FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
宇宙戦艦ヤマト2199 第二十五話「終わりなき戦い」
 サブタイトルの意味が、考え出すとなかなか深そうです。

 普通に考えれば、「もうガミラスとの間の戦争は、終わったと思ってたのに…」という今話の展開のことを指している、ということで鉄板かとは思いますが…「これが最後のデスラーとは思えない、いずれ第二、第三のデスラーが…」という意味であったとしても不思議ではありません。(いやいやいやいや

 (通じますよね?初代ゴジラのラストのパロですよー)

 冗談はともかくとして、本当に「これで終わりなのかどうか」という余韻をもサブタイトルに込めた、というのは、ありそうな話だなぁと思っています。だって、表面的には今話で「戦い終結」に見えるじゃないですか。そこに「終わりなき戦い」ってね、やっぱし何か違和感あります。仮にガミラスとの戦いはこれで終わりだとしても、という含みに聞こえてならないんですよねぇ…。

 そのガミラス、というかデスラーとの戦いにしても、もう戦わなければいけない理由なんて、ないはず。少なくとも、ヤマトの側には、戦う理由はありません。手に入れたコスモリバースを一刻も早く地球に届けることが、今のヤマトの唯一にして絶対の目的ですから。余計な戦闘なんて、可能な限り回避したいんですよ。

 それでも、この戦いは避けることができなかった。ヤマトの目的を果たすためには、かかる火の粉は振り払わねばならなかった。この辺のやるせなさ、矛盾を孕みかねない理念と現実の難しさなどに思いを馳せると、「終わりなき戦い」という短い言葉に込められたモノがじわーっと伝わってくる気がして、実に味わい深いのです。

 こうして、何度も見直した後でも「じわーっ」と来る何かが存在する作品は、願ってもそうそう得られるものではありません。そのことに、今週も改めて、感謝を。
 
 さて。

 今回の第二十五話は、劇場では15分前後の短縮版としての上映を余儀なくされたため、フルサイズで見られるのは今回の放映が初めてでした。

 Twitterでの噂によれば、Blu-ray版では更に作画のリテイクが入りそう、なんて話も出ていますが…とりあえずは、ストーリー面が無事にきちんと補完されたのは喜ばしいことです。

 大きく補完されたのは、ディッツに離反したゲールがデスラーと合流した経緯+それを追ってきたUX-01がゲールを撃つ展開+あの藪がそのUX-01に?!という辺りでしたね。UX-01も藪も、出てきた瞬間に「何っ?!」て叫んじゃいましたよ。これはいいサプライズでしたし、ああ、UX-01も藪も愛されてるなぁと思って、またスタッフの愛情の深さに感じ入ることしきりでした。

 劇場で見た際には「生き残ったのか?!」と思われたゲールが、無事にと言うか何と言うか、ここで戦死する流れだったのは、ゲールファンには残念でしたが。旧作では死んでいたキャラが今作で生き残った例としては、副総統ヒスを初めとするガミラス住民の方々と、藪くんという辺りで終わりでしょうかね。病に臥せっている沖田艦長の容体が、引き続き気になるところではありますが…。


~~~


 気になると言えば、第二十三話でせっかく再会できた古代と森雪が、また大変な状況に巻き込まれております。

 旧作では、ガミラス人は放射能が無いと生きられないという設定になっており、白兵戦を仕掛けるにあたってヤマトの中に放射能を流し込みながら攻めて来るんですよね(今にして思うとすんごいトンデモ設定ですが)。その前線で戦う古代を救うため、森雪は調整の終わっていないコスモクリーナーDを無理やり起動させ、その衝撃で倒れて意識不明になる、という流れだったと記憶しています。

 それが今作では、自害しようとするセレステラを助けようと身を投じたところを、セレステラともどもビーム銃で撃たれる、という展開に変わっております。これには、放射能云々の設定が無くなったこと以外にも、ちゃんと描写の狙いがあるように思われて、なかなかいいんです。

 旧作の雪は、古代、すなわち同胞を守るために自分の体を犠牲にしました。それが、今作の雪は、異邦の人を守ろうとして身を投げ出しているんですね。

 これはすなわち、直前に泣きながらデスラーに告げた雪のセリフと、同等のことを行動で示しているわけです。

地球もガミラスも…戦う必要なんてなかったのに…
お互いを思いやって…
愛し合うことだって!

…できた…はずなのに…。


 旧作においては、ガミラスを殲滅した直後に言われたこのセリフでしたが…こうして「終わりなき戦い」の中で言われると、また違った凄みが出てきますね。これに対するデスラーの答えが「戦いは…必要だった…」というものだから、なお切ないわけで。

 前回、メルダと手を取り交わした古代、ユリーシャと様々なものを交わしながら別れを告げた雪、そういった「異星人とも分かり合える」という様子を示した直後だからこそ、「それでも戦いは終わらない」というこの状況は、深く考えさせられるのです。



 デスラーについても、触れておかねばなりますまい。

 今話におけるデスラーの行動は、一貫していないように見えます。一番はっきりわかるのは、ヤマトから立ち去ろうとする時の、一連の流れかな。侍女たちに古代のことを「撃つな!」と命令しておきながら、帰還後にデスラー砲でヤマトを滅しようとしていますよね。また、元々はヤマトのことが欲しくなったから攻め入ったはずなのに、そのヤマトをデスラー砲で木っ端微塵にしようとしているのも、何かおかしいです。後者は、手に入らないものならいっそ…という話なのかもしれませんが、前者は説明不能ですよね。

 でも、私はこれを脚本の矛盾とは思っていません。このように描こうとして描いているんだろうなと、そう思っています。

 端的に言えば、デスラーはおかしくなっているんですよね。いつからか、それはわかりません。ヤマトに固執し出した時か、それともガミラスを自分の手で撃とうとした時か、それよりも更に前からか…ひょっとしたら、ただ一人愛するスターシャのために星々を従えようと行動を起こした時から、デスラーは静かに、しかし深く壊れ始めていたのかもしれんせん。

 デスラーの個々の行動は、狂気に蝕まれているものばかりではありません。古代たちを「撃つな」と指示したデスラーは、人の愛や情というものをちゃんと理解しているようにも見えるんですよ。また、セレステラを撃ってしまった時の、あの後悔に満ちた表情も捨てがたいですね。あれは明らかにデスラーのミスであり、そうして撃ってしまった者が、デスラーに思いを寄せている女性である、ということも、この時点のデスラーはちゃんとわかっているんです。デスラー自身が愛のために行動していることを吐露していますし、デスラーが冷血漢、というわけではないんですよね。

 しかし、内に抱えるスターシャへの愛に従い、その理想をデスラーなりのやり方で実現しようとした時に、デスラーの行動は狂気を帯びます。あまねく星々を従えなければならない、恒久の平和を実現するために戦争をしなければならない、戦争には勝たねばならない、例え相手を滅ぼしてでも…元来あったはずの「愛」という動機は、歪み、変質し、独裁者としての立場ゆえにどこまでも膨張して多くの悲劇を生みます。それが、デスラーの本来の行動の理由である「愛」の本質とは食い違ってしまっていても、もうデスラー自身にはどうにもならなかったのだと思います。

 だから、デスラーの最後は「自滅」でなければならなかったのでしょう。ヤマトが抵抗のために撃った三式弾ではなく、自ら引いたデスラー砲の引き金を以て、デスラーはその愛と野望の幕を自ら下ろします。欲したはずのヤマトへ自ら刃を向けるその様を、「自らの愛を自分の手で壊すデスラー」の姿として、今一度我々に示して…。



 真田さんの「こんなこともあろうかと」は、旧作のデスラー砲反射とは全然違う方法論で再現されていましたね。色々なものを包含していたショートエピソード・第9話のモチーフをここで使ってくるとは思いませんでした。

 旧作とは異なるものを盛り込み、援用し、重ね、絶妙に絡ませて…ヤマトはいよいよ銀河系外縁まで帰ってきました。倒れた雪、病に臥せる沖田艦長を乗せて。

 残すところ、あと一話。今作が示すラストシーンを、最後にもう一度、しっかりと受け止めたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 ハルヒ第二期~石原監督・再参戦! (2008/05/11)
 仮面ライダー響鬼 八之巻 「叫ぶ風」 (2005/03/20)
 ハルヒちゃん第七わ・第八わ&ちゅるやさんそのよんっ (2009/03/07)
 DATTEやってらんないじゃん (2017/01/30)
 コップクラフト第1話を見た。 (2019/07/09)
 Kanon 第10話「丘の上の鎮魂歌~requiem~」 (2006/12/08)
 見れば見るほどplanetarian (2016/09/10)

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
トラバのお礼と…
トラックバックありがとうございます。
25話の感想と見解、大変興味深く拝見しました。自分も旧作からのファンですが、2199はシナリオも設定も秀逸に練り直されていて完成度の非常に高い作品になっていると感じています。細かい部分では、ここはもう少し…なところも有りますが総合的にはほぼ100点かと思います。
残りラスト1話。自分は劇場公開版は観ていないですが、2199版ヤマトの結末、しっかりと見届けたいと思います。

また、気軽にトラックバックやコメントして下さいね。
それでは。
2013/09/24(火) 23:31:09 | URL | バスターM7 #-[ 編集]
2199タイトル元ネタ集
恐らく自分とほぼ同じ年齢であろうてりぃさんの「2199」レビュー
今更ながら楽し一気読みさせていただいております

今作におけるデスラーの描写は、なかなかに複雑なものがありますね
監督の出渕氏は大の「ガミラスマニア」として知られ
「一番好きなキャラはデスラー」とも発言しております
好きなだけに、さまざまな“想い”が注がれているようにも思えます


さて、余談ですが
ヤマトと同時に大のミリタリーマニアでもある出渕監督
(そして当然SFファンでもあります)
「2199」の各話タイトルにはいくつか、そっち系ヲタなら
「ああ、アレか」という(割とあからさまな)「元ネタ」モノがあります

「星に願いを」は、今更いうまでもない一般ネタですが

第10話 「大宇宙の墓場」は
我らが松本零士先生がその挿絵を担当した事で有名な
アンドレ・ノートン作の「太陽の女王号」シリーズの1冊
ハヤカワSF文庫の邦題作品名そのまんまですね
(古い松本マニアならニヤリ、というパターン)

19話 「彼らは来た」は、パウル・カレル著の
ノルマンディー上陸作戦に関する有名な著作タイトル
21話の「第17収容所惑星」は1957年のアメリカ映画
「第17捕虜収容所」から
この辺りは「ミリヲタ」的な関連ネタですね

そしてこの第25話「終わりなき戦い」は
超古典ミリタリーSF且つ、あの「パワードスーツ」が初めて登場した
ハインラインのSF小説「宇宙の戦士」に並び称される戦争SF
(同じく「パワードスーツ」が登場する作品の)
ホールドマンの名作「終わりなき戦い」そのまんまです

戦争SFファンやパワードスーツマニアなら知らないはずが無い
「特定界隈でのみ」w非常に有名な小説、という訳です

クリエイターであると同時に立派なヲタクである
「出渕氏とゆかいな仲間たち」の、ヲタ趣味全開で盛り込んであるという
大変楽しいネタ集なのであります
2019/07/25(木) 01:34:46 | URL | ひふみー #-[ 編集]
一気読み感謝
>ひふみーさん

深夜から、何かスゴい勢いでヤマト2199レビューに拍手来てると思ったら、ひふみーさんでしたか。ありがとうございます。

>今作におけるデスラーの描写は、なかなかに複雑なものがありますね

デスラーの心境については、2199終了時点でも私は完全には消化できておらず、ただただその底知れぬ闇におののいていたような覚えがありますね。2202の中盤でその辺は補完されることとなり、全体としては不満の多い2202(つーか、最後の4話分未だに見てすらいない…)の中でこの部分は大変ありがたかったものです。

まあ、それが出渕さんの想いとイコールなのかについては疑義があるのでしょうがね。

>「2199」の各話タイトルにはいくつか、そっち系ヲタなら
>「ああ、アレか」という(割とあからさまな)「元ネタ」モノがあります

恥ずかしながら、一つも知りませんでした!一点突破型の私の弱点です。

どのネタも面白いですね。情報感謝です。
2019/07/29(月) 13:12:16 | URL | てりぃ #-[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/4858-4ee04004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
…削りの回v どうなるかなv で 帰り道v 順調にバランにもどり、亜空間ゲートを使うために近づきv ガミラスのをキャッチv あら、ディッツ提督、ガミラスに戻って来ている ユリーシャさんもv 彼等を中心にガミラスは復興ねv で、ゲールはあいかーらずの演説vタランもいるv んで、デスラーがこだわるのは…欲しくなったから??????? まーだこだわってたんかいv お、ヤ...
2013/09/24(火) 21:17:18 | 月読みの森
宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [Blu-ray](2013/10/25)菅生隆之、小野大輔 他商品詳細を見る ミーゼラ・セレステラを撃ったデスラー総統。 敵だと思い射撃ミスをしたのでしょうか? 撃たれたミーゼラは、裏切られたと思い反撃。 デスラーの肩に命中したが命に別条なし。 しかし森雪は、戦死? 西条未来が、戦死するかと思ってい...
2013/09/24(火) 21:30:48 | 北十字星
第25話 終わりなき戦い バラン星のゲートを使用して遅れを取り戻そうとするヤマト。ガミラスの遭難船を発見、ミーゼラが救出される。もう帰る星が無いと失意の様子。ゲールがバラン星でヤマトを待ち受けていた。銀河系方面のゲートにヤマトを追い込んで砲撃する作戦。 迎撃せずにゲートに向かうヤマト。ゲール艦を攻撃する戦航艦、ディッツ提督の命令無視で ゲール艦が撃沈。 ゲート内の回廊を航行するヤマトに上陸す...
2013/09/24(火) 22:20:11 | ぬる~くまったりと
やっぱり生きていたデスラー、亜空間で、ヤマトに白兵戦を挑みますが・・・なんかすっ
2013/09/24(火) 23:55:36 | くまっこの部屋
てっきりもう後はハッピーエンド大団円になるものだとばかり思っていたので、 今回のお話は予想外の展開の連続で、驚かされっぱなしでした。 なんというかツッコミどころが満載で思わず笑ってしまう場面も多々あったりして。 自分的に一番のツッコミどころだったのはなんといっても…藪www 収容所惑星に取り残されてからどうなったのか気にはなっていたのですが、 まさかガミラスの次元潜行艦の乗組員...
2013/09/25(水) 00:55:03 | 進撃の巨人のクリスタ・レンズことヒストリア・レイスとマギのモルジアナが好きだあっ!!(新さくら日記)
いよいよ佳境のヤマト2199。 やはりデスラー総統は生きていたというクソワロタ王道展開。 その前に、久しぶりのゲール少将登場です。 新しい指導者(のひとり?)、ディッツさんに従わないゲールさん。バラン星付近で帰還途中の ヤマトを待ち伏せ。自信満々なゲールさんに、死...
2013/09/25(水) 02:26:43 | 四十路男の失敗日記
コスモリバースシステムをイスカンダルから受領したヤマトは、地球へと急ぎます。 行程短縮のために、バラン星の亜空間ゲートを利用することに。 一方、指導者を失ったガミラスでは、ディッツ提督(CV:堀勝之祐)がある程度の艦隊をまとめていましたが、やはりゲール(CV:広瀬正志)他、従わない者たちもいるようで・・・ これからの行く末を案じるディッツ提督の前に、娘のメルダ(CV:伊藤静...
2013/09/25(水) 07:16:03 | ぷち丸くんの日常日記
ヤマト25話を見てきました。 今回は戦闘がありましたがなんか薄い感じでしたな。 そしてデスラーが乗っていた艦が中二ぽいデザインでしたな。 あとは最後のヤマトの砲撃シーンが良かったです。 まさか実弾を持っているとは・・・ 【送料無料】宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集「EARTH」 [ 西崎彰司 ]価格:3,780円(税込、送料込)【送料無料】塗装済み完成品 1/8 ヤマ...
2013/09/25(水) 07:48:02 | TKM研究室
地球への帰路についたヤマト。 惑星バランのゲートを利用しようとするが、そこには思わぬ伏兵が…。 生きていたデスラーは、ヤマトを自分のものにしようと乗り込んでくるが…。 劇場版では間に合わなかった追加パート。 みんなの愛するあのキャラが思わぬ復活を(笑)  
2013/09/25(水) 12:07:49 | 空 と 夏 の 間 ...
生きていたとはお釈迦様は知らなかったかもしれないけれど旧作ファンは知っていたデスラーの襲撃と滅び...
2013/09/25(水) 18:49:01 | Kyan's BLOG V
- ゲールにフラーケンに薮(ヤーブ) - 「あの人は今?」 そう思っていた3人が3連コンボで登場です! 後半は亜空間回廊内の白兵戦。 なんだかデスラーの背中がすっかり小さく見えました。
2013/09/26(木) 04:44:25 | ひそか日記