FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
侍戦隊シンケンジャー 第四十七幕「絆」
 …一回も書いたこと無いんだけど…どんなに面白くても拳握っても、自分の首を絞めかねないレビュー記事書きだけはスルーし続けてきたんだけど…。

 今回ばかりは、たとえちょっとだけでも、書かずにはおれん!


 なんすかアレは。


 今までもね!絶対子ども向けのクオリティじゃねぇな!とは思ってたんだよ!だけどさ!今日のはナンだありゃ!こっちが思ってた「子ども向けじゃナイ」のレベルを軽々と飛び越えて、「並みの大人向けどころじゃナイ」までいっちまいましたよ!

 「絆」。ああ、そりゃそうだろう、殿には「何にもない」なんてこと、あるはずもないもんな!そりゃそういうサブタイが来て当然だろうと思ってましたし、それをきっとまたい~いクオリティでかましてくれるだろうとは思ってましたけど!全然そんな程度のものじゃなかったよ!
 

 そのポイントはやっぱ、十臓の扱い、でしょう!

 だって、アクマロのエピソードにおいて既に、十臓は「外道中の外道」だって、明らかになっちゃってるんだよ?!

 人間と外道のアイノコであれば成就するはずの、アクマロが二百年をかけて焦がれてきた「裏見がんどう返しの術」。でも、もう根っからの外道に堕ちきってしまっていた十臓が最後の一太刀を切っても、術が完成することは無かったわけですよ!隠してるとか何とかじゃなくて、実際に術が完成しなかったところを見れば、どう考えたって「十臓は外道中の外道だ」って結論にしかならんじゃないですか!!

 それがあーた…あそこで裏正に封じ込められてた彼の家族が、ああして止めに入って…しかも、どうにもこうにも抜けないその裏正を見ての、殿の一言が!!


 「それがお前の真実なんじゃないのか」


 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!


 本当に真っ黒だと!もう人としての情けなどは期待すべくもないと!そう突きつけてきたはずのあの第四十三幕から一転して!!「それでも、十臓にはこの真実=『絆』があった」と示してくるなんて!!

 そのことを悟って初めて、「なかなか死ねない体」だったはずの十臓に、先に浴びせた丈瑠の太刀筋が浮かび上がって…爆散する十臓、しかしここに来てようやく十臓は、「外道」から「人」に戻れたのではないかと!!

 それは、救いなんじゃないのか?十臓が二百年も乾き続けたあの「飢え」を満たすような方法ではなく、「もう飢えなくてもいいのだ」という、惑う者への真なる解放としての!!


 あの、外道中の外道だと思われた十臓にさえ、最後のひとかけらの真実=絆があった。


 ならば。


 びっくりするほど何もないと思っていた、ウソばかりで生きてきたと思っていた丈瑠にだって、最後のひとかけらの真実=絆があるんじゃないのか?


 …この構造が、もうどうしようもなく美しいッ!!もう、ただただ、美しいとしかッ!!


 丈瑠たちの「絆」が、しかと前を見て進み始めたことを確かめるようにして、ようやく裏正が散っていくあの様までが、もうどこまでも美しい…。


~~~


 薄皮太夫の今回の動きも、恐らくはドウコク~ひいては外道たちへの、絆というものに思い至ってのことなのだと思います。

 彼女のベクトルはまた十臓とは別で、三味線を傷つけられて以来、自分の中にくすぶっている、いかにも人間らしい未練に気付いてしまって、それで「自分はどうすべきか、何をすべきなのか」に迷い続けていた感があります。

 何をするにも宙ぶらりんで、今ひとつ煮え切らなくて。

 そんな自分が、今一度「外道であること」を思い起こして、宙ぶらりんな自分にケリを付けようと。外道らしく散り、それが他の外道たちのためとなることを望みつつ、「この自分の葛藤を少しでも知る者」にその命運を委ねようと。…そんな風に読み解くことで、薄皮太夫に対してもまた、今回のサブタイトルに冠せられた意味が乗っていることを感じ取れると思います。薄皮太夫にとっての真実=絆である、「彼女自身が外道であること」、その真実に背かぬ行動を、ってことですね。



 はぁ…このクライマックスもあと二週、かぁ。どのような結末に描いてくださるのか、とても楽しみでございます。レビューは書かないかもだけど、最後までしっかり見届けさせていただきます。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 Clannad After Story 第14回「新しい家族」 (2009/02/06)
 けいおんレビューの進捗その5 (2012/01/31)
 エヴァのBlu-ray BOXを鑑賞中 (2019/10/26)
 力尽きてたわけじゃないんだけど (2012/07/20)
 私の優しくない先輩 (2011/10/09)
 仮面ライダーカブト・17 (2006/05/28)
 フルメタル・パニック!IV 第11話「ストーミー・ナイト」 (2018/12/31)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/3196-4198d853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
タケルとジュウゾウが戦っている情報を聞き、リュウノスケ以外は、みんなタケルのところへいく。リュウノスケに、いまいかなければ後悔するとクロコがいう。このクロコは、リュウノスケが釣りしてたときの人だった。ていうか、あのときのとか言われても、そんなの誰も覚え...
2010/04/09(金) 17:35:00 | ぺろぺろキャンディー