Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
涼宮ハルヒの退屈 改めて
 改めて見てみると、この回、サブタイとは裏腹に、ハルヒって全然退屈しているように見えませんな。「ハルヒが退屈になったので事を起こそうとした結果」がコレ、ってことだから、別に取り立てておかしいわけではないんだろうけど…ちょっとだけ何かが、引っかかりますな。

 平和な日常。「世界がこむら返りを起こしたような事件」からしばらくは、こんな日常が続いていたのでしょうけれど…捉えようによっては、「あの閉鎖空間でのキス以来、ハルヒは日常の穏やかさを受け入れ、享受していたんじゃないだろうか?」とも思えてしまいます。1ヶ月くらい?もの間、「退屈な日常」にガマンできていたんですよ?それが、何故、どうしてガマンできなくなったのか。ハルヒがガマンできなかったものは「この退屈」で、ハルヒが真に望んだものは、「この退屈からの脱却」なんですかね?ホントに?

 ……実は、単にキョンの活躍を見たかったんじゃないの?キョンが埋没している日常ではガマンできなくなったってことじゃないの?
 
 答えなんて、どこにもないんです。今後「憂鬱」と「退屈」の間を埋めるエピソードがどこかで描かれる、というのも望み薄ですので…既存の情報を元にした邪推で埋め合わせるくらいしか無いんですね。

 そんなわけで、好き勝手に書いてみることにしましょう。


~~~


いいわ。あんたには期待してないから。


 みくるともどもチア姿に着替えた後、張りきってバッターボックスに行ったもののあっさり三振して帰ってきた、谷口に対してハルヒが言ったセリフです。元々、誰でもいいような勢いで集めたメンツの一人ですから、別におかしいセリフではないんですが…やっぱりちょっとだけ、引っかかりを覚えます。

 「あんたには期待してない」。誰か別の人になら、期待している、ってことじゃないんですか、コレは。

 期待しているとしたら…試合の終盤で古泉が指摘している通り、ハルヒの意思で4番に選ばれたというキョンが、一番怪しいんですよね。



 もし。ハルヒが「退屈から脱却するため」ではなく、元から「キョンの活躍する場面を期待して」野球の話を持ってきたのだとすると…多くのシーンでその意味合いが変わってきます。

 例えば、当然勝つつもりでいるのに、「他のメンツは誰でもいい」ような態度でいたこと。人数さえ揃えれば、SOS団のメンバーの実力だけで勝てる、という意味なのかと思っていましたが…「キョンさえいて活躍してくれれば、他のメンツは誰であっても、強くなくても問題ない」という風になります。

 そして、誰でもいい、という態度でいた割に、キョンが妹を連れてきたことにだけは、ハルヒは文句を言っています。これを、「チームの戦力が大幅に落ちる事」に対してではなく、「キョンにやる気が無いように思える事」に対して文句を言っていると考えると、ハルヒの行動に一貫性が見えてくるように思えます。

 するってぇと…「今までにない規模の閉鎖空間の発生」って…負けそうになっていることよりも、キョンが全く活躍しないまま試合が終わろうとしている事、キョンにも相変わらずやる気がなさそうな事、その二点が原因ナンじゃないですかね?

一人でホームスチールでも何でもしてろ。


 閉鎖空間発生直前に、キョンがハルヒに言ったセリフです。ハルヒが一人で、ホームスチールして得点を取る。仮にそれで勝っても、ハルヒは満足できないってことですよね。そして、このセリフを見る限り、キョン自身には試合を勝利に導く方向に、貢献しようというつもりがありません。


 活躍して欲しいキョンなのに、キョンは自分で活躍するつもりがない。


 こんな「退屈な世界」は、無くなってしまえばいい。


 ああ。ハルヒが「退屈」していたのは、「大好きなキョンが輝いていない世界」だってことじゃないですか。


 だから、「閉鎖空間発生の報せ」の後には、必死でボールに食らいつき、ファインプレーを見せるキョンが、あえて描かれているんです。だから、最後の守備においては、キョンがエースとして活躍する場面が、あえて用意されているんです。勝つだけじゃダメなんだ。キョンが輝いて勝ちを導く、そういう世界じゃなきゃダメなんだ。ああ、なんて身勝手で可愛らしい少女の思いかしら。


~~~


 対するキョンは、どうなんでしょうね?最初っから最後まで、試合を投げたようなことしか言っていませんから、まあ、これは、やる気なんかゼロなんだろうな、とは思っちゃうんですが…。

 一回だけ、彼がムキになるカットがあります。試合が始まってすぐのキョンの打順です。相手のピッチャーに「ふん」と鼻で笑われた後、ちょっとマヂになってますよね。オトコのコらしい、「何くそ」という思い。「負けていい」と言っていたハズなのに、漏れてしまった純な本心。だったりして、ね?

 キョンが実は「勝ちたい」と思っていたわけではないでしょう。だけど、オトコのコというものは、誰でも持っているものなのですよ。何くそ!という負けん気、闘争心というものを。

 だから、第2試合を棄権する時のハルヒのセリフは、キョンの事を正しく言い当てているのだと思います。

あんたがそれでいいなら、まあいいわ。


 野球をしたいと最初に言ったのは、ハルヒのはず。その方向から聞くと、上記のセリフは辻褄が合いませんよね、キョンが「野球をしたい」と言った事実はないんですから。だけど、キョンの負けん気が満たされている事を指しているのだとすれば、ちゃんと符合するんです。

キョンが棄権でいいぐらい満たされているなら、まあ私はいいわ。キョンの活躍も見れたし、おかげで勝てたしね。


 まー、なんつーんでしょうか。もう、勝手にして下さいってハナシなんですけどね(笑)。



 シャッフル順だとこの回、「まだ出て来てない光の巨人」「いつの間にか無くなっている長門のメガネ」「キョンに認められちゃってる宇宙人・未来人・超能力者の存在」みたいな辺りがキモでしたが…なかなかどうして、時系列順でも随分と美味しいハナシでございました。かなりハズいけどな!!

 続きは…北海道での放映は、来週月曜日深夜。それまで、どうぞごきげんよう。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 星巡る方舟を見に来た。 (2014/12/06)
 それでもまだ「破」が届かないので (2010/05/28)
 この世界の片隅に、を観に (2016/11/14)
 ミニパト見た (2004/11/27)
 Free! -Eternal Summer-、めちゃくちゃ面白ぇじゃねぇか! (2014/09/07)
 6回目、無事ゲットォ! (2010/02/27)
 宇宙戦艦ヤマト2199 第十五話「帰還限界点」 (2013/07/17)

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/2800-d38e52c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック