Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
氷菓 第十五話「十文字事件」
 自分の抱える問題が、きれいに、何一つ無くなった瞬間なんて、今までに一度もない。

 いつだって僕らは、多かれ少なかれ、或いは大小を問わず、常に何らかの問題に悩まされ続けている。「問題がない」というのは、ウソか間違いだ。あえて目を逸らして「問題がない」かのように振る舞っているか、問題に気付けていないだけで、問題そのものが存在しないわけじゃない。

 問題は、ある。いつも、ぴったりと自分に寄り添って。

 でも、それを悲観することはない。問題があっても日々は動いていくものだし、僕らも少しずつ前に進んでいくものだからだ。問題がある。いいじゃないか。問題を解決しようとしてうまくいかなかったり、新たな問題が出てきたり、やっかいなことだらけだ。でもそれでも、僕らは、世界は、ちょっとずつ進んでいくのだから。

 問題は、ある。それでも前に進み続ける、僕らとともに。
 
~~~


 さて。


 前回の痛快かつ疾走感あふれるバトルから一転、仕切り直しのような印象を受ける今回ですが…。


 正直、どうしたらよいものやら。orz


 前回のレビューで私は「摩耶花の復活劇」と書いたのですが、ああ書きながらも「全てが順風満帆になったわけでもないんだよなぁ…」という漠然とした感覚もまた抱いていました。実際、その通りの展開になったわけですが、これは実に書きづらいんですよ。感覚を一度リセットしないといけないんでしょうが、なかなか上手くいかず。

頑張ってみましょうよ、てりぃさん


難しい、ですか?


 ムリd…いやいや、決して無理というわけではないんですけどね。私にも色々とあれこれの問題が…。


 …愚痴ってても言い訳しててもしょうがないんで、出来る範囲で、書き下してみますか。今回はちょっと薄味になるかもですが、ご容赦ください。


~~~


 この回は、古典部メンバーそれぞれの抱える「問題」の再配置・再認識の回なのだと思います。それがストーリー上だけでなく、この文化祭イベントの当初に立ち返るような演出でも示されていますよね。

 それは、今回のラストシーン。古典部のメンバーがそれぞれに過ごす、文化祭二日目の夜の描写です。これ、第十二話アバンと同じスタイルですよね。でも、あそこで示されていた構図~問題ごとを抱えてそれに囚われている風の女性陣と、問題ごとに煩わされることなく思いのままに過ごしている男性陣~とは、かなり異なっているのが面白いです。端的に言って、このラストシーンから判断する限り、問題に囚われていないように見えるのは奉太郎一人です。残りの三人は三人とも、それぞれの問題を抱えているんですね。



 えるの抱える問題は、「自分の果たすべき役割が果たせない」「自分にはこの役割は不向きなのではないか?」という辺りに集約されると思います。

 入須から伝授してもらった方法を実際に試す辺りは、ある意味微笑ましく思いましたが…まあ、無理ですわね、あれは。言葉じりに囚われてしまっていて、本質がわかっていない感じです。そもそも、「打算」を効果的な形に組み上げてから外部にアウトプットできる人間、というのは、それほど多くありません。えるの「出来なさっぷり」は清々しいほどに突き抜けていますが、多かれ少なかれ、誰も入須のようにはできないでしょう。だから、えるはえるなりにやればいいと思うんです。思うんですが…。

 彼女にとっては、自分のダメさがどうしても気になってしまうんでしょう。

お願いして回るのは、私がすべきことですけど…

何だか、疲れました…。


 やらなくちゃいけないこと。だけど、上手くできないこと。それが彼女を疲れさせます。…ううん、他人事とは思えませんね(苦笑)。



 摩耶花の抱える問題は、彼女の居場所ごとの在り方と自分らしさ、その狭間での苦しみというところでしょうか。

 前回の復活劇を以て、いったんは笑顔と彼女らしさの戻った摩耶花ですが、漫研での微妙な空気はそのままなんですよね。だから、古典部にいる時間を必要以上に延ばしたり、ここにいちゃ悪いのかと奉太郎に当たったり。それで漫研に戻ってみれば、イヤな感じの同級生が聞えよがしに嫌味を言うわ、そのことを先輩にたしなめられたのを逆恨みしてくるわで、やっぱりいいことがありません。

 その日の最後に古典部に戻った摩耶花の様子は、一目でそうとわかるくらいに疲れ切っています。せっかくワイルド・ファイアで取り戻せた「彼女らしさ」が、元の木阿弥です。

うわ…

私のは百枚落ちる…。


 自分に対する自信のなさや揺らぎ。そういうものが、上記の一言には凝縮されてると思うんですよね。人から非難され続けている時って、得てしてこういうものなんだけど…。



 里志の抱える問題は、「奉太郎は真価を発揮したのに、自分はこのままでいいのか」ということに尽きると思います。

 これまでも何度か、奉太郎をうらやましく思う旨の発言・描写がなされてきた里志。思えば第五話アバンというごく初期でさえ、「光の下の奉太郎、影の中の里志」という演出がなされていて、一貫して里志は「奉太郎のように表舞台に出ない存在」というモチーフが匂わされているんです。…実際に彼が影なのかどうかはさておいても、少なくとも里志は本当に奉太郎の才能をうらやましく思っていますし、それが自分に無いことにコンプレックスを抱いています。それが、ここに来て遂に「自分も力を発揮したい」という願いに向けて動くんですね。

 ただし、やや先走って怪盗十文字を捕まえようとして果たせず、そのことを奉太郎と話していて「気づいてたなら教えてくれよ…」とつい口に出してしまう里志は、自己による自己実現の道に、なかなか乗りきれていないようにも見えるのですが…。

奉太郎。

十文字は僕が捕まえてみせるよ。


 自分も、真価を発揮して見せる。そう誓う里志は、それはそれでアリだと思うのですが…何か、「自分には見えづらいちょっとした陥穽」にハマっているような気がしてなりません。別なやり方でも彼の良さと言うのは表に出てくると思うのですよね。この道に執着していること自体が、彼が既に「囚われしまっている」証左であるように思うのです。



 彼ら三人の抱える、それぞれの問題。



 それらは、個々に異なる問題でありながら、その根の部分は一つに収斂します。



 「彼らが自分らしくあるというのは、どういうことなのか」



 青春という人生の過程では、この「自分らしい自分」は往々にして揺らぎを生じ、紆余曲折を経て「確かな自分」へと至るものです。三人は皆、この「確かな自分」に至る途中の、迷いの中にいるわけですね。

 そしてそれは、「愚者のエンドロール」において、奉太郎が迷っていた道でもあるのです。

 第十一話で一度そっぽを向いてしまった奉太郎は、第十一.五話で、える達に救ってもらっています。

 迷い道は、自分ひとりで抜けなくてもいいんですね。むしろ、得難い伴侶やまたとない友人に支えられ、そうして超えていくことが多いのではないでしょうか。ただでさえ、自分の事はよくわからないのが人間なのですから。


亜也子と私、友達だから。



 力強い、一言。その力強さと、その確かさが、摩耶花にはまだよくわかりません。でも、彼女を救ってくれるのもまた、友人たる古典部のメンバーになるのではないでしょうかね。単に居心地のいい、彼女に都合のいい逃げ場所ではないはずです。


 彼らが「自分らしい自分」にまみえる日が、遠からず訪れることを願いつつ。





おお!通販もやっているのか。


 ただ一人、呑気極まりない風に見える奉太郎ですが…本当に彼は問題を何も抱えていないのですかね?

 そうですね、少なくとも今は、奉太郎が思い悩んでいる問題は無いのかも知れません。でも、「問題に悩んでいないこと」と「問題が無いこと」は別物です。

 奉太郎は、何故えるのことを無視できないんですかね?

 それは、自己実現とは別次元の問題ではありますが、大事なことでもあります。少なくともあの素振りからして、摩耶花には見え見えのようですよ?本当、自分の問題ってのは、自分にだけはよくわからないもんなんですよね…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 電王第22話 (2007/07/08)
 ハルヒちゃん十五わ・十六わ&ちゅるやさんそのはちっ (2009/04/04)
 フルメタル・パニック!TSR Scene02「水面下の状景」 (2005/07/22)
 日曜日夕暮れの再起動 (2012/11/04)
 Kanon PRELUDE (2006/08/30)
 けいおん!! 番外編 訪問! (2010/10/13)
 仮面ライダーカブト・FINALに寄せて (2007/01/21)

テーマ:氷菓 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
う…っ
薄味と言っておきながら、余すことのないこの密度!
くぅぅっ…さすがはてりぃさんです…。
読みながら何度も頷いてしまいました。
4人のそれぞれの「問題」、奉太郎だけノンキなイメージで今回終わりましたが、てりぃさんの仰るとおり彼は11話で一人だけ先にかなりデカイ問題にぶつかって砕けましたよね。
ザイル、そして本意の見逃し原因は「4人が一緒に解決にあたらなかったこと」だと思います。
里志の情報、摩耶花の指摘、えるの本意への解釈、「氷菓」の謎を解いた時みたいな結託があれば、今回の皆の問題も解決しそうですよね!

えるのお願い廻りも、里志の口添えの件どうなったんでしょうね(笑)
里志もまるで奉太郎への対抗心を燃やしてるようにも見えましたが、てりぃさんの言う通り、別のやり方での里志の良さ=奉太郎よりも優れている部分・活躍できる箇所が絶対あるのに!

…隣の芝生ってなんでいつも青いんでしょうね…。
私は作品全体を込みつつ1話を的確にレビューを紡げるてりぃさんがうらやましいです。

長々とすみません、来週もまた楽しみにしてますっ(^^)
2012/08/05(日) 03:17:12 | URL | まゆみ #mQop/nM.[ 編集]
え…っ
やっちゃったかなぁと思いながらとりあえず上げた記事でしたが、まゆみさんから何か過分なお褒めの言葉が!

ありがとうございます。

隣の芝生が青いのは、万国共通、老若男女問わずじゃないですかね?根拠は何もないですけれど、私はそういうものなんだと思っています。畜生、うらやましくなんかないぞ!(意訳:すんげぇうらやましい!)ってこれまでに何度叫んだことか…。

せっかくお褒めいただいたんで、これからも相応に頑張ります。今後ともよろしゅうに。
2012/08/05(日) 21:36:40 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/4250-72fcd936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
氷菓 15話「十文字事件」 の感想を いまだ完売は程遠し、山積みにされた例の”アレ” そんな所に宣伝効果絶大の十文字事件が勃発、これに乗らない手はないが… 肝心の古典部の探偵「折木 奉太郎」には、やる気の欠片も無かった 『 氷菓 』京都アニメーション?...
2012/08/05(日) 05:34:16 | おもしろくて何が悪い
氷菓の第15話を見ました 第15話 十文字事件 「珍しく弁当を作ってくれたのは有難いが、姉貴よ…何故エスニック…?」 奉太郎がお弁当を食べていると、ワイルド・ファイアに勝ったえると里志と摩耶花が...
2012/08/05(日) 05:43:50 | MAGI☆の日記
あいうえおかきくけこ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207300000/ 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]角川書店 2012-07-27売り上げランキング : 36Amazonで...
2012/08/05(日) 05:57:44 | 日々“是”精進! ver.F
氷菓15話 <あらすじ>  お料理対決「ワイルド・ファイア」で優勝した古典部。優勝の余韻冷めやらぬうちに、えるがまた気になる事件を持ち込んだ。「十文字事件」。十文字は ...
2012/08/05(日) 06:20:14 | ぴよあに映像探求
徐々にミステリーらしく話がまとまってきました。 ところで、古典部のメンバー、みんな頑張ってますよね。 千反田さん、かなりお疲れ気味です。 摩耶花ちゃん、素直に応援したい! 里志、健闘を祈る。 奉太郎、ひとり能天気です。今回も省エ...
2012/08/05(日) 06:24:00 | EVERY LITTLE THING
初の挑戦。
2012/08/05(日) 07:36:21 | LUNE BLOG
 奉太郎のお弁当の豪華さ。
2012/08/05(日) 07:41:34 | つれづれ
「氷菓」の第15話です。 神山高校文化祭に忍び寄る謎の盗難事件。いよいよその真相に近づいてまいりました。そこには、好奇心に満ち溢れた千反田さんと、それを何とか回避しようとする奉太郎。しかし、時...
2012/08/05(日) 08:06:02 | なになに関連記 swung dash-style
才能の有無と適材適所。
2012/08/05(日) 09:21:26 | うつけ者アイムソーリー
文化祭、結構引っ張りますね。 この分だと次回でもまだ解決しなさそうな感じですよ。 奉太郎は十文字事件について、えるが気になるから仕方なく考えてるって 惚れてるじゃないですか(笑) お料理対決「...
2012/08/05(日) 09:33:03 | ひえんきゃく
「奉太郎、十文字は僕が捕まえてみせるよ」 お料理対決では見事優勝した古典部だったが、 それでも宣伝だけでは弱いという里志。 もっと派手なことをやらないと!ということで、 十文字事件と奉太郎をセットで売り込むことを提案する。
2012/08/05(日) 09:40:07 | ジャスタウェイの日記☆
各部から盗まれていた様々な品物。そこにはある法則があったのでした。料理コンテストで優勝した古典部は、そこでも十文字による犯行が行われていたことを知りました。そし
2012/08/05(日) 09:44:17 | 日々の記録
氷菓 第十五話「十文字事件」です。 アニメ版『氷菓』も、『クドリャフカの順番』の
2012/08/05(日) 10:03:47 | 藍麦のああなんだかなぁ
氷菓 限定版 第3巻 [DVD](2012/08/31)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る 千反田える、壁新聞部に入須冬実に教わった必殺技を 行使して、古典部のことを話題にして貰う算段成功! この手は...
2012/08/05(日) 11:07:17 | 北十字星
『十文字事件』
2012/08/05(日) 12:21:03 | ぐ~たらにっき
氷菓の15話を見ました。 いやー、よかったですね。 ネゴシエーター えるたそな!! 壁新聞部に十文字事件で古典部を 取り上げてもらおうと交渉するえるちゃん。 入須先輩に教えてもらった交渉術を実践しようと 遠...
2012/08/05(日) 12:58:42 | うっかりトーちゃんのま~ったり日記
「わたし、気になります」の千反田えるちゃんだけでなく、伊原摩耶花も福部里志も必死に足掻いている姿こそ、まさに青春じゃなイカ! 入須冬実先輩との一件以降、確実に、そして ...
2012/08/05(日) 15:06:38 | こねたみっくす
氷菓の感想です。 十文字事件に乗っかっていこう!
2012/08/05(日) 15:54:24 | しろくろの日常
氷菓 第15話「十文字事件」 「わたし、気になりま……?」 奉太郎がえるの「気になります」を止めた!? 今は氷菓の方が大事。 でも、その氷菓の事で里志に切り替えされちゃ… えるが気になるのは...
2012/08/05(日) 18:04:14 | くろくろDictionary
 うーん、犯行声明の差出人の十文字って、十文字(じゅうもじ)を意味しているのと同時に、犯人の名前も現している…つまり十文字かほさんが犯人じゃないかと思うのですが、どうなのでしょうか… 簡単なあ...
2012/08/06(月) 00:29:22 | 恋染紅葉、パジャマな彼女。と「くーちゃん」こと音巻まくらを全力応援中のブログ。To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(新さくら日記)
こうなった好奇心の天使・・・いや、ここまできたら堕天使か?w・・・は奉太郎には止められない(笑)。 クドリャフカ編はこれまでと違って古典部の4人にほぼ均等に比重を置いた群像劇になっているのが特徴ですが、アニメでもそのスタイルを踏襲して丁寧に描写されてるの...
2012/08/06(月) 00:32:01 | ボヘミアンな京都住まい
盗難事件の謎に迫りはじめた古典部。わらしべプロトコルは継続中…?
2012/08/06(月) 01:10:55 | Little Colors
エスニックでも弁当を作ってくれるだけいいじゃないか。見た目も豪華だし。ああ、やっぱりえるたんの笑顔には癒される。 久々に奴が来る!ワタシキニナリマスが! 文集を売るためにとてもそれどころじゃない…というフリをして気になります攻撃をかわした!めんどくさいだ...
2012/08/06(月) 15:57:38 | こたつ猫の妄想
 「いつものアレ」発動w。  奉太郎くんのところに、摩耶花ちゃん、里志くん、えるちゃんが戻ってきた。当然、話は「怪盗十文字」の件w。盗まれたクラブの名前から奉太郎くんが法則性を導き出す。  ...
2012/08/07(火) 15:58:15 | Specium Blog
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第15話 「十文字事件」 #kotenbu2012 #ep15 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ。 OP...
2012/08/07(火) 23:19:05 | 妖精帝國 臣民コンソーシアム
奉太郎の姉、学校にまで襲来!w あくまで顔は見せないって演出ですか( ̄▽ ̄)  えるちゃんの会ったことあるようなって反応見ると、 奉太郎に似てるんでしょうかね?
2012/08/09(木) 22:27:35 | 空 と 夏 の 間 ...