Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
エンドレスエイト II
 じゃあ…八行くらいで。時間もないから…ね…。

 えっと、エイトというのは8月のことで、夏休みのお話、ですよね?私自身の夏休みの体験は、一番近い大学生の時にしても、もう20年近くも前のことですし…。記憶が、ねぇ…。

 ……………………………………………えーー。

 ……………………………………………ぇーー。

 …………………………………………………。



 ……あれ?



 …………あれ、ゴメン、前に、おんなじこと、書いたような……。
 



~~~



 おんなじこと、か。



 何千回もブログの記事を書いていると、「以前にも同じことを書いたんじゃないか?」って気になってきます。そうだなぁ…1600くらいまでは間違いなく、「各記事のアイデンティティ」を明確に保ったままに書き続けてこられたような覚えがありますが、それ以上…特に2500を越えてこちらは、ナニを書いても「以前に似たことを書いたような…」というデジャブとの闘いです。自分が同じことしてる、という、微妙な倦怠感。これは、何でもないことのように見えて、地味にキツいんですよね。


 たった5年弱、3000回足らずの繰り返しでさえ、そう。


 ましてや、594年分、15498回の繰り返し、ともなると……。



【15498回分の「アイシテル?」】
 前回のエンドレスエイトは、多分一回目、いや、もしそうでなくとも、ごく初期の頃の一回なのでしょう。何故なら前回、登場人物は誰も彼も屈託なく笑い、キョンは心底楽しそうな笑顔を見せているからです。デジャブの一片さえも、その中には見当たりません。

 つまり、前回と今回の間に、594年分の倦怠が詰まっています。あれだけ楽しかったてんこ盛りの夏休みなのに、594年も繰り返すとさすがに飽きるってことでしょうか。いや、と言うよりも…人間には普通、594年もの時間は用意されていないんですよ。今から594年前って…室町時代ですぜ、ダンナ。一休さんが生きていた頃から、ほぼ同じ二週間を、延々と繰り返してこの時代まで…どんな牢獄だ、それ。そんな生活をあてがわれて、それに気付ける状況にあって、まともな神経でいられる人間はいないでしょう。

 「あれもこれも未体験」。OP曲「Super Driver」の歌詞はそう言います。「それがどうしたの?」とも…いや違う、未経験だから、新鮮だからこそ、ワクワクもドキドキもあるんですよ。未体験な出来事が溢れているからこそ、エンドレスに走ろうという気にもなるのですよ。それが、「どれもこれも体験済み」だとしたら、それは何と辛い繰り返しであることか…。

 今回の映像、徹底して原色での塗りを避けていますよね。夏の暑さを表現する手法としては、前回と比較して両極とも言えそうな感じに。明るすぎる光に霞んでいたり、日焼けしてくすんだようになっていたり、こもった熱気ごと赤く濁っていたり。8月30日の喫茶店のシーンなんて、夏らしい色彩表現さえ放棄して、モロにセピア色ですよ?

 これらはそのまま、「登場人物たちの倦怠」としてこちらには伝わってきます。だから、如何にハルヒが楽しげに話していても、全然そのように見えないんですよね。これが、ハルヒの望んだ「楽しい日々の繰り返し」なのか、キョンも言外に喜んでいた「ハレ晴レユカイな夏」の再現なのか…。


~~~


 明らかにトーンダウンする、ハルヒの声。


 意図しての演出、もあるとは思います。今話において、Bパートからのハルヒの声は、Aパートとは比べ物にならないほどに「つまらなそう」。この間に、「ビューティフルドリーマーさながらの繰り返しが起こっている」という、ハルヒ以外のメンバー間の会話がありますから…視聴者に対して「倦怠に値する事件が起きている」という情報を与えた後に、そのことを演出上でも示す、そういう作りと考えても破綻はありません。


 でも。


 そうではない、としたら?


 演出上のものとしてではなく、本当にハルヒの声が、あそこまでトーンダウンしているのだとしたら、どうでしょうか?


 いや、それはあり得ないんじゃないか?だって、古泉は、ハルヒがこの繰り返しには気付いてない、と言ったじゃないか?だとしたら、倦怠を感じる理由がない、そうなるわけがないじゃない?


 そう、なんですけどねぇ…古泉の言うこと自体の正誤を疑うにしても、確かにハルヒがデジャブらしいものを感じている風はないですから、やっぱりハルヒは「気づいてない」と結論付けるを得ないのですが…それでも、このトーンダウンは、何らかのサインに見えて仕方がないんです。

 前回のレビューにおいて、私はハルヒの心境として「楽しかった夏が終わることへの未練」という考察をしました。しかし、その踏みこみが少々足りなかったことを、今回は認めざるを得ませんね。だって、「この楽しい夏が終わってほしくない」という理由だけで繰り返しが行われているのだとしたら、彼女はこの状況に心底満足しているはずです。だとしたら、もうこのループを抜け出る方法なんかない、ってことにもなってしまいそうですけど…古泉もキョンも、そうは認識してないですよね?ハルヒには何かやり残した感じがあるんです。「終わってしまう夏への未練」だけではない、「やり残した何か、に対する未練」というものが、ハルヒの特異な能力を発動させている、と考えないといけないのではないでしょうか?

 そう仮定すると、後半に入ってのハルヒの声のトーンダウンは、ちゃんと意味を持つんです。彼女の心の奥底は…こう言っているんじゃないでしょうかね?


 「…違う。これじゃない。
  私が望んでいるのは、これじゃない」


 繰り返しの最初の方は、今度こそ望むものが得られるかも知れないと、ハルヒの心の奥底は期待しているのでしょう。ですが…段々日数が経つにつれ、「今回のループも、自分の望む夏では終わりそうにない…」ということに、彼女の深奥は気付き始めるんですね。表面上は繰り返しに気づいている風の無いハルヒですが、彼女の心は奥底で何かを求め、それが得られないことでまた繰り返しを願うというループを起こしているんでしょう。それこそ、15498回も。

 少しずつ、繰り返しの内容が異なるのも、その思いを裏付けているように思えますね。ただ「あの夏よもう一度」という願いだけであれば、寸分違わぬループでも構わないのですから。だけど、ちょっとずつ、あれこれと、模索しているんじゃないですかね?前回とは少しだけ違うようにしてみたら、今度は満足した夏が送れるんじゃないか?そう思っての、少しずつの違いに思えてなりません。

 それに…ハルヒに近しい人ほどこの事態に気付きやすいようになっている、なんていう状況は…これって、ハルヒの出している「SOS」ですよね?私の思いに気付いて、誰か助けて、私の望む何かを一緒に探して、っていう。

~~~


 ハルヒが望むもの、それはキョンとのひと夏の思い出、だったりするんじゃないかと、外野で見ている我々は勝手に想像するわけですが、その片鱗が、ちょっぴりとですが今話でも出ています。え?ああ、プールに行く時の3人乗り、キョンの背中に押しつけるハルヒの「あててんのよ」ですか?それもそう、かも知れんけど…。


 たこ焼き。


 前回もありましたよねぇ、たこ焼き。ハルヒにしては珍しく、「一個だけなら食べていいわよ」との有難き直球の好意によって、キョンに対して差し出されたたこ焼きのお皿。「ありがとよ」と言って、キョンが受け取るところも一緒。


 なのに…その後の展開が異なります。


 前回は、「美味しい?」「うん」「よろしい!」というテンポの良い会話が、ハルヒの高いテンションを保ったままになされます。ところが今回は…ややテンション低めの中で差し出され、キョンが食べた後にはノロノロと自分の所に皿を引き戻し、つんつんとたこ焼きをつつくハルヒが「わざわざ時間を割いて」描かれて…。


 「違う…こうじゃないのよね、私の望みは」


 そう言ってませんかねぇ、ここのハルヒ。キョンとの関係において、「私が望むのはこうじゃない」ということを無自覚ながらも理解して、それが表面の態度に出てしまっているように思えるんですよ。




 対して、キョンはこの状況とハルヒをどう思っているか、ですが。

 この状況については、やはり倦怠を感じていますよね。それは表面的なところでもそうですが、繰り返しを理解する前、序盤のさりげないところでもそれを示していると思しき部分があります。前回と違って、キョンは「寝こけているところに電話で起こされる」ようなシーンが多いんですよね。もうこの状況に飽き飽きしている彼は、知らず横になっているわけです。ラストシーン、捨て鉢になってベッドに寝転がるキョンと、相似形ですね。状況を理解してなお打つ手なし、もうどうにでもなれ、というラストシーンの方が重たくはありますが。

 では、ハルヒについては?

 天体観測の夜、古泉との会話における演出が白眉です。状況を打開するために、ハルヒを抱きしめて愛の言葉を囁いてはどうかという古泉の提案に、キョンは「拒否権を発動」するわけですが…「では、僕がやってみましょうか?」と問う古泉に対して…。


 無言の、キョンの背中。


 表情は一切視聴者に見せず。


 しかし、その顔を見た古泉は……くすりと笑って……。



 うあああああああああ、身悶えるぜ!!



 どんな顔したんだよ、キョンよぉ。お前、どんなこわばった顔で、古泉を見返したんだ?「ハルヒに手を出すのか?」って意思が、そのことへの拒絶の思いが、明確に古泉に伝わるほどの……。


 照れなのか戸惑いなのか知りませんが、どうしてまっすぐにその気持ちを出せませんかねぇ?ハルヒの望むものを、キョンも欲しているわけじゃないんですかね?ハルヒが素直にキョンに求め、キョンも目を背けずに向き合えば、それで解決、なのではないのん?


~~~


 もう一つだけ。長門について。


 彼女が何を考えているのかは…非常に難しいんですが、でも、表面的に言われていることを真に受けるわけにはいかない、と思います。例えば、これだけの繰り返しが起こっていることを、唯一全てを記憶していたのに、何故これまで何も言わなかったのか?とキョンに問われてのこの答え。


 「私の役目は観測だから」


 …………………………………………………。


 ……………んなーわきゃーないっしょ?


 憂鬱IVだよ?


 ミステリックサインだよ?


 ハルヒの観測という役目を越えたところで、能力を発動して事態の収拾を図っているところなんて、何度もあったじゃないの?なのに、何故今回はこんなに、こう?



 祭りの場で、キョンから「それより長門、食いもんとかどうだ?」と問われての、長門の視線。数秒間、じっとキョンを見ます。まるで、何かを察して欲しい、とでも言っているかのように……。

 …いや、そう言っているんですよね、この目は。

 長門が察して欲しいことって…今のこれが繰り返しであること、か?いやいや、そうじゃないだろう、それも含まれているかも知れないけれど、それだけが理由で「あえて口を紡ぐ」というのは、おかしいです。もっと、感情的な何かがないと…。そう、例えば……。


 「私が今感じている、この気持ちに、気付いて」


 こんなところでしょう。そしてそのことを、キョンも何となく察したからこそ、自分でもよくわからないなりに、プールの帰りに長門に声をかけたりしているんですよね。

 「この気持ち」の中身は…多分、長門が寂しげに見える訳でもあり、自分からあえては事態の収拾に乗り出さない理由でもあり。それは、自分だけが「情報統合思念体」として、皆と違う記憶、違う時間の中で過ごしているという孤独感と……それを埋め合わせてくれる誰かが、自分のことを理解して欲しい、思ってほしいという欲求、だったりするのでしょうか?その誰かは…長門のことを気にかけてくれる風もあるけれど、長門とは違う少女に対して無自覚な思いを寄せていることが、はた目からは明らかだったりするんですよ?



 彼は、事態の収拾に際して結果的にかもしれないが、結局彼女の方を選ぶだろう。



 私ではなく。




 ………切ねぇぇぇぇぇぇぇ!!!




 何とてんこ盛りな!!「前回と大筋同じな展開に、違った演出と一部のタネ明かし」のはずなのに、こんなにも情報量が仕込まれているなんて!!




 いずれにせよ、このループを抜けるためには、少なくともあと1話は必要なのでしょう。「駐輪・駐車ご遠慮下さい」の看板が示すように、留まるところを失って暴走気味に続くエンドレスの、ようやくの終着。「止マレ」が響くその決着を、ワクテカで待つことにいたします…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 本日は「ディケイド響鬼編鑑賞チャット」 (2009/12/12)
 仮面ライダー電王 第37話「俺、そういう顔してるだろ?」 (2007/10/15)
 新劇場版ヱヴァンゲリヲンQ・現時点での感想 (2012/11/17)
 リトバス全巻購入特典の応募 (2013/09/07)
 フルメタ特集~フルメタ記事リンク集 (2005/07/08)
 電脳コイル 第17話「最後の夏休み」 (2007/09/23)
 キルラキル 第21話「未完成」 (2014/03/16)

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
ちょっと気づいたこと
恐らくこの「エンドレスエイト」は次の話が解決編となるのでお書きしますが、原作ではこの話、その解決編しか描かれていません。
そしてアニメ化となると、そこはアニメーションの強みというか視覚に訴えるメディアですから、それを生かして(加えて既読者の予想を裏切るために)このような演出に走ったのでしょう。

ですがそれだけでしょうか?
まあこれはファンからすれば自明な事なのでしょうけど、このハルヒ新シリーズは長門に重きを置いて描かれるはずで、つまりこの「エンドレスエイト」でも視聴者の視点が、唯一記憶を保持したまま繰り返しをしていた長門の視点とそのまま被るんですよね。

原作ではキョン側の視点でしか語られなかった為に、主人公主観でしか記されていない長門の心情(というかいつもそうだったんですが・・・)。それを、記憶に残らない繰り返し途中のキョンの視点を使うことによって、「ハルヒシリーズ」の特徴である「主人公の一人称視点」を保ったまま、あたかも疑似長門視点と言えるような見方に視聴者を持ってくることに成功しています。そしてそれは長門の心情描写、というか視聴者の感情移入の導入口作りとしては最高のやり方だったと思うんです。

まあ、それによって他にも色々と考えられる事があるんですが、気づいたことは以上です。既出だったらすみません。
2009/06/30(火) 20:16:36 | URL | あるかさ #9WAugNKs[ 編集]
ちょっと気になったこと
今回、サブタイトルが2行に分かれて表示されてますよね。
手元のデータによれば、過去の『涼宮ハルヒの憂鬱』のうち、サブタイトルが複数行に分かれていたのは「朝比奈ミクルの/冒険/Episode 00」(スラッシュが改行位置)のみでした。
サブタイトルにわざわざ英語のセンテンスを据えた第1期の第2話(時間軸上の第1話)「The melancholy of Haruhi Suzumiya」も、表示自体は1行でしたし。

第1期の全14話、そして第2期のこれまで2話で続いていたサブタイトル表示のフォーマットを、こんな特殊な回でわざわざ変えてきたので、何か含むところはあると思うのですが……。
もし、てりぃさんが気付けば考察してくださると考えて、私は丸投げ……いえ、静観しておりました。

少し頭をひねってみましたが、今のところ、思い当たる意味づけがないんですよね。
3本目でまた何かサブタイトル表示に変化があれば、気付ける仕組みになっているのかなぁ……と、ちょっと気にかけている要素であります。
2009/06/30(火) 20:44:29 | URL | 加嶋 #Z8QTjApg[ 編集]
あるかささんが書かれていますが原作部分にはないシークエンスが描かれることになった、という構成はやっぱりニヤリとしちゃいますね。アニメならではの手法で描かれるだけでなく、補完までしちゃう(その後の話への補完も兼ねる)。

キョン達が感じる強烈なデジャヴ、繰り返される話、でも原作でも描かれていなかった話(既読者視点)、次回どう描かれるのか先が読めない展開、を同時に視聴者が感じれるというのはありだなと思いました。

いや~これはたまらんw
2009/07/01(水) 23:53:48 | URL | tia #xRS1q4qQ[ 編集]
また長くてすみません
正直に言うと、今回はすごく微妙でした。
前回がよすぎたせいで、ってのもありますけど…。
やっぱり、てりぃさんはけいおん!出演ナユキストですね。

2回目で終わらない…これは予想できた展開です。
しかし、予想はできてもしないだろうなと思いました。
だって、3週もかけてする話じゃないし。
あるかささんもおっしゃっていますが、
原作は解決のみです。そのため前回と今回は
ある意味完全オリジナルです。原作では描かれていない
という理由からみれば。
そのため前回のエンドレスエイトは未読者よりも
既読者の方が驚けた分楽しかったと思えました。
ただ、次回で未読者も既読者も3回目を見せられても
おもしろくないわけです。基本一緒ですから。
だから「3回もやられてもなぁ」と思うわけです。
…実際は『そこ』に狙いがあるわけですけど。
禁則事項の時と同じで、視聴者に禁則事項と同じ禁則事項を
禁則事項としているわけですが。それによって禁則事項の
禁則事項がより盛り上がるわけで。
何回も何回も繰り返される夏休みは禁則事項にとって、
とても禁則事項です。
だから禁則事項の話に効果的に繋がります。
そこまで狙いがわかってるんですが、
それでも今回は微妙だった気がします。

僕も今回は前回とほぼ同じように
放送するものだと思っていましたが、
初めからあからさまに違ったのもちょっと残念。
ほぼ同じ内容なのに、使い回しをしない京アニは
さすがと言えますが。

それでもよかったと思うのはてりぃさんは
原作を読んでるのか!?と思える考察をしていた
天体観測でのキョンと古泉の会話です。
「では、僕がやってみましょうか」のセリフの後、
原作でも自分がどんな顔しているか
見る術がなかったと語られていて、
キョンの顔がわからないんですよ。
まぁ京アニなら顔を映すなんてことをしないだろうとは
思っていましたが、その辺はやはり京アニです。

余談ですが8月17日から8月31日までの2週間で
15498×2週間(14日)=216972日=約594年
とキョンが言っていますが、
8月17日から8月31日の約2週間だと、14日ではなく
15日になります。ですので
15498×15日=232470日=約636年の方が
正しいと思うのですが…
2009/07/03(金) 00:22:03 | URL | つちむ #-[ 編集]
すっかり遅い話なので簡潔に…
もう世の中では「4周目」が放映されてますしね…。

>あるかささん

>次の話が解決編となるので

というわけで、我々の「予想の斜め上」を行かれている現状です。(^^;;


>加嶋さん

>てりぃさんが気付けば考察してくださると

あー、すいません。まるでノーマークでした。(汗)

とりあえず、3周目まで見ての、その点についての感想ですが…ナニも思いつきませんね(更汗)。特にイミはなくて(うゎ)、変化を付けるだけのためにやっている、というところだったり……?


>tiaさん

>いや~これはたまらんw

こういう感想を持ちながら見られている方は、いい時間を過ごされているのだと思いますよ。もっとも、その後の「更なるループ」が出て来ている現状で、どのくらい楽しまれているかはまた別なのだろうと思いますけれど…。


>つちむさん

>正直に言うと、今回はすごく微妙でした。

そういう方もいて当然、と思います。今は、より悪い方向への感想に傾いておられる頃でしょうね。何と申し上げて良いやら…。

ただ、そういう人が出てくるだろうことを、京アニが全く想像さえできなかった、或いは「そういう人への嫌がらせのためにやった」とは、あんまり考えにくいかな、とも思っています。そういう人が出てくるだろうことをわかっていても、それでもあえて「やろう」という決断をしたって辺りかなぁと。まぁ、全然根拠はないんですけどね。

4周目、北海道は、明日の深夜です…。
2009/07/12(日) 23:19:25 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/2850-8a572b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
エンドレス エイト 【※6月29日午後 一部追記】
2009/06/30(火) 07:26:56 | アニ鳴館 運営日誌【アニメ雑感用】
今回で終わると思ったら続いたー! 確か短編だったような気がするんだけど違ったっけか? 繰り返しができるので引き伸ばしをやりやすいとは...
2009/06/30(火) 22:17:16 | 蒼碧白闇
企画として涼宮ハルヒの憂鬱OP 待ち受けもあります。 ・携帯動画待受け  「涼宮ハルヒの憂鬱OP2期 :涼宮ハルヒ仕様 」←欲しい方はこち...
2009/06/30(火) 22:18:37 | blog 仮定の不在証明:執事喫茶セントエルモ
ちょwwwマジでやりやがったwwwww そんな展開もあると思ったら、マジで執行してきやがりましたよ(ノ∀`) 京アニ……恐ろしい子!!...
2009/06/30(火) 23:35:23 | 万聞は一見に足るやも
涼宮ハルヒの憂鬱 あらためて 第13話を観ましたので感想などを。。。 いけません……ヱヴァモードに頭を切り替えたかったのですが……ヱヴァに行く前に、こっちをまとめなきゃという気持ちにさせられまして……
2009/06/30(火) 23:42:15 | 丈・獅子丸の咆哮 (新館)
もう、止マレ!(その二) やってくれやがりました(笑) 涼宮ハルヒの憂鬱新シリーズ第13話は、巷での予想通り”また”「エンドレスエイト...
2009/07/01(水) 01:23:30 | 中濃甘口 Second Dining
なるほど、‘エンドレス’って、そういうことだったのね・・・ 8月17日から8月31日まで 2週間の時間を 15,498回 延々とループ・・・ あれ?再放送?・・・と思いつつ見始めると、台詞が替えてあるし服装とかも前回と替えてある部分があるし。"Déjà vu(デジャヴ
2009/07/01(水) 17:35:17 | ボヘミアンな京都住まい
なんとなーく見たことのある話がはじまりました! もっとビックリすると思ったけど、いろんなとこでネタバレを見てしまったのでした(ノ∀...
2009/07/01(水) 20:39:03 | 空色きゃんでぃ