Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ハルヒちゃん第二十五わ&ちゅるやさんそのじゅうさんっ
 
 大団円っ!!…………なのか、な?(汗)


 「最終回」とはどこにも触れられてないんですが…でも、「最終回然」としてますよねぇ、これ…。ハルヒちゃんの方には、一期の時系列ベース最終話「サムデイ イン ザ レイン」を思い起こさせる「雨の日」をあえて持ってきていたり、キョンのセリフから察するに二期のメインになるらしい「消失」のネタを入れているようだったり(注:管理人は「憂鬱」「溜息」を除き、ほぼ完全に原作未読です。)、まるで「最終回スペシャル」と言わんばかりの長尺(たって8分あまりだけど)、ほぼ二話分の長さの二十五話一本で勝負していたり。ちゅるやさんの方も、卒業式なんだかわからないけど第二ボタンの話があったり、夢の中とは言えちゅるやさんが思いの叶う幸せな状況をラストで謳歌しまくっていたり…。

 これは、多分、最終回。なんだろうなぁ…。

 で、来週に何事もなかったかのように続きがあったら、それはそれでオカシイですけどね。(^^;サスガニ リベラル スギルカ
 
 相変わらず、笑いの方は突っ走りまくっていて、最初から最後まで通して楽しめました。らきすたで見たことあるような「某ギャルゲーにインスパイア(笑)されたOP」をフルサイズでかましてきて、「総勢10人のヒロイン」とか言いながら8人しか出てなくて、んー、残りの二人は誰だろう…と思ってたら、アレですよ(笑)。いや、まあ、古泉はそうだろうなと思ったけど、新川さんの発想はなかったわ(笑)。

 ちゅるやさんの方は、「ほこりちゃん」「第二ボタン」で撃沈(笑)。あれぁ無いわwww くそぅ、悔しいっ、こんなネタで腹抱えて笑わせられちゃって!!


 見終わってもこんなにスッキリ。こういうギャグばかりを、ずっとずっと楽しめたらいいんだろうになぁ…。


 素でそんなことを思ってしまうくらい、振り返ってみればこのシリーズは肩の凝らない、いい意味で単純なエンターテインメントであり続けたのだと思います。若干、ハルヒシリーズの登場人物に関する知識は要しますが、それとて表面的なものをさらっと知っている程度でよく。開始から数話は、ハルヒシリーズを見ていればこそのネタも多少多めに入っていましたが、後はもう「ただ見て笑えばそれで良し」なものに徹底されていたと思うのですね。

 そういうものを作り上げることが、如何に多大な労力を要するのか。

 それを考えた時、改めて私は制作陣に感謝を捧げずにはいられないのです。秀でたギャグをモノした漫画家は、それで疲弊しきって壊れてしまう、なんて、よく言われるじゃないですか。そのぐらい、「優れたギャグを徹底して作り上げる」のは大変なのですよ。

 第一話公開のレビューで、私はこう書いています。…ああ、「Nice Boat.」のあれじゃなくて(汗)、本当に第一話が公開された時の方。

(度が過ぎた悪ふざけの真意を変に推し量ることなく、)私としては、「出来上がったモノを見て、ただ楽しむ方が、多分幸せだろう」と思いますので、そのように行動しようと思います。
(カッコ内はその前の文脈を踏まえた超意訳的補足です)


 本当に、その姿勢のまま、見続けて来れました。いやそりゃまあそういう作風ゆえに私のレビュー書きはだいぶアレなことになっちゃいましたけどこの際そーゆー事は全部ワキにおいておいてですなー。

 「出来上がったモノを見て、ただ楽しむ」

 これだけで、ここまでの満足感が得られるって、そうそうないですよ。ましてや、もうちょっと続いて欲しかったなぁとか、終わっちゃうのが寂しい、なんて。これは間違いなく、イイ仕事の、それも極上の仕事の結果だったのだと思うのですよ。

 「ハルヒの傍流」としての付随的な価値ではなく、「ハルヒちゃんとちゅるやさん」にそれぞれ固有の「愛着」というものが、私の中にもしっかりと残りました。ありがとうございます。またいつか、「はじまぐ!」というお約束でスタートする彼らの活躍に相見えることを願って、最終話のレビューとして置いておきたいと思います。






 …最終話、なんだよね?(汗)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 ハルヒ公式ページの現在・2008 (2008/12/18)
 宿敵、というモノ (2008/04/07)
 ディケイド 24話 「見参侍戦隊」 (2009/07/18)
 明日の響きを夢みて (2006/02/12)
 今週末って、SWの廉価版BOXの発売じゃないか。 (2015/11/11)
 Kanon 第17話「姉と妹の無言歌~lieder ohne worte~」 (2007/01/26)
 タオル装備。 (2010/02/06)

テーマ:涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
消失は
「消失」はなかなか面白いので、暇があったら原作も読んでみることをお薦めします
2009/05/10(日) 08:35:52 | URL | 荒野草途伸 #-[ 編集]
エンディングがきましたな・・・
楽しかったなぁ~ほこり
2009/05/16(土) 04:05:27 | URL | tia #-[ 編集]
いよいよ本編新作が近づいてきましたかね?
>荒野草途伸さん

ご無沙汰しております。

>暇があったら

申し訳ありません、とりあえず、「ヒマ」は持ち合わせていないです(爆)。

ただ、ハルヒに関しても、今後は「原作未読のままアニメの鑑賞を終えたい」と思っている関係で、消失に限らず全部封印している私なのですよ。「憂鬱」は一期放映前に読み、一期放映終了後に「溜息」「退屈」と順番に買い進めては来たのですが…「溜息」を全部読み、小品集の「退屈」はホントに冒頭の「退屈」一作だけ読んで、そこで止めてあります。アニメ化されていない「笹の葉ラプソディ」の手前で。

今回のアニメ新作部分が終わってから、どうするかをあらためて考えようと思っています。すみません。

>tiaさん

情報ありがとうございます。言い訳がましいですが…記事を上げてしまってからこのコメを読ませて頂き、慌てて記事に追記いたしました。orz
2009/05/16(土) 09:29:24 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/2777-031df8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 毎週土曜の深夜に更新されるYouTube角川チャンネル・アニメ「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」が、今回・第25話を以って最終回らしいですね。  脱...
2009/05/10(日) 15:31:24 | POINT of NO RETURN