FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
魔法戦隊マジレンジャー Stage.16 「門の鍵」
 書こうか書くまいか、今回はかなり悩みました。いや、「書く書かない」というよりむしろ、「何を書くべきかよくわからない」というのが正確なところだったかもしれません。ストーリー的にはそれこそ「鍵」となる大事な話だと思うのですが、そのストーリーを追うぐらいしかポイントが見当たらなかったのです。

 しかし、視聴から数日経って、この漠然とした「煮え切らなさ」の理由が何となく浮かび上がってきましたので、私が思ったことを記録として残しておくことにします。

 なお、今回の基本的な感想は「残念だった」というトーンで書くこととなりますので、そういう感想を読んでもよし、という方のみお読みいただければと思います。私が絶賛するお話を「単調でつまらなかった」と評する方が少なからずいらっしゃるのと同様、その逆もあるということでご理解下さい。
1.心理描写の希薄さ
 ストーリーのわかりやすさと裏腹に、登場人物が何を思い、何を考え、そしてどうしようとしているのか、その辺が今回は非常に薄っぺらく感じました。

 マジレンの王道的パターンとして、登場人物の誰かが壁にぶつかる→「勇気」でそれを克服する、という成長物語が毎回話のキモになっています。その焦点になったキャラを深く描くことで、手に汗握る展開やほろっと涙するいいお話が作られているのだと思うのです。

 しかしながら、今回はマジレンの5人の中にはそのようなキャラがいません。中心的になっている人物と言えば魁なのでしょうが、彼が今回したことと言えば記憶喪失のリンにうつつを抜かして優しくしてあげたこと、のみ。壁にぶつかってもいませんし、成長している風でもありません。割といつもの調子で、悲しみに満ちた表情のリンを笑わせたいという比較的単純な動機で行動したに過ぎません。

 5人以外で変化があったのはリンなのですが、これがまた「彼女がぶち当たっていた壁とは何なのか」「彼女はその壁を克服するために何をしたのか」という両面に於いて、少なくとも視聴者が十分にわかるような描写は全くされていないと言えます。あえて謎めいた風にしていることも考えましたが、それにしてもあまりに意味不明に過ぎます。

 もちろん、今回がStage.17につながる形での引きになっている以上、次回に大きなヤマが来る可能性は非常に高いと言えます。そこでは今回張られた伏線の多くが明らかになり、感動的なシーンも用意されているのでしょう。しかし、もしそうだとしても、今回があまりに「心理描写の点で起伏に乏しい回であった」ことに変わりはありません。ちょうど、Stage.11~12の流れを思い起こしてみるといい対比になると思います。あの一連の話も、本当のヤマは後半にありましたが、かと言って前半に何もなかったわけではありません。そこには次週に続くネタ振りを中心としながらも、それなりの成長が描かれていましたし、それがあったからこそ、次週の盛り上がりは大きかったのだと思います。

2.ホントに強くなってる?
 ドラゴンボールを初めとする熱血系少年マンガよろしく、最強の敵のオンパレード、強さのインフレになるならまだいいんですよ。「おいおい、どこまで強くなるんだ。ウホッ」というのは、ネタとするにしろ、真っ正面からアツくなるにしろ、まだまだ楽しみ甲斐があると思うのです。

 しかし。

 この何週かのマジレンは、「今までとは違うぜこのヤロウ!」と口では言っているにもかかわらず、全然そんな感じがしない敵ばかりです。今週のバンキュリアもそう。潜在能力を引き出すという呪文をせっかくウルザードにかけてもらったのに、見た目が明らかにStage.12より「弱い」のはどういうことかと。たった4週ですっかり「噛ませ犬的」なキャラにグレードダウンしてるではありませんか。バンパイアの中のバンパイア、とか豪語していたあの自信はどこ行った?

 マジレンジャー側が総体的に強くなったなら話はわかるんですよ。ところが、何週か遡ってみてもそんなことは一切触れられてませんから、違和感バリバリです。呪文は毎週増えてるけど、それは「決め技」が増えてるだけなので、通常戦闘でレベルアップしたとはあまり感じられず、やっぱりバンキュリアの方が弱体化したようにしか見えません。

 上記の「潜在能力を引き出す呪文」にしても、その必要性があまり感じられません。バンキュリアがヘロってたのは、マジレンにコテンパンにのされたわけではなく、むしろ盟友であるはずのブランケンにボコられたせいなんですよね?(汗) だから、そこでウルちゃんがあそこでバンキュリアにかけるべき呪文は、「潜在能力カモン!」ではなく、ホイミとかケアルとかそういう呪文ではないかと思うのです。まあそこは百歩譲って、「潜在能力を高めることで、戦闘能力とともに治癒能力もアップした」としましょうよ。そこでお調子に乗ったバンキュリアが持ち出すのが「強い武器2つ」です(笑)。明らかに「武器のおかげで」押してるよね?ね?じゃあ最初っからその武器で戦うだけで十分だったんじゃないの?潜在能力のアップの効果って、結局元気が出たことだけですか。あの呪文はユン×ルですか。キュー○ー△ーワゴールドですか。

 何たら三冥獣の時も思ったけど、「強い強い」言うばかりで、ホントに強く見せるスベを知らないんじゃないのか、この人達(汗)。

 ウルザードとのバトルが主体の時にはそこそこやってるように思えるので、「できない」ってことじゃないと思うのですがね。もうちょっと、いやいや、かなり頑張ってもらわないと。


 以上でした。文句ばっかり書いて終わるのもナニですので、最後は気に入ったシーンを。こんなに不満が多かったのに、ここだけはエラく燃えました。

「冥獣反応を追ってきてみれば!
 お前だったか、バンキュリア!」


 なんつーんでしょうか。アニキのしぐさも、セリフのテンポも、非常にいい型にハマッている感じがして、妙に痺れましたよ。歌舞伎調と言いますか、「見せ方」のいい蓄積がさらっと出ている感じがして。カッコ良かった。部分的にとは言え、こういう良質なモノが見せれるんだから、まだまだいけると思います。次週はいいものを見せてくださいよ。期待して待ってますぜ?
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 9回目のけいおん! (2012/02/01)
 たまこまーけっと記事リンク集 (2013/01/26)
 エンドレスエイト I (2009/06/23)
 ドルアーガの塔 SOU 第四話「幻影の中へ」 (2009/01/31)
 宇宙戦艦ヤマト2199 第十九話「彼らは来た」 (2013/08/11)
 けいおん!! #6 梅雨! (2010/05/26)
 リトバス 第13話「終わりの始まる場所へ」 (2013/01/06)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/354-762a3777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★TBさせてイタダキマス★『魔法戦隊マジレンジャー』ステージ16「門の鍵 ~ウザーラ・ウガロ~」の感想です♪敵も味方も相手を思いやる気持ちいっぱいな回でござーました(笑)。
2005/06/01(水) 08:59:02 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン