Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ヒトゴトですませてはいけないこと
 直前の記事逃亡じゃねーだろへのコメント文を書いておりましたところ、異様に長くなったのと、内容がかなり重くなったのとで、別途記事として挙げる事にいたしました。上記記事、及びお三方のコメントとともにお読みいただければ幸いです。
>はぐれDDRer人情派さん
>現代では子供の頃からTVがあり、ニュースは絶対的なもの、
>と捉えている人も多いと思われます

 ああ、多いですよ、コレ。

 私の職場で、とあるイベントについて新聞社に情報提供したんですが、その記事で思いっきり記者がポカをやりましてね。会場の住所が「北○×」なのに、「西○×」と表記しちゃったんですよ。実際に「西」の方も現存する地名なんでなお悪かったんですが。

 で、あるおばちゃんから問い合わせの電話が職場にかかってきまして、すいません、新聞記事が間違えているんですよ、と丁寧に申し上げたところ、

「ナニ言ってんのアンタ!新聞が間違うわけないでしょ!」

 いやカンベンしてくれよホントに。新聞記者はウチから取材して書いてるんだから、新聞の方が正しいわけがないだろ、と怒鳴りたいのをグッと我慢して応対を続けましたが…。こういう人が大勢いるとなると、情報操作なんてあっちゅーまですよ。

 上記はまだ軽微な例でして、とてもここにすら書けないようなダークなネタ、それなりに持ち合わせがありますぜ…ふっふっふ。書かないけどね(笑)。ヒドイ場合は、「何とか筋によりますと」というところから大ウソこいてたりしますんで、「この情報ソースなら安心」とか思わないほうがいいですよ?

 ホントに、ここを読んでくださった方だけでも、「メディアの報道を鵜呑みにせず、しっかり自分で考える」ということには、注意してくださいよ。怪しい記事には、警戒して読めばちゃんとほころびが見つかりますんで。お願いしますわ。ホントに。

>神谷 圭さん
>現場に鉄道関係者がいた方が救助がはかどる、
>ということであれば確かにニュースの言う通り、
>いたほうが良かったのでしょうが・・・
> 難しいですね。けれど、あの非難の仕方は
>酷過ぎるとは思いましたね。


 まあ、そりゃ大概の場合は、いないよりもいた方がいいとは思うんですよ?でも、それを単純に「だから仕事を投げ打ってでも救助を優先すべき」というのは、あまりにも短絡的ではないかなと思うんですわ。

 よく「人命より大事な仕事などあるものか!」という論調の物言いを見かけるのですが、そういう風に一般論化してしまうからいけないんですわ。そもそも「彼らが立ち去れば必ず××人の命が失われる」という状況ではないのだから。どんな時でも、二律背反の命題に対しては両選択肢のメリット・デメリットを天秤にかけて判断するのが基本でしょうに。今回の彼らの立場では、「ここに残って救援活動を行った場合と、あえて出勤し通常業務をこなした場合と、どちらがより混乱を沈めるのに役立つか」という命題なわけです。それを想像すらできない時点で、既に感情的な批判になっているように感じられるのですね。

 私はあの通り、通常業務をこなした方が断然良かったと思いますよ。なぜなら、鉄道関係者とは言え、非常事態にあの場所で助力できることなんか、運転士だろうと一般人だろうとそんなに変わらない訳です。もっと言っちゃえば、「代わりはいる」という点も重要ですね。彼らがあそこに残ることによるメリットは、2名分の一般の大人の手数が救援活動にプラスされることと、JRとしての姿勢が若干示せる、という程度です。

 一方、運転士には他の人ではこなし得ない特殊技能があります。もちろん、他の運転士だって同じように運転は出来るのでしょうけど、非常事態で、ただでさえ混乱しつつある職場において、更にいきなり2名の運転士の欠員が出て急遽ローテーションを組みなおさなければならない、そのことから生じる混乱は、かなり大きなものであろうと予想されるわけです。本来課された責務ではなく、他の人が自分の代わりを勤めてくれる救援活動と、そもそも本来課されている責務であり、代わりを頼めなくはないけどそれがより多くの混乱を招きそうな通常業務。どちらを取ります?私が彼らの上司であっても、「救助活動には別途人員を割り当てて現場に向かわせている、君たちは辛いだろうがそこを離れて、自分の業務を全うしてこれ以上の混乱を回避してくれ」という指示を出すだろうと思いますわ。

 ホントにね、今回の件でマスコミと一緒になって怒っている人は、想像力を働かせてみましょうよ。色んな立場の色んな意図で色んな記事が出ることだけは止まらないですから。それを読んでどう判断できるか、が、読み手の理解力の見せ所じゃないかと。2ちゃんじゃないですけど、「いやいや、釣られませんよ」って言える人になりましょうよ、みんな。

 あ、心配ないとは思いますけど、上記の長文は神谷さんの書いたことに何か物申してるわけではないですからね、念のため。

>おーちゃんさん
>叩けば被害者に対する報いとなる「お涙頂戴」的な
>視聴率確保がミエミエです。

 判官びいきもここまで来ると本当にウザったいですわ。いや、被害者とその関係者にホコを向けるつもりは毛頭ないんですが、それをネタにしてやろう、食い物にしてやろうというマスコミの姿勢には全く情状酌量の余地なしって感じです。それこそ、被害者とその関係者にこそ失礼だと思うんですけども。

 今回の一連の叩き報道の中で唯一正当性があるなと思えるのは、「今回の事故を誘発した原因がJR西日本の企業体質にあるのではないか」という一点のみ(まあ、ボウリング事件もここに含まれますかね)。他はどーでもいいノイズばかりですね。そんな雑音に関わるのはそこそこにして、潜在的な原因、病巣があったのでは、という部分をむしろがっちり掘り起こしてもらいたい。「叩き」で終わらずにね。

 ただ、それを「JR西日本」の中で終わらせてしまってはまだ生ぬるいのですよ。だって、そういう「病巣」が「JR西日本」の中だけだってどうして言えるんですか?他のJR各社、或いはその他の鉄道各社、ひいては交通をつかさどる各機関は大丈夫なんですか?交通機関に限らず、利益優先でもっと大事なものを見捨ててきている企業・団体は、この機会を「他山の石」として自分の足元を見直さなくていいんですか?それは社会全体に関わることですが、今回第一線で叩いているマスコミ自身はとりあえずどうなんだ、と。

 「ゲームと犯罪」に関する報道でもよく思うことなんですが、事件を単発的なものと捉えず、社会総体のゆがみがたまたま凄惨な事件として現れている、という視点を忘れてはならないと。単に「ひどい体質の交通機関が大変な事故を起こした」「ゲームに入れ込んで憐憫などの情緒に欠陥をきたした一個人が殺人を犯した」というピンポイントな責めだけでは、問題は一向に解決しません。実際に、「第二・第三の宮崎勤」は出てきてるじゃないですか。なぜJR西日本は利益優先・安全軽視に走ったのか、なぜ犯人は情緒に欠陥をきたすに至ったのか、「それを招いた社会自体の責任は?」ってとこまで切り込んで、それを理解した一般の人々が細かい改善を積み上げていかないと、世の中が良くなるわけがないでしょう。

 むしろ、そういう叩きで安心する風潮、自分の外に悪者を作って、そこを責めていれば自分の安全は守られるという「おかしな神話」こそが、糾弾されるべきではないかと思います。自分の中にも、原因の一端が潜んでいるかもしれないんですよ?JRの到着が1分遅れたことに腹を立て、さんざんクレームをつけた人は、今回の事件をどう思って見ているのか。「だからあの会社はダメなんだ!」と今回も怒って見ているのだとしたら、こんなに悲しいことはありません。ひょっとしたらあなたも原因の一部じゃないですか…。

 自分に一切原因がなくても、生きている社会がこうである以上、予測不能な事件が起こる可能性は日常生活にぴったりと寄り添っています。明日には住んでいる場所で通り魔事件が起きるかもしれない。一分後には頭上から何かが降ってくるかもしれない。その時になって、叩きだけで安心し済ませていた自分を省みても遅いのですよ。一寸先は所詮闇。それを自覚した上で、ちょっとでも先を照らせるように、自分は何をすべきか。そういう風に生きていきたいと、今は思っています。

 …あ?するってぇと、郵便物の遅延の1日や2日、笑って許せってことなんだろうか…(汗)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 IE10への自動アップデートが進まない地獄(解決済み) (2015/06/16)
 折れぬために折れてみるということ (2007/02/28)
 お客様=神様・考 (2015/12/14)
 世界は誰一人として必要としない (2008/12/09)
 何かを自分に許すことを想定しても。 (2010/09/10)
 よくあるミス:「パッチを適応する」 (2008/06/14)
 正義漢の憂悶 (2006/08/02)
コメント
この記事へのコメント
あの場合
まったく、てりぃさまと意見が同じくに感じている、私です。

救助のプロがわんさかプラス沿線市民の救助の手あまた多数ある中、JRのよその区間の運転手が出来ることは、あまり多くはありません。もし出来ることがあったとすると、JR関係各所への諸連絡くらいのものです。それでしたら、所属運転所に配置して通常運転業務に入ってもらったほうがJR西日本にとって有益です。
一番問題なのは、そのことをJR西日本上層部が認識しておらず、会社として所属で働くように命令を伝えた。と、発表しなかったことなのではないでしょうか?もし、謝罪をするのなら、このことを明確にマスコミ各社に伝えた上で、その会社の判断が間違いであったと言うべきだったのでは、思います。

そんな非常時の判断基準を明確にしてこなかったのなら、なおさら、会社の責任で謝罪をしてやらなければ、この次のもしものときに一般社員はどう動いたらよいか自分で判断できなくなると思われます。

もしもの非常時のときに、その場で救助活動に当たるのも立派なら、事故にあったにもかかわらず、通常に仕事に当たるのも立派なことなんだと認めるべきだと思います。

追伸、以前に記事のお持ち帰りが出来なかったと申しましたが、古い記事に関してはお持ち帰りが出来たことを報告します。

ではでは
2005/05/06(金) 15:30:07 | URL | きつねのるーと #NUPN.0j6[ 編集]
TBありがとうございました
結局、マスコミは単に煽りを繰り返しているだけで、何も生産的な議論を提起していないと思うのです。
個人情報保護法はわかっていながら、「名簿を出さないのはけしからん!」と煽ってみせるのはまさに総会屋そのもの。
ボーリングの後の居酒屋の店員に
インタビュー行く暇があるなら、もっと他にやるべきことはあるだろと。

この嵐のような(かつ非生産的な)
バッシングがさっさと収まってくれることを祈ります。
2005/05/06(金) 19:17:28 | URL | yasukichi #9iR7w3vg[ 編集]
関西に住んだ時以来
オチを付けないとスゴク不安になるてりぃです(^^;。

>きつねのるーとさん

危機管理にまつわる話は、普段はどこでも見過ごされている話なので、こういう機会に見直しをすることはすごく大事だと思いますね。恐らくは当のJR西日本も、こうした非常時のマニュアルが充実していなかった、或いはマニュアルがあっても徹底教育されていなかった可能性があるように見受けられますので、そうだとすればその点は真摯に受け止めて対策に乗り出すべきだと思います。

>その場で救助活動に当たるのも立派なら、
>事故にあったにもかかわらず、通常に
>仕事に当たるのも立派なことなんだと
>認めるべきだと思います。

まさしくその通りでございます。それを「処分も検討」とかさっくり言われちゃってますんでね。つくづく、上層部は緩みきっているなと。今この時を言い逃れすることしか考えてないの?と言われてもしゃーないですね、アレじゃ。外からも引き続き責められるし、内部もモチベーション下がりまくりですよ、きっと。

記事のお持ち帰り、無事できたのことで、何よりでございました。今後ともどうぞご贔屓に。

>yasukichiさん

みの=総会屋説、大いにウケつつ頷きました!(笑)確かに、アレはゴロつきのそれとやり口が相似形ですわ。「そうだそうだ!」「議事進行!」とか叫ぶサクラの皆さんが全国みのファン主婦一同、とかになるのかしら(汗)。とんでもない話ですな。

>この嵐のような(かつ非生産的な)
>バッシングがさっさと収まってくれることを祈ります。

仰る通り。と言いますか、肝心なことをうやむやにされそうですごく怖いんですよね。また、運転士二名のように、当然のことをしたにも拘わらずトカゲのしっぽ切りよろしく粛正されるようでは、全く話にならないのですよ。我々ブロガーは自分たちのページでこうして語る以外に出来ることがないでしょうかね。JR西日本の現場で努力を続ける善良な職員の皆さんを支えたり、被害者とその関係者の皆さんが真の意味で報われるような何かができないでしょうか。…この辺りが、私がここ数日抱えているジレンマでございます。

まだこの話は続くのでしょうね。少しでも意味の残る結末を迎えて欲しいところです。
2005/05/06(金) 19:20:56 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
TBありがとうございました
てりぃさんのご意見、いちいち頷きながら読ませていただきました。
私も2人の運転士に関しては、そう問題のある行為だったとは思いません。
人情としては救助活動をするべきでしょうが、多くの人に影響する仕事を持ったプロとしては、出勤しても怒られる筋合いはないと思うのです。
仮にそこまでプロ意識に目覚めての行動でなかったとしても、目の前であんな事故が起こったら誰でも動転しますよ。
私もかつて祖母が危篤になった際に「明日から期末テストやのになあ・・・」と妙に現実的なことを考えた覚えがあります。
今から思えばそれは一種の現実逃避で、2人の運転士も同じような精神状態だったとしたら逆に彼らは人間味のある人たちだったと思えてしまいます。

なんだか取りとめのない事を書いてしまってすみません。
あまり好意的に考えようとは思いませんが、JR職員だからといって何でも槍玉に挙げるのだけは間違っていますよね。
2005/05/06(金) 23:48:07 | URL | 透夜 #iIYrKRLI[ 編集]
ども
透夜さん、コメントありがとうございます。

日々、マスコミの叩きが激しさを増すにつれて、ブロガー各氏の「違うんじゃないか」という意見も盛り上がってきてますね。マスコミ叩き、というような、彼らと同じ土俵に上がってしまう危険を自戒しつつ、こうした動きの中から何かいい方向性が模索出来れば、と祈るばかりです。

人間味のある人かも、という話にも頷ける部分が多分にありますね。他にも「事故に遭った人たちは一様にショックを受けており、怪我が軽微でも予定・仕事を取りやめて家に帰った人などが多かった中、自らの職務を全うした運転士二名はむしろすごいのでは」という意見もあり、こちらもなるほどと思うところです。いずれも情報がない中での想像ではありますが、「逃亡」とか言うのも現状ではやっぱり悪意に満ちた推測による決めつけなわけで、そりゃないだろ、って感じがしますよね。

結局、運転士の件も一つのノイズであって、事件の原因究明・対策の実施という「本来なすべき大きな議論」とは関連が薄いのだということを繰り返し胸に刻む必要があると思います。JRの職員を一人一人あげつらって責めたところで、何も生まれませんよね。
2005/05/07(土) 02:29:26 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/315-8112e816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
25日のJR福知山線塚口・尼崎間の脱線・衝突事故から10年。JR西日本が抱えてきた闇の部分が次々とあらわになってなってきていますが,連休中の今朝のテレビ各局の報道を見ていると,報道する側も感情的・扇情的な方向に偏ってきているように見え,逆に醒めてしまうと
2005/05/06(金) 20:17:07 | D.D.のたわごと
いろいろブログを見ていると、マスコミの一方的なJR西日本叩きを疑問に思っている人も多いようです。もちろんJR西日本の非については、それはその分叩かれるのも当然ですが、非の無いところまで無理やり煽って叩いているようです。古いマンガですが、「加持隆介の議」
2005/05/06(金) 21:08:47 | 反日活動から日本を守る
福知山線の大事故の原因を「ゲーム脳」なんつうくっだらない話に帰着させようとしたマスコミをどうかと思って以来1週間。JRとかその職員とか、色んなものを鬼の敵とばかり叩きまくっているマスコミの勢いは連日止みそうにない訳だが。TB先は僕から勝手にオナジミサン宣言の
2005/05/06(金) 21:16:01 | MinorPenta-Phrase
あの痛ましいJR福知山線の脱線事故の報道が今もメディアを賑わしている、連日JR西日本職員の事故当日の行動、その後の被害者や遺族への対応が次々と問題視されているがそれ以上に問題視されるべきは一連の記者会見や献花に訪れた人達や被害者・遺族、更には事故車両の運転士
2005/05/07(土) 22:33:08 | とろとろですとろん
JR福知山線脱線事故から11日が経過しました。事故に遭われた方々の救出に始まり、現段階では原因究明に向けての調査がなされています。現段階では、脱線の原因は運転士によってカーブ直前の70mに非常ブレーキがかけられたことと断定されました。運転士が亡くなられてし
2005/05/07(土) 22:53:56 | Y's WebSite : Blog ~日々是好日~