Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ハルヒ新作DVD・循環小数のハナシ
 今月末から毎月、順次発売されていくエンドレスエイト以降のハルヒの新作DVDですが…既に多くの方はご存じのように、5以上の循環小数が巻数に当てはめられています。

 涼宮ハルヒの憂鬱5.142857 (新作第2巻)
 涼宮ハルヒの憂鬱5.285714 (新作第3巻)
 涼宮ハルヒの憂鬱5.428571 (新作第4巻)
 涼宮ハルヒの憂鬱5.571428 (新作第5巻)
 涼宮ハルヒの憂鬱5.714285 (新作第6巻)
 涼宮ハルヒの憂鬱5.857142 (新作第7巻)
 涼宮ハルヒの憂鬱5.999999 (新作第8巻)

 新作第8巻が来年3月発売、かぁ。…長いなぁ。
 

 この「循環小数の巻数」ですが、最初に公になった時は、以下のような感じでした。

 5.142857
 5.230769
 5.285714
 5.428571
 5.571428
 5.714285
(5.857142は無し)
 5.999999

 「全部が5+?/7」というきれいな規則になっておらず、5+6/7が欠番で、代わりに何故だか「5+3/13」が混じるという、奇妙なことになっていました。おやまぁこれは一体どうしたことだ、ひょっとしてこれは考察せんといかんのか?と、変な義務感に駆られはしたものの、その理由が全く思い当たらず途方に暮れていたのです。正直、「全部が5+?/7」というきれいな規則になって、ホッとしている自分がいます。(^^;

 …まぁ、このように巻数が変化したことが、「最初のが単なる間違いであった」のか、「最初のも別に間違いではなく、ちゃんと狙いがあったのだけどさすがに難しすぎるからやめた」のか、それを考えると眠れなくなってしまうんですけどね。答えは出そうにないので、考えないようにします(苦笑)。


~~~


 一方、「巻数に循環小数を当てた」という理由は、それなりにわかりますね。既に発売されている涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (新作第1巻)は、旧作の4巻に収録されている「涼宮ハルヒの退屈」と「ミステリックサイン」の間に挟まる話を収録しているから、旧作4巻と同じ「4」の巻数が割り当てられています。そして、新作2~8巻に収録される「エンドレスエイト8本」「涼宮ハルヒの溜息5本」は、旧作の5巻に収録の「孤島症候群(前・後編)」と、旧作の6巻に収録の「ライブアライブ」「射手座の日」との間に位置する話なんですね。だから、「5」と「6」の間を7つに均等に割って、巻数を割り当てているのでしょう。

 ……のはずなんですが。

 これは、冷静に考えると、ちょっとおかしいんです。「5」と「6」の間に入る数字を7つ用意するために、均等に分割するのなら…「5」と「6」を使わないのなら、「8」で割るべきです。すると、以下のような具合になります。

 5(旧作・孤島症候群まで)
 5.125(新作2巻・エンドレスエイト2周目まで)
 5.25(新作3巻・エンドレスエイト4周目まで)
 5.375(新作4巻・エンドレスエイト6周目まで)
 5.5(新作5巻・エンドレスエイト脱出まで)
 5.625(新作6巻・溜息I&II)
 5.75(新作7巻・溜息III&IV)
 5.875(新作8巻・溜息V)
 6(旧作・ライブアライブ以降)

 ね?キレイに収まるでしょ?旧作5巻と旧作6巻の間が、全て均等に「0.125」ずつ割られた、そういう構成になるんです。だけど、今回のDVDはそうはしていません。溜息Vの収録される新作8巻と旧作6巻の間だけ間隔が詰まっていて、それ以外を「1/7」ずつの間隔にしてあるんですね。

 なんだってこんなことをしたのか?

 単に「循環小数」を使いたかったから?無限(∞)に続く数字を、エンドレスエイトにかこつけて?いやまぁ、それも考えたんですが…新作6巻以降は、別に無限に続く話でもない、溜息シリーズですからねぇ。その説は今ひとつ精彩を欠きます。他には「割り切れない思い」って表現なのかも、とも思いましたが…。


~~~


 …こんな話、知ってますか?「0.9999999999…」という、無限に続く循環小数は、実は「1」と等しいのだ、ということ。

 感覚的には、「0.9999999999…」の方が「1」よりも、ほんのちょっとだけ小さいんじゃないか?と思ってしまいがちですが…数学的には、無限に続く「0.9999999999…」は、「1」とイコールなんですね。表記方法が異なるだけで、実は全く同じ数字。

 ウッソーと思う人は、こう考えてみましょう。まず、「1」を3で割ります。これは、分数表記では「1/3」になりますし、小数表記では「0.3333333333…」という無限小数になりますね。この2つは全く同じものですから、以下のように表わせます。

 1/3 = 0.3333333333…

 オッケーですね?では、この右辺と左辺の両方に、「3」を掛けてみましょう。両方に同じ数字を掛けても、等式は成立しますから。

 1/3 × 3 = 0.3333333333… × 3

 1 = 0.9999999999…

 Q.E.D.(証明終了)。え?トリックじゃねぇのかって?そんなことは無いですよ?他にも説明方法は色々ありますので、「0.9999999999」とかでググッてみてください。ひょっとしたらどれを読んでも納得いかないかも知れませんが、数学上は「無限循環小数0.9999999999…と1は等しい」ってことで合ってるんです。

 つまり、ハルヒの新作8巻に当てられた数字「5.999999」がもし無限循環小数だとするならば、これと旧作6巻との差は「ゼロ」ってことになります。


 「溜息V」と、「ライブアライブ」の間は、「ゼロ」しかない。


 その間には、「0」しか…。


 あっ?!


 「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」


 エピソード名も「0」なら、DVDの巻数も「0」じゃないか!!


 どうですか?この考えが正しいかどうかはわかりませんが、そうなのかも、と思うことでちょっとニヤッとできる、楽しい仕掛けじゃないでしょうか?「楽しんだもん勝ち」ですもん、このぐらいの邪推は許されますよねぇ?

 脇道考察は以上でございます。お粗末さまでした。あ、私の住む北海道では、ハルヒの放映は月曜の深夜なんで、「新作最終話レビュー」をご希望の方はもうちょっとだけお待ちくださいませ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 フルメタル・パニック!TSR Scene07「とりのこされて」 (2005/08/26)
 Kanon 第22話「追想の交響楽~symphony~」 (2007/03/02)
 AIR MEMORIESを久しぶりに見た。 (2011/06/11)
 ウルトラマンメビウス 最終三部作 I 「皇帝の降臨」 (2007/03/17)
 グレンラガン第5話ぁ~ (2007/05/04)
 響鬼関連商品をまとめてみる (2005/05/19)
 ジャイアント・ロボ THE ANIMATION再視聴中 (2006/07/28)

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/2969-7b4846be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック