Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
宇宙戦艦ヤマト2199 第十八話「昏き光を越えて」
 さぁて。今週は二話もあるんで、とりあえず一つ目をサクサク行きましょう。溜めるとロクなことにならないですし、二週間もあるから、なんて油断すると、あっという間に過ぎちゃいますしね。

 今話は、サブタイトルの「昏き光」という表現が、今話を読み解くポイントの一つでしょうか。「暗き光」ではないし、そもそも「昏い」のに「光」って、矛盾じゃないの、という。

 一つには、この「昏き光」は、バランのことを指している、という解釈が成り立つと思います。何故なら、バランは自分で発光することのない、人工星。光らない=昏き、星=光ということですね。そのバランを越えて、ヤマトが大マゼランへと到達する今回のエピソードにピッタリのサブタイトルです。

 二つ目には、「昏い(または暗い)」という言葉には「暗くなって(先が)見えない」という意味が含まれることから、「何万光年も先へ行けるけれど、その先がどうなっているのかわからないワープゲートのこと」を暗示している、という解釈が成り立ちます。また、「光を越えて」という言葉はそのまま、「光速を突破して」という置き換えができますしね。何万光年も先の、状況が見えないところを一気に駆け抜けて…という意味合いに、その見えない部分を決死の覚悟で偵察し、そのもたらした情報でヤマトを活路へと導いた篠原副隊長。彼がフィーチャーされた一話として、これまたビシッとはまるサブタイトルです。
 
 三つ目として…「道理がわからない」という意味が「昏い」にはあるんですよね。「昏迷」=分別なく迷う、という熟語などからも、その意味は類推していただけるかと。この辺は、策謀により自分がデスラーの後に取って代わろうとしたゼーリックの横暴を思い浮かべると、ストンと胸に落ちるんじゃないでしょうか。道理を無視した、偽りの栄光…それこそが「昏き光」であり、その一連の愚行が露呈したゼーリックが配下のゲール(ダメダメだったはずの彼が何だか妙にかっこいい!)に射殺されるに至って、ようやく越えられた、という。ガミラス側のゴタゴタをも指した言葉と考えることで、このように更に深みが増すわけです。

 実は、ガミラス側の描写と合わせて考えたい部分は、他にもあります。「黄昏」という言葉に「昏い」の文字が入っているように、元々「昏い」は夕暮れの暗さを表す言葉なのだそうです。つまり、斜陽、これから日が陰っていく状態のことも暗示している可能性があり、それを考えると「昏き光」は、「人々を虐げて国家を保とうとしているガミラスの、傾きかけている現状の威光」という見方ができるんですね。その一例として、今話では収容所惑星への収監を逃げ出そうとして射殺される家族と、それを金網越しに心乱しつつ見ているメルダ少尉が描かれているわけですが…彼女はこの「昏き光」を越えていけるのかどうか。


 等々、ジャスイストには実に美味しい、多角的な意味合いをもたされたサブタイトルが効いた回でしたが…本編の内容も濃かったですねー、いや実に。劇場で見ていた時には篠原の帰還までで正直終わりだと思っていて、「アレ?まだ時間あるの?あれ、一体どこまで描くの?」と思ってるうちに…あの展開ですよ。拳、ギュー握りしめて、涙腺にガンガン色んなものが立ち上ってきて、あー!あーあー!ああああああああーー!とか叫びそうになって……。

 さすがにやらなかったけど、もし同志がいて自然発生的に拍手でも鳴ってたら、オレも間違いなく手ェ叩いてたね!いやもう素晴らしい!


~~~


 劇場での鑑賞と言えば。


 この第十八話は、第五章のラストを飾るエピソードなんですが、第五章の最初は第十五話。あの、ドメルがヤマトを寸前まで追い詰める話なんですよね。

 実はこの二つのお話、対になっているんです。

 一つには、そのどちらもが「ガミラスの艦隊が密集する中を、ヤマトがただ一隻で辛くも突破しようとする話」です。そしてここには、どうしようもないくらいかけ離れた対比が存在していて。あたかも詰め将棋のように、きっちりとヤマトを追い込む目算と算段を立て、ほぼその通りにヤマトを追い込んでいったドメル。片や、物量のみを頼った大艦巨砲主義を信奉し、道理もなく策もなく、密集した友軍の被害も厭わず、ただヤマトを「力でねじ伏せん」という方針のみであたったゼーリック。どちらが指揮官として優れているかは、明明白白なわけです。そのことが、両方の戦いぶりを直に見ているゲールには、はっきりとわかるわけなのですが、そのことを知らずにただ結果のみを指して「この程度の船一隻沈められなかったとはぁ、狼の名も落ちたものであるなぁ、ドメルよ…」などと独り言ちるゼーリックが、実に滑稽に見える仕掛けになっているわけです。

 また、二つ目としては、そのどちらもが「この限界的なシチュエーションにおいて、沖田艦長がその類まれなる才覚により、ギリギリの突破口を切り開く話」でもあります。そしてまた、これも実にいい対比が効いていて、その突破の仕方が第十五話と第十八話では、全く逆なんですよね。前者は完全に罠にはまって、もう悲壮と言っていい状況の中で、針の穴を突くような道を沖田艦長は行くわけです。このスリル、越えられるか越えられないかという緊張感がたまらなく、しかし先行きは決して明るくなくて、ハラハラだったのですよ。一方、この第十八話は、あらかじめ狙い澄ました策に則り、雄々しくヤマトは進攻するわけです。ここに乗せたBGM~おなじみのヤマトのメロディがまたバッチリ決まっていて、どちらかと言うとヤマトの猛攻にワクワクさせられっ放しなわけです。

 このように、よく似た状況にありながらも、全く異なる対比をきっちりと仕込むことで、第十八話は単体の一話ではあり得ないほどの、非常に高いポテンシャルを見る者に感じさせてくれるわけです。

 そしてまたもう一つには…第十五話で、ドメルが済んでのところで撤退せざるを得なくなったのも、この第十八話で、撃ち損じたヤマトがバラン星のハブステーションを壊滅に追い込んでしまったのも、突き詰めればゼーリックのせいだった、というのが効いています。この第十五話以降においては、ゼーリックは「謀略の象徴」なんですよね。これは、「謀略によって我が意を通さんとする者に対して、勝利の女神が微笑むことはない」というテーゼが隠れている、と見ることも可能です。

 これ、第十六話で描かれた、ヤマト内の謀略辺りも、近接するテーマとして響き合ってる気がするんですよね。この辺の相互に絡み合うテーマ同士の「和声」もまた、ヤマト2199シリーズの大きな魅力かなと思っています。





 旧作ヤマト2で描かれていた、「重力アンカーを切って波動砲の反動を利用して難関を突破する」というモチーフを、ここで投入してきたことには体中が震えました。

 沖田艦長の「重力アンカー解除!総員、衝撃に備えよ!」という叫びはもちろんですが、それに加えて、ガンガンガンガンガンガンガンガンガンガンバァン!という、実際に重力アンカーが外れるとこの描写がもー壮絶にカッコ良くて!

 劇場では二回連続で見たんですけど、二回とももう涙吹きまくってましたよ!

 ごふわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!

 てなもんでした。


 そしてその後の、ラストシーン。


 真っ暗なヤマト船内に、次第に明かりが灯っていって…シャッターが上がったその先には、まばゆいばかりの大マゼランが…。


 涙が乾く間もなく、もうただただ溜息でしたね…。何と美しい…。「昏き光を越えて」というサブタイトルが、今一度こうして、暗闇の中から光の中へと現れていく情景を以て、リフレインされているわけです。


 大マゼランに到達できたヤマト。


 その万感の思いを胸に、第十八話は幕を閉じます。まだヤマトの行く手は決して短くありませんが、多くのものを越えて、彼らはここまで来たのです。

 続く第十九話、「彼らは来た」のサブタイトルを前借りするような心地を持ちつつ、今回のレビューはこんなところで。次は…いつ書こうかしら?(汗)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 新劇場版ヱヴァンゲリヲンQ・現時点での感想 (2012/11/17)
 らき☆すた 第23話「微妙なライン」 (2007/09/11)
 最後の一歩? (2007/10/12)
 仮面ライダー電王 第3話「アウトロー・モモタロー」 (2007/02/12)
 リトバスRefrain、10月から放映ですか (2013/07/29)
 あ。はじまた。 (2009/02/13)
 CLANNAD 第14回「Theory Of Everything」 (2008/02/01)

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/4775-c6122e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日は1時間v どんな構成になるでしょうか♪ って おおおおおおお いきなし山寺さんのナレからあらすじが! うん opが、ね 佐々木さんが良かったなぁと ネットワークを前に
2013/08/04(日) 21:58:26 | 月読みの森
バラン星がワープステーションのハブであることが判明。 篠原の決死の偵察でマゼラン側のゲートが発見される。 しかし、バラン星域にはガミラスの大艦隊が集結していた…。 沖田は...
2013/08/05(月) 02:22:15 | 空 と 夏 の 間 ...
今日のヤマトは1時間スペシャルでした。 その代わり、来週はお休みのようですね。 ヤマトはいつもクオリティが高いのですが、 フォロワーさんもおっしゃっていたように、 今回は
2013/08/05(月) 21:08:08 | 進撃の巨人のクリスタ・レンズことヒストリア・レイスとマギのモルジアナが好きだあっ!!(新さくら日記)
宇宙戦艦ヤマト2199 300ピース YAMATO GIRLS 300-761(2013/07/20)エンスカイ商品詳細を見る 1時間スペシャルなので2話分放映。 だから来週は、休みなのですね。 岬百合亜にユリーシア
2013/08/05(月) 21:18:18 | 北十字星
第18話 昏き光を越えて バラン星がワープステーションのハブになっている。岬にユリーシャが憑依していることを知る乗組員。ワープゲートの調整を手伝ったユリーシャ。バラン星の偵...
2013/08/05(月) 22:33:56 | ぬる~くまったりと
- 巧遅は拙速に如かず(こうちはせっそくにしかず) - まるで兵法家・孫子の言葉のように迅速に行動する沖田。スピード命!という展開がツボに来ました。 対・反射衛星砲戦に
2013/08/06(火) 14:12:09 | ひそか日記
もしもあの時の指揮官なら・・・。ヤマトとドメル艦隊が七色星団で激突する!!!「昏き光を越えて」亜空間ゲートを超えてバラン星へたどり着いたヤマト。そこには一万隻に及ぶガミ...
2013/08/06(火) 23:45:34 | おぼろ二次元日記