Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
歌ってきまひた。
 無事帰還。ノドが今んとこ「まだ無事じゃない」ですが、気持ち的には徐々に日常に戻りつつあるかな…。生活リズムは…うん、もう半日くらいかかりそう。

 いい演奏会だったのだと思います。自分が楽しかったから、というだけでなくて、お客さんの反応とか、歌っている皆のテンションとか、そういうの全部含めて。現役の子らとも少しだけど話せたし、リハでは迷惑もかけちゃったけど本番はどうにか面目を保てたかな。

 女声の後輩OBが言ってたんだけど、アンコール二曲目の「時代」で両脇の現役の子がもうボロボロに泣き出しちゃって、自分ももらいそうでヤバかったーとか。これ、単なる「その場の雰囲気に飲まれて」ってだけじゃないんだよな。その後輩OBも卒業から結構経つから、現役の子と直接の「何か」はないんだけど…緩く繋がっているんですよね。今大学生のOBと現役は一緒の時間を過ごした経験があって、その大学生のOBたちは社会人なりたてのOBたちと、そして更にちょっと上の世代と……そうやって、30年、です。自分自身、一緒の時間を高校で過ごした先輩・後輩はそれぞれ数人だけなんだけど、そこだけで閉じた関係に終っていない、そういう集まりがあの学校の合唱部のすごさです。あそこにいさせてもらえるってことは、すごく稀なことだし、すごく幸せなことだと、それを再認識して帰ってきました。

 アンコール一曲目は「地球へのピクニック」。OBの中でもすごくファンの多い曲だけど、現役も大好きだったそうで、これ練習しますって先生が言うと歓声が起きるのだとか。本番でこれを歌い終わった後の合唱部部長=高校二年生が、「僕たちも、またこの歌のようにここへ(OBとして)帰ってきます!」という趣旨の挨拶をしていたのが、とても印象に残りました。

 「お前がおかえりなさいを繰り返す間」。私もただいまを言い続けたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 「3月」という時期 (2017/03/05)
 音楽を作りたい。 (2013/10/19)
 歌えない、歌えないよォ (2006/03/25)
 鳥の歌 / クレマン・ジャヌカン (2013/08/15)
 2015年第一Qの歌の予定。 (2015/01/01)
 歌ってきまふ。 (2011/03/26)
 一瞬にして蘇る何か (2016/12/11)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/3688-e6daf9ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック