FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
まほろまてぃっく・ただいま~おかえりを見た
 プチ感想で。

 懐かしさ、はありました。一方、声優さんの声がどうしても当時と一緒には聞こえなかったため、残念な気持ちも。ストーリー的にも、本編の中盤のエピソードを新たに紡いでいるため、「蛇足になってしまわないかどうか」というギリギリのところでしたし、なかなか難しいハンドリングを迫られるものだったようにお見受けします。

 でも。

 最後の花火シーンは圧巻でしたね。あそこまで真に迫った花火のCG、なかなか見られるもんじゃありません。そして、どうしてそこまでこの「花火」に力点が置かれているのかと言えば…「花火」がひと夏の一瞬のもの、今だけどこまでも光り輝いて、その後はふいといなくなってしまうもの、だからなんですね。来年の夏はもう自分はいない、そのことと、ずっと優たちと一緒にいたいという気持ちとのジレンマに、人知れず涙を落とすまほろ。そして、かつて何度も見た、もうわかっているはずの「活動停止まで~」のテロップを満天の花火にかぶせて…。

 この、大事な部分の押さえによって、今回の追加エピソードも正しく「まほろまてぃっく」の一つとして収まった気がします。確かかつてのアニメ版では描かれなかった、式条先生のヴァイオリン姿もフォローされる、なんて、原作ファンにちょっと嬉しいサプライズもありましたし。スタッフの皆さま、お疲れ様でした。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 AIR DVD 1キター! (2005/04/06)
 世の中ナンでもアリか (2007/03/22)
 新劇場版ヱヴァンゲリヲンQ・現時点での感想 (2012/11/17)
 ああああああああああああああああ!!! (2013/04/13)
 日常の第19話 (2011/08/13)
 仮面ライダー響鬼 十一之巻「呑み込む壁」 (2005/04/10)
 第五章初回、完売。 (2013/04/13)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/3099-bfb63dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック