Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...    
ハルヒちゃん十九わ・二十わ&ちゅるやさんそのじゅうっ
 
 超・破壊的な勢いで笑い転げましたが何か?


 なんじゃこりゃー!!


 つか、全っ然、十八わから続いてねーし!!


 もうこの4行で良くね?(ダメです)
 
 カッパのミイラネタにしろ、ハロウィンネタにしろ、こういう目立つアイテムの再登場する部分に限っては時系列を崩さずに順繰りに出してきてるところが、律儀ですなぁ…。そのせいで、「時系列シャッフルしてる」っつーことを、ついつい表層部分では忘れてしまっているわけですけれど…。

 お花見ネタの前回で「続く」って言われてるのにクリスマス時点に戻って、その直後にエイプリルフールやられると、さすがに正気に返りますね。あーそうだったそうだった、みたいな、ね。

 ハルヒ本編ではそうだったような、「徐々にハルヒがデレていくさま」が、時系列に並べ直すときちんと繋がるような調整は、とりあえずこのシリーズでは「多分ナイ」のでしょうが…だけど、ハロウィンとかカッパのミイラとかの登場順序の律儀さを見るに、意識して作られてるんだなぁと改めて感じたりもするわけですよ。何も考えずに行き当たりばったりでやってるわけではないのだろう、とね。

 自分の経験としても、「調整が上手い人」というのは、何らかの計算とか算段を取るのが上手いんですよね。京都アニメーションの上手さというのは、その「調整能力の高さ」に牽引されているところが大なんだろうと、私は思うわけですよ。作画がシリーズ通して崩れない、というのも、崩れないようなスケジュールを組みかつそれが実現できるという「調整の賜物」なんだろうなと。事前に段取りをして、それをほぼ計算通りに進められる、と。そして、そういう「段取り・計算能力の高さ」が、ストーリー面・演出面の仕込みの巧さにも発揮されていて、全体のクオリティを更に押し上げている気がします。単に「泣ける筋立てだから泣ける」ってわけじゃないんですよね。人によって好みは異なるから、その結果が必ずいい方向にのみ振れるわけではないんだけど、それでもファンが多かったり、誉める向きが多いのは、決して偶然・たまたまとか、大衆が流されているからそうなってるとかではなくて、裏付けになるものあってのことだと思います。



 そういう、類い希な能力が。



 笑いの方面にピシッとはまった状態で繰り出されるとどうなるのか。



 今回はそれを思い知りましたね。谷口があの格好で出て来た時点で、概ねの流れは読めるわけですよ。シーンが変わるたびに、どういう方向になっていくのか、予想できるモノはその瞬間瞬間に必ずありました。だけど、ちょっとずつ、少しずつ、予想を上回るものを見せられて、軌道修正が微妙に追いつかないままの状態でテンポ良く状況は変化していって…結果的に、落ち着くまでこっちはもう笑いっぱなしでしたよ。

 アヤシイ格好のハロウィン=キョンとサンタ・谷口の邂逅、そのカンペキと言っていいほどの「妙な間合い」も。

 サンタを見つけたハルヒの、極上に喜ぶ表情の変化もさることながら、その直後に地球を揺るがす大きさで上がる歓喜の叫び、それが太陽系に、銀貨系に、大宇宙にコダマせんばかりの勢いで響き渡り、「世界が『神なるもの』の要請を承認する瞬間」の訪れも。

 ドクンッ!という、よくある表現を使いながらも、こちらの予想を越える勢いで急速に膨れていく侵入者の体も。

 既にこの世のものならぬ肉体となったサンタ・クリーチャー・谷口が、声まで得体の知れない生物の呻きの様に聞こえつつ、妙に明るく冷静な古泉の分析がそこにかぶってくるというミスマッチなシーンも。

 もーどれもこれも耐えきれないレベルの可笑しさで、どうしていいやらわからん!という勢いで笑い転げました。あーもーたまんねー!!こんなに笑ったのはいつ以来かしら…。

 20わとちゅるやさんは、ちょっとだけ小粒でした。そのおかげで、ナンとか現世に戻って来れたような感じもします。これで全部あのテンションだったら、しばらく復帰できませんよ、もー。…これほどまでに楽しんでいるこのシリーズ、残りはあと何話くらいなんですかねぇ。そこそこ溜まってきたこともあって、何だか終わる日が近づいてくるのが寂しくなってきてるんですが…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 そして、劇場版DVD報道は来た。だが… (2005/04/21)
 たまこま―けっと 第11話「まさかあの娘がプリンセス」 (2013/03/27)
 壊れてナンボ、なのかしらね? (2010/09/02)
 中二病でも恋がしたい!戀 Epi.III「追撃の…魔法魔王少女」 (2014/01/31)
 入場者プレゼントだそうな… (2011/12/02)
 時をかける少女 (2006/08/17)
 この世界の片隅に、を観に (2016/11/14)

テーマ:涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
ほこりちゃんの最後の声が私のツボのようでポンポン苦しんでます・・・w
やっぱり1クール分あるんだろうか、と勝手に考えて13回か14回だからあと3、4回くらいで最後なのかなぁ・・・とドキドキしてます。

白石稔氏が大活躍のハルヒちゃんもたまりません。CMもver2あるとは・・・やりますなぁ白石さん。
2009/04/23(木) 06:33:56 | URL | tia #xRS1q4qQ[ 編集]
ほこり高きアニメ
>tiaさん

>ほこりちゃんの最後の声

面白いですよね、アレ。もう一回ぐらい来るんじゃないのかな…らきすたのアニメ店長とか、ああいう「他作品コラボ」「繰り返し」の匂いと同じものを感じますね。監督も武本さんだし。

>やっぱり1クール分あるんだろうか、
>と勝手に考えて13回か14回だから

あははは、どうでしょうねぇ。

私も「いつまでなのか」は気になりますが、気にしても一向にわからないのでとりあえず考えないようにしてます。精神衛生上はそっちの方が良さそうなので。

>やりますなぁ白石さん。

実写って辺りが心配と言えば心配でしたが、らきすたの時ほどは叩かれてなくてよかったです。アレは辛そうですけどね、厳寒の北海道じゃないのかしら?
2009/04/25(土) 22:21:13 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
http://terry.blog1.fc2.com/tb.php/2731-24db7e0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック