Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
日常の第6話
 ………あー。


 ………これは……もはや、何をどこからどうツッコめばいいのやら。


 なんつーか、もう、本格的にアゲンスト?あ、声優さんは「アゲインスト」って発音してたけど、これって「アゲンスト」の方がメイジャーな発音なはずじゃね?「アゲインスト」とは滅多に発音しないんじゃね?それをわかっててあえてマイナーな発音でやってるのか、いやこれは作中のキャラクターであるみおが間違えてるって設定なのか、それとも声優さんや制作陣が本気で間違えてるのか、一体どれなんだよぅ…ううー、どれもありそうなんだよなー…。


 ……うむ。わからん。


 わからぬと 言えどレビューは 最上川

てりぃ
 

~~~


 さて。


 ズレまくってましたなー、あちこちが。


 いや、それは言い方が違うか。


 「ズレ」満載な回でしたなー。というのが正しいかしら。


 アバンの「隠し味が隠れてない」ってーのもそうですが、その「ズレ満載」が本領を発揮するのはやはりOP直後の「日常の23」、授業中に(コラw)行われるみおとゆっこの絵しりとりネタですね。最初から最後まで、この二人のズレは全く埋まることなく終わるんですよ。あのカッパがカッコイイと思うゆっこと、全くそう思わないみお。パラサイト(寄生)生物を書いたみおと、パラシテと読んでしまうゆっこ。素でTENGOと間違えて書くゆっこと、それをひっかけじゃないかと深読みするみお。あまりの間違いの多さに適当にやっとこと思うみおと、ノリノリじゃないかと勘違いするゆっこ。いやー、一部だけ書きだしてみただけでも、こりゃあひでぇなwww


 「日常の24」も、相変わらずムダな熱さにあふれた一品でしたが、このエピソードの可笑しさの一部は、「廊下の内側=教室と、廊下の外側=校庭とのあまりにギャップ」が担っているわけで、これもある種のズレと言ってよいでしょう。その間に挟まれて右往左往するゆっこは、ある意味で視聴者の代弁者的な存在で、「淡々と進む平穏な日常=教室」と「劇的に予測不能な展開を見せる校庭」の間で為す術も無く慌てふためくだけ。その死闘の最後で校長のズラが「ズレ」たのは、そこまで仕込んでのトドメの一撃だったのやら、そこまで深読みする人へのご褒美的なオマケなのやら。


 「日常の25」のごっきーも、なのと阪本、なのとはかせのズレが見物。面白いのは、おわんを開けられなかったなのは、別にふざけているわけではないんですよね。阪本にしてみれば「ナニ言ってんだよもう」な話ですが、本人は本人の範囲ですごく真剣。これをはかせとなのの関係にスライドしてみると、はかせだって己の本分に従っているだけ。ごっきーは割とどうでもよくて、なのと楽しく遊べるか、なのが自分のことを好きでいてくれるか、それのみが彼女の大事な関心ごとなんです。それぞれが、己のなすべきことをなし、そして始まるロックンロール。ズレが生む悲劇、喜劇、ですよね。そうそう、ロックンロールと言えばフルメタが思い出されますが、新作やらないんですかね?ね?


 「日常の26」のキャンプネタでは、麻衣とその他2名のズレがなかなか。麻衣のマイペースっぷり(ああ?!だから麻衣(マイ)なのか?!)はこれまでもさんざん見せられてきたんだけれど、回を追うごとにどんどん過激になっていく感があって、冷静に見るとなかなかヒドいですなー。二人の分の食材がどうなろうと全く意に介してなかったり、自分の分はちゃっかりハンバーガー持ってきてたり、二人の闘争を尻目に全く分けてやる素振りとかなかったり…これで三人つるんでて仲がいいってのは、ゆっことみおがむしろ相当な人格者なんじゃないかとさえ思えます。キャンプに布団を持ち込んでる辺りは、「これぁもうそういうんじゃなくて、単純にすごくズレてるんじゃないのか」という気もするのですが…考えたら負けなんだろうな、きっと。…つーかですね、あの「…りりーす」は卑怯だぁね。来るってわかってたんだけど…あの間合いは卑怯だ。ガード不能じゃん、あんなの。膝叩いて爆笑しちゃったよ、もー。


 どこまで行っても、一向に埋まらない、アチラとコチラとのズレ。それを楽しめるのが上級者、ってことでいいのやらどうやら。


~~~


 そうした、日常の「メイン」とも言えるエピソードだけでなく、脇を固めるショートエピソードにもいくつか、十分に「ズレ」を思わせるパーツが見受けられました。


 例えば、大福らしき頭の妙な二人が回す、恒例の縄跳び。一方の大福は縄を回さず、縄を木の棒に括りつけてほったらかし。あれは、拗ねてるんですかね、それとも「もうやってらんねぇ」なんですかね?表情が見えないだけに、見る人によって印象が変わりそうです。


 例えば、囲碁サッカー部の部長と関口。回を追うごとに次第に実態が明らかに…実態が明らかに…全くならない(笑)囲碁サッカー部の、退屈っぽい日常。退屈っぽい…退屈なの?ホントに?

関口だってつまんないよなー?


 んん?んんん?何この反応。つまんなくないの、ひょっとして?関口、あんた、部長のことが好きなの?塾サボってまで部活にいて、何にも相手してないようでいてちゃんと部長の相手はしていて。

 なんだよ、もー、そーならそうと言ってくれればー、あはははははー、リア充爆発しろや。


 いやまーまさかこぉんなラブコメ話だったとわ!いやはや、はたでぼんやり見ていても気付かんもんですなぁ。麻衣だって、いつも物静かにゆっことみおの脇にいて、大概は無関心な風で本とか読んでるわけですけど、実際のところはわかんないよね。明らかにズレてはいるんだけど、本当のところ、「何がどうズレてるのか」まではわかんないんだ。もちろん、その当人にとっても、です。




 番組と視聴者の間にも、いくつかのズレが意識的に配置されていたように思います。


 例えば、前回で無くなったかと思ってた、なのとはかせのジャンケンが復活していたり。前回は「グチョパはなし」というゆっこのセリフを以て、恒例のジャンケンの代わりをさせていたんですかね?「ああ、もう無いのか…」と思っていた視聴者の予想が、いい意味で裏切られた瞬間でした。


 或いは、第2話以来のED変則回、つーか、EDのエの字もない回だったり。何で何も無いんだろう、尺の問題か、なんて最初は思っていたんですが、よくよく考えると省略されたEDの曲名は「Zzz」…ってことは!「睡眠」がナシになったってことじゃないですか!!ああ、哀れゆっことみおは、空腹の夜空に眠れぬ一夜を過ごしたってオチなんですね、これ…可哀想過ぎる…。


 そして、そのEDの代わりに「ヒトコトワドコトバ」が意表をついて配置されていたり。牛乳飲んで、酔ったふり。その牛乳さえ飲むことが叶わなかったゆっことみおはどうすりゃいいのよと、今一度の悲哀を胸に、今週は終わりとなりました。


 でもさ。


 例えどんなにズレていても。


 地球は回る、日々は過ぎる。夜はちゃんとやってくる。


 だったら、笑顔で別れて、今日はお休み、だよね。それほど、夜のリセット能力は強力なのだから。


 「明日また会えるね、おやすみなさい」


 そうつぶやきつつ、今週のレビューを終えることにしましょう。ではまた。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 わたしはあなたに会ったことがある (2009/11/26)
 ヤマト2199第3巻見た。 (2012/12/05)
 仮面ライダーディケイド 十九之巻「終わる旅」 (2009/05/31)
 境界の彼方過去編を見に来た。 (2015/03/14)
 オーズ 第20話「囮と資格と炎のコンボ」 (2011/02/05)
 CLANNAD 第15回「困った問題」 (2008/02/08)
 リトバス 第23話「あなたの大切なもののために」 (2013/03/17)

テーマ:日常 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
もう毒されてしまっていたw
日常というアニメは本筋のギャグの他にも、一見すると見過ごしてしまいそうなネタを背景にさらりと入れてきます。

私はニコ動で視聴していて、一度目はコメ無し、二度目はコメ付きと言う風にしていますが、コメントで気づくネタも多いです。

しかし今回は特に衝撃だった。最後三人がテントの中で就寝しようとするシーンですが、考えてみれば明らかに異常、「麻衣ちゃんそれどうやってもってきたよw」
コメントで初めて気づいて、最初違和感すら覚えずに見ていた自分は日常ってアニメに毒されてるんだなと、思い知りました。
2011/05/11(水) 22:45:08 | URL | あるかさ #9WAugNKs[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/3725-f0ccd9b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
河童の絵に受けかな? その発想はさすがに腐ですね(^^;  ゆっこは英語壊滅なのに何で英語表記したがるかなw 廊下に立たされた ゆっこの前で唐突に始まる不条理バトル!(笑) 鹿VS校長…なんだこ...
2011/05/12(木) 00:23:59 | SERA@らくblog
アニメ「日常」私は好きです。非日常でシュールなギャグはもちろんですが、このアニメには緩やかに流れる日常もちゃんと描かれているので心地よいんだなあ。東雲研究所の庭先が季節感いっぱいですよね。 1...
2011/05/12(木) 00:34:07 | EVERY LITTLE THING
大門ダヨ またこの絵ww ちょっとツボッてしまったw
2011/05/12(木) 01:14:32 | バカとヲタクと妄想獣
第6話 「日常の第六話」 そういえばこの作品はBGMが少ないですね、雰囲気とセリフで勝負ってわけか。 冒頭は隠し味が隠れていないホイコウロウ、まあこの展開は読めたが。 授業中の絵、先回から絵のネタ続いてるな。 絵しりとりか、それはしたことないな、授業?...
2011/05/12(木) 01:31:09 | MEGASSA!!
ホイコーローに始まり、キャンプの夕食作りで締める。途中しかせんべいもあり、また、なののデス・オア・ダイも見ようによっては坂本さんの食事タイムといえなくも無し(うおえっ!…)、つまり今回はひとつ「...
2011/05/12(木) 01:40:03 | つぶかぼアニメ感激ノート
「日常」6話、観ました。今回も、投げっぱなしてんこ盛り!そんな日常に、あなたは笑わずにいられるか?!いよいよ、本気モードです!(;^_^A
2011/05/12(木) 08:09:16 | 最新アニメ・マンガ 情報局
さぁ、ロックンロールのはじまりだ―
2011/05/12(木) 17:19:55 | wendyの旅路
日常の感想です。 校長ォォォォォォ!
2011/05/12(木) 18:11:59 | しろくろの日常
5回の時にも感じたのですが…ゆっこのスルーされ能力って凄いですね。 アソコまで構って構って光線を出しているのにそのほぼすべてをスルーされちゃうってのは、一種の才能なんじゃないかと。いや、イラナイ能力だけど(苦笑) でも、まぁ、観ているとゆっこの構って攻撃...
2011/05/12(木) 18:43:12 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
日常第6話 「日常の第五六話」の感想です! 一気にレベルが上がった気が・・・校長が最高すぎる!
2011/05/12(木) 21:36:46 | Z-in脳内妄想
『ホイコーロー』 ゆっこはみおのためにホイコーローを出す。 隠し味に何かを入れたというが、その味噌の味は隠れなさすぎ。しかも噛めば噛むほどアゲインスト(´・ω・`)
2011/05/12(木) 21:42:20 | 本隆侍照久の館
チッチッチッチッ(´・ω・`)
2011/05/12(木) 21:55:54 | てるてる天使
日常ですが、授業中にイラストしりとりをします。教室には「来たれ!囲碁サッカー部」などのメッセージも貼ってありますが、「ナタデココ」「毒蛇は急がない」なども健在です。「納戸管理人」もありますが、廊下には「人生は急がない」という箴言もあります。(以下に続き...
2011/05/13(金) 00:08:25 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
 高校1年生の相生祐子(ゆっこ)の、のんびりのほほんとした日常生活。 ほのぼのシュールな世界の短編シリーズ、第6話☆ 日常の23 暇な授業中。一番うしろの席のゆっこはか...
2011/05/13(金) 00:42:52 | ピンポイントplus
「日常」の第6話です。 なのが机に器を押し付けてソワソワ。なかにはゴッキーが入っているのだとか。器で覆いかぶせたところまではよかったものの、そのあとに困ってしまった様子。ときどきネジが回ってま...
2011/05/14(土) 20:51:03 | なになに関連記 swung dash-style