Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ロマ日誌 ~ 永久なる想い
 6月11日午前2時…。

 いざ、ラストダンジョンへ!

 それにしても、SFC版の初回クリア時と、非常に状況が似通っているような気がするんですが、これは何かのワナですか。それともエロール神のお導きなのでしょうか…。

 以下、エンディングにまつわる話も書きますので、基本的にネタバレOKな方だけ、読み進んでいただければと思います。
 いったんラストダンジョンに入ると、もう二度とワールドマップへは戻れなくなります。後はクイックセーブだけが頼みの綱。また、ラストダンジョンを下る(MAP移動する)度に、外の世界で平行して起こっている出来事が挿入されるのが、SFCには無かった部分ですね。この自動イベントの内容は(ネタバレなので反転してお読み下さい)

(1)サルーイン復活から人間の目を逸らすために、ニューロードからモンスターが大挙してタルミッタに攻め込んできます。

(2)政治的に孤立的な位置にあったタルミッタは騎士団領へ応援を要請し、騎士団はこれを受け入れて支援に向かいますが、それだけでは到底モンスターの大群に太刀打ちできないので、更にローザリアへと使者コンスタンツを送ります。(ラファエルとコンスタンツの「しばしの別れ」の抱擁が泣かせどころ)

(3)しかしローザリアのナイトハルトは「行きたいのはやまやまだが、ここががら空きになれば必ずバファル帝国が侵攻してくるだろう」とヘタレな反応。ここでコンスタンツが熱い説得を試み(「名誉騎士アルベルト様が尊敬していた殿下ともあろうお方が!」という叱咤がこれまた熱い)、心を動かされたナイトハルトは帝国に一時的不可侵の旨を申し入れた上で必ず出兵することを約束するのでした。


…という流れでした。概略を書き下しただけなので、これだけではうまく伝わらないと思うのですが、SFC版にハマった方ならこれだけでご飯三杯は軽いというシロモノですので、万難を排して是非一度は見ていただきたい!あと、SFC版アルベルト編ではついにフォローされなかった行方不明の姉・ディアナが、なんとローザリアでナイトハルトの横にっ!こっこれはっ!!

 さて、ラストダンジョン中にも敵がうろついていますが、通常ダンジョンと違って主人公には一切見向きしません。ステイタスをもう少し上げたいなどの理由で戦闘したければ自分からぶつかっていけばいいですが、特に必要がなければスルーして構わないと思います。ムダにLPを削ることも無いでしょうし。

 また、各階に一人ずつ、サルーインの腹心たるミニオンがいます。これまた、華麗にスルーできますが、戦いたければ戦っても構わないようです。倒すと、その裏にある宝箱内のブツがゲットできます。私は、地下3階のワイルとのみ戦闘。ブツは「ミイラの薬スーパー(HP&LP大幅回復)」でした。

 道中で戦ったミニオンとは、地下4階、サルーイン戦の直前で再戦することになります。1人倒していれば1人だけ、3人倒していれば3人と同時に戦うことになる模様。全部スルーしてきた場合にどうなるのかは未検証です。何も起こらないような気もしますし、逆に3人と戦う羽目になるような気もしますし。今後のプレイで一度は試してみたいところです。

 というわけで、ワイル戦を二回こなしましたが、LPを削られるどころかほとんど数ターンであっさり倒すという快挙に、大いに自信を付けてサルーインのところに向かいます。サルーインとの会話のあと、クイックセーブをする機会が与えられますので、念のためやっておきます(まだ鍛え直す可能性がある場合は、ここでクイックセーブしてはいけません。直前のミニオン戦後のセーブデータを残しておきましょう)。いざ最終決戦!

 …つえーよ。(´Д`;) アニメート(倒れた仲間を操ってしまう)には気をつけろと聞いてはいたけど、ターンの最初にアニメートしてくるんじゃ気をつけようがないだろうと。これは、絶対に倒れるなってことなのか?ムリ。ムリムリムリムリかたつむりだろ。初戦は、サル第二形態への移行は果たしたものの、アルベルト以外の4人がアニメートで操られてしまい、どうにもならなくなって全滅。うっわー。どーすんだこんなの。

 ここからが苦労の始まり。戦っても戦っても全然だめぽ。だめぽだろぉこんなの!ひどい時は全員で回復しても全然追いつかず、15ターンぐらい費やしてようやく攻撃できる体制になったと思った途端に全体攻撃を2ターン食らって全滅したーとか。泣きたくなりました、ホントに。「この夜は明けないかもしれないよ?」(©あゆ)ってかなりホンキで思いました。何もかも10年前の再現かっ!

 半分は運とは言え、残り半分は努力の甲斐があるかもしれない、その一点にすがって5戦目。既に時計は午前3時半をおります。工夫のしどころとしては、とにかく回復重視。単体回復手段しか持たないことがとにかくイタいのですが、今さらどうしようもないんで、多少ヤマを張ってでも「ターンの初めに倒れているキャラがいないことを目指す」という方針で臨みました。

 「一ターン目はとにかく強力な技&知力ダメージ&力ダメージを狙う」「二ターン目以降は、2人以上は必ず回復に回り(ヤマかけてのカラ回復も含む)、可能な限り知力ダメージ&力ダメージを狙う」「どんなにしんどくても一人は攻撃する」の三点を念頭において役割分担。結果、有効な回復技があまり無いシフが攻撃専門。BP回復は遅いが癒しの水が使え、回復量がそこそこ多いガラハドが回復専門。その他の3名は臨機応変に。こう書くとしっちゃかめっちゃか感満載ですが、これでも苦労の末決まったシフトです。いかに自分が無計画にキャラを育ててきたかを思い知りました。アフターフェスティバル。

 そんな体たらくでしたが、5回目のトライでは運も味方して攻撃を続けることができ、アニメートも一回かけられただけという状態で進みます。まだか。まだか。まだ夜は明けないのか。何度念じたかわからなくなった頃、突然サルーインが断末魔の叫びを上げました。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ッ!!

 やった!やったよ!午前4時!男一匹てりぃ、ついにサルーインを倒しましたっ!

 で、ここからはオートで進むわけですが、エンディングに関するネタバレなんで、以下全部白文字で。まずはSFC版同様に、サルーインがイタチの最後っぺよろしく、主人公達を巻き添えにしようと自爆。崩れ落ちるイスマス城。

 一方、タルミッタではウハンジがまさに撤退命令を出したその瞬間、遠方より駆け付けるナイトハルトの大軍勢!すぐさま体制を立て直し、反撃に出る指示をするウハンジ。「あの、撤退命令はいかがなさいますか?」「宴の準備に変更だ!」おおおお!ウハンジ、こんなにアツイキャラだったのか!ただの人さらい変態オヤジじゃなかったのだね!燃える!ちなみに、どこかのイベントでウハンジを殺してしまってると、このムービーが出なくてショボーンだそうです。

 凱旋するナイトハルトのシーン辺りから、BGM「たったひとつの願い」がかかります…。これまでにクリアしたイベントに応じて、主人公が関わった様々な人々の思いがつづられるのですが…。例えば騎士団領。

テオドール「やはり帰ってこなかったか…。運命とは言え、神々もむごいことをする」

 よく知ってるセリフなんですが、BGMが殺人的にもの悲しいので、グッと来まくりです。そして、最後は恐らくアルベルト専用シーン。ローザリアのナイトハルトとディアナ夫妻。降りしきる雪を見て「この雪は…エロールの贈り物です…」と言いながら、運命に翻弄され、ついに再び会うことの出来なかった弟アルベルトを思って泣き続けるディアナ…。うーおー!ナンですかこの悲壮感は!

 この後は、BGMはメヌエット(エンディングVer)→エンドタイトルと続き、スタッフロールへ…。ええ!ひょっとしてコレ、Bad Endingなのか?!ホントに帰ってこなかったのか、アルベルト!そんなのあんまりだよ!フラーマが言うように、「何かがミルザの時とは違っている」のではなかったのか?!

 悲しみに胸一杯でどうしようか困っていると、ちゃんと続きがありました。マルディアス世界の美しい風景を何カ所か映したあと、崩れ落ちたイスマス?を見つめる主人公パーティ5人!!良かった生きてたーーー!。・゚・(ノД`)・゚・。冷静に考えれば、この辺の演出はSFC版の延長線上にあるんですが、もう平静じゃいられなかったですよ。だってだってBGM「永遠なる想い」があまりにも泣かせるんだもの!!うわ~~~~ん!

 ブラボーだ!果てしなくブラボーだ!午前4時30分を回ったが、そんなことはお構いなしだ!見よ、人類の夜明けだ!(違)

 この後、アルベルトがプレイヤーに挨拶しに出てきます(笑)。最後まで礼儀正しいヤツでしたよ。「この度は、私のことを助けて頂きまして、本当にありがとうございました。今度は、是非他の人たちも助けてあげて下さい」だったかな。そして、引き継ぎ用のデータをセーブする指示が出ます。ここでセーブしたデータは「クリアデータ」という名前で残り、2周目以降を始める時はこのデータをロードして主人公選びに入ることになります。


 というわけで、1周目はおしまい。2周目は、実はもう始めているのですが、遊牧民の族長の娘、アイシャです。これがまた楽しい。その辺はまたいずれ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 AIR特集~AIR記事リンク集 (2005/02/10)
 9蓮宝燈上がってみたい… (2013/05/04)
 CLANNAD、PS2移植キター! (2005/06/25)
 「大人」買い? (2008/04/29)
 昨夜の指 (2008/11/19)
 久々のドラクエV (2004/12/05)
 「鳥の詩」の解釈・序 (2005/03/10)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/379-bd6c427d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック