Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
中二病でも恋がしたい! Episode VIII「二人だけの…逃避行」
 「逃げちゃいかん!」とか言うのは、割とカンタンなんですよ。

 唯々諾々と人に従って「逃げないでいる」というのも、思考停止を前提とすればそんなに難しくない、と思います。


 だけど、自分で考えて結論を出すのは、もっとずっと難しいんです。


 己が思いに背かず、しっかり自分自身と向き合った上で、納得のいく結論を…そりゃ、時にはゴールまで辿り着くのに時間がかかるだろうし、成長の途中にいる少年少女ならなおのこと。

 だから、「逃げ」かもしれないその行動でも、今は温かく見守ってやろうじゃないですか。それは、彼らにとって、きっと必要なことのはずだから。

 夏の夜の、ひととき。そこには、大切な何かがいっぱい詰まっていて…逃げることでさえ、特別なものをもたらしてくれそうな気がするのです。
 
~~~


 まあ、ゲンジツセカイの今は冬の入り口で、しかも北海道に居を構える私は心身ともに冷え切り、震えながらこの文章を打っているわけですが(一部誇張アリ(^^;)。

 1~2クールで放映される、日常的な描写が含まれるアニメではざらにあることですが…リアル側の季節と作品中の季節がミスマッチしてなかなか辛い、という現象がまま起きます。しょうがないんだけどね、こればっかりは。

 もう一つ、私が個人的に今回辛かったミスマッチは…前回ラストでとんでもないボルテージまで高まって終わったこの流れが、今回は意表をついてやや大人し目のところにストンと落ちたことです。いやぁ、あの傾斜角のまま更にスゴイのが来るんじゃないか、なんて思いを抱いたのが迂闊だったのかなぁ…。

 仕事で疲弊していたことも手伝って、このミスマッチ感覚を消化し切るのに、ほぼ24時間かかりました。そんなわけでちょっとアップが遅れてしまいましたが…それでも読み解ける場所が皆無だったわけではないので、気を取り直してEpisode VIIIのレビューをお届けいたします。


 まずは、アバンの話から。


~~~


 京アニ作品では、非常に珍しいアバンです。


 元々、京アニはバンクシーンを使うことが非常に少ないんですよ。そして、アバン冒頭が前回引きのバンクから始まるとなると、ほとんど記憶にありません。いや、私が自分に都合よく忘れているだけで、探せばいくつかは見つかるんじゃないかと思いますが、ごく少ないことは間違いないんじゃないかな。

 これは、前回からの続きとして今回の話を紡ぐ上で、「これから妄想バトルに入ります」という提示が必要だったため、なんだろうと思うのですが…ちょっと気になる部分があります。前回ラストの数十数秒をそのまま持ってきてるわけじゃないんですよ。六花と十花、そして勇太が、夜の空き地に立つ様子を俯瞰するカットから今話は始まるんですが、Episode VIIの通りだとこのカットの後に六花の横顔のアップになって、眼帯の裏から涙が一筋流れるんです。そして、「売地」の看板を斜めになめるアングルが入り、六花を背中側から撮るアングルでシュバルツゼクスを展開する仕草が入りますが…この部分、尺の調整のためでしょうか、今話のアバンでは割愛されてます。その後は、Episode VIIの流れの通り。

 単純に、前回の続きから、って提示をするだけであれば、六花の絞り出すような声で「爆ぜろリアル…弾けろシナプス…」って言うところから始めても、特に不都合は無いと思うんですよね。だけど、今回のアバンでは、短く収めなきゃという要請があるんでしょうに、それでも「六花・十花と勇太の三人を俯瞰するカット」だけはあえて入れてきています。これは、この俯瞰カットが、それなりに重みのあるカットだからなんじゃないですかね。

 このカットを改めて見てみると…前回は全然気付かなかったんですが、六花の立ち位置と、十花・勇太のそれとは、明らかな違いがあるんです。かつて小鳥遊家の家があった空き地に立っているのは、六花一人。十花と勇太はその横の、別な敷地に立っています。この地に関わりを持たない勇太と、既に自分の気持ちに整理を付けている十花は、外にいるんですよね。だけど、この場所に未だ強い思い入れを抱く六花は、その中に立っている。

 このことが、妄想バトルに入ってからの、「かつての家」が再現されるところと、ちゃんと関わってくるんですよ。

 あれ見た時、頭をガツンとやられたような衝撃を覚えたんですよね。六花は、「現実には失われてしまった家」を、自分のイメージの中ではまだ保持していて、まるでそれを守るために十花と戦うかのような、そんな描写になっているんですもん。そしてそのことは、アバンの最初に提示されているわけです。六花は、今こうして悲しい現実と向き合って涙さえ流してもまだ、「ここが守るべき大切な場所だった事実」を捨てていない、ということを。

 でも、その、彼女なりの頑張りは…砕かれちゃうんですね。妄想バトルの最中に、「わかってるだろ!どうしようもないことくらい!何も出来ないことくらい!」と十花に言われ、妄想で作り上げた家が紙細工に過ぎないことを悟り、しかもそれが目の前でメラメラと燃えていくイメージさえ浮かんで…いやー、切ないよね。

 バカげたことだと思いますか?オレぁ思えないね。いや、妄想バトルを仕掛けてまで「それでも守らなきゃ」という行動はとらないだろうけど…でも、失われたものへのどうしようもない思いってさ、受け止めきれないことはあるんだよ。だからさ、そう言って諭しているはずの十花もさ、泣いてるじゃない。あれは、六花が言うことを聞かないから、って理由で泣いてるわけじゃないんだよ、自分もそうやってダダをこねられたらどんなにいいか、ってね、割り切れない思いを抱えながらも大人として振る舞おうという十花の「ジレンマの涙」なんだよ。


 六花の割り切れない気持ちもわかってるけど、それでも大人にならなきゃと思ってる十花。


 十花の言うようにどうしようもないことだとわかってるけど、それでも大人になって割り切ることができないでいる六花。


 どちらも、方向や立場が違うだけで、同じ悲しみを挟んで対峙しているわけですよ。だから、今回の妄想バトルは、もうどこまでも切ないんです。


 そしてまた、その間に割って立つ勇太は…どちらのこともわかるからこそ、間に立つわけです。

 Episode Iで六花と勇太は、こんなやり取りをしていました。

六花「ある。力は、ある。」

勇太「ないよ!」

六花「ある。」

勇太「……あのなぁ!」

六花「ある。だから、捨てないでほしい。」


 そして今回、上記のやり取りがフラッシュバックする、こんな六花の言葉が。

十花「不可視境界線なんて…」

六花「…ある!

   不可視境界線は、ある!」


 この意固地な言葉は六花なりの、「どうしても失ってほしくないものを守りたい」との気持ちの発露なんだよね。

 ほら、どうですか、この「アバンだけでレビュー一本になりそう」な分量の情報量は。バンクを使ってさえこんなんなっちゃう京アニのアバンは、やっぱし何かおかしいです(無論いい意味で)。


~~~


 Aパートに入ってからの、勇太と十花のやり取りは、上記のアバンの描写を裏付ける、大事なことをいくつも語ります。

 ただ、ここは邪推云々ではなく、言葉をかみしめ、眉を寄せて、魂を揺さぶられながら画面に見入ればヨシ!なので、当ブログ的には今回は割愛させていただいて(ぇー。むしろその後のことの方を語らせていただきましょう。

 「逃避行」というからどこに行くのかと思えば…この二人、家に帰っちゃうんですもん。何でだよ!って最初は壮絶に突っ込みを入れました。だけど、見ていくと、あーなるほどねと。

 一つには、この記事の冒頭でも書いたように、これは「辛い現実からのいっときの逃亡」なんですよね。そりゃ、いつかは受け入れなきゃいけないんでしょう、それはそうだと思いますよ。だけど、今は、いいじゃない。六花だって、わかってる部分が無いわけじゃない、けど、今は受け入れられないんだよ、壊れそうなモノを辛うじてこれで受け流しているんだよ。

 もう一つは…一色と勇太の対比が何度も出て来るところでわかりました。一色たちが留まっている東浜見のあの場所は、彼らにとっては日常の反対側です。これに対して、勇太たちの戻ってきたあの家は、日常そのもので。辛い現実から妄想に逃げる選択をしていたはずの六花が、非日常から日常へと逃亡しているというのは…ナンか捩じれてるでしょ。ねぇ。クロスオーバーというか、たすき掛け状態というか。

 でもこれは、多分ですけど、意図されているものだと思います。現実と妄想、非日常と日常とは、表層は対極にあるように思えても、実は相互に同じものなんじゃないかと。だとしたら、上記のは捩じれでも何でもないんですよね。辛い現実から一時退避することが、日常へと帰ることだったとしても、全然矛盾しないんです。

 そのことを補完するような、東浜見から帰る電車の中のシーンが、これまた実にいいんです。

目が合った。


 そういう六花は、電車の窓ガラス越しに勇太を見るんです。窓ガラスを挟んだこっちとあっちは、リアルと虚像の、或いは真実と妄想の象徴です。だから、それは普通は別なものと認識されるもの、交わらないはずのものなんですが…ちゃんと届いてるんだよね、リアルの勇太に。




 リアルと妄想が互いに通じ合うもの、関連しつつ前へ進めるものだとして。そのことを、言外に、或いは無意識的に悟りつつある勇太と六花は、必然的に、次第にその距離を縮めていくことになります。元より、かつては中二病だった勇太が六花のことを判らないはずがなく、これに加えて、「ある」かのように思えていた中二病との境界線が、実は存在しないも同然なのであれば…今の六花を今のまま、勇太は受け入れられるんですよね。勇太自身のアタマはまだそこに気付いていないようですが、ひょっとしたらキスを迫られるんじゃないかというあの時に、拒絶できなかった勇太のハートはもう、六花を受け入れているんじゃないかしら。ねぇ。

 六花は六花で、あのドキドキの理由を本人はわかっていないようですが、どう考えたってアレは勇太が好きになってるんだよね。それを恋だと自覚するまで、或いはそれを何らかの愛情表現として出せるようになるまで、彼女にはあといくつ試練が訪れるのでしょうか。向き合わねばならない現実との決着も含め、道のりはまだ遠そうなのですが…。

 「中二病でも恋がしたい」というタイトルに繋がりそうな展開がようやく始まった今話。放映の残りはあと4話、あとひと山ふた山は普通にありそうですね。OPの「手をつなぐ二人」に象徴されるハッピーエンドが来ることを祈りつつ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 中二病でも恋がしたい! Episode II「旋律の…聖調理人」 (2012/10/12)
 フルメタル・パニック!TSR Scene11「彼の問題」 (2005/10/06)
 旧劇場版前後のエヴァ特集の雑誌 (2012/11/17)
 これから見るのだ。 (2009/08/12)
 仮眠失敗王の巻。 (2010/08/18)
 アンジェリーク第2期決定!って早ッ! (2006/09/13)
 動画それぞれ (2005/10/03)

テーマ:中二病でも恋がしたい! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
トラックバック戴きました「たらさいと」のtaraと申します。
はじめまして<(_ _)>

形式的なトラックバック返しはしていないのですが、トラックバック送信に関するポリシーを拝読して感銘を受けました…
これだけ深い洞察と作品愛に溢れたレビューを書かれているてりぃさんが自分の雑文に目を留めて下さったことを嬉しく思います(^^)
関連記事としてリンクを張らせて頂くと同時にトラックバックお送りしました<(_ _)>

本来ならWeb拍手で送るべき内容を長々と失礼しました;
記事を読ませて頂いての感想ですが、アバンの演出の分析に「成程~!」と思わされること数度…特に、三人の立ち位置に着目して今回のアバンの意味を探る考察には唸らされました。
お蔭で今話の見方がかなり変わった気がします(^^;)
2012/11/24(土) 14:33:11 | URL | tara #nDWZmiCw[ 編集]
TBポリシー
>taraさん

せっかくコメントいただきましたのに、一ヶ月以上も放置状態で申し訳ありませんでした。

>トラックバック送信に関するポリシーを拝読して感銘を
>受けました…

もう何年も前に決めたポリシーですが、今も一応遵守しておりますね。おかげで、皆さまの記事を読みに行く時間が全然取れない時期に書いたレビューは、TB数が異様に少ないという状況もあって、なかなかに悩ましいものだったりもします。

他の方が書かれたレビューは、当然それぞれに特色があり、自分が気付かなかったところにハッとすることも多いです。その意味では、やはり読ませていただいてなんぼかなぁと。自分のためにやってるようなところもありますので、そんなにお褒めいただくと恥ずかしかったりするんです。

>関連記事としてリンクを張らせて頂くと同時にトラック
>バックお送りしました<(_ _)>

どうもありがとうございます。今後ともTBを張りに伺いますので、よろしくお願いします。

>お蔭で今話の見方がかなり変わった気がします(^^;)

私の拙文がご参考になったとのこと、とても嬉しいです。中二病~は終わっちゃいましたが、また別の作品でもきっとお世話になりますので、よろしくお願いしますね。
2013/01/02(水) 02:27:47 | URL | てりぃ #fH1m39MM[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/4379-247301b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
『二人だけの…逃避行(エグザイル)』
2012/11/24(土) 01:07:41 | ぐ~たらにっき
へちまタワシとか懐かしいなぁ。 小学校のとき、栽培→作った覚えがあります。 ただ、それで体を洗った覚えがない……。
2012/11/24(土) 01:44:13 | 雨晴時曇
父の死を受け入れない六花ちゃん。 現実を受け入れろって十花姉さんに反抗するが... 傷心の六花ちゃんを癒すのは勇太の役目となりますw しだいに見えてくる六花ちゃんの恋心が良
2012/11/24(土) 02:04:48 | 空 と 夏 の 間 ...
中二病でも恋がしたい! 第8話『二人だけの…逃避行(エグザイル)』今回は・・・なんか青春してますね。六花にはまだ現実を受け入れるのは難しいか。まぁ、ゆっくり時間をかけ ...
2012/11/24(土) 02:34:36 | ニコパクブログ7号館
中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray](2012/12/19)福山潤、内田真礼 他商品詳細を見る アニメ 中二病でも恋がしたい! 第8話 二人だけの…逃避行 現実という波に曝され こぼれ落ちてい
2012/11/24(土) 04:35:44 | 腐った蜜柑は二次元に沈む
六花ちゃん、恋する乙女モード発動! 中二病アプローチでもいいじゃなイカ。 少しずつ進展していく感じでほほえましい(^^) 家庭内の問題はゆっくり時間をかけて解決ということなの...
2012/11/24(土) 05:13:38 | のらりんすけっち
あらすじ・・・昔の出来事を受け入れられないでいる六花は、今もなお、そのことを拒絶し続けている。 拒絶することで現実まで見えなくなっている六花を心配する十花は、現実を ...
2012/11/24(土) 05:20:33 | 続・真面目に働くアニオタ日記
これは、キュンてくるなぁー。初めてのお泊りでモジモジ。 からあげ 「あーん」や おにぎり 「パクッ」 これはかなり好感度上がっていますよねー、恋してますねー。 勇太の匂いが...
2012/11/24(土) 06:08:36 | サラリーマン オタク日記      
恋に、目覚めた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211220000/ 中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]ポニーキャニオン 2012-12-19売り上げランキング : 43Amazonで...
2012/11/24(土) 06:09:01 | 日々“是”精進! ver.F
お父さんのことを受け入れられない六花(CV:内田真礼)は、現実を見るように強いる姉の十花(CV:仙台エリ)とやり合っていました。 でも、リアルの世界では十花が一方的に六花をボ
2012/11/24(土) 06:13:40 | ぷち丸くんの日常日記
中二病でも恋がしたい! 8話「二人だけの・・・逃避行」 の感想を 無表情な「立花」、その仮面の下では多彩な色か駆け巡る ムキになり、悲しみ、笑顔になり、ドキドキする 闇の
2012/11/24(土) 06:18:32 | おもしろくて何が悪い
爆ぜろリアル!弾けろシナプス! バニッシュメント・ディス・ワールド! まさに爆ぜろリアル… 更地の売り地になっていた 六花のオリジナル拠点、この現実を吹き飛ばす為に 六花は
2012/11/24(土) 06:32:50 | ゴマーズ GOMARZ
中二病でも恋がしたい! EpisodeVIII「二人だけの・・・逃避行(エグザイ
2012/11/24(土) 07:31:51 | 藍麦のああなんだかなぁ
中ニ病でも恋がしたい!の第8話を見ました。 EpisodeVIII 二人だけの…逃避行 「いつまでくだらないことをやっているつもりだ!?楽しいか?そうやって子どもみたいにわがまま言
2012/11/24(土) 08:57:04 | MAGI☆の日記
中二病って何だっけ。 中二病という言葉の解釈、使用があまりに都合良いな。
2012/11/24(土) 09:36:49 | 大海原の小さな光
中二病でも恋がしたい! (4) [Blu-ray] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2013/03/20 メディア: Blu-ray クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る 昔の出来事を受け入れられないで
2012/11/24(土) 10:21:28 | 海猫の棲む入り江
【二人だけの…逃避行(エグザイル)】 中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]出演:福山潤ポニーキャニオン(2012-12-19)販売元:Amazon.co.jp 修羅場は強力な結界で・・・(凸守さんが切られ ...
2012/11/24(土) 11:09:54 | 桜詩〜SAKURAUTA〜
勇太と六花、一つ屋根の下でふたりっきりのドキドキお泊りイベント回でした。 連れ込んでから意識しまくりだったのは歳相応でしたが、むしろ、連れ込むまでは何の躊躇いもなく、さ
2012/11/24(土) 11:15:07 | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
観てるほうもドキドキしてきた。
2012/11/24(土) 11:24:57 | Little Colors
一色\(^o^)/オワタwww ・・・それはさておき、姉妹の年齢が離れている上に十花も性格が不器用っぽいので、六花のことは勇太が繋ぎ目となってこれから徐々にどうにかする、という...
2012/11/24(土) 12:01:24 | ボヘミアンな京都住まい
中二病8話を見てきました。 今回は六花がメインな話でしたね。 六花ちゃんの可愛さあふれる表情を見ることができて満足です。 あとはくみん先輩の生い立ちが少しわかった感じで
2012/11/24(土) 12:15:18 | TKM研究室
中二病でも恋がしたい!EpisodeⅧ「二人だけの・・・逃避行(エグザイル)」 です。 <キャスト> 富樫勇太:福山潤 小鳥遊六花:内田真礼 丹生谷森夏:赤﨑千夏 五月七日くみん
2012/11/24(土) 12:37:00 | 何気ない一日
第8話「二人だけの…逃避行(エグザイル)」 前回の引きから間髪入れずに中二バトルです。 現実が受け入れられない六花。 しかし事実は変えられない。六花の中二病は十花さんに
2012/11/24(土) 13:12:14 | いま、お茶いれますね
中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray](2012/12/19)福山潤、内田真礼 他商品詳細を見る 中二病でも恋がしたい! Episode 8「二人だけの…逃避行(エグザイル)」感想☆ 『胸騒ぎがする…ドキド
2012/11/24(土) 13:18:05 | ALISA の LOVE DESTINY
二人だけの逃避行…いいですねぇ(うっとり) 言葉の響きだけで琴線にビシバシとヒットするシチュエーションです♪ 前回の引きを受けてどんな話になるのかが注目だった今回の第8
2012/11/24(土) 14:15:26 | たらさいと
ドキドキが止まらない―
2012/11/24(土) 19:36:06 | wendyの旅路
アニメ、中二病でも恋がしたい!8話「二人だけの・・・ 逃避行 ( エグザ イル )」を見ました。 アバンから、実家跡地での妄想戦闘。 「どうしようもない」 そして、六花をかばう勇
2012/11/24(土) 21:08:59 | すずめ親衛隊
中二病でも恋がしたい! 第8話『二人だけの…逃避行 ( エグザイル ) 』の感想です! 六花たんが恋に落ちた!?ニヤニヤが止まらねぇぇぇえ! 父親との思い出が詰まった家が...
2012/11/24(土) 22:51:14 | キャラソニ!
勇太、勇太はどこでダークフレイムの力をどこで手に入れたの?リアルに侵食される六花のセカイ。頭では理解しているけれど受け入れることを認めたらそのセカイは・・・ しかし彼 ...
2012/11/24(土) 22:51:32 | ヲタブロ
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/11/post-edc2.html
2012/11/24(土) 23:10:18 | うたかたの日々別館
中二病でも恋がしたい! 第8話。 現実を受け入れきれない六花と、勇太の逃避行。 以下感想
2012/11/24(土) 23:49:12 | 窓から見える水平線
「中二病でも恋がしたい!」の第8話です。 六花の里帰りの続きです。前回は六花の両親といった家族のことが触れられたり、前に住んでいた家が既に売地になっていたりしたことが
2012/11/25(日) 09:23:43 | なになに関連記 swung dash-style
勇太がイケメン過ぎる!! そりゃ六花も惚れちゃいますよ。 見ているこっちがドキドキしました。
2012/11/25(日) 11:01:51 | 気ままに歩く〜Free Life〜
「二人だけの…逃避行(エグザイル)」 現実を受け入れられない六花は十花と対決することに。 魔術バトルがはじまるが、 そこに勇太が六花をかばう。 十花の言うことも
2012/11/25(日) 12:15:31 | ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。
中二病でも恋がしたい! 第8話「二人だけの・・・逃避行(エグザイル)」 昔家があった風景をイメージして戦う六花。そんな六花にわがままを言って楽しいか、母を恨んでいるのか、
2012/11/25(日) 13:58:46 | ひびレビ
「胸騒ぎがする、ドキドキする、ワクワクする」それを恋っていうんだよ六花ちゃん。中
2012/11/25(日) 14:47:25 | くまっこの部屋
勇太「あれ? お前いつの間に制服に着替えたんだよ?」 六花「勇太、それは言っちゃダメ」
2012/11/25(日) 20:24:45 | アニメとゲームな日常
受け止められない『現実』 現実から逃げた先に待っていたもの 中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray](2012/12/19)福山潤、内田真礼 他商品詳細を見る
2012/11/26(月) 00:49:31 | せーにんの冒険記
「二人だけの・・・逃避行」 久しぶりに空想世界?バトルをみた。 正論なんだけどね。でも気持ちはわかる。 福山さん、いい仕事してらっしゃる! ぐっときてしまいます。 ツインテ...
2012/11/26(月) 23:46:52 | 朔夜の桜
ドキドキナイト!! 「中二病でも恋がしたい!」の第8話。 「爆ぜろリアル!弾けろシナプス!バニッシュメント・ディス・ワールド!!」 十花と剣(?)を交える六花、しかし太...
2012/11/27(火) 02:21:53 | ゆる本 blog
中二病でも恋がしたい!Episode VII「追憶の・・・ 楽園喪失 (パラダイス・ロスト) 」を観ましたので感想などを。 予告を観ますに、どうやら次のエピソードを観てしまうと、
2012/11/29(木) 00:12:41 | 丈・獅子丸の咆哮 (新館)