Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
オーズ 第14話「プライドと手術と秘密」
 いつもながらの滑り込みで申し訳ないんですが…先週放映分のレビュー、行きます。

 前話からのアンクのストレスは、ちょっと消化不良っぽく保留状態。で、本編~ケイという外科医に絡むのはそちらではなく、後藤君のストレスがやや絡んだ形でエピソードが終わっています。で、先週の「ストレス」と対になっているように思えるのが、今週は「プライド」という言葉なんでしょうね。

 「手術」。文字通りの院長=ケイの父親の外科手術と、ケイの心の問題を取り除く意味合いも手術という言葉に持たせている感があります。そして、「秘密」。こっちはやや難しいですが、先週は全くそういう節を見せなかった「実は院長はケイの父」という秘密が明らかになったり、裏で平行して進んでいた「くずヤミーを隠れ蓑にしてセルメダル増殖」というグリードたちの画策があったり、ラストシーンで真木が見ている画面内の「アンクのコアメダル」があったり…そういう一連の秘密たちのことを指しているのだろうと思います。

 では、「プライド」は。後藤の口から語られ、ケイの一件にも絡んでいるはずの「プライド」は、一体どういう風に両者をつないでいるのか。なかなか難しいですよね、これ。
 
~~~

 やはりここは、後藤君絡みのあれこれから辿るのが早道な気がします。鴻上会長と後藤君が語ったことを振り返ってみましょう。


 後藤が今ひとつ吹っ切れないのはプライドのせい。


 だからと言ってプライドを捨てたら終わりだ。


 どっちが正しいんでしょうね?それは、作中では語られていません。投げっぱなし?いやー、それだとレビュー書くネタにはならないので(^^;)、もう少し考えてみます。

 作中では語られなかった、それは確かです。いや、視点を変えてみましょう。どちらが正しいかが「語られなかった」のではなく、そもそも「どちらが正しいかなんて正解がない」のだとしたら。後藤君が吹っ切れないのもプライドのせいだけど、プライドを捨てたら終わりなのも正しい、としたら。

 つまりは、「プライド」と言っても、それが負の方向に働くこともあれば、正の方向に働くこともある、ということになります。ああ、そう言えば、一般的な括りではついつい「悪い物」とされてしまいそうな「欲望」についてさえ、本作では「実は必要なものでもある」という位置づけがなされていたんでした。それそのものに正誤はない。誤って扱えば悪い方向に働くし、正しく使えばいい方向に働く。そういうものだ、ってことなんでしょうかね、「プライド」も。

 これを、ケイに対して適用してみます。

 手術がしたい。その欲望は、優れた技術を持つ外科医としてのプライドに関わるものでしょう。もっと成果を出したい、世の中から賞賛を受けたい。これは、プライドが後押しした欲望なわけです。

 しかし、技術だけが医者の要件ではない。命を預かることの恐れを持たなければいけないだろう。そういうことが今話では語られています。この、「恐れを持つ」ことを、必要だと感じる心は…これもまた、プライドがなければ生じないものではないでしょうか。優れた医者であろうとする気持ちは、医者としてのプライドに裏打ちされるもののはずです。やはり、ケイについても、二通りの「プライドの関わり」が描かれているように思えるんですね。

 誤った形でプライドが作用して、いったんは破滅的な状況に落ちかけたケイ。しかし、映司の言葉に背中を押され、院長たる父親と言葉を交わして、正しいプライドの効用に辿りつけたんではないでしょうか。


~~~


 コミカルな描写の中に含められているので、ちょっと気付きにくかったのですけれど…プライドゆえに謙虚になれる、そういうモチーフが仕込まれていました。


 ストレス過多で信吾の体を投げ出してしまったアンクに「戻って欲しい」と頼む映司は、アンクに対して頭を下げるんですよね。勢い余ってガツンとぶつかってしまってますけれど。プライドというのとはちょっと違うのでしょうけど、映司は信吾の体を守りたいという願いがあります。そのためには、アンクに対して頭を下げることも躊躇なくするわけです。


 そして、手術を終えて何かがわかったような様子のケイもまた、映司に対して深々と頭を下げるんです。医者としての矜持に目覚め、それを悟る助けをくれた映司に対して、正しく自分の中に息づくプライドゆえに。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 封印の儀~リトバスの視聴スタンス (2012/10/07)
 空いてる時間にフォーゼ&オーズ (2011/12/23)
 AIR IN SUMMER & MEMORIES予約開始 (2005/07/02)
 仮面ライダー電王 第35話「悲劇の復活カード・ゼロ」 (2007/09/30)
 小林さんちのメイドラゴン見てます (2017/01/21)
 「積みBlu-rayタワー」を少しだけ消化 (2013/04/22)
 今日は一日お出かけの予定。 (2014/07/21)

テーマ:仮面ライダーオーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/3587-cc072ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック