Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
宇宙戦艦ヤマト2199 第十一話「いつか見た世界」
 すっかり遅くなりました。ヤマト2199第十一話のレビューをお届けします。今回はちょっと短めに。

 まずは、サブタイトルの考察を入り口に書いていきますね。

 「いつか見た」のは、「世界」なのね。「風景」とか「光景」とかじゃなくて。

 「いつか見た風景」や「いつか見た光景」だと、そこに見えるのはホントに光学的に目に映るものが大半、って意味合いになると思います。だけど、このサブタイトルは「いつか見た世界」。目に映るのは「世界」なんですよね。ヒトの、ちっぽけな両の目に収まるものは決して多くはないのに、そこに、いつかの日に垣間見えたのは、とある「世界」だと言うんです、このサブタイトルは。

 じゃあそれは、誰の目に映った世界なのか、どんな世界だったのか。その辺を解きほぐしていくのが、今話はなかなかに楽しいです。

 だって、始まって初っ端に流れてくるのが、オールドファンなら聞き覚えのあるあのメロディで、ドメル艦隊の闘っている相手がガトランティスだって言うんだもの、そりゃあ、「誰」は「オレ」で、「世界」は「さらば~」じゃねーのかと。「かつてオレの目に映った『さらば宇宙戦艦ヤマト』の世界」じゃねーのかとwww

 ああいや、もちろん、それが今話のメインというわけではありませんがね。
 
~~~


 この辺で、いったんサブタイトルの考察をひとまず脇に置いておいて。「ヤマト」を巡る、主に地球側の人々のドラマについて、ちょっとだけ整理していきましょう。

 主要乗組員にはそれぞれ、個別のちょっとしたドラマが用意されている節があります(節がってゆーか、第六章まで見ちゃった身としてはもっと明確にわかることもあるんですが、それはまたの機会にして)。例えば、真田さんは非人間的に見えて実は過去に何か抱えてるっぽい、とか。新見さんはイズモ計画の目指したところを捨てきれてない部分があるとか。伊東は何か腹黒そうだし、藪は何かフラフラしてるし、他にも色々あるけど、そういうそれぞれの「何か」が、意識して提示されているように見えるんですよ。

 で。

 登場人物によって多寡はありますが、それはそれぞれの形で、昇華していく過程が多少なりとも描かれていくことになります。今話で昇華されているのは、山本玲なわけで、彼女が「スッキリした」と言っているように、彼女の中にあった問題=ドラマのコアは、ここで解決を見せていると解することができます。

 面白いなと思うのは、彼女のドラマの「提示部」と「解決部」とが、恐らく意図的にでしょう、あえて異なるタイミングで行われているところです。玲のドラマの「提示部」は前回、第十話なんですよ。それが今回、第十一話で解決を見ている。これが、両方とも玲メインの話として紡がれているならば、まあ「よくある二話構成」ってことで収まるんですが、今話はどう見ても玲単体の話なんかじゃありません。島のドラマに係る「提示部」でもあるんですよ。そこが、実に面白いですね。

 「群像劇」というものは、元々そういうもの、ではあります。誰かがメインを張りつつも、その他の人物のパーツも少しずつ混ぜて提示してくる、それはよくあります。だけど、ここまで明示的に遁走曲(フーガ)よろしく、追っかけのような構造で見せてくるものというのは、私の不勉強ゆえなのかもしれませんが、あまり見かけないんですよね。

 前回提示された玲の、「肉親を殺された故の、ガミラスに対する癒えない憎しみ」。それが今回、手を伸ばしたメルダの姿が、その憎しみの原因である兄の姿と重なって見えた時に、間違いなく解消されているわけですが、その一方で島の抱える同じ種類の懊悩と並行して描かれているんです。

 すると見ている側としては、島の抱えるこの問題も、やはり解決に向かうんじゃないの、って風に受け取ることができるんですよね。この辺の流し方の巧さは、2199のシリーズ構成の妙だと思います。


~~~


 「いつか見た世界」。それは誰の見た、どんな世界だったんでしょうか。


 私が思うに一つには、「玲がかつて見ていた、自分のところへ帰還する兄が手を差し伸べてくれる世界」なんだろうなと。爆散したファルコンから脱出した玲が見た、現実のメルダと幻の兄の二重写しの光景は、その象徴でしょう。かつての幸せを、憎しみしか抱けないと思っていたガミラスの中に見たことで、彼女の閉じた心は解放されたわけです。

 そして、もう一つには…「島が幼い日に父から託され思い描いた、宇宙人とも友達になれる世界」なんじゃないかと思うんです。

 こちらは、島自身が今話では解決に導かれていないため、私も初見時にはちょっとモヤッと感が残ったんですが…上記の視点を踏まえて終盤近くを見直すと、「メルダの伸ばした手を玲が掴む」シーンと、「ヤマトを去るメルダとそれを送り出す古代が、相互理解の握手を交わす」シーンとが、実に深い意味合いを帯びたシーンであることが、ずーんと胸に響いてくるんです。

 島はまだ救われていないけど、ちゃんと救われる要素はあるよと。「いつか見た世界」は、ちゃんと「今もここにある世界」だよと。そのことを、今話は言外に示すように組み上げられていると思うのです。



 ドメル艦隊にシビれまくったこととか、沖田艦長の言葉の端々の重さ~沖田艦長の、口には出さないその思いも含めて~とか、細部のパーツで語りたいことはまだありますが…一番語りたい大骨のところが書けたので、今回はこれで締めたいと思います。次回は遅れずに書けるかなぁ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 劇場版グレンラガン・紅蓮篇 (2008/09/10)
 リトバス 第26話「最高の仲間たち」 (2013/04/07)
 日常の第11話 (2011/06/22)
 CLANNAD 第16回「3 on 3」 (2008/02/15)
 レールガンSの第一話を見てみた。 (2013/04/14)
 かんなぎの視聴方針につきまして (2008/10/30)
 仮面ライダー電王 第8話「哀メロディ・愛メモリー」 (2007/03/18)

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/4704-ac8f29c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
第11話 いつか見た世界 小マゼラン銀河、ガミラス軍とガトランティス軍との戦闘。指揮はドメル将軍、宙域の敵の7割を撃破。ディッツ提督からの連絡でガミラス帝星に戻って 勲章を
2013/06/21(金) 00:15:14 | ぬる~くまったりと
今週は、ガミラス艦の戦闘シーン。 指揮するのは、懐かしのドメル将軍。ていうか、あの敵艦は「バルゼー」じゃなかったっけ? 昔、100円のプラモデルを作った記憶があります。似てい
2013/06/21(金) 02:52:41 | 四十路男の失敗日記
地球からガミラスに仕掛けたんじゃ……どうするの。 仕掛けておいて人類があと一年で滅びると言う状況まで追い込まれてて、 降伏したら二等臣民にしてやるって実はかなり優しいん...
2013/06/21(金) 03:11:18 | 真実悪路
いきなり序盤から本格的な宇宙戦争やっていて違うアニメかと思いました← ガミラス艦の機動性が段違いすぎだろ、とてもヤマトが勝てそうには思えないんだけど… ガミラス人が地球...
2013/06/21(金) 07:00:54 | 進撃の巨人のクリスタ・レンズことヒストリア・レイスとマギのモルジアナが好きだあっ!!(新さくら日記)
MV SERIES(ミュージックビデオ シリーズ)宇宙戦艦ヤマト2199【Blu-ray】(2013/07/24)V.A.商品詳細を見る メルダ・ディッツの話によると戦争を先に仕掛けてきたのは 国連宇宙軍だという
2013/06/21(金) 10:24:07 | 北十字星
ヤマト11話を見て来ました。 地球とガミラスとの戦いの最初の所がよくわかった気がします。 あの艦内でみていた映画を見てみたいなと思いました。 そして冒頭の戦闘、やっぱりガ...
2013/06/21(金) 10:38:28 | TKM研究室
きっと宇宙人とも仲良くなれると思うんだ。幻に終わった過去・・・。「いつか見た世界」ガミラスのパイロット・メルダが艦内に残ったヤマトでは、その処遇を巡って意見が対立してい...
2013/06/21(金) 14:52:09 | おぼろ二次元日記
「いつか見た世界」 メルダ編・後編とも言うでしょう。彼女の来訪によりもたらされた
2013/06/21(金) 15:14:02 | 色・彩(いろ・いろ)
ドメルキター!!カッコよすぎ!「敵を分断する。第7戦闘団前へ!!楔を打ち込め!!
2013/06/21(金) 20:44:03 | くまっこの部屋
夕方らしからぬ大胆な入浴シーンにビックリ!  玲だけでなく露出度的に負けてた雪さんの本気モードも。き…きわどい… メルダは漂う玲を救いヤマトに逆戻り。戦いが終われば
2013/06/22(土) 07:47:54 | ひそか日記
JUGEMテーマ:漫画/アニメ 小マゼラン星雲で、ガミラス艦隊が敵勢力と激突。メカデザインから、旧ヤマト2のガトランティス艦隊と思えます。名将ドメルの指揮のもと、ガミラス軍は戦...
2013/06/22(土) 19:13:00 | ふるゆきホビー館