Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
けいおん!! 最終回 卒業式!
 卒業式で泣かないと、冷たい人と言われそう…。

 あ、先週の記事の冒頭の叫びも、斉藤由貴「卒業」の歌詞からのプチ引用だったんですが、わかってくれた人はほとんどいなかったみたいですので…。

 卒業式だから、泣かなくちゃ。

 或いは、

 卒業式だけど、泣くもんか。

 いやいや、どっちも何か違う気がしますよ。卒業式で泣かなかったからって誰にも責められる謂れはないし、卒業式で泣いたからって同じこと。泣けたら泣けたでいいだろうし、泣かなかったらそれはそれでいいんじゃねーの?自然体でいいじゃん、自然体で。

 えっ?私?

 そりゃあ、もう、なぁ?
 
 ああああずにゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああんんんんん!!!(やっぱそれかー!)


 

【GIRI GILI Girlsの到達点】
 まずは、アバンの話から行きますか。最終回・卒業式でまで遅刻になってしまう唯のことと、その唯と一緒に遅れていく3人の話なんですが。

 進歩ねぇな!w

 と見るか。

 こんな時も4人一緒かぁ…。

 と見るかで、全然印象が変わりますね。前者だと、他の3人までが唯に引きずられてる格好に見えますから、相当ネガティブな感じを受けると思います。確かにこういうところ、唯は全然進歩してません。目覚まし時計を勘違いして慌てて早くに来すぎたり、せっかく早起きしたのに別なことに夢中になって遅れたり、その繰り返し。今までは自分一人が遅れてたのに、遂に他の3人まで巻き添えか!と思って、腹立てちゃう人もいるかも知れません。

 でも、後者の視点で見ると、「ああ、ここまで来たんだなぁ…」とか思えちゃうから不思議です。それは進歩というのとは違って、変化、なんだろうけどね。え?わからん?そっかぁ、わからんかぁ…。事前に一期の第一話&最終回を食らってるともう少しわかるかも知れんですよ。一期第一話アバンの、遅れそうだと慌てて滑って尻餅をつく唯と、一期最終回Bパートの、ギターを取りに帰って急いで戻ろうして同じように滑るんだけど、尻餅をつかずに「ぐっ」と踏みとどまって走り出す唯の、ほんの少しの変化。いや、そもそも遅れちゃダメなんだよ、というのはその通りなんだけど、少しであってもちゃんと変化していることは喜ばしいと思うのよね。自分自身が高校生だった時の3年間で、何がどう進歩したかと考えると、答えに窮するしなぁ…。

 そこまでの意図はないのかも知れませんが、二期も第一話と最終回で、唯の変化を対比させている、と見ることもできます。第一話アバンでは、やっぱり目覚ましの時間を勘違いして、一人で早く来ていた唯が描かれていました。一人だったんですよね、あの時は。だけど、今回は4人一緒。しかも、自分のせいだと謝る唯に、他の3人は全然怒っていませんし、焦ってもいないんです。何気にスゴイことですよ、これ。これからも一緒に歩んでくれる友たち、唯たちはここまで強い絆を育んできたのだよと、そういう描写なんです。

 大それたものではないし、まずいところも依然としてある。本来は晴れがましい日のはずなのに、3人が唯を待つのは日陰の路上で、何だか寒々としていて…。だけど、笑顔なんですよね、みんな。だからこれが彼女らの、彼女らなりの、ささやかな到達点なんだろうと思います。


~~~


 式には何とか間に合ってるけど、もうバタバタで。下級生の純ちゃんから「さすが軽音部だねー、ギリギリで生きてる感じー」とか言われて。ストッキングに穴空いてたけど(ちょ、それ、昨夜買って帰った新品じゃないのかw)、憂のおかげで何とか無事に体裁整えて。

 見ているこっちがハラハラしますわ。ホントに。

 寄せ書きを式に持ってっちゃうところも、もうカンベンしてくれー!て感じでしたね。お腹に隠してずっと持ってるーて聞いた時は「落とす!これ絶対落とすフラグだ!やべー!カンベンしてくれー!」て思ったし。さわちゃんが唯を気にしだした時も「起きる!絶対何か起きるよこれ!カンベンs(略」って思ったし。伝言が間違って伝わった時も「何をやらかすんだ!何でもいいから早く過ぎてくれー!カンb(ry」って思ったし。

 結局、大きな事件は起きずに終わったんだけどさ。orz ツカレタ…

守りぬいたよ!


 いや守りぬいたよじゃねーよ!www

 と、しかし。この後の、澪と唯の言葉で、ちょっと我に返りました。

澪「式の間、気になって仕方なかったよ」
唯「私も気になって仕方なかったよ」


 オウム返しみたいな言葉なのに、気にしている内容がまるで違うんですよね。澪が気にしていたのは他の子等と同様、「唯が色紙を落としたりしないか」ということ。唯が気にしていたのは、意味がよくわからなかった伝言の内容。色紙を守り通さなきゃいけない立場のはずなのに、それじゃないこと、どうでもいいことを気にしちゃってるんです。益々危ない状況じゃん、それ。いや、それはさておき。

 自分の問題にはほぼ無頓着な唯らしい、と思ったんです。学園祭でもそうでしたよね、他のメンバーの紹介に一生懸命で、自分の紹介忘れて。そんな唯の紹介を、最後に他のメンバーがしていました。今回も、構図は同じ。人の事に一生懸命になる唯、そんな唯を気にかけたりフォローする周りの人たち。

 一生懸命でおバカな子って、やっぱ可愛いんですよね。そして、それが決して一方通行に終わっていないことは、僕らを安心させてくれます。いつの間にか、皆の視線の中心になっている唯。そして、その唯が周りにもたらしているものもある。これまた、先の描写と同じく「唯たちが紡いできた絆」を、より広い形で表しているんですよ。

 亀のゴール。亀は、ゴールするときもやっぱり亀です。ウサギになったりするわけじゃあない。でも、ちゃんとゴールできるんです。そのゴールを、ともに喜んでくれる仲間がいて、そのことが亀の歩んできた道のりの価値を伝えてくれる気がします。


~~~


 彼女らのこれまでの歩みを認めているらしき、さわちゃんの描写がありました。二回ほど、さわちゃんの手が出席簿や机をなでるカットがあるんですよ。これ自体も、出席簿や机=生徒たちへの思いを動作で示しているように思われるんですが…前にもあったような気がしたんです、これに似た、手を使った芝居が。

 思い返してみるとそれは第8話「進路!」、ラスト近くのシーンです。それは先生ではないんだけど、階段の手すりの上で登る方向を向いている亀に手を滑らせる仕草が出てくるんですね。ここでは斜面上でしたから、自然と見ている側も「上って行く道行きの途中」を意識させられていました。

 それが今回、なでるのは斜面ではなく、平面です。

 上り切った後の、到達点なのかな…そんな風にも見えるんですよ。

 斜面を三年間上って来て、ゴールの平面に到達したのが今。そこに到達した生徒たちを、よくここまで来たわね、という感じで、さわちゃんが愛でているんじゃないですかね?

 もう一つ。式の後の音楽室で、唯たちが新曲を梓に披露している間、さわちゃんは廊下で待っていたようなのですが…ここでさわちゃんが眺めているのが、手すりの斜面を上り切って平面に到達した亀なんですよね。

 それが、みんなの到達点。亀も含めて、みんなで上って来たこの道程を、今一度振り返って…。





【遠い地平の彼方から】
 …遠いなぁ。



 すぐそばという風にも見えるのに、でもものすごく遠い…。なんて遠いんだろ…。



~~~


 先にも挙げた、さわちゃんの手芝居のシーンでは、誰もいなくなった教室がロングで映ります。緩やかにパンするこのカットでは、3D CGらしき机が奥行きを感じさせながら横にスクロールしていく様が描かれるのですが…。

 まさかこれ、あの「涼宮ハルヒの消失」でもあった、手書き段ボール作画じゃないでしょうね?ほんの数秒のカットなのに、作画が段ボールいっぱいになったという、あの伝説の。もしそうだとしたら、なんて(いい意味で)非常識な…。

 CGなのか手書きなのかは、どこかで言及されないとわからないですが…それがどのような手法で描かれたにせよ、この描写の効果は絶大でしたよね。いつも見ていた、限られた広さの教室なのに、すごく「距離」があるように思わせるんですよ。

 それは、生徒たちが過ごしてきた三年間の道のりそのものでもありますが…今は「かつての教え子たちと、元担任」との間の距離を示しているようでもあり…切ないんですよね。とても。

 いつでも遊びにおいで。「お前らが来るのを、待ってるぜー!」というDeath Devil時代を踏まえたセリフには笑いましたが、これは「取り繕ってない素の私の気持ち」という含みですよね。でも、そうは言っても、今日までの関係とはもう違うんですよ。卒業生と元担任だもの。同じ校舎で同じ日々を過ごした頃とは、何もかも違っちゃう、それはしょうがないことなんですよ…。


 ましてや、卒業生と在校生、となったら、さぁ…。


~~~


 卒業生に在校生が胸の花をつけてあげるシーンで、梓はちょっと離れたところに軽音部の4人を見つけるのですが…彼女、すごく遠くそれを臨むんです。まるで、手の届かないところにいるように。


 ああ、もう行っちゃうんだ…。


 そう思いそうになるところで、風に吹かれて彼女の額のばんそうこうが見えます。このばんそうこうは、彼女の最後の安全装置、或いは傷つきそうな彼女の心を守る応急処置。それで梓は、辛うじて泣かずにいられるんでしょうね。あくまでそれは応急処置なんだけどね…。


 「卒業」によって隔てられる距離は、やっぱり遠いんですよね。第7話「お茶会!」のレビューで、曽我部先輩や澪ファンクラブのことから読み解いていったとおり。今までも匂わされていたその「卒業という境界線」が、とうとう梓と4人の間に引かれてしまうんだもの。そりゃあ切ないし、時間は刻々と流れていくし、どうしていいかわかんないし…ちょっと逃げもしますわ。

 式が終わっても、机に座ってぼーっとしている梓。向き合わなくちゃいけない最後の日なのに、梓は向き合いきれずにいるんですね。そこを、突っ放すようにして逆説的に応援する純、遠赤外線のように梓を促す憂が、とても温かく見えます。そうして二人に後押しされて、何とか前向きに「ちゃんとお祝いしよう」と頑張る梓ですが…テンション高めなのが逆に見ていて辛いですわ…。

 そのまま頑張れるかな…。

 と思っていたら。

 卒業証書と一緒にまとめて置いてあるみんなのカバンを…なんてことはない、だけももう決して見ることはない光景を見た瞬間に!梓が張っていたセーフティガードは、とうとう解けちゃうのね。

卒業しないでください。


 そんな無茶な!とも思う反面、そうだよ、そうやって素の気持ちをぶつけていいんだよ!と思って、もうホロホロと。だってそうだろ、今まで梓が決して口に出そうとしなかった本心だよ、これ!そりゃあ、先輩たちの歩みを止める権利は梓には無いさ、だけど、「それほどまでに、まだまだ一緒の時を刻みたい」という思いがあることは、ぶつけてもいいんじゃないのか、なぁ!

卒業…しないでよ……


うわああああああああん…


 ついタメ口になって素直な気持ちをぶつける梓…ああ…やっぱり、我慢してたんだよな、梓…。今までの梓のことを思って感無量でしたが、そこに「よしよし」してあげる唯たちが、またいい仕事をしてくれるんだよなぁ…。

 剥がれちゃった応急処置のばんそうこうを、今度は唯特製ので張り直して。梓が知らない一年を表す昔の写真を、「これであずにゃんも私たちと同じだね=三年間過不足なしの時間を共有だね」と言わんばかりに渡して。そして桜の花びらを、ああ、そんな!5枚一緒で「私たちみたいだね」って!まさか第一話で拾っていたあの桜の花びらは、あの時から「5人一緒の象徴」だったのか!

 そして新曲だよ、「天使にふれたよ」だよ!なんて贅沢な、梓だけのために演奏されるとか、曽我部先輩への演奏どころの話じゃないだろ!歌詞はベタベタだ、ああベタベタだよ!だけど、それがいいんじゃねぇか、青春ってそういうもんだろ、小細工とか何とかじゃなくてベタベタ上等じゃねぇか!!


離れてても同じ空見上げて
ユニゾンで歌おう



 がはああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!


 卒業という名前の境界線は確かにある、それはどうしようもないことなんだけど…でも、「離れてても同じ歌を歌っていこう」というこの歌詞はッ!もう最高の救いなんじゃないかっ!




あんまり上手くないですねっ


 梓が、知らないはずのセリフです。

 それは一期第一話で、3人の演奏を聞いた直後の唯が言うセリフ。これから軽音部でやっていこうと決める、「これから仲間」であることを宣言するセリフです。

 梓が言ったそれは、「梓が知らないはずの時間も含めて、既に5人一緒になれている」ことを証明しているものであり…同時に、「これからも仲間」であることを理解・宣言しているセリフなのだと思います。




 とてもいい卒業式でした。あと2話ほど番外編が続くようですので、残りも何かを温めながら見終えていきたいですね。ひとまず、ここまで彼女らの物語を導いてくださった制作陣の皆さんに、感謝を。どうもありがとうございました。残りも楽しみにさせていただきます。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」 (2012/09/23)
 レールガンS第15話見たー。 (2013/07/20)
 2005/1記事Remix ~ プリキュア最終回 (2006/01/31)
 プリキュア#47話「最強戦士登場!っても~ありえない!!」 (2005/01/16)
 CLANNAD 第6回「姉と妹の創立者祭」 (2007/11/30)
 キルラキル 第17話「何故にお前は」 (2014/02/15)
 ドルアーガの塔 第5話まで見て (2008/05/06)

テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コレが最後じゃなくてよかった
こんばんわ、いつもお世話になっています。きつねのるーとです。

それにしても、コレが本当の最終回でなくて本当に良かったと思っています。この後にまだ2回楽しみが残っている。そう思えるだけでけいおん!!の緩やかな愉しみが終わってしまうと言う衝撃がかなり和らぐと思うのですよ。
だって、この回にはあずにゃんの泣き顔ですよ。しかも行かないでっていう彼女の願いは誰にもどうすることが出来ないことで…年の差は残酷です。でも、願わずには居られない。隠しておきたかったのに言わずにはいられなかった、泣かずにいることが出来なかった。そんな切なさのまま最終回だなんて、視聴者にも厳しいです。

すでに番外編がどうなるか承知している私ですが、この感動をよりいっそう引きたるお話が続くことを保障しますので楽しみにしていてくださいませ

ではでは
2010/10/04(月) 03:15:05 | URL | きつねのるーと #B7q/.fmY[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/3514-346a4564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ついに卒業式。 こんなに終わるのが寂しいと感じる作品は久しぶりだなぁ。 話の内容としては淡々と卒業式が描かれて唯、澪、律、ムギの4人...
2010/10/03(日) 15:10:26 | 蒼碧白闇
「ギリギリで生きてる感じ」
2010/10/03(日) 20:56:35 | 記憶のかけら*Next
「あずにゃんのために作ったんだよ」唯たちが桜が丘高校を卒業する話。 最近発売されたまんがタイムきらら 10月の内容とは少し異なる展開...
2010/10/03(日) 21:04:38 | 日記・・・かも
  番外編「訪問!」いつまでも、残したいもの・・・唯、紬、律、澪はマジックで瞼に目を書いて・・・梓の入部記念に、“家族風”に写真撮影を「入部記念かぁ・・・」授業は無くて...
2010/10/03(日) 21:17:43 | 日々“是”精進!
   最終回「卒業式!」ずっと、永遠に一緒だよ。紬、律と澪と待ち合わせ。唯はまだ到着せず律がメールを送ると・・・“鮭に痛てて”と返事が。“先に行ってて”では?と紬。唯も...
2010/10/03(日) 21:18:42 | 日々“是”精進!
『卒業式!』
2010/10/03(日) 21:31:37 | ぐ~たらにっき
{/kaeru_fine/}ゴミ分別! おおー!水玉がマーブルチョコのようにカラフルだ☆ 『けいおん!!』 #24 卒業式! *最終回* 卒業式の朝。 軽音部の皆は待ち合わせして登校。 しかし、 言い出しっぺのゆいが遅れてちょと遅刻? そんな皆を見かけて、 「さっすが軽...
2010/10/03(日) 21:51:38 | マイ・シークレット・ガーデン
けいおん!!の24話は、本編の最終回で卒業式。 寄せ書きにて3年2組の生徒全員の氏名が判明しました。 けいおん!!(第2期) 4 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray] 最終回 卒業式! 卒業式当日。3年2組では、けいおん部の4人が遅れてます。 唯が学校へ行く前にギー太を弾い...
2010/10/03(日) 23:03:41 | ホビーに萌える魂
けいおん!!の感想です。 唯たちの旅立ち。
2010/10/03(日) 23:14:49 | しろくろの日常
けいおん!! 第24話(最終回)「卒業式!」 ・・・唯と少しだけ無言で見つめあったり、一緒に帰ろうということで若干救われた気がしないでもないですが・・・答辞が大半カットされた(涙。良いんですよ、別にけいおんですから、けいおん部の方を描くのは当然ですし・・・?...
2010/10/03(日) 23:28:29 | ひびレビ
とある春のこと。
2010/10/04(月) 00:24:50 | 本隆侍照久の館
ようやくあずにゃんは自分の本心を明かしてくれた。 でも、そのあずにゃんの気持は絶対に叶わない。叶うわけが無い。 彼女の大好きなセンパイたちは、卒業してしまうから。 それは、あずにゃんがセンパイたちに厳しいことを言っていたからじゃない。 そう...
2010/10/04(月) 03:08:56 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
 これまでなんだかんだあったけど、ついに卒業式の日を迎えてしまいます。今日で唯達三年生は卒業してしまう…思い返せばこの三年間色んな...
2010/10/04(月) 07:47:33 | もっとTo LOVEると美柑&ヤミを好きになる!(新さくら日記)
これまで何度も、この作品は梓視点が多いと書いてきたのですが、なるほど、この最終回のためにあったのだなと納得しました。けいおん!!...
2010/10/04(月) 12:17:02 | メルクマール
卒業式、最後の登校。 もう楽器を持ってる姿が自然ですね。 唯が遅れててメールしたら「鮭に痛てて」って(ノ∀`) 解読できるレベルの打ち...
2010/10/04(月) 16:07:19 | シュガーライト
「卒業式!」 爽やかで気持ちのいい素敵な最終回でした~ 卒業を迎える軽音部4人組はどこまでも晴れ晴れとしていて 送り出す側のあずにゃ...
2010/10/04(月) 17:03:20 | Brilliant Corners(alt)
番外編その2。卒アルの見本を風邪で休んでるさわちゃんに届けることに。Apartで笑ってBpartで泣けてきた。またさわちゃんとあずにゃんで胸キュン(死語)になっちゃったぜ。そして映画化決定おめでとう!! 消失クオリティで唯達がスクリーンを動き回るなんて・・・こんな嬉...
2010/10/04(月) 17:19:56 | 猫が唸る感想日記
アニメ けいおん!! 第24話 (最終話) 『卒業式!』 【 To Azunyan ~また逢う日まで~ 】 ~あずにゃんへ~ 貴方は、たった一人の大切な後輩...
2010/10/04(月) 23:53:09 | 無限の宇宙
「卒業は終わりじゃない、これからも仲間だから。大好きっていうなら、大々好きって返すよ・・・」 だいすき、だいすきをありがとう。
2010/10/06(水) 00:58:43 | からふるdays
「けいおん!!」の最終話となる第24話を見ました。 今週は仕事の関係でちょっと勝負の一週間で、来週はもうちょっと勝負の一週間。9月はアニメの改編期でがっくり気が抜ける時期ですが、気は抜けません。 <感想> 楽しい時間はあっという間というのは定説です...
2010/10/10(日) 21:56:56 | じろグ!
 卒業式当日。 あいかわらず、もたつくゆいを待つメンバー。   卒業式の間、担任のさわこ先生に渡す色紙を大事にかかえるゆいをみんなが気にする。 式のあと、部室に集合。 ...
2010/10/17(日) 00:34:21 | ピンポイントplus