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、喜びでいっぱいだった。早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切っている。周囲はなぜか奇妙に静かで、はしゃぐ理樹を恭介は切なく見つめていた。野球をしながら、恭介は仲間たちとの思い出を振り返っていた。そしてついに恭介から理樹へ、この世界の秘密が語られる。――終わりの時が、もうすぐそこまで来ていた...
2013/12/15(日) 21:09:18 | ぬる~くまったりと
リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る アニメ リトルバスターズ!Refrain 第11話 世界の終わり 夢の終わり 別れの時―
2013/12/15(日) 21:32:24 | 腐った蜜柑は二次元に沈む
リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray]ワーナー・ホーム・ビデオ 2014-01-29売り上げランキング : 412Amazonで詳しく見る by G-Tools 全ての種明かしが為され――そして、とうと ...
2013/12/15(日) 21:37:51 | 翠の匣
悲しいなぁ…(諸行無常)
2013/12/15(日) 21:43:23 | アニメガネ
君とのなくしもの / 涙色の翼(2013/11/06)北沢綾香商品詳細を見る  高校生が馬鹿騒ぎをしているアニメかと思えば、2期目からは不思議な展開が続いています。来ヶ谷唯湖のエピソードでは、首を傾げた状態でした。クドリャフカのイベントでも奇跡が起こっていましたが、もう世界自体が転がっているような雰囲気で。原作未プレイでも1期目は楽しめましたが、2期目は脳内でハテナマークを点滅させていまし...
2013/12/15(日) 21:47:14 | 破滅の闇日記
リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray]『そんなの俺の方が嫌に決まってんだろう!』 キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉樹 シリーズ構成・脚本:島田満 制作:J.C.STAFF 直枝理樹:堀江由衣  棗鈴:たみやすともえ  棗恭介:緑川光 井ノ原 真人:神奈延年  宮沢謙吾:織田優成  神北小毬:やなせなつみ 三...
2013/12/15(日) 21:52:47 | 明善的な見方
楽しい永遠は終わり、未来へ。 なんか、話が終わってそうなんだが、まだ続くんですか。
2013/12/15(日) 22:12:36 | 大海原の小さな光
リトルバスターズ!~Refrain~の感想です。 別れの時。
2013/12/15(日) 22:37:53 | しろくろの日常
 進む強さをみんながくれた。後は立ち止まらずに、前へ。
2013/12/16(月) 01:42:51 | Little Colors
リトルバスターズ!〜Refrain〜 第11話『世界の終わり』今回は・・・ついにこの楽しい世界が終わりを向かえました。てか、今回の話感動的過ぎるだろ。真人も謙吾も恭介もいい奴過ぎ ...
2013/12/16(月) 02:52:51 | ニコパクブログ7号館
 リトルバスターズ!~Refrain~  第11話 『世界の終わり』 感想  次のページへ
2013/12/16(月) 02:57:27 | 荒野の出来事
あらすじ・・・恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、喜びでいっぱいだった。早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切っている。周囲はなぜか奇妙 ...
2013/12/16(月) 06:30:06 | 続・真面目に働くアニオタ日記
第11話「世界の終わり」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
2013/12/16(月) 08:30:41 | Happy☆Lucky
二人で行くんだ。後ろを振り返らずに・・・。「世界の終り」あらすじは公式からです。恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、喜びでいっぱいだった。早速...
2013/12/16(月) 11:27:36 | おぼろ二次元日記
もう後戻りはできないんだ止まっていた時間が動き出す・・・!再び流れる時間、それと共に消えていく仲間達。それでも前に進まなければならない理樹と鈴。涙と共に見送られる彼ら ...
2013/12/16(月) 11:44:16 | ヲタブロ
遥か彼方。 とっと走っていけ リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る
2013/12/16(月) 19:12:54 | せーにんの冒険記
会者定離―
2013/12/16(月) 22:06:15 | wendyの旅路
「そんなの、俺の方が嫌に決まってんだろ!!!」
2013/12/16(月) 23:55:56 | 往く先は風に訊け
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話の感想です 恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバ スターズを取り戻した理樹は、喜びでいっぱいだった。 早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切っている。 周囲はなぜか奇妙に静かで、はしゃぐ理樹を恭介は切なく見つめていた。 野球をしながら、恭介は仲間たちとの思い出を振り返っていた。 そしてついに恭介から理樹へ、この世界の秘密が語られる。 ーー...
2013/12/17(火) 00:31:08 | あすたっと
リトルバスターズ!Refrain11話を見ました。 いやー、よかったですねー。 はるちんフラッシュな!! 終わりの時が、ついに来た…。 理樹の手を取り時間を進める事を決意した恭介。 リトルバスターズ初期メンバー5人で野球をしながら、 恭介は思い浮かべます。 共に時を過ごした少女達を 。 明るく元気に打球をさばく、三枝葉留佳。 で...
2013/12/17(火) 21:40:25 | うっかりトーちゃんのま〜ったり日記
どうやら男どもはそもそものはじめの恭介を含め皆、逝ってしまったようですが、まだ次回、小毬ちゃんが本当の最後まで付き合ってくれる模様な予告でした。てっきり、一話分、理樹と鈴のアフターストーリーをやってくれるのかと思っていただけにビックリなのと同時にサプラ...
2013/12/19(木) 01:59:58 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/12/21/191201 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...
2013/12/21(土) 21:45:32 | 二次元世界を追い駆ける日々
録り溜めておいて良かった… 観るのを休日にして良かった… 第10話を観て、そのまま一気に第11話も観ました。 観終わった今もまだ呆然としています… 書きたいことは山ほどあるのに頭の中で整理できてない状態ですが、何か書かないと今日一日taraは使い物にならなくなりそう(^^;) 感想の体を成してない文章になりますが、思いつくままにつぶやいておくことにします。 (第11話...
2013/12/23(月) 17:05:15 | たらさいと
【世界の終わり】 リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray]出演:堀江由衣ワーナー・ホーム・ビデオ(2014-01-29)販売元:Amazon.co.jp ついに終わりの時が始まる・・・ 
2014/01/01(水) 13:21:33 | 桜詩〜SAKURAUTA〜