Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
リトバス Rf 第1話「それは突然やってきた」
 (時は30分ほど前に遡ります)


 この半年間、待ちに待った「リトルバスターズ!~Refrain~」、遂に放送開始だっ!さぁ、がっつり見てやr


 ………………いやいや待て待て、ちょっと待て。そんなにテンション上げ過ぎていいのか?期待を膨らまし過ぎて大丈夫なのか?

 100を期待すれば、95でも不満が出る。これが世界の真実だろ?いや、何も20とか30で臨めって言ってるんじゃないんだ、せめて70~80ぐらいの期待で臨んだ方が、絶対にいいだろ。そうだよ、それが「オトナ」の見方ってモンだ。はっはっは、オレとしたことが、そうだよな。よぉし、じゃあ、そこそこのテンションで行かせて頂くかな。いざっ。

 (回想ここまで。以下、視聴直後)


 ………………………………あー。


 …………ナニコレ。


 …100どころか、完全にメーター振り切れてんすけど、第一話からこんなのって、あr(決壊)
 



 だはぶふぅう゛ぇあぼぐばらぶべ、ばはあ゛、るんべぶらばあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!



 あ゛あ゛あ゛あ゛!!ああああ…、ああ…。


 すっ、すいませんでしたっ!!


 ホント、なめたこと考えてて、ホントにすみませんでしたぁ!!何という!!いや、何という!!第一話のしょぱなから、あらゆる点で本気も本気、スロットル全開じゃねぇですかぁ!!


 ああ……どうしよう……二期一話は、まだマタァリ風味かもしんないという想定はしていたんだけど、フルスロットルで来るのは全然想定してなかったんだよ……一体何をどの順番でどう書きゃいいんだよ……「テンションMAX」の状態のレビュー書きなんて、思い出せねぇよ…。


~~~


 「思い出せない」「忘れている」と言いつつも。


 ……こう来ましたか。素晴らしいですね。


 理樹は「何か大事なことを忘れている」と繰り返し言うのですが…全部ではなくても、何かを覚えてるんですよね。それが、一期の終盤でも何度かザッピングのようなカットとして描かれてはいましたが、この二期第一話ではもっと明確に、「どこかのシーンの一部」として描かれ始めています。これ、ヒロイン個別エピソードじゃなく、リトルバスターズの本筋に関わる部分なんだよなぁ…。


 おさらいになりますが、アニメ一期では「小毬」「美魚」「葉留佳」「クド」の4人のヒロインのエピソードが消化されました。つまり、まだ消化されていないヒロインは、「来ヶ谷の姉御」「鈴」の2人。このうち、少々ネタバレになりますが、「鈴」のエピソードは色々と事情がありまして、最後に来るのはほぼ確定なので、二期でまず描かれるのは「姉御」になるんですよね。

 だから、私は、そういうつもりで見ていたんです。ところが、フタを開けてみると、確かに姉御のシナリオに入ってはいるのですが、そのあちこちにメインのお話を、ガンガン入れてきてるんですよ。

 ああ、これはもう躊躇したり出し惜しみする気が全くないんだな、というか。

 いや、それ以上に、描写が難しい「姉御」のシナリオを逆手に取って、その中でメインシナリオに関わる部分を平行して描いていこうと、そういう風にさえ感じられるんです。

 だとすると…もうシリーズ序盤のこの時点で、「全く気が抜けないエピソードのラッシュが始まる」ことになりそうなんですよ…。どうするんだろ、まさか1クールで「Refrain」を怒涛のように語り尽くして、もう1クールは既に発表のあった「Ecstasy」に移行したりするんだろうか?

 この辺は今考えても結論は出ないので、もう少し内容に刺さり込んでいきたいと思います。


~~~


 まずはいくつか、「キーワード」になり得るものを拾ってみましょう。登場人物のセリフではなく、作品やエピソードの「メタ情報」として付加されているものを。


 まず、今シリーズのタイトルの「Refrain」ですな。英和辞典を引けばわかるように、「(詩や歌の)折り返し」という意味です。言いかえれば、「繰り返される言葉」ですね。

 何かが、繰り返しになってる。そういう意味の提示です。じゃあ何を?それはこれから徐々に明らかになっていくのでしょうが、今話でもそこに関わるものが二つ、描写されています。

 一つ目は、今話のアバン。何か不穏なイメージの恭介の独白の中で、「繰り返し」について言及されています。はっきりこうだとわかる情報は、今の時点では何もなし。ただ、恭介が繰り返し繰り返し、一つのことをやり遂げようと、何度もそれを「始め」ているような、そんな言い方ですね。

 もう一つは、今話のラスト。放送室に入った時に理樹が思い出す、いくつもの場面。そこのセリフはこうですが…。

僕は…
前にもここに…
来たことがある…。

同じ会話を…前にも……。


 いやいや、映像を見る限り、そんなレベルじゃないよねこれは!姉御が理樹に、背中から抱きついたりしてるんですぜ?姉御の言葉もなかなかすごくて、

忘れたくないんだ…
ずっと…ここにいたかった…


 …どう考えても、一期からここまでの間の展開のどこかに入りそうなシチュエーションには思えません。となれば、これはこれから起きることなんですかね?理樹は、姉御との間に、何らかのやり取りを経験していて、それを「繰り返している」ってことなんでしょうか?

 姉御のエピソード単体を描くだけであれば、この描写は必須ではありません。これは、姉御シナリオとメインシナリオとを融合させて語りつつ、本丸へ切り込んでいこうとしていることの現れですよね、きっと。ちなみに、「姉御シナリオで特に繰り返していることを明示する意味」ってのも気になるけど、これはまだ先行きを見ないと何とも言えないところなので…原典のアレを再現するのは難しそうだけど、ひょっとしたら…。



 続いて、今話のサブタイトルを。「それは突然やってきた」と。ははぁ、なるほど…ってゆーか、「それ」ってナニ?あまりにも汎用的な言葉だけで紡がれているため、どうとでも解釈のしようがありますね、これは。

 ちょっと一歩引いて考えてみましょう。一般論として、「やってくる」ものって、どういうものが考えられるでしょうか。ヒト?そうですね、人はやってくるものですね。ただ、あまり「人」のことを「それ」扱いはしないかな。あとは、トラブル・災難とか。うん、トラブルもよく言われるように「忘れた頃にやってきた」りします。

 トラブル、ってことで考えると、突然やってきたのは「姉御に陰湿に絡んでくる同級生女子『高宮・勝沢』の件」でしょうかね。今話単体で見ると、トラブルはそれぐらいしか見当たりませんが…。

 何か、微妙なズレを感じます。高宮・勝沢のあの嫌がらせの件を表現するのであれば、もっと違う言い回しの方が鋭く、端的に表せると思うんですよ。それが、この表現にされているのは…もっと漠たる不安、正体のわからない何かという側面を、同時に出したかったのではないですかね。

 「やってきた正体のわからない何か」をも表現しようとしている、という読みが正しいと仮定すると、その部分に関連するところで、今話が映像的にもかなり力を入れていることに気付きます。

 例えば、先にも挙げた、恭介が不穏な印象でひとり語りをしているアバンなんて、そういう雰囲気にはかなり近いです。ただ、これをいくら見ても「何がやってきたのか」はわからないところが悩ましいですな。「何かが起こっていて、恭介がそれに立ち向かおうとしているっぽい」ようなところまでは、何となくわかるんですけどね。この不穏な感じを強調するためにでしょう、アバン冒頭が、雲の中を抜けていくような映像(ちょっとだけ、京アニ版AIR第一話の冒頭を思い出しました)だったのも、その後との落差が感じられていい具合です。

 本編でも、同じように「落差」を活用して不安を描いています。今話Aパートは、一期ラストの野球の打ち上げ的な、楽しいイベントが描かれるのですが…懐かしいですね、この雰囲気。愉快に過ごしてきた彼らのあの時間を、見ている側もすっと取り戻せるくらい、楽しげに描かれています。各キャラクターの動きもね、かなり細かいんですよ。ホットケーキパーティを始める時の小毬の柔らかい仕草とか、ホットケーキを奪取しようと駆け出す葉留佳の髪の動きとか、軽く感動を覚えるくらいです。

 その後、状況は暗転していくのですが、それが衝撃的な落差ではなく、じわーっと、緩やかに倦怠が広がっていく様子がよく出ています。パーティの片付けの時点でも、ちょっと寂しげな様子を描いておいて、AパートラストからBパートにかけて降り出すあの雨が…。誰でも覚えがあるような、しとしと続く長雨の空気、そのためにちょっと憂鬱を感じる温度の感覚まで、こちらに伝染してくるようです。雨に打たれる校舎にけぶる水煙とか、その脇で明滅している自動販売機とか、「うぉぉ…」って思っちゃいましたよ。

いつもと同じ、ありふれた時間が過ぎていく。

……なのに……何故だろう。不安なのは。


 じわじわと忍び寄る不安。彼らのところに「やってくる」のは、一体何なのか…。



 そしてやはり、OPにも触れずばなりますまい。

 不安な場面やカットが目白押しの映像になっていますが、知っていると激ヤバな描写があれこれと。

 …あぁ…この人たちは本気で「殺り」に来てる……。

 そういうOPですよこれは!つーかね、「白黒から青へと色づく空」ってのだけでオレぁグッと来るんだよ!何故かって?「世界が形作られる」ってことでしょこれは!(一応白字表記なので、呼んでOKな方は選択反転で)その「色づいた世界」の中で、謙吾は、真人は、何を思うのか、そして、一人飄々と椅子にかけて笑いかける恭介のカットから、鈴と理樹二人が佇む教室へ、って……。しかも、その鈴と理樹は、真っ白な世界から「色づいた空を望む」んだよ?これが何を意味しているか、プレイ済みの人ならわかるよね?わかってくれよ、頼むよ…。


 ああもう辛抱堪らん!!辛抱堪らんよ!!歌詞も卑怯だしな、色々と!詳しくはいつか書くレビューのために取っておくけど!(ぇー


 EDも、簡潔な描写ながらも、実に味わい深い!謙吾はともかくとして、こまりんが制服を着てる時点でおやっと思ったんですが、最後に映る恭介が持ってるのは…卒業証書?

 ああ、これは!!「全てが終わった後に到達するいつかの時」てことなんじゃないのかい!!

 味わい深えええええええええええええええええええええ!!

 一体どこまで仕込んでるんだこの作品は…。全話見終わってからの方が、破壊力が段違いな場所が、あちこちにありそうですわ…。



 最後に、姉御シナリオに係る部分も語っておきたいところです。

これに恐怖を覚えたなら、
二度と私に関わるな。
このクズがぁ!!


 あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!

 凄かった!凄かったよ、姉御の啖呵!!ここに至るまでの、高宮の憎たらしさも、「殺すぞ」の眼力も、ドアを蹴り倒したとこの描写も、もー何も言葉が要らないレベルでしたよ!!

 各人物の「表情」がどれも、すんごいんですよ。静止画で見ても「おお…」って思う精緻な書き方をしてるのに、それがいちいち細かく動くものだから、イヤでも感情移入せざるを得なくて…フィクションだとわかってるのに、高宮たちには殺意を覚えるし、姉御の怒りにはビクッと震えちゃうし…。

 つーかですね、これは「クオリティがおかしい」。おかしいですよ、これは。今話だけ?いやいや、この先もっとキッツいのもたくさんあるんだよ、今話だけじゃ済まないはずなんですよ。ずっとこれで走り抜けて下さるんですか、いやそれは…応援するしかないじゃない。

 「鋭角」に切り取る部分と、「柔和」に緩める部分のバランス加減も、何というか、絶妙ですね。ヤバすぎ。ヤバすぎですよ、ホントに。姉御に対して特に思うところは無かったオレでさえ、「姉御おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」ってなっちゃう勢いじゃないですか!

 また姉御のエピソードも、今回を含めて3話ぐらいで語っていくことになるのかな。ただ、前述のように、メインシナリオとの並列進行を想定しているっぽいので、そう単純に行くかどうか。最後の終わり方も、原典通りには描かない線が濃厚ですしね(原典通りだとそこで終わっちゃいますから…)。

 詳細がどうなるにしても、このテンションを保ったまま、安心して追いかけていけそうで、ありがたい限りでございます。



 というわけで、第一話の総評としては「期待の遥か上」でした。その「期待」だって、記事冒頭ではちょっと低めにしたようなことを書いたけど、必ずしも「激低」に設定したわけじゃないんだよね、一期の出来を踏まえてるからさ!

 わかりました。こちらも本気で行かせていただきましょう!毎週の放映、きっちり追いかけて参ります!ではまた次回!
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 電王27話 (2007/08/05)
 CLANNAD After Storyの鑑賞をボチボチと。 (2011/10/28)
 夜ノヤッターマン最終夜を見終えて。 (2015/04/06)
 現状報告。 (2010/07/29)
 久々にCLANNAD Blu-ray見た~第9話まで。 (2010/05/25)
 けいおん!!(二期)のメディアの予約が始まってますな… (2010/04/10)
 劇場版AIR感想~ぶちゃむくれバージョン (2005/02/09)

テーマ:リトルバスターズ! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/4879-07f4e16d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
2013年10月開始アニメ(秋新番組)感想・第3弾は「リトルバスターズ!リフレイン」。1期終了時から2期はじまるのを待っていました〜。しかも2期はいよいよリトバスクライマックスのリフレイン突入!  ここからがリトバスの本番です!  アニメではどうリフレインを描...
2013/10/06(日) 02:56:24 | コツコツ一直線
リトルバスターズ!〜Refrain〜 第1話『それは突然やってきた』新番組4本目です!リトバス始まっってしまったか。これが始まるまでに1期の一挙放送見ておこうと思ってたのに、結局2 ...
2013/10/06(日) 03:16:44 | ニコパクブログ7号館
 リトルバスターズ!~Refrain~  第01話 『それは突然やってきた』 感想  次のページへ
2013/10/06(日) 03:37:22 | 荒野の出来事
まっていました〜〜〜〜!!! な、今期待望の作品がいよいよ始まりました。 って事でちょっと気になるこのシリーズなのですが、まだ第2シーズンが始まったばかりでは有りますがその先の作品の制作発表がもうすでになされていてちょっとビックリなのですよね。ってこと...
2013/10/06(日) 03:42:24 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
リトルバスターズの初の試合の記念に、小毬主催でホットケーキパーティが開催。 盛り上がるメンバーたちを苦々しく見る三人の女子。 女子たちの陰湿な嫌がらせがリトルバスターズメンバーに降りかかる。 来ヶ谷は三人娘の犯行を暴き、激しい怒りをぶつけるが…。 待望の第2期。 物語世界に隠された謎の真相が明かされていく解決編スタート。  
2013/10/06(日) 03:53:16 | 空 と 夏 の 間 ...
リトルバスターズ! 9 (全巻購入特典「テレビ非公開「秘密」エピソードDisc」応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray](2013/08/28)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る アニメ リトルバスターズ!Refrain 第1話 それは突然やってきた 真実の物語はここから始まる リトルバスターズ!後半戦 最高のクライマックスへ向けて始動
2013/10/06(日) 05:15:22 | 腐った蜜柑は二次元に沈む
あらすじ・・・初めての野球の試合を終えた記念に、小毬主催のホットケーキパーティが開かれた。リトルバスターズが全員揃って初のパーティは、笑顔いっぱいの大盛り上がり!だが ...
2013/10/06(日) 06:14:02 | 続・真面目に働くアニオタ日記
リトルバスターズ!~Refrain~ 第1話「それは突然やってきた」感想   さあ、延長戦開始だ!
2013/10/06(日) 06:36:26 | かて日記-あにめな生活-
リトバスの2期の放送が始まりました。1期は日常編と各ヒロインのエピソードを主に展開していましたが、いよいよ物語の核心に迫っていく事になりますね。 このブログでは最近は感想記事を全然書いていませんでしたし、リトバス1期も結局最初の第1話でしか書きませんでしたが、今後はほんの少しずつでも毎週書いていけるようにしたいと思います。
2013/10/06(日) 07:19:19 | 無常の流れ 新館
リトルバスターズ!~Refrain~ 1話 「それは突然やってきた」 感想 2期が始まりましたね。 1期はぶちゃけ、Refrainのためにあるようなものだと思っているだけに、 個人的には期待したくなります。
2013/10/06(日) 07:29:25 | ADVGAMER
物語は繰り返す―
2013/10/06(日) 09:05:19 | wendyの旅路
お前ら呼ばわり(笑) 小麦粉ケムケム(笑) ホットケーキわ簡単(作ったことないけど)(笑) 何でもPartyわ楽しいのら だおYeah
2013/10/06(日) 10:13:32 | tacoの気持ち ・・・きゃっ公式
[新]リトルバスターズ!~Refrain~ 第1話 『それは突然やってきた』 ≪あらすじ≫ 初めての野球の試合を終えた記念に、小毬主催のホットケーキパーティが開かれた。 リトルバスターズが全員揃って初のパーティは、笑顔いっぱいの大盛り上がり! だが、あるクラスメイトの女子たちは楽しげな彼らを苦々しい表情で見ていた。 あるメンバーに恨みを持つ彼女たちはリトルバスターズの友情を裂...
2013/10/06(日) 10:23:20 | 刹那的虹色世界
姉御、凄すぎ! ギャグとシリアスの配分も良く面白かったですね。 今後はどういう展開になるのか、世界の秘密は何なのか。 次回以降も楽しみです。 初めての野球の試合を終えた記念に、小毬主催のホットケーキパーティが 開かれた。 リトルバスターズが全員揃って初のパーティは、笑顔いっぱいの大盛り上がり! だが、あるクラスメイトの女子たちは楽しげな彼らを苦々しい表情で見ていた。 ある...
2013/10/06(日) 10:29:28 | ひえんきゃく
みえ……ない! と言うわけで半年振りのリトルバスターズ。 前作のラストである野球の初の試合を終え、高揚感のあるままのホットケーキパーティから始まりました。 謙吾の馬鹿に磨 ...
2013/10/06(日) 10:41:36 | 雨晴時曇
Boys be smile(2013/10/23)鈴湯商品詳細を見る 初めての野球の試合を終えた記念に、小毬主催のホットケーキパーティが開かれた。 リトルバスターズが全員揃って初のパーティは、笑顔いっぱいの大盛り上がり! だが、あるクラスメイトの女子たちは楽しげな彼らを苦々しい表情で見ていた。 あるメンバーに恨みを持つ彼女たちはリトルバスターズの友情を裂くために陰湿な嫌がらせを行う。...
2013/10/06(日) 10:57:31 | セトラのアトリエ
放送委員… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310060001/ 【送料無料】リトルバスターズ!~Refrain~価格:1,680円(税込、送料込)
2013/10/06(日) 12:27:34 | 日々“是”精進! ver.F
第1話 それは突然やってきた 公式サイトから初めての野球の試合を終えた記念に、小毬主催のホットケーキパーティが開かれた。リトルバスターズが全員揃って初のパーティは、笑顔いっぱいの大盛り上がり!だが、あるクラスメイトの女子たちは楽しげな彼らを苦々しい表情で見ていた。あるメンバーに恨みを持つ彼女たちはリトルバスターズの友情を 裂くために陰湿な嫌がらせを行う。憤る理樹たちの中で、来ヶ谷は何か心当た...
2013/10/06(日) 12:44:33 | ぬる~くまったりと
「それは突然やってきた」 みんなでホットケーキパーティをすることになったリトルバスターズの面々。 全員が集まってはじめてのパーティだった。 ホットケーキに何のっけてんだろうかw パーティは無事に終了した。 雨が続く中、クドと小毬にいやがらせが。 いやがらせをした女子のもとへ乗り込む理樹。 そこに来ヶ谷も現れ、証拠を...
2013/10/06(日) 13:10:41 | ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。
リトルバスターズ!~Refrain~の感想です。 帰ってきたリトバス。
2013/10/06(日) 13:51:29 | しろくろの日常
何だ、何が起こっている。 なにやら穏やかならぬ空気とともに新展開開始。
2013/10/06(日) 18:49:42 | 大海原の小さな光
Boys be smile鈴湯 ビジュアルアーツ 2013-10-22売り上げランキング : 280Amazonで詳しく見る by G-Tools 今期一番楽しみにしていた番組、ということで、最速のAT-Xでの視聴です。……とはいって ...
2013/10/06(日) 19:03:54 | 翠の匣
「アホばかりだ…」 愛すべきアホたちが帰ってきた! 1話からみんなテンションたけええええええw 真人と謙吾はともかく、本当はそんな気分じゃないだろう恭介が一番荒ぶってて笑った(つ∀`) 「(謙吾は)ツッコミどころ満載で味わい深い方になりました」 西園さんが突っ込むとか言うとどうしてもBL方面のことにしか聞こえないw これからの謙吾は西園さんの妄想要員としていろんな人から突...
2013/10/06(日) 19:47:24 | リリカルマジカルSS
【それは突然やってきた】 リトルバスターズ! 9 (全巻購入特典「テレビ非公開「秘密」エピソードDisc」応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]出演:堀江由衣ワーナー・ホーム・ビデオ(2013-08 ...
2013/10/06(日) 20:08:08 | 桜詩〜SAKURAUTA〜
終わりの始まり。 止まっていた時間が動き出す このたび1期のまとめ記事をつくりました。 リトルバスターズ! ~Refrain~ カレンダー 2014年(2013/11/13)‐商品詳細を見る
2013/10/06(日) 21:08:41 | せーにんの冒険記
誰かが叫んでいた。 それを夢に見て、理樹は今日も目覚める。
2013/10/06(日) 22:14:46 | 本隆侍照久の館 別館
初めての試合を終えた理樹たちは、小毬主催のホットケーキパーティで仲間たちと楽しい時間を過ごす。 そんなある日、クドと小毬が何者かから陰湿な嫌がらせを受ける。犯人は、来ヶ谷を妬み、憎んでいる高宮と勝沢。証拠となる会話を録音されながらも開き直って強気な態度を取る高宮に、来ヶ谷の怒りが爆発する…!
2013/10/06(日) 23:35:33 | 妹教大付属小学校S.S.(セカンドシーズン)
リトルバスターズ!~Refrain~ 第1話「それは突然やってきた」 それ(ホットケーキに何をかけるか戦争)は突然やってきた。
2013/10/07(月) 00:12:16 | くろくろDictionary
ホットケイク(ネイティブ発音)パーティーを開く事になった リトルバスターズ
2013/10/07(月) 10:26:29 | 白狼PunkRockerS
来ヶ谷さんはロボットなんかじゃないよみんなのこと大切に思うからあんなに怒ったんだそれってすごく人間らしいじゃないかリトルバスターズではその姉御肌を如何なく発揮してみん ...
2013/10/07(月) 12:49:32 | ヲタブロ
Boys be smile『前にもここに来た事がある・・・』 キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉樹 シリーズ構成・脚本:島田満 制作:J.C.STAFF 直枝理樹:堀江由衣  棗鈴:たみやすともえ  棗恭介:緑川光 井ノ原 真人:神奈延年  宮沢謙吾:織田優成  神北小毬:やなせなつみ 三枝葉留佳:すずきけいこ  能美クドリャフカ:若林直美  来ヶ...
2013/10/07(月) 20:08:53 | 明善的な見方
青春を駆け抜けろ!リトルバスターズ!
2013/10/07(月) 21:25:23 | 往く先は風に訊け
本気で怒った唯湖。弱い者いじめが許せないんでしょうね。 Boys be smile(2013/10/23)鈴湯商品詳細を見る
2013/10/07(月) 23:20:39 | 新しい世界へ・・・
リトルバスターズ! 9 (全巻購入特典「テレビ非公開「秘密」エピソードDisc」応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray](2013/08/28)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る リトルバスターズ! ~Refrain~ 第1話 「それは突然やってきた」 です☆ リトバスRefrain始まっちゃいました!来ヶ谷唯湖@姉御ルート。激おこ姉御すごすぎるv 1期よりも作画が良くな...
2013/10/07(月) 23:42:20 | ALISA の LOVE DESTINY
OPの時点で泣かす気全開ですよこれ(´;ω;`) ということで待ちに待ったリフレイン始動!OPから泣かす気マンマンだったリトバスRefrain第1話。
2013/10/08(火) 00:14:10 | 月を見上げる丘
OP主題歌『Boys be Smile』 原作の致命的ネタバレはしない方針なので、ご安心を。
2013/10/08(火) 00:27:56 | 鍵っ子×漫画等の感想ブログ
唯湖「――――すぞ」 「えぇ?」 唯湖「殺すぞ」 ブォンブォンブォンブォンブォン 「あっれー?来ヶ谷さん蹴るフリするだけでドアを壊さないんですかぁ~?(ニヤニヤ)」 唯湖「だって壊したら弁償しなきゃいけないし・・・」 理樹「変な所で律儀なのやめろ」 ...
2013/10/08(火) 00:32:42 | ロリ+お姉さん=萌死
意味深なプロローグから幕を開ける2期。 野球は残念な結果に終わりますが、その後に撮った写真はみんないい顔。 謙吾はすっかりクールな一面は無くなっています ...
2013/10/08(火) 01:07:22 | ゲーム漬け
境界の彼方…更新済 リトルバスターズ!~Refrain~…更新済(10/6)
2013/10/08(火) 18:57:32 | 惑星観測所の記録
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/10/06/172739 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願って...
2013/10/09(水) 15:14:46 | 二次元世界を追い駆ける日々
お帰りなさい・・・そう言っていいのかな?ともあれ『リトスバスターズ!』の2期がはじまりました。1期はすべて『Refrain』のための前フリみたいなこともチラッとどこかで見た気がするので、この先どういった展開が待っているのか楽しみなのと同時に、暗〜いお話しになりそうなのがちょっと怖くもあったり・・・今回のアバンと引き、そしてOP画からもいろいろ想像できそうですしね。 さて、『Refrain』の...
2013/10/09(水) 18:09:35 | ボヘミアンな京都住まい
リトルバスターズ!Refrainの1話の感想です! いや〜、よかったですね〜! 妹属性、 鈴ちゃんな!! なんだか、2期1話は 鈴の笑顔の印象 が強かったです。 こんなに笑う子だったっけか。 小毬主催のリトルバスターズホットケーキパーティー。 メインディッシュのホットケーキは、小毬とクド、そして鈴がメインとなって準備しました。 ...
2013/10/09(水) 21:37:17 | うっかりトーちゃんのま〜ったり日記
僕達は離ればなれになってしまうのだろうか? 「それは突然やってきた」 あらすじは公式からです。 初めての野球の試合を終えた記念に、小毬主催のホットケーキパーティが開かれた。 リトルバスターズが全員揃って初のパーティは、笑顔いっぱいの大盛り上がり! だが、あるクラスメイトの女子たちは楽しげな彼らを苦々しい表情で見ていた。 あるメンバーに恨みを持つ彼女たちはリ...
2013/10/09(水) 23:14:46 | おぼろ二次元日記2
半年の時を経て… TVアニメ『リトルバスターズ!』の続編ストーリー「Refrain」がいよいよ始まりましたね♪ 前作の放送期間も含めると丸1年。ちょうど去年の今頃に1期の視聴をスタートしたことを思い返して、軽く感慨に浸ってみたり…(^^) 1期は視聴が遅れがちでしたが、その時のバイオリズムが刻み込まれてるのか早くも1週遅れペースです(^^;)
2013/10/12(土) 23:47:39 | たらさいと