Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
「仮面ライダー THE FIRST」と私の不安
 今年の11月に、初代仮面ライダー~技の1号、力の2号~をリメイクした映画が公開される、という情報が解禁になり、特撮レビュアーの皆さまは大賑わいでございます。私も例外ではなく、ニュースを見た直後に「キター!」と叫びました(職場だったので心の中で(^^;)。しかし、第一報を受けた時の興奮が鎮まってみますと、今は不安を感じつつある、という次第です。

 この記事をしたためますのは、決して盛り上がるお祭りの気持ちに水を差したいという気持ちからではありませんので、ワクワクしながら11月を待ちたいという方は、残りは華麗にスルーしていただければと思います。へぇ、じゃあナニが不安なんだ、という興味を持たれた方は、以下の「個人的な考え」をお読みくださればと思います。
 不安を感じた点は二点あります。一つは、ここ最近の懐古的なリメイクものの出来の悪さに起因する「漠たる不安」。もう一つは、現状で明らかになっている制作スタッフを見ての、個人的な「確たる不安」です。

 さて、前者の「漠たる不安」については、実は私自身が最近のリメイクものの「風評を聞き及んでいるだけ」ということもありまして、あまり強く感じているものではありません。ですが、実写版デビルマン、実写版キャシャーン、実写版キューティーハニー、実写版鉄人28号など(時系列めちゃくちゃ)、ここ1~2年だけでも数多くの「オールドヒーロー・ヒロイン」のリメイクが鳴り物入りで行われたにも拘らず、そのいずれもがコアなファンからけちょんけちょんに言われている様に見受けられるため、やはりこれらは相応の出来だったのでは、という気になってしまうのですね。

 実写ものに限らず感じることなのですが、過去に人気を博した作品のリメイクものを作ろうという新進気鋭のクリエイター(うわ、イヤな言い回しだ…)は、どういうわけだかオリジナル色を極端に強めた「別モノ」を作ろうとする傾向にあります。それが、原典へのリスペクトを踏まえた置き換えやプラスアルファの類であればまだしも、原典への愛を微塵も感じないようなものだったり、偏った愛情を他の人へも押し付けるが如き代物だったり、「ひょっとして原典を見たことがないのでは…」と疑われるようなものだったりすれば、原典ファンからブーイングが巻き起こるのは当たり前です。「オリジナル要素の付与自体はいいんだ。でも、やるからには上手にやってくれよ!これじゃあんまりだ!」という血の出そうな叫びを、私はこれまでに何回耳にしたことか…。旧作の名声だけを借りて前衛的な実験を興行ベースに乗せようとしたのではないか、そもそも何のためのリメイクだったのか…。そうした疑問に、真正面から答えられる作品があまり多くなさそうに見えるのは、大変悲しいことです。

 一方、原典ファンの強すぎる愛情にも、ブーイングが大きくなる原因があるのかもしれません。原典とはだいぶ趣向が異なるだけで、独立した作品としては実は出来が良いのに、という意見も時折耳にします。結局、原典ファンの方も「自分は何を求めてリメイク作品を見に行くのか」ということをよく自問しておいた方が良い、という気が致します。原典と全く同じでなければ気が済まない、という気持ちが自分の中に潜んでいるならば、リメイク作品など見に行くべきではないのです。極端な話、「何を見せられても文句言わない」というぐらいの覚悟があれば、どんなものでもだいぶ違った視点で楽しんで見られると思うんですよ?

 話が長くなりましたが、「原典の延長上にある『品質の向上した旧作』を求める人」が、「原典をトレースすることにあまりこだわらず作られた『全くの新作』」を見せられて、文句を言わないはずがないのです。その辺を見に行く前によく考えておかないと、見た後で「意に染まぬものに無駄なお金と時間を費やした」とぼやく羽目になるわけですね。私自身も初代ライダーには強すぎる思い入れがあるので、『別モノっぽい』と感じた時点で多分アウトです。一応今のところは、原典のストーリーを追う方向である旨がアナウンスされていますが、ここは直前まで慎重に見守る姿勢を貫くべきなのでしょう。

 さて、後者の「確たる不安」の方ですが…これはお好きな人もいらっしゃるということで申し訳ないんですが、脚本が「井上敏樹」さんなんですよね…。平成ライダーにはクウガからブレイドまでかなり関わっている方ですし、そういう意味では適任ということなのでしょうが、残念ながら私個人の好みとは全く合いません。

 響鬼の放映開始時に、なぜ前作までと違ってこんなにワクワクするのだろう、と思い、平成ライダーの制作スタッフを全て洗ってみたことがあるのです。監督のメンツが違うんじゃないか、と思ったんですよ。ところが結果は予想に反して監督ではなく、違ったのは脚本とシリーズ構成の方だったのです。自分的に比較的面白く見られたクウガ、龍騎の二作には、井上敏樹さんも確かに関わっておられるものの、その影響範囲は脚本数本のみと、ごく一部に留まっています。しかし、ほとんど見るに堪えなかった他のライダーのうち、アギトと555では脚本のほとんどを全て井上敏樹さんが手がけ、シリーズ構成もご自身でされているのですね。これは、はっきりと「私の好みとは合わない」と言い切ってよいのではないかと思うのです。

 上記に加えて、彼の関わってきた数々のアニメ作品を調べたところ、更に決定的な、彼と私の不幸な出会いが判明しました。「うる星やつら4~ラム・ザ・フォーエバー」という映画です。井上敏樹さんはやはり脚本を書かれているのですが、この映画、当時うる星ファンだった私が永久に封殺することを即決した映画なんですよね。いわゆる黒歴史と言いますか、自分の中では完全に「無かったこと」になってます。意味のわからないぐだぐだなストーリーは、途中で席を立とうと繰り返し思ったほどひどく、本当に「見るんじゃなかった」と思いました。その時に受けた衝撃は、かの「劇場版AIR」とすら比較にならないほど、と申し上げれば、ことの重大さがわかって頂けるでしょうか(苦笑)。まあ、これがあったおかげでその後まもなく「うる星離れ」が出来たような気もするんですが、そうかといってあの映画を許す気には到底なれません。

 というわけで、いったんは「キター!」と叫んだものの、私は多分11月には劇場へ足を運びません。もちろん、これは完全に個人的な好き嫌いによるものです。「アギト最高」「555燃え」という方の好みとはピッタリ合う傑作かもしれませんので、どうか私の分も存分に楽しんできてください。そうした方のレビューを楽しみに、「THE FIRST」の名にふさわしい評判が上がる作品であることを祈っていたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 中二病でも恋がしたい!戀 Epi.VIII「偽りの…精霊聖母」 (2014/03/09)
 就寝後ココアタイム (2010/04/14)
 第四の攻殻見に来た。 (2015/06/27)
 氷菓 第十一話「愚者のエンドロール」 (2012/07/08)
 小鳥遊六花・改の総集編でピックアップされたEpisode (2013/09/15)
 甘城ブリリアントパーク第11話まで (2014/12/21)
 真マジンガー 衝撃!Z編 第1話「大団円」 (2009/04/05)
コメント
この記事へのコメント
この2人はホントに・・・!
確たる不安、大賛成です。
白倉プロデューサーと井上俊樹の
コンビは仮面ライダーに泥を
塗ったと思ってます。白倉氏は
仮面ライダーにライダー同士の
バトルという訳のわからない概念を
持ち込み、それをまた見るに堪え
ないくだらなさで井上氏が本を
書いた。ファイズなんて料理法に
よっては大傑作にもなりえたのに。
逆に原点のライダーをきっちりと
やることで、この2人には汚名
挽回をしてもらいたいと思います。
2005/06/11(土) 00:56:56 | URL | クウゴ #-[ 編集]
ご賛同感謝です
クウゴさん、はじめまして。コメントありがとうございます。お返事が遅くなりまして、申し訳ありません。

記事ではだいぶマイルドに書きましたが、ぶっちゃけ、井上さんが脚本と聞いただけで「げ」って言っちゃうくらいなんですよね、私も(笑)。TVシリーズ響鬼には今のところ「全く関わってくる気配がない」ので、ホッと胸をなで下ろしているような次第で。(^^;

まあ、井上さんの脚本でも「シャンゼリオン」みたいなのは嫌いでは無かったんで、全部が全部「性に合わない」というわけではないと思うんですが…。THE FIRSTでシャンゼリオンをやられたら切れるでしょうしねぇ…。(^^;;;;

ま、記事でも書きました通り、私はTHE FIRSTは静観です。問題は、やはりどうやらこちらも井上さんの脚本でFinal Answerっぽい劇場版響鬼の方ですよ…orz。困ったなぁ。
2005/06/13(月) 19:09:37 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/367-b39e1566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック